■スレッド一覧■

戦国時代もし先物があったら v3!
1 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:31
やっぱりここは必要です。過去レス>>2

2 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:31
新スレおめでとう!

3 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:31
http://jbbs.shitaraba.com/business/bbs/read.cgi?BBS=142&KEY=1039012892

4 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:32
v3おめでとう

5 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:32
>>2割り込みハヤ!

6 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:33
速すぎる!

7 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:33
萌える話を聞かせてください!

8 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:33
だれかエロい話お願いします

9 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:34
エロい話お願いします

10 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:34
10げっと

11 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:34
宴会ネタが最高でした!

12 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:34
興奮しますた!

13 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:34
勃起してきました

14 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:35
おめでとう!!

15 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:36
俺もオマンコしたくなってきました!

16 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:37
戦国時代の話してください!

17 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 19:58
>>16やっぱりあなたが戦国時代の話をするべきです!

18 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 20:08
>>16早く戦国時代の話をしてください!

19 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 20:28
おめでとう!!

20 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/19(水) 21:17
新スレおめでとう!

21 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 02:27
エロい話お願いします

22 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 02:36
早くオマンコしたいです!

23 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 04:20
午後8時、ほとんどの社員が仕事を終え帰ってしまった。その部署ではゆかりひとりがパソコンに向かって仕事をしていた。ゆかりはキャリアウーマンを目指して仕事をこなしていた。その仕事ぶりは他の男性社員にも負けないものであった。ところがその仕事ぶりが他の社員には疎ましく思えるような事もしばしばあった。逆に男性社員の無能ぶりにゆかりがいらいらしてストレスが溜まってしまうことも多かった。
 その日もやはりゆかりは男性社員とぶつかりストレスが溜まってしまっていた。そんな時にひとり残業しながらしてしまう秘密の行為がゆかりにはあった。
 ゆかりはもう誰もいないことを確かめるとパソコンをインターネットにつなぎあるページを開いた。
いろいろ見ているうちに「今日はこれにしよう」とつぶやいた。画面には後ろ手に縛られた女性が二人の男性に犯されている写真が写っていた。片手で制服の上から胸を揉み始め、もう片方の手はスカートの中に入っていった。
 「んんーっ」
 ゆかりはゆっくりと自分の秘所を撫で始め、徐々にまたを開いていった。
 「はあっ、はあっ」
 ゆかりの指の動きが早くなり、目を閉じて自慰に没頭し始めた。ついにストッキングを下げ下着の中に手を入れ直接さわり始めた。
 「くうっ・・」短くうめき声を上げるとゆかりの動きが止まった。ストッキングを直すと少しの間ぼうっと座っていた。
 「もう帰ろうかしら。」そう思ったとき、背後に人の気配を感じた。ゆかりは慌てて画面を消し、振り返った。そこにはいつもゆかりから文句を言われる鈴木と高山がにやにやしながら立っていた。
 「小山さん、何してたの?」
 「何って、仕事をしていたのに決まってるでしょ」
 ゆかりは平静を装って答えた。
 「そうかなー、本当に」
 一体いつからそこにいたのだろうかとゆかりは不安になった。
 「なんでそんな事聞くのよ。私もう帰るから」
 そう言って立ち上がろうとすると
 「ふーん、ちょっとこれ見てごらん」
 鈴木と高山は小型のビデオカメラをさしだしゆかりを押しとどめた。小さなモニターにはパソコンに向かって座っている女性の後ろ姿が映っていた。顔は映っていないが制服といい髪型といいゆかりに間違いがなかった。女性はきょろきょろと周りを見渡し始めた。その時にはっきりとゆかりの顔が映っていた。もう間違いなくつい先ほどの行為の映像だと解った。ゆかりが自慰を始めたところで映像は止められた。
 「いつも気取ったなまいきな女が会社でこんなことしてたなんてねー」
 「・・・・・返して。」いつものゆかりと違って消え入りそうな声で言った。
 「人に何か頼むときにはそれなりの言い方があるだろう」
 「・・・・返して下さい」
 「もう一回」
 「お願いです、返して下さい」
 「ただで返すわけにはいかないね、もちろん金もいらない」
 「・・・じゃあどうすれば・・・」
 二人はそれには答えずパソコンを操作し先ほどまでゆかりか見ていた画面を映し出した

24 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 04:22
「ほう、会社のパソコンを使ってこんなところにアクセスしていたなんてね」
 「小山さんはこれを見ながらこんな事をしていたんだ」
 またビデオが再生され続きの場面が映った。ゆかりの自慰行為がしっかりと撮影されていた。
 「・・・・・・」ゆかりは画面から目をそらした。
 「このビデオとすけべ画像にアクセスしていたことを公開したら面白い事になるだろうね。」
 「・・・そんな、お願いテープをください。」
 「さあ、どうしようかな。返す代わりに何をしてくれるんだい」
 「・・・・・」
 「黙っていたらわからないな。公表されてもいいんだな」
 「そんなことされたら私・・・なんでもします」
 「そうか、じゃあまずはしゃぶってもらおうか」
 「えっ、・・・」
 「とぼけるな。わかってるんだろう」鈴木はそう言うとゆかりを高山の前に膝まづかせた。何をさせられるのかすぐに理解したがすぐには出来なかった。
 「どうした、早くしろよ。それとも」高山に促されスラックスに手を伸ばした。服の上からでもわかるほどそこは大きく膨らんでいた。ベルトを外しファスナーを下げスラックスを降ろした。こんもりとふくらんだブリーフが現れた。ブリーフを下げるとペニスがそそり立っていた。ゆかりは手を添え恐る恐るしごき始めた。
 「さっさとしゃぶれよ。」高山に怒鳴られゆかりは口に含んだ。パソコンの画像では何度も見ていたが実際に口に含んだのが始めてのゆかりは気持ち悪さにすぐに離してしまった。
 高山はゆかりの頭を掴み口を空けさせると無理矢理に挿入した。
 「舌を使ってしゃぶるんだよ。」
 ゆかりは言われた通りに舌を使ってペニスを舐めた。ぎこちない舌使いに高山は苛立ち自ら腰を動かした。
 「んんっ、んんっ」ゆかりは苦しくなりうめいた。高山はゆかりの頭を掴み前後に揺すり尚も腰を動かし続けた。
 「ううっ」とうめくと高山はゆかりの口の中に射精した。ゆかりはむせかえりながらそれを受け止めた。口からあふれた精液は制服に垂れていった。ゆかりは口の中に精液を溜め口を空けていた。
 「飲み込むんだよ」そう言われごくりと飲み込んだ。それから二人を見た。鈴木が持っていたビデオを高山に渡すのが見え今の事も撮影されてしまったとわかった。
 同じ事を鈴木にもさせられ、鈴木の精液を飲み干すと
 「約束だからテープを渡して」と言った。
 「誰がこれで終わりだといった、これからずっとお前は俺たちの奴隷になるんだよ。いいかゆかり、逆らったらテープを公開するからな」
 「・・・酷い」
 「ビデオに向かって誓ってもらおうか。」
 「・・・なにを?」
 「きまってるだろ、これから奴隷になるって誓うんだよ。」
 「そんなの嫌よ」
 「ビデオを公開してもいいんならそれでもいいさ」
 「・・・・・」
 「早くしろ」
 「・・・・私、小山ゆかりは・・・鈴木さんと高山さんの奴隷として・・・なんでも命令に従います・・・・」
 ゆかりはくやしさに涙を浮かべながら言われた通りに復唱した。
 「よーし、いい子だ。早速さっきの続きを見せてもらおうか」
 「続きって・・・」
 「オナニーしてただろう。俺たちの前でもう一回やるんだよ、俺たちに向かってな。」
 「そんな恥ずかしいこと・・・」
 「たった今誓ったばかりだろうが」
 「・・・・」
 ゆかりはあきらめて二人のほうに向かって椅子に座った。目を瞑りスカートの中に手を差し入れ秘部を触り始めた

25 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 04:51
続きまだぁ?

26 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 05:19
勃起してきました!

27 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 05:28
早く続きをください!

28 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 05:32
じらさないでください!

29 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 12:11
「もっとよく見えるように足を開け」
 言われた通りにゆっくりと膝を開いた。スカートの奥のパンティが見えその中心部をゆかりの指が上下していた。ゆかりはこの現実から逃避しようとオナニーに没頭しようとした。胸も触るように促され制服の上から乳房をもみ始めると、今度は中に手を入れて直接触るように命令された。ベストとブラウスのボタンを外し手を入れてブラジャーをずらしてもみ始めた。
 「乳首がたってきたか」と聞かれこっくりとうなずいた。息遣いが激しくなりパンストの上からでもパンティに染みが広がっているのがわかるようになった。もう少しでいきそうになるというとき
 「もういい。机に両腕をついて腰をつきだせ」と命令された。ゆかりはふらふらと立ち上がり言われた通りの姿勢をとった。
 高山がスカートをまくりパンティとパンストを一気に膝まで押し下げた。
 「ああーっ、いやー。」とゆかりは叫んだが高山はかまわず挿入した。
 「ああっ、だめ。ううっ、ううっ」悔しくて泣き声をあげたがすでにオナニーで火照った身体はすぐに反応してしまった。
 「ああん、ああ、ああ・・うう」
犯されているというのに感じて喘いでしまう自分が情けなかった。
 高山の腰の動きが速くなり射精が近くなったことが感じられると
 「お願い、抜いて。中に出さないで。」と言った。だが高山はううっといううめき声と共にそのまま射精してしまった。
 「ああっ、そんな・・・中で出すなんて・・」
 ゆかりの秘部から精液がぽたり、ぽたりと滴った。そこに鈴木がまた挿入した。
 「ううっ、あはぁ、ああん」
 二度目の挿入にゆかりはさっきよりも激しく反応してしまった。高山はビデオを持ってゆかりの前にまわってきてゆかりの喘ぐ表情を映そうとした。そんな表情までは撮られたくないと顔を背けるが鈴木の激しい腰の動きに反応してしまいどんどん高ぶってきてしまう。
 「あっ、あっ、あっ、あっ、いっちゃう、いっちゃう」
 ゆかりががくがくと痙攣し立っていられなくなると鈴木もそのまま射精した。ゆかりはがっくりとその場にくずおれた。
 「四つん這いで犯されて、それでもいっちまう、良い絵がとれたぜ。」
 そう言ってその場に座り込んで放心状態のゆかりを残して二人は去っていった。

 翌日の朝、ゆかりは休みたかったが二人が会社で昨日の事を言ってしまうのではないかと心配で重い心を引きずりながな出社しようとした。駅に着くと鈴木と高山が寄ってきた。二人は朝からゆかりに辱めを受けさせようと待ちかまえていたのだ。全く違う方向に住んでいる筈なのでゆかりは驚いた。さらに二人は友人だという男を三人紹介してきた。ゆかりは男五人に囲まれる形で電車に乗り込んだ。
 電車の中は混んではいたが身動きがとれない程ではなかったにも関わらず五人の男はゆかりに密着してきた。そしてすぐにお尻をなで回し始めた。
 「こいつらはな痴漢常習者なんだ。今日は朝から思いっきり楽しめるからな。」高山はゆかりの耳元で囁いた。そしてドアーの所まで追い込まれた。
 はやくもスカートを捲られ股間に指が這って来た。ゆかりがその手を押さえると別の手が胸を触り始めた。
 「いや、やめて」ゆかりは小声で訴えた。
 「声を出すとまわりに気づかれるぜ、こんなことされてるのが丸見えだ。それに昨日のビデオ、会社の他の奴らが見たら喜ぶだろうな」そう言われゆかりはうつむいてしまった。
 ゆかりのスカートがまくり上げられパンティが丸出しになった

30 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 12:14
興奮しますた!

31 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 12:15
勃起してきました

32 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 12:15
興奮しました!

33 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 12:17
俺もオマンコしたくなってきました!

34 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 12:21
今から、チンボこすって逝きます。昼休み終わるまで射精して寝ます。会社の
寮は誰もいないのでオナニーやれます。それではこすります。5分でいきます。
30分寝ます。

35 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 12:23
俺もオマンコしたくなってきました!

36 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 12:23
エロい話お願いします

37 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 12:26
オナニーしてきます!

38 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 13:02
このスレ、過激さでは矢口スレを超えている。

39 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 13:40
もっと続きキボンヌ!

40 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 13:41
さっき出しました。めちゃ出ました。

41 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 13:54
俺もオマンコしたくなってきました!

42 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 14:20
熟女お願いします!

43 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 14:21
「あっ、いや」
 「何を言っているんだ、ノーパンでスカートの中を覗かせておいて、そのつもりだったんだろう」
 「ち、違います。私、そんなつもりじゃ・・・」
 課長がゆかりを押し倒そうとするとゆかりは課長を突き飛ばし応接室から飛び出した。ところが外には鈴木と高山が立っていてゆかりを捕まえると応接室に連れ戻した。
 「な、なんだ君達まで」
 「課長、いいんですよ。ゆかりは俺達の言うことは何でも聞くんだから。それにパンティもブラジャーも着けないで男を誘う淫乱女なんですよ」
 「あなた達・・・・」
 高山と鈴木はロープを取り出すとゆかりの手を後ろ手に縛ってしまった。
 「課長、3人でゆかりを満足させてやりましょう」
 課長は唖然としていたが高山と鈴木はゆかりを弄び始めた。制服のボタンが外され乳房が露出しスカートはまくり上げられた。ソファーに押し倒され乳房を揉まれ足を開かされ秘部を晒された。
 「課長、ゆかりのまんこなめてやって下さいよ」
課長はゆかりの身体に飛びついた。ゆかりの股間に顔を埋め秘部に下を伸ばした。
 「うっ、くうっ・・うう・・・ああん」
 腕を縛られた上に無理矢理足を広げさせられる姿は屈辱感と共にゆかりを敏感にさせてしまった。羞恥心でいっぱいであるにも関わらずゆかりの身体は反応してしまう。
 「い、いや、ああっ・・ううっ・・あっ、あっ、あっ」
 絶対に自分がこんなことをされて感じてしまうとは認めたくなかった。こんな事をされて喜ぶ女では無いと思おうとした。しかしそう思おうとしても現実に責められる羞恥の数々に気持ちは高ぶってしまっていた。
 「早速感じて来たようだな。もっと狂わせてやりましょう」
 ゆかりは三人に同時に責められた。いじくられ、なめ回され、揉みし抱かれた。腕の拘束を解かれることはなく制服とブラウスだけが手首にひっかかっていた。スカートはとうに脱がされ秘部からは愛液を垂れ流し続けていた。
 「あん、あん、あん、あん、ああっ・・・」
 ゆかりがいきそうになるとその度に3人は手を止めた。おかげでゆかりはじりじり、じりじりしてしまった。その行為はゆかりの性欲をどんどん高めていった。ゆかりはいかせて欲しかった。あと少しでいくというのにその度に・・・と思った。もう完全に肉奴隷と化していた。そしてついに
 「お願い、いかせて。」と口走ってしまった。
 「どうして欲しいんだ。」
 「・・・・いれて」
 「解らないな、はっきりと解るように言え」
 「・・・・ゆかりの・・・ゆかりのお、おまんこに入れて、お○○○をゆかりのおまんこに入れて下さい」ついにゆかりは自分の意志で挿入をねだってしまった。
 ゆかりはうつぶせにされ腰を突き出させられた。腕は縛られたままで顔がソファに押しつけられた。
課長がゆっくりと挿入し動かし始めた。
「ああっ、いい、ああん、もっと・・・」
 ゆかりの声に課長は激しく動かし始めた。
 「ああっ、ああっ、ああっ、いく、いく、いっちゃう、いっちゃう、いっちゃう、ああー・・・」
 ゆかりが達してしまうのと同時に課長もゆかりの中に放出した。
 「はあっ、はあっ、はあっ・・・ああっ、また・・」
休む間もなく鈴木と高山が次々に挿入していった。一度達してしまったゆかりはその後何度もいってしまった。3人に犯されるとやっと両腕を解かれた。
 脅されて犯されているというのに自分から挿入を望み何度も達してしまった自分がゆかりにはまだ信じられなかった。しかし狂ったように激しく喘いでいた自分自身の姿が頭の中を駆けめぐっていた

44 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 14:39
オマンコなめたくなってきました。

45 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 14:50
オマンコしたくなってきました!

46 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 15:04
エロい話お願いします

47 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 17:13
熟女のオマンコ欲しいです。ネッチョリとちんぼを包み込んでいやらしく
締め付けてくる。熟女お願いします!

48 名前: 洋子 投稿日: 2003/02/20(木) 17:19
自分の家で下着なしでカーデガンをはおりベランダで洗濯物をしました。(前に、保育園がある。)どきどきして見つからないか不安だった。あそこが濡れてしまって、そこで人差し指を入れてしまいました

49 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 18:37
興奮しますた!

50 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 18:37
勃起してきました

51 名前: 洋子 投稿日: 2003/02/20(木) 18:54
いつものスナックに課題の格好で行きました。スナックでもコートを着たままでお酒を飲んでいましたが、直ぐにマスターは何かあると気づいたのか、なぜにコートを脱がないのか聞いてきます。私はコートのボタンを外して、少しコートの前を空けました。マスタは直ぐに気づいてニンマリ、どうしてそんな事をしているのか聞いてきます。私は小さな声で。今日も露出しているんです。今日は下着姿を公開しても良いかな?と少し期待を持たせるように言ってしました。直ぐにママさんが来て、今日もするのと笑いながら、大きな声で「今日は露出狂のお客さんが見えています」。お客さんの視線が私に、一人で来ているのは私だけなんです。ママが私の前で、見せる?と、私は体の芯から熱くなり、うなずきました。マスターがカウンタの中で見せれば安全だからとマスターが案内してくれます。まるで舞台に上がるストリッパーのようです。皆の視線が私を追ってきます。私はカウンタの中でコートのボタンを一つづ外ずして、ブラとパンツを見せました。お客さんたちはカウンタに集まり。食い入る様に見ています。長くなるので今回はここまで。本当は思い出してオナニーしたくなっちゃった

52 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/20(木) 19:21
>>51
俺にも見せてください

53 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/21(金) 18:16
オマンコしたくなってきました!

54 名前: 洋子 投稿日: 2003/02/22(土) 04:44
この頃しちゃったえっちな事を告白しちゃいます。
インターネットでエッチなホームページを見るときは裸になっています。
私が良く見るのは露出の写真投稿です。私も彼氏に撮影して貰って投稿してみたいです。
あと、鏡に裸やあそこを写して遊んでいます。私のあそこの毛は濃いので今までまんこをきちんとみた事
は無かったけど手鏡で写しながら指を入れたり、広げてエンピツを入れたりしておなったりしました。
隣の家の小学生に覗かれているような気がするんです。ひとりエッチする時は裸でホームページを見ているんですけど、
たまに隣の家の窓を見るとカーテンが少しあいていたり、カーテンが動いていたりする事があるんです。
時たまその子に会うと顔をそむけられちゃうんです。でも女の子なんで気にしていなんですが。
家に一人のときは「裸で」いる事もありますよ。
誰かが急に訪ねてきたらと思うと、どきどきしますね。でも玄関先で裸でいるの
また、四つん這いになってお家の中をわんわんと言いながら歩いてみます。何かわんちゃんになったようで
誰かに首輪をされてお散歩させられているようで、私のお気に入りの一つです

55 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/22(土) 09:43
>>54
スイマセン、僕の前であそこを広げて見せてください。

56 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/22(土) 11:45
あ〜オマンコしたい!

57 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/22(土) 11:47
誰か俺の顔の上でオマンコを広げて押し付けてくれ!もう、べろべろとなめる!

58 名前: キャロル 投稿日: 2003/02/22(土) 11:50
>>57
君はファンキーモンキーベイビー〜♪いかれてるよ〜♪だけど気持ちはわか〜る〜♪

59 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 04:29
今回は最近の話をしますね。もう毎日のようにあの体験を思い出してしまいます。だって複数の人に私のマンコをみられたのですよ。もうこの頃は露出も大胆なものでは飽き足らなくなりました。本当に露出変態になっています。この間の台風の夜も、レインコートと下着(ブラジャーとパンツ)で外出してみました。私の所は丁度夜中に接近するので誰もこんな天気の時に外出する人なんかいないと踏んで実行しました。だれもレインコートの下は下着とは思わないらしく結構人に見られて最高でした。少し車の通行量が多い通りも歩いてみました。新しい発見もありました。コインランドリーを見つけました。今度はここで洗濯して下着を忘れるなんて事を考えてしまいました。そしてその先の公園に入ってみたんです。目的トイレです。トイレに入リました。汚いですが我慢ですね。レインコートを脱いで、ブラ、パンツを脱ぎ裸になりました。トイレの個室に脱いだ物を置いて、手洗いに出てみました。そしてトイレの回りに出てみました。そのまま周囲をうかがいながら歩いて見ました。風と雨でずぶ濡れになりましたが、最高ですね。このままオナニーをしたかったのですが、さすがに寒くなりました。帰りは濡れた体に下着を着たので胸、特に乳首が浮き上がってしまい恥ずかしいかったです。でも最高の台風の夜でした

60 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 11:01
私たち家族は、郊外の団地の2階に住んでいます。
ここは最近できたばかりの比較的新しい団地で、
まだ半分以上は空き室で、両隣りも空いています。
家族は、主人の潔、高校生の香織、由梨(私)です。
娘の香織は、部活で帰りが遅くなることがあります。
娘が夜の11時ころ帰ってきた先週のことでした。
平和な家族にとんでもない悲劇が訪れたのです。
そのとき、私と主人は風呂を済ませ居間にいました。

「ただいま〜♪」

娘が帰ってきたようです。その後すぐに、

「きゃぁ〜〜〜」

という娘の悲鳴が聞こえました。男の声がして、

ガチャり!!!

ドアを閉める音もしました。主人が立ち上がると、
娘が背中を押されるように部屋に入ってきました。
その後ろには、ふたりの若い男がついてきました。

「何だ! お前たちは!!!」

夫が男に飛びかかりましたが、

「うぐっ!!」

腹を蹴られ、その場にうずくまってしまいました。

「あなた!!!」

腹を押さえている主人にひとりの男が寄っていき、
用意してきたロープで両足を縛ってしまいました。
そして、主人の両腕も後ろ手に縛り上げました。

「何をする! やめろ!!!」

主人が言うと、ガムテープで口をふさがれました。

「んぐぐぐぐ・・・」

主人はもがいていましたが、どうにもなりません。
私は、恐怖のあまりガタガタ震え、声も出せずに
いる娘を抱えるようにして、部屋の隅にいました。
ひとりの男が私の身体を押さえつけるようにして、
もうひとりが、娘を強引に引き離してしまいました。

「おかあさん!!!」
「香織!!!」

娘が私のほうを向いて叫びましたが、私の身体は
男にガッチリ押さえつけられていました

61 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 11:04
「きゃあああ!!!」

男が香織を主人と同じように縛りつけていました。
両腕を縛られて、両脚をバタバタさせています。
スカートから、娘の白い太ももが見えていました。

「いやぁ! 離して、離して!!!」

手足を縛られた娘が、必死にもがいていました。

「香織!!!」

男が香織を仰向けにすると、乱れたスカートから
太ももと白い下着までもが見えてしまっています。
男の太い腕が、娘の下半身に伸びていきました。
まず太ももに触れ、すぐに下着へ移動しています。
男の指が、下着の上から娘の股間に触れました。

「いやよ、いやあああ!!!」

娘の声は恐怖に震え、身体も小さく震えています。
主人の苦しそうな声も聞こえてきました。

「娘に触らないで!!!」

私が叫ぶと、男は娘の下着から手を離しました。


2. ネグリジェの胸


「奥さん。いい身体してるな」

ネグリジェしか身につけていない私を見て言います。

「じゃあまず、奥さんの身体から見せてもらおうか」

男がニヤつきながら、いやらしい声で言いました。

「そ、それは・・・」

私が口ごもると、私を背後から押さえていた男が、
ネグリジェの上から私のバストに触ってきました。

「あっ!」

ブラをつけていないので、指の感覚がわかります。

「やめてください!」
「じゃあ、向こうの娘さんからだな」

胸をまさぐっている男が、小声でつぶやきました。

「それは困ります」
「じゃあ、おとなしくするんだな」

男は、私の胸を揉んでいる手を休めようとしません。

「奥さん、大きいおっぱいしてるな」

そう言って、揉み込む指をますます深くしてきます。

「いや、いや・・・やめて・・・」

私は身体をよじりましたが、当然、胸を揉んでいる
男の指から逃れることはできませんでした

62 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 11:06
「北川。ほんとに柔らかいおっぱいだぜ」

私の胸を弄んでいる男が、娘の近くの男に言い、
その間にも、指の動きをだんだん大きくしてきます。

「やめてください・・・お願い・・・」

主人の目が大きく開かれ、うめき声をあげています。
娘はじっと目を閉じているようでした。

「あぁ・・・離して・・・指を離して・・・」
「こんなに気持ちのいいおっぱいはなかったなぁ」

男の指が、私の乳首を押し込むようにしてきました。
ネグリジェの薄い生地の感触が伝わってきます。

「あぁぁ・・・いや・・・」

男はバスト全体を撫で回すように指を動かします。
男はゆっくりと私の感触を楽しんでいるようでした。
私の目から、小さな涙が流れ落ちていました。


(2)へつづく・・・

63 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 15:15
戦国時代もしイチ物があったら

64 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 15:27
勃起してきました

65 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 16:21
戦国時代、もし戦場で夜中に勃起したら・・・・?信長とかゲイはいいよな、
小姓の蘭丸とかがいるから!

66 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 16:37
ホモはしゃぶったりアヌスに入れたりするの?自衛隊員に結構多いと聞いたけど。

67 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 16:43
こすっていたらオカンが帰ってきおった!もう少しでイキソウダッタのに。
俺の家は狭くてふすまを開けたらもろ見えになってしまうから中断しなければ
いけなくなってしまうのだ。もっと過激ですぐいけそうなスケベな話をお願いします。
嫁もいなくてオナニーしか処理できないので・・・37歳で侘しい生活だ!

68 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 17:55
嫁とおなにーは別です。

69 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 18:37
>>68
貴方は嫁がいるのにオナニーしているんですか?そうだとしたらその間だけ
奥さんの穴を貸してください。お願いします。

70 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 18:39
熟女お願いします。

71 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 18:41
>>70
62歳熟女結構ですね!ちょうどオマンコも慣らし運転が終わって快調でしょう!
ペニスをぐいぐい締めますか?60歳以上の熟女ビデオみました。よかったです。
五月みどり63歳、岩下志麻61歳こんなかんじですか?

72 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 18:45
デビ婦人もいるでよ!63才だでよ!

73 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 18:59
 沙織と圭介は、従業員が10人という小さな印刷会社に勤める同僚だった。
 圭介は高校を卒業してこの印刷会社に就職、今年36歳になる。妻子もちの男性であった。
 一方の沙織は、この春、短大を卒業したばかりで、この会社の事務員として働いていた。
 その夜、二人が勤めている会社を今年定年退職する男性がいて、送別会が会社の近くにある飲み屋街で行われた。
 圭介と沙織は、普段からそんなに仲のいいほうではなかったが、酒に弱い沙織が今夜は飲みすぎて酔っ払ってしまったため、沙織と家が一番近い圭介が、沙織を送るはめになったのである。
 日頃から真面目な圭介だ。圭介が送り狼になるなどいう疑念は誰もいだかず、沙織を圭介にまかせた。圭介と沙織以外の者は、二人に別れを告げると、そのまま次の店へと繰り出した。

 圭介は、酔って足元をふらつかせている沙織を抱きかかえながら、終電になんとか間に合うように駅へと急いだ。
 少し歩きはじめたところで沙織が「うっ、く、くるしい」としどろもどろながら言った。
「大丈夫か」と圭介は心配そうに聞く。
 沙織は「だ、だめ、歩けない」と言ったかと思うと、そのまま地面にへたりこんでしまった。
 圭介はそれでも、なんとか沙織を抱き抱えると、また駅に向かって歩き出した。抱きかかえる圭介の腕に、こぶりながら柔らかい胸の感触が伝わってきたが、元来、生真面目な圭介の脳裏には、まだいやらしい男の感情は芽生えていなかった。
 そして、また少し歩くと沙織はさきほどのように地面にへたりこんだ。
 圭介は(まいったな、これじゃ終電にまにあわない)と心でつぶやいた。
「おい、歩けそうにないのか」と圭介が沙織に聞いたが、沙織は首を横にふるばかりだった

74 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 19:01
終電に乗ることを諦めた圭介は、沙織を少しの間その場で休ませると、また沙織を抱きかかえて、タクシーに乗るために駅に向かった。駅の近くまで来ると、沙織が「オェーッ」といまにも吐き出しそうな嗚咽を口にした。
(こりゃ、だめだ)
 圭介は沙織を公園にあるトイレの洗面所につれていこうと思った。
 トイレの洗面台までくると沙織は、その可愛い風貌からは想像もつかないような、まるで獣の叫びのような嗚咽をはきながら、胃の中の物を吐き出した。
 そして、沙織の背中を介抱するようにさすっている圭介の手をふり払うと、男子トイレに転がりこむようにして入り、大便用の個室の中にくずれるようにしゃがみこんだ。スカートが腰までまくれあがった。裾がどこかにでもひっかかったのだろうか。
 大きく開いた股。ピンク色のパンティー。あそこの部分がこんもりと盛り上がっているのがわかった。
 圭介は慌てて、沙織の元にかけより沙織の肩をゆすりながら、
「おいおい、大丈夫かよ、しっかりしろよ」と訊いた。
 沙織は口をむにゃむにゃさせるばかりで返事をしなかった。
 圭介は、今度は少し強めに揺すりながら先ほどと同じことを口にした。沙織は、少しだけ目を開くと、うつろな目を圭介に向けて、再び目を閉じた。と思うと、いきなり上半身に身につけていた物を脱ぎだした。
 圭介は、慌ててそれを止めようとしたが、まるで子供がだだをこねているように、沙織は服を脱ごうとしてきかなかった。

 そうこうしているうちに、脱ぎかけていた服が首のところまできた時に、さゆりのブラジャーから右の乳房がこぼれた。
 先ほどまで男の本性を一度もあらわすことのなかった圭介の心にも、沙織の乳房がブラジャーからこぼれた瞬間に、イヤラシイ男の本性が芽生えてきた。
 圭介は少し緊張しながらニャリと笑うと、沙織の好きなようにさせた。
 沙織は服を脱ぎ捨てると、ブラジャーから右の乳房をだしたままの格好でドタッっとトイレの壁に背中をつけてもたれかかり、目をつむったまま下を向いてだまりこくってしまった。
 圭介はそれを見て、普段、誰にもみせたことのない不敵な笑みを浮かべた。後ろをふりかえりトイレのドアを閉めて鍵をかけた。最終電車が行ってしまったこの公園の周辺は静まりかえり、近くを通る車の音だけがひびいていた。
 圭介は念のためにもと思い、さおりの体を揺すってみた。沙織は少し動いてみせるだけで、それ以上の反応を見せようとはしなかった。
 安心感が増した圭介は、ブラジャーからこぼれている右の乳房を手の平で覆ってみた。
 沙織の乳房は圭介の手の平にすっぽりと収まるほどであったが、すごく柔らかく、圭介の手には、まだ若い沙織の肌のきめこまやかさまで伝わってきた。
 圭介は沙織のブラジャーの肩紐を腰までを下げた。
 とてもスタイルのいい沙織の胸に今度は二つの乳房が現れた。
 圭介はそれを目でそれを楽しんでから、再び沙織の胸に手をやると、今度は親指と人差し指で、軽く乳房をつまんでみた。
 すると、「う、うっ」と言いながら、沙織の体が動いた。
 圭介はドキッとして、すぐに沙織から手を離したが、沙織には何もわかっていない様子だったので、再び乳首をいじりはじめた。
(久しぶりにこんな乳首にふれたぁ)と圭介はつぶやいた。

 圭介は生真面目な性格なせいもあり、結婚をしてから一度も、妻以外の女性の体にふれたことがなかった。
 圭介はそんなことを思いながら、視線を沙織の腰の下に移した。
 圭介の目にピンクをしたパンティーのこんもりした部分が写った。
 圭介は右手で沙織の乳首をいじりながら、左手をそっとそのふくらみにあてた。
 圭介の左手に布地越しにもわもわした恥毛の感触が伝わってきた。
 圭介は思わず、パンティーの中に手をすべりこませた。その柔らかい恥毛の感触とともに、今度は沙織の人肌の温かさも同じに伝わってきた

75 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 19:03
それは、自分の妻のものとは違う柔らかさであり、温かさだった。
 そうしている間も沙織は体を何度も動かしたが、圭介はもう動ずることはなかった。
 毛の感触を楽しむと圭介は、人差し指で沙織のあそこの割れ目をなぞった。クリトリス、尿道、そして、穴の部分へと指を移動させていった。
 たまらなくなった圭介は、パンティーから手を抜くと、沙織を抱きかかえて腰だけ浮かせて、下着を膝のまでさげた。そして、片方の足を持ちあげてパンティーから足を抜いた。沙織の大切な部分を覆っていたそれは小さく丸まり、もう片方の足の膝にくるりと下を向いてぶらさがった。
 圭介は沙織の足を広げ、丸見えになったあそこを見つめた。
 沙織の恥部はあまり使いこんでいないのか、割れ目もそれほど開いておらず、割れ目の一番上についているクリトリスが半分だけ皮をむいて顔をだしていた。
 圭介はなんのためらいもなく、沙織のあそこに顔を近づけていった。
 すると、圭介の鼻に、公衆便所独特の匂いに混じって、少し汗臭いような匂いがしてきた。その匂いは圭介の鼻が局部に近づくほど強くなった。圭介の鼻が完全に性器に密着した時には、汗臭さとともに、生臭いようなものも混じっていた。
 その匂いは圭介の全身を震わすと同時に、久しぶりに嗅いだ新鮮なものようにも感じた。
 圭介は顔を少し上にずらすと、クリトリスに舌を這わせた。そして、その舌は尿道をこねあげて、穴のほうへと向かった。
 舌の動くたびに沙織の体も揺れていた。
 やがて、沙織の体は、股間に顔をうずめている圭介の体にもたれかかった。
 しかし、圭介は沙織の股間から顔を離そうとはしなかった。
 圭介のちょうど首筋に沙織の顔がぺったりと引っ付いて、沙織の半開きになった口から、唾液が糸を引いて、圭介の首に流れおちてきたが圭介はなんとも思わなかった。
 それどころか、その温かい唾液が圭介の心を益々燃え上がらせた。
 圭介は、丹念に穴の周りを舐めたり、クリトリスを舌で転がしたりしていくうちに 沙織のあそこはねとねとするぐらいに濡れてきた。
(やっぱり、意識がなくても感じるものなのか)
 圭介はそう思いながら、さらに舐めつづけた。
 やがて、我慢できなくなった圭介は、沙織の股間から顔を離して立ち上がると、ズボンとパンツを一辺にずりおろして、沙織を抱きかかえて立ち上がらせ、股をひろげて自分の物を一気に沙織のあそこに差し込んだ。
 沙織のあそこは、なんのためらいもなく、圭介のそれを受け入れた。
 圭介の一物は、沙織の中で、なんとも言いようのない、まるで一物にまとわりついてくるような感触につつまれた

76 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 19:05
圭介は思わず腰を上下にふった。
 すると沙織は、「あん、あん」と小さく、甘い吐息をはきはじめた。
 その効果が効きすぎて、圭介は沙織の中であっという間に果ててしまった。
 一物を引きぬくと、急に後悔の念が頭をよぎり、急いでズボンをあげて履きなおすと、トイレットペーパーをひきちぎり、沙織のあそこから流れる自分のだした白濁をふき取った。
 沙織をもとの格好にもどすと、抱きかかえながら駅のタクシー乗り場へと急いだ。


 翌日、沙織は会社へは出てこなかった。
 圭介は、まさか自分のしたことがばれるはずがない、と思いながらも不安な一日を過ごした。
 しかし、その次の日になって、沙織は何食わぬ顔をして会社にでてくると、圭介に笑顔で、送り届けてもらってことの礼を述べた。
 圭介は冷や汗をかきながらも、笑顔で沙織と話しをした。
 それから数ヶ月後、沙織は付き合っていた彼氏との間に子供ができたので結婚することになり、会社に退職を申し出た。
 沙織の送別会の夜、酔った男性社員が沙織に向かって、
「ちゃんと、避妊をしてなかったのかよ」と冗談を言うと、
「いつも、ゴムつけてたんだけどな」と沙織は笑って応えた

おわり

77 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 19:15
勃起しました

78 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 19:42
オマンコしたいな!誰かやらしてちょうだい!洋子ちゃんお願い!

79 名前: 上島リュウヘイ 投稿日: 2003/02/23(日) 22:47
オマンコしたい!せっかく勃起したのにもったいない!このチンボをどうしてくれる!
訴えてやる!

80 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/23(日) 23:29
戦国時代は最高ですね。

81 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 01:57
先物で儲けて贅沢しようを抜きましたか?

82 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 08:22
まだまだ抜いていません!先物で儲けて贅沢しようはすごく面白かったですから。

83 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 08:25
実はまた凄い事をしてしまったのですが、今回は裸でメイドのその後です。カウンターに座っている私の一番近くに団体のお客さんは座りました。恥ずかしくて、振り返るのも勇気がいるのですが、メイド接待をしなければなりません。私は意を決して注文を取りました。皆さんの視線が突き刺さります。屈んで注文の飲み物を置く特に、乳首が立っているね。恥ずかしくないのと言われてまた笑われました。ある女の子は「そこがいいんでしょ。」と言ってまた笑われました。そしてまたお客さんが入ってきて、大きな声で「本当に露出女っているんだな」と、既に私はもう余りの事に壊れそうでした。カウンタに腰掛けてママに助けを求めましたが、「どう、満足してる?」と他人事です。そして遂にあの女の子たちが「まだ裸にならないのと」言って来ました。マスターも今日は脱がして貰うのはどう?イイアイデアと言ってカラオケのスタンドに行って、マイクで「皆さんの要望を叶えます。本日はXXさんは、特別にパンツをお客さんに脱がして貰いたいそうです」とお客さんに呼びかけます。お客さんは一斉に手を上げます。マスターに頼みました。あの三人組にしてと。三人は前に進んで、マスターに軽い自己紹介をされています。A子さん20歳、B子さん21、C子さん21歳とやはり私と同世代です。そして彼女たちは嬉しそうな顔をして私を取り囲みました。そして全員で私のパンツに手を掛けて、いち、に、さんと声を掛けてパンツを引き下げまあっというまに、ひざまでさげられて、直ぐに足首までパンツは下げられました。お客さんの歓声と共に彼女たちも顔を上げて私の裸を眺めています。そしてC子さんが私の足首に手を掛けて持ち上げます。私は何も抵抗できずに足を上げました。そしてパンツは彼女の手にありました。パンツはC子さんにA子、B子に見られて、あるお客さんがこっちにもまわしてくれよと掛け声とものに男性に手渡せられました。マスターはパンツは返して下さい。とマイクで言っていましたが、「こんなにぬれているよ」といって次々とお客さんに手渡されていました。私は恥ずかしさを超えていました。私はとうとう言いました。「私にボディペインテング」をして下さいと2度3度と言いました。またお客さんの歓声。彼女たちも片手にビールを持ち、騒いでいます。私はカラオケの所に正座して、彼女達がまずサインペンを持ち、どこに書いていいのと聞いてきます。私はお好きな所に好きなように書いてください。と返事をしました。すると直ぐに、おっぱい、太もも、お尻にペン先で何か書いています。彼女達に促されて立ち上がると、私は「私は変態女」「露出狂」「裸になるのが好き」「いやらしい女の子です」など卑猥な言葉を書かれています。男性客も私の周りに集まります。マスターは懸命に触らないで下さいね。と注意してくれます。私はまた思考回路が停止して、皆さんにじっくり裸を見てもらいました。さすがにオナニーは出来ませんでしたが、そして数名の男性客にもサインペンで書いてもらいました。そしてお店を閉める時間になり、さっきの女の子にその格好で帰るの?と聞かれ。また来るからね。と言われました。お客さんが帰り、私は裸で片付けを手伝いました。ママもマスターも凄かったよと言ってくれ、マスターがパンツを広げてこんなに濡れてたんだねと私のエッチ汁は付いたパンツを返してくれました。そしてデジカメで私の裸を撮影してくれました。ママさんには同性に見られて恥ずかしかったでしょうと言われて、私は恥ずかしいには同性ですと。答えました。また裸になりたかったら相談してと言われて車で送って貰いました。帰るとオナニーしましたが、本当は皆さんの前でしたかった。今もデジカメで撮影した私の姿を見ながら書いていますが、この画像で何度となくエッチをしてしまいました

84 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 10:39
熟女のオマンコお願い!

85 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 11:51
勃起してきました

86 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 11:51
萌える話を聞かせてください!

87 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 11:54
俺もオマンコしたくなってきました!

88 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 12:09
宴会ネタが最高でした!

89 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 13:29
だれかエロい話お願いします

90 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 13:29
90

91 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 13:41
興奮しますた!

92 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 14:25
始めまして、敦子と言います。お正月休みに温泉地のホテルに彼氏と彼氏の友達と遊びにいったんですが、夜の宴会で王様ゲームをして、負けてしまい。彼氏に言われて全裸になり、彼氏の友達の連れの彼女たに、おもちゃになりました。男性が見ている前で、彼女たちに足を抱えられてあそこを見せ、その中の年上の人にまんこを広げられて、クリトリスを悪戯されて、濡らしてしまいました。彼氏はお仕置きと言って率先して、剃毛を言い出します。他の女の子もここまでしたんだから良いんじゃないとおもしろがります。そして全員で剃毛されて、つるつるになりました。その格好でホステスさせられて、男女構わずおっぱいやお尻をもまれました。宴会がお開きになり。彼と2人になると私から彼にセックスをねだりました。彼氏は私にフェラをさせながら、おまえマゾだねと言って調教すると言い出します。帰りには皆にスカートを捲くられてあそこを曝け出した格好で写真を撮られました。彼に調教されてしまいます

93 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 15:18
勃起してきました

94 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 15:20
オナニーしたいのでエロイやつお願い!

95 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 15:20
俺もオマンコしたくなってきました!

96 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 15:21
じらさないでください!

97 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 15:48
戦国時代の話してください!

98 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 15:51
エロい話お願いします

99 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 18:54
ここ、頭と目の両方が悪くなりそう…

100 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 19:14
エロい話どうぞ
http://bbs01.nan-net.com/bbs.cgi?num=25

101 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/24(月) 19:16
もっとエロい話どうぞ
http://www.ops.dti.ne.jp/~trevorb/t_maniax/index.html

102 名前: silent 投稿日: 2003/02/24(月) 23:35
南の島ポリネシア、この開放的な楽園世界には秘された独特のセックス法がある。五木寛之が作家人生の中でついに到達した、静かでいたわりに満ちた全く新しい性の技法。深い癒しへと誘われるポエティカルエッセイ

103 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/25(火) 12:07
生保レディの妻


和彦と申します。
32歳の私の妻は、某大手生命保険会社のセールスレディをしております。この
仕事は保険の契約を取ってこないと給料がとんでもなく少なくて、女であるこ
との武器を最大限に使って契約を取っているようです。
まず私の妻の場合、顧客の家に訪問して保険の説明をする前に、ブラウスのボ
タンを1個外して、かがんだ場合にブラが見えるようにするとの事です。特に
独身男性が相手の場合は、このようにして説明を始めると、ほとんどの相手が
ブラが見える事に気が付いて、必死になって覗いてくるそうです。訪問先は主
に勤務先と自宅が多いらしいんですが、この場合はアパート住まいの独身のと
ころに訪問するときに使う手だそうです。なかには
「ブラが見えちゃってますよ」
なんて言う人もいたとか。もっとすごい例だと、
「おっぱい触らせてくれたら契約します」
とか、
「セックスさせてくれたら契約します」
とか言う人もいるようです。事実、妻から聞いた話ですが、どうしても契約が
欲しいときは、おっぱいを触らせてあげた事が何度もあったとか。この話は亭
主である私にとって聞き捨てならないので聞いてみると、ごく最近に契約を取
った時の話をしてくれました。
ブラが見えるのに興奮した男性が突然、
「おっぱい触らせてください」
と言ったそうです。妻が
「契約して頂けますか?」
と言った瞬間に、
「契約でも何でもします」
と言いながら、おっぱいをわしづかみにしたそうです。始めはブラウスの上か
ら触っていたが、ボタンを外そうとしたので抵抗すると、
「じかに触らせてくれないと契約しない」
と言われて仕方なくブラウスを脱いで、ブラジャーも外すと、おっぱいにしゃ
ぶりついてきたそうです。妻が言うにはここまでさせて契約を取ってきたと言
ってますが、皆さんはどう思われますか?
妻は「セックスまでしていない」と言ってますが、私が妻とセックスする時は
おっぱいを吸うと、"もう、どうにでもして"という感じで、私に体を預けてき
ます。妻は結婚する前の20代前半の頃から、おっぱいを吸うと抵抗できなくな
るという感じでした。それは32歳になった今でも変わっていません。私が思う
に、この独身男性におっぱいを吸われて、抵抗できなくなってセックスまでし
てしまったと思うのですが。妻に白状させると、服の上から触らせた事は10回
以上、服を脱がされてじかにおっぱいを吸われた事は数回あるとの事です。こ
こでも妻はセックスした事は一度もないと言ってますが、本当のところはどう
なんだか。
妻が言うには、同僚のなかで成績がトップの人は契約を取るたびに、顧客とホ
テルに行くとか。この人は私も何度か会った事があって、40歳台前半くらいの
人で結構きれいな人です。もっとも化粧がすごいのできれいに見えるだけかも
知れませんが。これを知ったのはつい最近ですが、現在は家のローン、車のロ
ーン、子供の教育費等で、妻の給料が半減すると生活できません。仕方なく黙
認しているというのが現状です。
この掲示板をご覧になっている人で、生保レディが自宅のアパートに来たら、
契約をちらつかせて、おっぱいを吸わせてもらえるかもしれませんよ。ひょっ
とするとセックスも出来るかも?

104 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/25(火) 12:07
興奮しますた!

105 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/25(火) 14:08
俺の裏のおばちゃんも40くらいだけど派手な服装してミニスカートで出かけます。
オマンコしてるんだろうか?オマンコなめたいから保険はいろかな。

106 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/25(火) 20:56
勃起してきました

107 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/26(水) 13:14
エロい話お願いします

108 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/26(水) 13:20
宴会ネタが最高でした!

109 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/26(水) 17:30
戦国時代の話してください!

110 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/27(木) 10:33
戦国時代の話は全然無しでオマンコのネタばっかり!最初の趣旨はどうなった?
俺は真面目な男なのだ!オマンコなんてやらないのだ!・・・嘘・・・本当は大好き!

111 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/27(木) 15:29
オマンコ熟女お願いします!

112 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/27(木) 15:43
ζ           ______,―――-
ζ        /\__  ̄      \
ζζ       /             ~|
ζ       |        _____ ヽ
         | ̄ ̄――-~        ̄ヽ
ζ      /                ヽ
ζζ    /^ソヽ   __/ ̄ ̄ヽ――〜^^\
 ζ /      ̄ ̄              \
  ζ                          \
/ζ                 _          /
 ζζ 〜^^\,,_____,,__,/ ヾ/ヽ―ヽ___/
 ζ     /    |         ヾ /^ ヽ  \
 ζζ    ヽ   /          / | |λ| |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ζ     ヽ ヽヽ      / |  |/ //<  おい、ルパン相場終ったんだろう〜
  ζ      |         /  ゞ  |__/  \俺は帰るぜ!_______
   ζζ   ヽ ーヘ――  |  |  /     /
     ζ   | // ̄^~   ,/^  /―ヽ  /
      ζζヾ /     /ヽ/ /_ _―― <
        /|ゝ/ ヾヽw~ヾ/ ̄ ̄_ ̄ ̄ ̄ ̄\
       ///  | |/ ̄ ̄ ̄ ̄\     | /
  ,  _从〃 / // //         ヽ   \
ヾヾ_ // ,///           |     \
  ヾ_// /~/ /   ノ      |      |
   彡 彡,,/w/  /  __/        |      |
        /             /_ノ       |

113 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/27(木) 15:44
勃起してきました

114 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/27(木) 15:50
エロい話お願いします

115 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/27(木) 15:51
早くオマンコしたいです!

116 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/27(木) 15:54
僕の高校2年生のときの中出し初体験を聞いてください。
僕は野球部に入っていました。いつも帰りが遅く、夜の9時ごろに帰っていま
した。たまに、学校帰りに近所に住む、三歳年上のお姉さんと帰りの電車が同
じ時があり、一緒に帰ってきたこともありました。母親同士が仲が良く、お姉
さん(美佐子さん)ともよく逢っていたし、あんまり気にせず一緒に帰ってい
ました。
ある日曜日、僕が部活の帰りに駅で電車を待っていたとき、美佐子さんが、突
然隣にきました。
「今日も練習だったんだ」
普段仕事に行く美佐子さんとは違い、ミニスカートを履いて、ノースリーブを
きている美佐子さんをみて、僕はドキっとしました。
「あっ、はい」
ドキドキしながら答えました。何気ない会話をしていたのですが、
「今日、うちの人たちいないから遊びに来ない?」
「えっ、あ、はい」
と僕は答えました。一緒に電車に乗って、帰りに美佐子さんの家に行きました。
美佐子さんが、ご飯を作ってくれて食べました。そのあと、いろいろお茶を飲
みながらお話しました。美佐子さんはワインを飲んでいました。突然、
「アキラ君、Hしたことある?」
「いえ、まだッス」
「女の子のあそこ見たことないの?」
「え、はい」
「見たい?」
「はい」
かなり、美佐子さんも酔っていたみたいで、最初はスカートを上に上げ、パン
ティを見せてくれました。自分で、黄色のパンティの上からオマ○コをさすり
ながら、
「どうしよかな〜?」
僕は、おちんちんが固くなり、ちょっともじもじしました。すると、僕のおち
んちんをズボンの上からゆっくり触り始めました。美佐子さんは、少しかがん
で触っていました。ノーブラらしく、胸元からおっぱいが見えました。僕は、
我慢できずに洋服の中へ手を入れておっぱいを触らせてもらいました。
そして、美佐子さんは、いったん僕から離れると、上着を脱ぎ、自分のパンテ
ィを脱ぎ、大きく足を開いて僕にオマ○コを見せてくれました。僕がじっくり
見ていると、美佐子さんは
「アキラ君も脱いで」
といい、僕はズボンとパンツを脱ぎ、固くなったおちんちんを見せました。
「すご〜い」
と言われ、僕のおちんちんをこすり、僕はすぐに発射しました。
美佐子さんは笑いながら
「いっぱい出たね」
と言って、ザーメンをティッシュで拭きながら、お口で咥えてくれました。僕
のおちんちんは、すぐに固くなり、シックスナインをし、お互いの性器を見せ
合い、なめあいました。そして、美佐子さんは僕にまたがり、
「入れるね」
と微笑みかけ、入れてくれました。1分ぐらいで、いきそうになり、美佐子さ
んに、それを伝えると
「うん、いいよ。このまま出して」
僕は、なにも気にせず美佐子さんの中に放出しました。
しばらく、つながったままでキスをしていると、美佐子さんがおちんちんを抜
き、僕にオマ○コを見せて、
「ほら、アキラくんのがいっぱい出てるの見える?」
と言われ、僕はうなずき、オマ○コから、流れ出てくるザーメンを見ていまし
た。
「妊娠は?」
「アキラ君は、何も気にしなくていいの」
僕は、そのあと何も気にせず、野獣のように美佐子さんの体を求め続け、なん
どもなんども美佐子さんのオマ○コの中にザーメンを流し込みつづけました。
その後、すっかり病み付きになった二人は、一週間に2、3回は逢って、中出し
をしていました。5日間連続もありました。どうやって避妊していたかは、聞
いたことはありませんでした。部活を休み癖のついた僕は、もちろん3年生の
最後の夏の大会は、補欠でした。
僕が、高校卒業と同時に美佐子さんは、結婚してしまいました。今、新婚生活
を送っていると思います。心を入れ替えた僕は、一心不乱に野球に打ち込み始
めました。
今度、旦那が出張すると電話がありました。逢う約束をしました。たっぷり中
出しをするのを楽しみにしています。
レギュラーの夢は遠くなる一方です。しかし「中出し」には勝てません

117 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/27(木) 15:56
また勃起しました

118 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/27(木) 16:03
早く続きをください!

119 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/27(木) 17:10

最近、エステサロンとか言って実は、ヘルスのようなことをやってるところが
多い。普通は新宿とかの盛り場にあるのですが、近所でいいとこをみつけまし
た。
私のアパートは中央線某駅から歩くのですが、通り道で発見した小さなマンシ
ョンの前の看板。たまにおばさん達が出入りするのが見られたのですが、この
間、客を送り出しに出てきた店のお姉さんを見て、私も行ってみたくなった。
身長が170cmほど、細みで、顔は外人のようで、年は30ちょっとか?
電話で、男も大丈夫かを確認、予約を取り平日に代休を取って、昼過ぎに店に
行ってみた。部屋の中は暖房がガンガンに効いていて、お姉さんは、夏物みた
いな胸元の空いたワンピースにピンクのエプロンをしていて、お茶を出してく
れた時にかなり際どいところまで胸が見える。向いに座ると、パンツもほとん
ど見えそう。ずいぶん挑発的な雰囲気で期待充満。
まず、簡単なアンケートを書かされてカウンセリングとコースの説明から。
「うちはフェイシャルやボディのエステから、カイロプラチックまで色々あり
まして」
というので30分3千円のボディマッサージを頼む。
「服を全部脱いで、これに着替えて下さい」
と渡されたのは、前後にチャックの着いたひざ丈程の頭からかぶるビニールの
もの。普通のマンションなので、着替えは、入り口からすぐのところの風呂の
脱衣所。風俗なら堂々と素っ裸になれるのだが、ここはそうでもなさそうなの
で、何か変。
ごついクロームメッキの台にうつ伏せに横になると、背中のチャックが開けら
れ、毛布を下半身にかけ、お姉さんは手にぬるぬるする油のようなものを取り、
マッサージを始める。
「お仕事は何なさってるんですか?」
などと世間話を始めるが、手は尻の肉を揉んだりする。仰向けになる時には当
然ちんこ半立ち。前のチャックがへその下まで降ろされ、タオルと毛布をを下
腹にかけられたが、角度によってはお姉さんに私のあそこは丸見えだったはず。
それでも構わず手は胸から始まり、腹におりてくる。
「お腹の筋肉が硬くなってますね」
等と言いながら平然とタオルをずらし、へその下まで揉んで来て、もはや全立
ちのちんこの先にちょっと手が触る。
「あら、ごめんなさい」
と言いながら顔は笑ってる。
「独身の男性は大変よね。私もバツイチだから気持ちが分かるわ」
等といかにも年上の経験豊かな女性が言いそうなこと言いながら、尚も下腹を
マッサージし続ける。この時はここで終わり。しかし、私は脈ありと思い、続
けて通う。
そして、ついにそれから3度目。お姉さんは言う。
「ほんとはあたし、離婚してからお金をためるのにそう言うところで1年働い
てたの。可哀想だから、手で良かったらしてあげる」
やった! お姉さんは手にいつものオイルをつけると手慣れた様子でちんこを
しごき、あっという間に私は行ってしまう。
これで満足する私ではない。
続けて何度も通い、泣き落しで、ある日ついにオーケーをとった。
「一回だけよ、次からはだめよ」
と念を押されたがやってしまえばこっちのもの。狭いユニットバスに入ると私
はすぐに素っ裸。お姉さんはパンティをするっと脱ぎ、ワンピースの裾をまく
ると、自分のあそこにオイルを塗り、洗面台に片手をつき、尻をこちらに突き
出し、もう一方の手で私のちんこを自分のあそこにあてがう。
真っ昼間にふつうのマンションの一室、それも部屋のカーテンは開けっ放しと
言う状態で、風呂場にこもってこんな事してる。お姉さんのあそこの締まりの
良さもあって、最高の快感。
やっぱ、Hは30過ぎの年増に限る

120 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/28(金) 01:46
オマンコに入れてこすりたいです。

121 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/28(金) 12:12
僕は中学2年生です。
毎日オナニーばかりで、もやもやした日々でしたが、とうとう実の母を犯して
しまいました。父親は交通事故でなくなって、3年になります。家族は僕と弟
と母です。
母は地方公務員で区役所に努めています。自分で言うのもなんなのですが、形
の良いオッパイと色白のむちむちした太股がたまりません。いつも母の留守に
タンスをあけて、色とりどりのパンティを引き出しては、匂いをかぎながらオ
ナニーをしていました。洗濯ものの汚れたパンティは最高です。黄色いしみが
ありますが、甘い香りがして、匂いをかぐとビンビンに勃起してしまいす。黒
いビキニタイプのパンティが多いです。
日曜日の昼下がりに、家には母と僕しかいませんでした。ギターを引いて楽し
んでいましたが、母が呼ぶのです。
2階に上がると、出かけるのか白いワンピースをきている最中でした。背中の
ホックがかからないので、止めて欲しいと言うのです。
風呂上がりの匂いたつ石鹸の香り。色白のすべすべした餅肌。
見ただけで僕は激しく勃起して、激しいめまいを感じました。やるなら今だ。
一瞬考えました。
後ろから母の胸をつかみました。驚いた母は声にならない声で、
「なにするの!」
と叫びました。
もう夢中です。押し倒してワンピースをはぎ、ブラジャーを外して、オッパイ
にむしゃぶり付きました。あたたかくて柔らかく、手にあまる程の量感です。
「やだ、やだ」
と激しく抵抗した母ですが、キスをするとおとなしくなりました。それからス
カートの中に手を入れて、パンストの上からおまんこにさわりました。何やら
ぐしょぐしょで、気持ちが悪いほど濡れています。
その間は、観念したのか激しい抵抗はしません。
指を2本入れてかきまわしました。暖かくてぬるぬるで、複雑な中身です。
AVビデオやエロ本で、SEXの事はだいたい判っています。
その後パンストとパンティを脱がして、あそこにしゃぶり付きました。甘い香
りとぬるぬるのヒダがなんとも言えず最高です。母は
「あ〜、あ〜」
とせつない声をあげています。いそいでズボンとパンツを取って、のり上がり
ましたが、チンチンが入りません。あせる気持ちのまま、僕は母のお腹の上に
第1回目の射精をしました。
母が、手を取ってチンチンを中に入れてくれました。おもったより緩い感じで
す。それに穴が随分下にあり、これでは入らなかったです。
でも嬉しかったです。
後は夢中で腰を振って、すぐに第2回目の射精をしました。生のまま母の中に
入れました。ドクン、ドクンと波打つ感じがとても良かったです。母は
「あ〜、あ〜」
と喘ぎながら僕を抱きしめてくれて、キスを求めてきます。
何時間やったのか分かりません。7〜8回は母の中に射精をしました。
終わったあと、母は
「これきりだよ」
と念をおしました。こんな事は畜生のする事で、人間ではないとも説教された
のです。
でも、僕は母が大好きです。
あれから毎日、2階の母の寝室に入ってSEXをしています。小学生の弟はまだ何
も知りません。でもその内に感づくでしょう。その時は弟にも体験さすつもり
です

122 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/28(金) 12:26
また勃起しました

123 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/28(金) 15:31
自分の母親とオマンコしてしまったんですか?

124 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/02/28(金) 16:23
勃起しました

125 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/01(土) 05:21
チンボたってきました

126 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/01(土) 23:35
戦国役者=7人目さんですか?

127 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/02(日) 04:57
私は22歳のOLです。
実は高校1年の時に親戚の叔父さんに犯されました。
叔父さんは、良い大学を卒業したので頭が良く、私の家庭教師をしてくれてい
ました。しかし、教えている時のおじさんの鼻息は荒く、いつもいやらしいと
ころばかりを見ていました。気にはなっていましたが、両親に相談することも
できず、しばらくは勉強を教わっていましたが、ある日、家族の者が誰もいな
い時に、思いっきり犯され、その後も性奴隷的な扱いを受けてしまいました。
最初は短パンをはいていたので、太ももとかに触ってきて、
「やめて下さい」
と抵抗したのですが、
「いつも俺を誘ってただろ、そんな大きなおっぱいして、肌を露出して、いい
臭いさせて……」
と言われて、ベッドに引きずられ、押し倒されました。私の胸やあそこをさん
ざんなめた後、おじさんも脱いで入れて、下手だったので、中に出してしまい、
「ごめんね、でも君がいけないんだよ、誘うから」
と言われました。
友達にも両親にも相談できず、妊娠の心配ばかりしていました。
その後、妊娠こそしませんでしたが、その後もおじさんのレイプは続きました。
軽く勉強をやった後に決まって、後ろから胸をもみはじめ、抵抗すると
「お母さんを呼ぶよ」
と脅されました。
私はいつも仕方なくされるままにして、椅子に座って下着を下ろし、胸をはだ
け、そのおじさんに、なめられ続けました。おじさんが椅子に座って、私が向
かい会うように机に座り、あそこに鉛筆やいろんな物を挿入されたりする遊び
とかもありました。
しかし、メインはやっぱりセックスです。最初の日の失敗以来、恐くなってゴ
ムはつけてくれるようになりましたが、週に1日か2日来て、最後は必ず(ゴム
をつけてですが)中に出していきます。
もちろん、おじさんのあそこもなめされられました。120kgぐらい太っている
人なので、おじさん自身の胸も大きいので、おじさんのおっぱいも吸ってあげ
たり、なめながらしごいてあげたりしました。
そんな状態が高校生活の3年間続き、就職で東京に出てきて、やっとおじさん
からは解放されました。しかし、おじさんが東京に出てくると必ずセックスを
強要されます。
そして自分でも不思議なのですが、そういうおじさんのような人に犯されてな
いと、セックスでイかない体になってしまいました。外見はまぁまぁの方だと
思うので、ナンパとかされるし、合コンで知り合った人とも付き合おうと思い
ましたが、どうもセックスが物足りないのです。しかもイくことはありません。
そして太ったおじさんなどが気になってしょうがないのです。
会社の部長と酔った勢いで関係を持った時に気付きました。私は太った年上の
男性にレイプされるようなセックスでないとイかないんだと。
会社の部長もとても太った人で奥さんはいたのですが、入れられている時にと
ても気持ち良く、同意の上でホテルに入りましたが、「犯されてる!」と思う
とドンドン濡れてくるんです。
こういった事は友達にも言えないので、テレクラで太った男性、しかも100kg
以上あるような凄く太った人でないとイけないので、そういう人をさがしてH
してます。
今は彼氏(やっぱり太ってますが、同じ年のかわいい彼です)もできて、幸せ
ですが、たまに来るおじさんとのHや、部長とのHは続いてます。それは愛のな
いHなので、スポーツ的なものとわりきってますが、みなさんはどう考えます
か?
太った人としか感じないという(いわゆるデブ専)私はおかしいでしょうか?

128 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/02(日) 10:20
俺も太っていて女にもてた経験が無いんだけど少し自信が持てた!110kg
位有るんだけど身長が164なのでかなり太って見えます。

129 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/02(日) 10:27
>>127すばらすい!

130 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/02(日) 10:45
勃起してしまった!

131 名前: イパーイ有るぞ! 投稿日: 2003/03/02(日) 17:34
http://members.jcom.home.ne.jp/masacchi/main.html

132 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/03(月) 15:32
エロい話お願いします

133 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/03(月) 15:33
勃起しました

134 名前: 妖怪オババ 投稿日: 2003/03/04(火) 03:23
わしのオマンコもたっぷりとなめておくれ。イッヒヒ

135 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/04(火) 10:21
熟女とやりたい!

136 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/04(火) 10:25
>>135
ワスノかかあは45才だけど熟女に入るかな?20代の女と交換オマンコなら
喜んでやるけどどうかな?あんたの彼女いくつ?

137 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/04(火) 10:57
>>136
僕は独身!妻は欲しいんですが相手がいません。しかし、購入して4ヶ月の
まだ新しいダッチワイフは有りますのでもし、興味が有りましたら一時的にそれで交換と
いうことならうれしいです。

138 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/04(火) 13:54
>>137
ダッチワイフっていくら位するの?

139 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/04(火) 13:58
http://www.green.co.jp/orient/
ここみれ

140 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/04(火) 14:00
高いのは60万円〜となってますな

141 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/04(火) 14:56
オババでも生身の身体のほうがよさそうだな!オマンコはダッチワイフでは
気持ちよくないだろう!

142 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/04(火) 15:04
リアルドールとしてみたい。
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/doll/976516047/l50

143 名前: 137 投稿日: 2003/03/04(火) 15:16
僕は大人のおもちゃで購入しました。ビニール製で24000円でした。
顔は口をがばっと開けていて間抜けな顔をしています。浮き袋を抱いているようで
気分出ません。早く本物の女体を経験したい。年齢容姿問いませんのでよろしくお願いします。

144 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/04(火) 15:23
早くソープへ行きなさい、極楽じゃ

145 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/04(火) 15:23
勃起してきました

146 名前: 妖怪オババ 投稿日: 2003/03/05(水) 04:26
>>137
わしのオマンコ貸してやろうぞ。イッヒヒ!

147 名前: 137 投稿日: 2003/03/05(水) 15:25
>>136
スイマセン、45歳の奥さんとダッチワイフの交換どうでしょうか?
1っ回だけでもうれしいんですが。

148 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/05(水) 17:38
>>147
妖怪オババとやればヨカ!

149 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/05(水) 20:19
むしゅめ たち
http://my.reset.jp/~tabo/dolls.html

150 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/05(水) 20:58
ローラがいいな 口大きくて・・・・

151 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/05(水) 21:45
勃起しました

152 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/06(木) 00:08
http://www.realdoll.com/maledoll1.html
これで逝かされてください

153 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/06(木) 00:13
>>152きもいけど、イイからだだ

154 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/06(木) 08:58
オマンコしたくなってきました!

155 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/06(木) 18:47
ダッチワイフの中に出した場合洗うのが面倒ですか?オマンコの中なら
女が勝手に洗うから楽チン!

156 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/06(木) 19:02
>>155
便利屋に頼めば8000円できれいに洗ってくれます!

157 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/06(木) 19:48
オレは5000円でいいから、洗わせてくりぇー。

158 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/06(木) 19:50
本物のオマンコを洗うんならタダデいいよ!

159 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/06(木) 19:51
他人の精子洗うのには抵抗があるな・・・

160 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/06(木) 20:38
わしはいつも精子飲ませるが・・・

161 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/06(木) 21:14
わしはいつも黄金水を飲ませられるが・・・

162 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/06(木) 21:45
飲尿健康法でしゅか。キモッ

163 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/07(金) 04:16
25才の独身です。
この前、会社の新年会で保養所に泊まりに行った時の事です。
36才の2人の子持ちで、田中美佐子似で、すごく色っぽいひとがいます。
みんな風呂に入ってからの宴会で、女性も全員ゆかた姿でした。前から興味を
持っていたその人妻、Rさんも、相当酔いが回って来て、自分とだんだんHな話
をするようになってきました。ふだんはそんな話など全然しない真面目な人な
のですが……。
浴衣の裾から時折のぞく太股がやたらと色っぽくて、僕のアソコはもうビンビ
ンになっていました。おまけに時折、水色のパンティが見えます。彼女はお風
呂に入って、新しいバンティを履いてきたとも言いました。その話を聞いたら、
どうしようもなく彼女のパンティの臭いを嗅いでみたくなってしまったのです。
保養所という事もあり、他に宿泊客もいないため、女性の部屋は鍵をかけてい
ないと思い、新年会からトイレに行くふりをして、女性の部屋に行きました。
彼女のバックは知っていたので、中を開けてみると、オレンジ色の可愛いスキ
ャンティが出てきました。良く見ると、あそこには乾いた精子がこびりついて
いました。きっと昨夜に旦那とやったに違いないと思ったら、ものすごく興奮
してしまい、そこをペロペロ舐めてしまいました。
とその時、廊下で足音がしました。僕はあせってしまい、とりあえず押入に隠
れる事にしました。
フラフラと入って来たのは、人妻のR子さんでした。大分酔っぱらったようで、
布団に倒れこみました。大丈夫かと思いましたが、ここで出ていくわけにはい
きません。
そうこうしていると、彼女は浴衣の上からおっぱいを揉みはじめました。
これにはびっくり、もう僕のあそこはビンビン。今度は水色のパンティの中に
手をいれて、オナニーを初めてしまいました。それはまるでビデオを見ている
ような世界です。しきりに聞き取れない声で、誰かの名前を呼びながらオナニ
ーをしています。しばらくして絶頂が近づくと、その声も大きくなりました。
僕の名前を呼びながらオナニーをしているのです。僕は一瞬、隠れているのが
バレたのかと思いました。
しかし、実は彼女は僕が隠れているのを知っていたのでした。
「光二君、早く出ておいで」
と言うと、襖に向かって這って来て、襖を開けられてしまいました。実は僕の
後を宴会場からついてきたとのこと。オナニーを見せたのも計算ずくだったよ
うです。
酔いが回った彼女は、そのまま襖の中にいる僕の方へオマンコを広げて、
「舐めて」
と言います。あとは皆さんがご想像の通りです。
それ以来、彼女とは3日に一度くらいセックスをしています。日中にルートセ
ールスといってホテルに行ったり、彼女の自宅でしたりしています。彼女の自
宅でする時はさすがに緊張しましたけと。
でも、どんな変態な要求も聞いてくれるので、今では格好のダッチワイフにな
っています。
やっぱり人妻はいいですよ!

164 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/07(金) 11:28
ここは戦国時代の話をするところです。

165 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/07(金) 12:50
ここは戦国時代とスケベの話をするところです。

166 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/07(金) 17:45
http://salad.2ch.net/ymag/kako/987/987509671.html
馬鹿馬鹿しいけど面白いです
10-11を見てから60-140くらいまでが馬鹿馬鹿しいです

167 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/07(金) 17:51
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1013312048/
これも好きだ

168 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/09(日) 04:55
人の女をはめてしまうのが一番!

169 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/09(日) 04:55
人の女をはめてしまうのが一番!

170 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/09(日) 04:58
私が貧乏学生で開業医の家庭教師をしていた時の体験談です。
医学部浪人の長女は[open]をオッペン、[dagerous]をダンゴラスと発音
するくせに、[sex]は正しく発音する素晴らしいおつむの受験生でしたが、
水野久美をやや小柄にしたような42歳の母親はプックリマンコがおいしそうで
した。
私は好青年を装い、やがて家族の夕食や食後の団らんにも招かれるようになり
ました。そして、チャンスは意外に早く訪れました。父親が友人と一泊旅行に
行くこととなり、女だけではぶっそうなので、その日は泊まりに来てくれと依
頼されました。
その日、娘が2階の自室で寝た11時過ぎに、私の蒲団を敷いてくれていた母親
(一枝)を蒲団の上に戯れるように押し倒し、唇を奪いました。一枝も期待し
ていたようで、私の舌を強く吸い、
「早くやっちゃって」
と呟きました。私はスカートを捲り、薄い肌色の透けるパンストと七分丈のお
ばさんズロースに包まれた両股の間に体を入れ込み、着衣のままで勃起した一
物でしばらく一枝のマンコを突いていました。すると、ズロースが直径15cm
に濡れて地図のようになり、その下の毛の黒さが透けてみえてきました。私は
急いでズボンとパンツを脱ぎ捨て、一枝の下着も一気に取り去り、填めようと
思いましたが、
「チョット、待って」
とトイレに行ってしまいました。それは、あまりに大量のマン汁を恥じらい、
1日分のマンカスを拭くためでした。
帰ってくると部屋の電気をスモールにして、また同じ体勢をとってくれました。
そして、また
「早くやっちゃって」
と呟きました。それは「早くやって」の意味と解釈しました。私はマンコをも
っといじくったり、舐めたりしたかったのですが、性交という既成事実を早く
つくらねば、と、一気に根元まで填め込みました。
恥丘と大陰唇はポッチャリしていて、毛は亀裂の上に密集している小振りのマ
ンコは、子持ちのおばさんにしては締まりがよく、なにより腰の振り方が最高
で、私が強く突くと強く、小刻みに動かすと小刻みに応えてくれました。
すぐに出そうになり、
「このまま出してもいい?」
と聞くと
「このまま出して」
というので、思いっきり奥に填め込んで、ドクッドクッと注ぎ込ませてもらい
ました。ドクッドクッ感が堪らないのだそうです。
その後、その晩は診察室のベッドの上、応接室のピアノの蓋に立ったまま伏せ
させてスカートをたくし上げて、トイレの中で、一枝の蒲団で全裸でと、5回
もやらせてもらいました。
その後、娘は裏口工作が実り、三流医科大学に入りまして、留年と国家試験不
合格が繰り返されていましたが、何年か前に奇跡的に合格し、今、眼科医をや
っています。恐ろしいことです。
一枝とは家庭教師を辞めた後も、私が結婚するまでは関係を続けようという約
束でしたが、結婚した今でも月2回のペースで続いています。一枝も67歳にな
りました

171 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/09(日) 08:44
おばんの話はやめれ

172 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/09(日) 13:55
早くオマンコしたいです!

173 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/10(月) 04:10
むしゃくしゃしていたのでデリヘルに電話して、適当に、若くて最近入
った子を指名した。
ラブホの扉をあけて入ってきたのは、なんとうちの会社の女の子。細身
で目が大きくて、エキゾチックな顔してて、胸もでかい。30過ぎなのに、
むちゃ色っぽい。一度でいいからと思ってた子が目の前に。
二人ともびっくり。帰ろうとするのを押しとどめて、無理に服を脱がせ
て入浴。この時とばかり、ぴったり密着してキスしながら胸をもみまく
った。
意外に感じてるみたいなので、手のガードを振り払ってあそこを触ると、
しっかり声を出した。
「好きなんだねー」
と言うと、耳まで赤くなった。
「このクリちゃんの上のところが感じるの?」
なんていっぱい話しかけると、もうしどろもどろ。
ベットにつれていって、さっそく69。
これでもかってくらい舐め回してやると、どんどん濡れてくる。声もだ
んだん大きくなってきた。わざと吸い付いて、しゃぶる音をたててやる。
ちゅぱ、ちゅぱ。縁をゆーっくり挟んで、舐めていく。
やろうとすると、
「デリヘルでは、本番はなしナシだから……」
と拒絶される。
「でも、会社にはこのバイト内緒なんだろ」
っていうと困った顔。
「やらせろ」
っていうと、それでも嫌がる。あとはもう、押し倒して無理矢理。挿入
っていっても十分濡れているので、すんなり。生で。おもいっきり長い
足を広げさせて、突きまくる。声がでかい。そして勝手にいっちゃた。
ぐたーっとしている体を立たせて、バックからまたも突きまくり。長い
髪もすっかりぼあっとして立っている。虚ろな目にまたも興奮して、前
に向けて片足あげて、またも挿入。すっかり力なし。
そのあと30分延長して、全部で三回やっちゃった。
一番気持ちよかったのは、次の日会社で迫って、会議室でパンスト下げ
て、パンティをかき分けて挿入したとき。興奮してあっという間に中出
し。
なんでもおなじ会社に仲間がいるみたい。よーし、また電話しちゃお。
山口って小さなところなのに、みんな大胆だナー

174 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/10(月) 04:17
朝から勃起しました!僕も会社の女の子にやりたい子が何人かいます!

175 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/10(月) 04:21
勃起したからまた朝マンコします!!

176 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/10(月) 06:24
朝マンコ終りますた!
寝直します

177 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/10(月) 08:20
また別の話してください!

178 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/10(月) 12:01
勃起しました

179 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/10(月) 12:47
射精しました

180 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/10(月) 16:33
勃起してきました

181 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/10(月) 18:31
萌える話を聞かせてください!

182 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/12(水) 01:50
http://www1.kcn.ne.jp/~houou/kataoka.swf

エロそうに見えて、エロくないんで申し訳ないが・・・・・
エロいというより笑えます。藁ってください! (^^ ナハ

183 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/12(水) 16:08
早くオマンコしたいです!

184 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/12(水) 16:13
あ〜、オベンチョやりたい!

185 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/12(水) 16:13
あ〜、オベンチョやりたい!

186 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/13(木) 11:20
ここは戦国時代の話をするところです。

187 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/13(木) 14:06
オメコやりたい!

188 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/13(木) 15:06
興奮しますた!

189 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/15(土) 12:06
最近どうも腰が痛いのが引かないと妻がこぼしており、とりあえずマッサージ
で痛みだけ取ろうかと思ったらしいです。妻に相談された私は、知人からマッ
サージのうまい人を紹介してもらいました。マッサージ師を紹介してくれたの
は私たち夫婦の共通の知合いの女性で、妻の昔の職場の先輩でした。ただ話を
する時、彼女が気になる事を言ってました。妙に色っぽい、ねっとりした目で
妻の身体を見詰めながら、
「ただね〜。あの先生はマッサージはうまいけど、手も早くって。旦那さんも
気をつけた方がいいよ」
どうしても付いてきて欲しいという妻に付き添い、目的の鍼灸院に連れていき
ました。けっこうきれいな建物です。きっとはやっているのでしょう。先客が
あり、妻と待合室で待ってました。
妻はやはり少し不安そうです。効くのかもしれないが、すごく痛いのではと妻
共々心配でした。やがて先客が出てきて、しばらくして妻が呼ばれました。先
生はいきなり素っ気無い口調で妻に
「服を脱いで」
と告げます。妻も恥かしそうにしながらワンピースを脱ぎました。
「それも脱いで」
と先生はシミーズ姿の妻をいやらしい目で見ながら促します。妻が助けを求め
るように私を見つめます。妻の視線を追うようにして先生がこちらを見ました。
まるで私を値踏みするようにじっとみた後、自らの手でシミーズを脱がせて妻
をブラとパンティだけにしてしまいました。
「ではうつ伏せに寝てください」
といいました。妻は言われるままに下着姿で診療台に寝ます。気が散るからと
の理由で、診察室のドアが閉められます。
私はこの状況になぜかすごく興奮してました。
妻が閉ざされた空間の中でパンティ一枚で寝そべっており、白いもち肌を初対
面の男にさらしている。男は50過ぎの精悍な男で、色黒な肌が精力を感じさせ
ます。そんな男が今、診察にかこつけ妻の肌に手のひらを滑らせているのかと
思うと、思わず全身を耳にして中の様子を覗います。実に遮音性のいい分厚い
扉で、何も聞こえないのですが、ときどき妻の
「痛い」
とか
「ああ」
とかいった声が漏れ聞こえます。
30分ほどでしょうか? 妻の
「うっ」
とか
「ああっ」
と言った気持ち良さそうな声が漏れ聞こえてましたが、ただそれがだんだんと
静かになっていくのです。たまに漏れ聞こえる声にも、心なしか甘い響きが含
まれている気がして。つい先日、妻の先輩の漏らした言葉が気になります。
もしかすると、妻は先生に性感マッサージを施されているのではないか?
いったいあのドアの向こうで妻は何をされているのか?

190 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/15(土) 12:14
「オイル・マッサージをしましょう」
はっきりと先生の声が聞こえました。しばらくしてぴちゃぴちゃとした音が響
くようになりました。すごく嫌な予感がします。妻は肌への愛撫に弱いのです。
この音は、オイルの音でしょうか? 濡れそぼった粘膜の音にも聞こえないで
しょうか?
突然、
「ひっ」
と妻の声が中からしました。今から思えばきっとこの時、先生の指が直接妻の
オマンコに差し込まれたのでしょうか。良く耳をすますと、何かタオルのよう
なもので、声を押し殺した妻の荒い鼻息だけがきこえました。私のチンポもか
ってないほど硬直してました。くぐもった妻のうめき声がなまめかしいです。
多分、このドアの向こう側では先生の指先がいやらしく妻の全身を這い回り、
妻も快感に肌を薄くピンク色に染めてされるがままになっているのかも。
そう思うとたまりません。
私しか知らなかった揉みこたえのある乳房を先生も楽しみ、指先にからみつく
オマンコの襞の感触を味わっているのだろうか。妻が診察台の上で痙攣しなが
ら動いているのでしょうか。時々ばたん何かが跳ねる音がします。
カチャカチャと何か金属音がしました。先生がズボンを脱いでいるのか。私の
口の中はからからになり、診察室から漏れ聞こえる音を一つも聞き逃すまいと
勤めました。
いや、もしかすると、何か金属製のマッサージ機を取り出しただけかもしれな
い、と言い聞かせるのですが、とてもそうは思えません。
妻の状態が気になります。きっと妻はうつ伏せのまま、足を大きく広げてじく
じくに濡れたオマンコを先生にさらし、なまめかしい目つきで先生のチンポを
見つめているのだろう。もしかすると何度も絶頂の寸前まで愛撫され、ただ最
後の一撫でだけをお預けくわされ、誰でもいいから早くチンポでオマンコを蓋
をしてといった気分なのか。今の妻は先生が何をしても受け入れる状態なので
しょう。
ぎしっと診察台がしなる音がします。先生が妻に乗りかかる所か。
今ごろぱくぱくと口を開く妻のオマンコに先生のチンポの先が押し付けられて
いるのだろうか。
「うっ。あっ」
とくぐもった妻の声がします。
多分タオルでさるぐつわをされて声を漏らさないようにされているのでしょう。
とうとう妻のオマンコに先生のチンポが挿入された……。
「はあ〜ん」
二人の熱い吐息が溢れます。
やがて診察台がぎしぎしときしむ音が聞こえてきました。室内からピチャピチ
ャと水音が響いてます。うつ伏せに寝る妻の背後から先生がのしかかり、オマ
ンコにチンポを出し入れしているのでしょうか。妻のオマンコは名器だと思い
ます。ねっとりとしたやわらかな襞がチンポ全体を包み込み、ざらざらした天
井が亀頭の先端を刺激します。深く挿入したチンポにまとわり付き吸い付きな
がらきゅっと締り精液を絞り取ります。そんな妻のオマンコを先生はチンポで
味わっている

191 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/15(土) 12:21
一度味わうとたまらなくなって、これから何度も妻を呼び出してはセックスを
要求するのだろうか。妻も今日の快楽に溺れ、乞われるがままに先生にホテル
へ連れ込まれチンポをオマンコに迎え入れ先生の都合のいい精液絞出し用の浮
気オマンコ妻にされるのだろうか。
多分先生は妻の胸を両手で揉みながら、ぐいぐいとチンポを妻のオマンコに出
し入れしているのでしょう。妻のやわらかなオマンコの襞と先生の硬いチンポ
が直接触れ合って、ぬるぬるとした粘液にまみれながらこすり付け合っている
のでしょう。
「うっ」
先生の声が急にしました。とうとう妻のオマンコの締め付けに耐え切れずに射
精しているのでしょう。その時、
「はあぁん。あっ、あっ、あっ」
と妻の声が大きく響きました。
これこそ妻と先生が男と女の最後の一線を超えた証拠です。お互いの生殖器官
の神経を目いっぱい使って快楽をむさぼりあっている声です。とうとう妻はタ
オルを咥えて声を殺すのも忘れてセックスの快楽にもだえているのです。
ひときわ大きくがたん、がたんと診察台の足が動いた音がしました。先生は快
感を感じるたびにくいくいと締め付け精液を絞り取る妻のオマンコの具合に酔
いしれているのでしょう。妻も自分のオマンコの中で先生のチンポの先から精
液が吹き出すたびに、ぐいっとオマンコの口をチンポの根元が強ばって広げる
のを感じている。多分妻はオマンコの中で精液を出しながら暴れる先生のチン
ポを感じ取りエクスタシーに至ったのでしょう。
しばらく静かになり、ちゅっとキスをする音が聞こえます。まだ先生のチンポ
が妻のオマンコに挿入されたままでしょう。先生は天にも昇る心地に違いあり
ません。となりの部屋に旦那が待っているのに、人妻を性感マッサージで感じ
させてその気にさせモノにした。手で顔を振り向かせると、清純そうで貞淑な
感じの人妻が恥かしそうに舌を絡めて来る。下では妻のオマンコが快感の余韻
で断続的になえかけたチンポを締め付けるのを楽しんでいる。妻の胸を揉みな
がら深い口付けを交わしている先生のチンポを伝って、二人の精液と愛液の混
ざったものが、結合部から溢れ出しているのでしょう。
またマッサージに戻ったようです。さっきと比べて、妻も先生と打ち解けて、
世間話を交わしています。ただその声の中に、身体を許した相手にしか含まれ
ないであろう媚び、と親近感を感じます。
そのうちに私の話になり、妻は先生に私がマッサージを学びたがっていると言
いました。人妻を寝取った男の余裕でしょうか。急にドアが開いて、先生が私
を招き入れてくれました。
妻は今日下ろしたてのすみれ色のパンティを履いていました。その真新しいパ
ンティが、完全に脱がされて床に落ちてます。その上妻の全身がオイルにまみ
れ、ぬめぬめと光っていました。もしかするとセックスをした時の汗も交じっ
ていたかもしれません。男との激しいセックスを終えて、ピンク色に上気した
肌がなまめかしいです

192 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/15(土) 12:27
妻はこちらを振り向きません。私の顔を見るのが恥かしかったのでしょうか。
しどけなく体を伸ばしてます。妻のお尻が何かに押しつぶされたように平べっ
たくなり充血してます。未だ足を広げたままです。
多分、この体勢で先生のチンポを挿入されていたのでしょう。そして妻のオマ
ンコは、オイルではない、何かべっとりした液体で濡れています。部屋の中は
妻が興奮した時に、オマンコから出る匂いで充満してます。そんな今日初対面
の男に犯されたばかりの妻が実に色っぽく感じました。
先生が私に腰のマッサージを教えます。そしてにやりと笑って、妻のお尻の肉
を揉みました。手の動きにより妻のお尻の穴と、オマンコがぱくぱくと口を開
きます。
先生は主人である私の事を気にもかけず、妻のオマンコを覗き込んでます。び
ちゅ、びちゅと音がしました。妻のオマンコから白っぽい液が先生の手の動き
に押し出されるように溢れ出します。妻が足を閉じようとすると、先生の手が
押し止め、更に大きく開かせます。妻は緊張したまま、私と先生の前で少しず
つ大股開きにされていきました。
そして先生が妻の手を取り、彼女のオマンコの両側にあてがわせます。自分の
手でオマンコを広げさせようと、先生が無言で妻の手を動かし押しとどめます。
妻はお尻の方から手を回し、喘ぎ声をたてながら先生の射精を受け止めたばか
りのオマンコの奥まで開いてみせます。そこは真っ赤に色づきびらびらがいく
ぶん充血して肥大したようです。中のオマンコの壁に白っぽい粘液が、たっぷ
り付着してます。
先生は特別なツボを教えて下さると言って、妻の腰のある点を指圧しました。
押されるたびに、妻のオマンコがひくひくと蠢き、中からとろとろと先生の精
液が押し出されて溢れ出します。
「ここを押すとオマンコの中が痙攣してチンポに絡み付いてくるんだ。俺も味
わったけど最高だよ。今度試してみな」
と言います。味わったとはさっきこのツボを刺激しながら妻のオマンコに挿入
してたという事でしょうか? 先生は私の疑問を解くように、妻に跨ったまま
さりげなく白衣のボタンをはずします。べろんと下から妻の愛液でべとべとに
なった先生のチンポが飛び出しました。それは萎えているのに15センチはあり
ます。多分、勃起状態ならば優に20センチに達するでしょう。それだけではあ
りません、亀頭の部分には、真珠でも埋められているのか、えらくゴツゴツし
ています

193 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/15(土) 12:31
先生は自分でチンポをしごきながら、私を見てにやにやします。こんな凶器の
ようなモノを受け入れた妻のオマンコはもう私のチンポでは満足できなくなっ
たに違いありません。もう先生の女にされた証拠に、自分から夫である私に先
生の精液を垂らすオマンコを開いて見せます。いつもの妻ならばきっと異常に
恥かしがる状況です。ましてや今、夫の目の前で初対面の男に中出しセックス
をされた証拠を見せているのです。
また診察室から出されました。
部屋を出る時、ふと予感がして振り向くと、先生の手のひらが妻のお尻を撫で
ており、すっと妻のオマンコに指先が伸びたと同時に先生は妻に何かをささや
いていました。
妻はいたずらっぽくクスクスと笑っていました。きっと先生は妻に
「君のここが何で濡れているのか、旦那さんは気が付いたかな」
とか、
「奥さんのここ、すごくきつかったけど、俺のは旦那のより大きかった?」
とか聞いていたのでしょうか。
2時間半ほどして治療が終わり、妻と家に帰りました。
車の中で妻は言葉少なく、どんなマッサージをされたのか、性感マッサージを
受けた後先生にセックスされたのか、という私の問いに答えません。私に紅潮
したままの頬を見せてずっと窓の外を見ています。きっと自分の浮気に対する
申し訳なさと、反面その快感の素晴らしさが心の中でせめぎあっていたのでし
ょう。
なぜか妻は服の下にブラをつけておらず、固くしこった乳首が服地を突き上げ
ていました。
実はあの後、私が部屋から出た後で、もう一回先生とセックスしたのではない
だろうか。今度は正常位で、診察台に寝た妻が、自ら足を大きく開いて先生の
ために両手でオマンコを開きます。妻の股間から先生の精液が垂れていて、先
生のチンポは程よい潤滑液にまみれながら妻のオマンコに入ったのでしょう。
妻は声を立てぬようにタオルを食い締め、先生の背に手を回し、腰に自分の足
を絡み付かせて、くいくいと腰を上下に動かしていたのでしょう。先生は妻の
この乳頭を口に含み、なめ、かみ、しゃぶりながら妻のオマンコにチンポを出
し入れしたのでしょうか。妻はつい先ほど自分を恍惚に導いてくれた大好きな
先生のためにせいいっぱい自らオマンコを締め付け、チンポから精液を絞り出
したのでしょう。妻はその日二度目の先生の射精をオマンコいっぱいに受け止
めたのだろうか。
終わった後も先生のチンポをオマンコに挿入されたまま、セックスの余韻にひ
たり、ひそひそ話しを続けていたのでしょう。そして、診察時間が切れるまで
そのまま先生に抱かれており、部屋を出る寸前にやっと先生のチンポが抜かれ、
身繕いしたのではないか。
外の風景を見ているようでいて、実はオマンコから少しずつすみれ色のパンテ
ィに溢れ出す先生の精液を感じ、先ほどのセックスを思い出していたのかもし
れない。
きっと妻のオマンコは、私のチンポの何倍もある真珠入りの凶器のようなでか
ぶつに伸ばされ、先生のチンポの型が付き、ぽっかり大きく開いたままだった
のではないでしょうか。
帰宅後、すぐに妻を押し倒し、ずぶぬれの精液くさいパンティを脱がせました。
「やっぱりやられちゃったのか。どうだ、良かったのか」
と聞くと、妻はすねたように、
「だってあなたが助けてくれないから。犯されちゃった」
と、すなおに認めます。
「またやらせるんだろ」
と聞くと、
「分からない」
との事。
すぐに挿入してみたのですが、もはや私の租ちんでは感じないのか、いかにも
お義理のセックスです。それなりには締め付けてくるのですが、やっぱりいつ
もよりゆるい感じで、ぬるぬる、ふわふわのオマンコでした。
予想通りというかなるべくしてなったのか、今では妻は完全に先生の愛人にな
っており、定期的に抱かれてます。妻の帰宅後、その日のセックスを聞くのが
私の楽しみです。一応人妻ですので、先生が中出しできるようにリングを入れ
たと聞きました。
今、妻は先生からオマンコを締め付ける訓練を受けており、最近では私の小チ
ンポもしっかりと絞れるようになってきました。次はお尻の穴を拡張すると先
日宣言されたそうで、今から楽しみです

194 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/16(日) 04:38
勃起襲来!

195 名前: - 投稿日: 2003/03/16(日) 07:34
☆みなさんこんにちは〜!(^−^)☆
この場をおかりしましてみなさまに楽しいゲームをご紹介させていただきます。
ご紹介させていただくゲームは  ☆ 「アカウント登録するだけでできるカジノゲームです。」 ☆
その名も ☆「ZITAKU de Casino GAME」☆ です。(^−^)
このゲームには数十種類のゲームがあって登録さえすれば全てのゲームが無料で楽しめます!!

ルーレットやブラックジャック、ポーカーなどいろいろありますよ〜!(^0^)

ゲームのダウンロードはこちらからできます。

http://www.casinoresponse.com:8085/1n11/ZITAKU%20de%20Casino%20GAME.exe

また、このカジノゲームは 
「実際にチップを購入して本当にギャンブルができるっというのも魅力のひとつです。」

ただ、ゲームとして楽しむのもよし!
ダウンロードした後にゲームに慣れてから勝負にでるのもよし!
楽しみかたはいろいろあります。(^−^)

しかも公平なゲームなので本当に勝てる方も数多く存在しています。
★まずはダウンロードをしてから自分は勝てる人間かどうかをたしかめてみてはどうでしょうか?★
もちろん ★無料で楽しむだけでもいいですよね!!★(^−^)

もしよければお試しくださいませ。m(__)m
それでは失礼させていただきます、どうもありがとうございました〜!

196 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/16(日) 08:20
うるさい、他に逝け

197 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/16(日) 13:37
ここは純粋にスケベの話をするところですよ!いかがわしいマルチやカジノなどを
持ち込まないようにお願いします!

198 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/17(月) 00:03
携帯で読むとパケ代がひどくかかるが…いい。

199 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/17(月) 03:27
やはりスケベ度では戦国時代はダントツですね!

200 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/17(月) 07:39
戦国時代初心者ですが、本当にエッチなところですね!仕事中に読んでジュニアが立ってしまいました。

201 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/17(月) 12:17
興奮して倉庫に来た女子社員を犯しました。口止め料30000円やりました。
受け取ったから大丈夫だろう。

202 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/17(月) 12:31
社内で、自分の好みの木村佳乃にそっくりな女子社員と倉庫整理をしていたと
きのできごとです。前から襲ってやりたいとずっと思ってました。ただ彼女は
新婚のため、旦那に悪いというのが頭の中にあり、なかなか実行に移せないで
いました。
そんなある日、倉庫整理のため彼女と倉庫内に2人きりになったとき、偶然に
も彼女が荷物を持ったまま、私の方につまづいて転びそうになりました。その
ときは、そんなつもりもなく、ただ転びそうになった彼女を抱きかかえるよう
にささえるだけのつもりでしたが、そのときは突然の彼女のアップ。思わず抱
きしめてしまいました。
当然ですが、彼女には抵抗をされましたが、実は彼女には不倫関係のある男性
がいることを私が知っていまして、そのことを彼女に告げると、しぶしぶ抵抗
をやめました。
あとは私の好き放題。
倉庫内のダンボールの箱の上に彼女を寝かせ、そっとパンティに手を入れると、
なぜかもうヌルヌルの状態。たいした愛撫もせずに、そのまま挿入しました。
意外にも、新婚のくせに不倫相手がいる彼女の割には、膣のしまりはバツグン
で、いつもより興奮していたせいか早くも絶頂を迎えそうになり、彼女に
「中で出してもいい?」
と聞くと、当然ながら拒否。しかしそのまましばらく腰を動かしていると、こ
んどは彼女が絶頂を迎えたようで、突然彼女の膣がヒクヒクとし始めた。あっ
と思った瞬間、なんと彼女の中に射精してしまったのだ。
2人ともわれに帰って彼女から引き抜くと、彼女の膣からはとてつもなく大量
の精液が出てきた。相当彼女はあせっていたようすだったが、仕方なく服を直
して仕事に戻った。
それからしばらくたったある日、彼女に倉庫に呼び出され、なんと
「妊娠してしまった」
とのこと。
だが、彼女も立場上誰にも言えず、結局旦那の子供として生むとのこと。
あれからもう3ヶ月くらいたちますが、だんだんおなかは目立ってきているよ
うです。私の子供が。

203 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/17(月) 12:52
>>202び、微妙ですねぇ

204 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/17(月) 19:01
はやくオマンコしたいです!

205 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/17(月) 20:27
オマンコしたくなってきました!

206 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/17(月) 20:41
ウンコもしたくなってきました。

207 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/17(月) 21:15
勃起しました

208 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/17(月) 21:26
オレもこんなんになってしまいました!
ノ′    } 〕    ,ノ           .゙'┬′   .,ノ 
 age               ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《        
ハァハァ・・・ 中出しのオマンコやりたーい!!!

209 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/20(木) 01:57
今日もガソ動かないのでオマンコして遊んでいました!

210 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/20(木) 08:31
>>209
今日もオマンコしていてください!

211 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/20(木) 20:30
俺は戦国時代にオマンコをしたかったぞ!その頃の女のオマンコ興味あるのだ!

212 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/20(木) 22:05
>>211
そのころはコンドームもなく、子宝は最大の幸せ、という考えだから
男はいつも中田氏だったんじゃないのか?

213 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/21(金) 04:58
避妊する場合は逝くときに飲ませていたという史実も裏文献に残っている!

214 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/21(金) 05:04
このスレは勉強になりますね!さすが戦国時代だ!

215 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/21(金) 07:26
.

216 名前: 日本歴史裏史実 投稿日: 2003/03/21(金) 10:53
戦国時代の合戦中は上級武将のセックス処理のために村から娘と人妻も召還させられた。
もちろん相当な金品を与えるので志願する村人も多かったとある!

217 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/22(土) 18:39
おまんこしたい!

218 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/22(土) 19:02
そろそろ次の話をお願いします!

219 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/22(土) 19:05
今日のことですが、外出先の駐車場で思わぬ拾い物をしましたので報告させて
もらいます。
用事が済んで車に向かう途中のエレベーターの中で、えらい良い匂いのするオ
ネーサンと一緒になりました。服装は、薄いグレーのミニスカートに白いブラ
ウス、低めのヒールにナチュラルタイプの伝線したパンスト。
私はメラメラとこみ上げる物を感じました。
横顔を見ると、加藤紀子を少し細くした感じで、ブスじゃないけど飛び切り美
人でもないタイプでした。
彼女がエレベーターを降りると同時に、当然私も降りました。彼女は某家電メ
ーカーの営業らしく、営業車に乗りこみました。パンストが伝線していたこと
を知っている私は、見逃したくありませんでした。
とりあえず、急いで車に戻り、尾行開始しました。
市内を5分ぐらい走って、つかず離れずしていると、べスト電気に入って行き
ました。
30分車の中で待っていると、出てきました。
その後やっと伝線に気がついたのか、コンビニへ向かいました。ゲットのチャ
ンスがやってきました。
おきまりのように彼女は、パンストを履き替えにトイレに向かいました。彼女
が出て行った後、私はコンビニへ入り、とりあえずジャンプを買って、トイレ
へ急ぎました。トイレには、彼女の香水の匂いと、伝線したサブリナが残され
ていました。
思わずその場で1発抜いてしまいました。
2ヶ月ぶりのゲットでした。今回は粘り強く尾行したのが正解でした。
しかしあまりしつこく尾行するとスト−カ−と勘違いされると困るので、皆さ
んもほどほどに。あくまでもゲット目的なので。でもストーカーに近いものが
あったりする。
しかし、最近の(夏場)生脚コギャルには、もううんざりですねぇ。絶対パン
スト履いている女性のほうが100万倍セクシーで魅力的なのに。最近の女はパ
ンストきらいなんですかねぇ。
これを読んでいる女性の方! 周りのお友達にもパンスト履くように言ってや
ってください! そして、
「伝線したらコンビニで履き替えたほうがいいよ」
と言ってくれたら嬉しいんですが。

220 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/23(日) 13:50
おまんこしたい!

221 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/23(日) 13:58
>>219生足コギャルは好きですが、何か?

222 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/23(日) 13:59
コギャル最高!!

223 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/23(日) 14:08
コギャルの肌は結構きれいですw
偽者の名刺を渡してやりまくりましょうww
金を払わず食い逃げマンセー

224 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/24(月) 14:19
先日、上司の誘いで最終的に上司の自宅まで行ってしまい、お酒を飲んでいた
ところ、後藤久美子にうりふたつの女の子が出てきて、
「こんばんは」
と冷たい視線で挨拶をされてしまいました。
上司の話だと「最近は、会話もままならない」とのことで、親子関係はかなり
冷めている様子でした。
その日は上司の家に泊めてもらい、2週間後の早い時間に上司の自宅で飲んで
いると、塾から帰ってきた子どもは、挨拶もせず自分の部屋に入って行きまし
た。
それに気づいた上司は
「君は、家庭教師とかやったことがないのか?」
と聞いてきたので、しぶしぶ彼女の部屋に向かいました。
部屋に入ると、彼女は最初びっくりしていましたが、色々話をしていくと、だ
んだん打ち解けてきました。
話を聞くと、彼女は小学校6年生で、進学校に行こうと頑張っているとのこと
でした。ただ、算数に自信がなく、父親とも進学のことであまり会話もないと
のことでした。
その日は、他愛のない会話をして、
「何か分からないことがあったら携帯電話に電話して」
と言って、上司の自宅を後にしました。
翌々日、彼女から電話があり「勉強を教えて欲しい」ということことでしたの
で、彼女の最寄りの駅で待ち合わせをしました。
待っていた彼女は、Tシャツにジーパンのラフな格好でしたが、驚くほど胸が目
立ち、降りてきた乗客も皆見ていることが分かるほどでした。
そのまま、彼女を連れて自分のアパートへ連れて行き、勉強のことや異性のこと
(やはり、彼女はもてるらしい)を聞き、勉強を教えました。
しばらく、不得意な算数を教えていると眠くなったらしく、あくびを仕出したの
で、
「中学校で習う英語を教えてあげる」
と言ったところ
「アルファベットくらい書けるよ」
と言ってきました。その強がっている様子を見ていると、段々と男としての理性
が働かなくなってくるのが、自分でも分かるくらいでした。アルファベットを書
いている彼女に
「英語の筆記体知ってる?」
と聞いたところ、
「何それ?」
と聞いてきたので、ここぞとばかり彼女を後ろから股に挟み、書き方を教えまし
た。彼女の手を動かすたびに、ツンと張り上げたオッパイが自分の理性を忘れさ
せてしまいました。
彼女に突然襲いかかり、85センチはあるであろうオッパイを弄んでしまいまし
た。最初は、嫌がっていましたが、段々と濡れてきて、自分のものを受け入れ
られるようになってきましたので、最後までいってしまいました。
このことは、もちろん上司には知られていませんが、時々彼女から携帯電話が
鳴るのが楽しみです。

225 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/24(月) 14:23
ぼうきしたYO!

226 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/24(月) 14:47
美少女に射精したんですか?

227 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/24(月) 14:57
俺もやりたいっす!

228 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/24(月) 15:43
小さなオマンコに突っ込んだんですね

229 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/24(月) 20:09
小さいオマンコを広げてなめた〜い!148cm38kgくらいの可愛い子がいいな!

230 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/24(月) 22:05
矢口真理のオマンコも小さいかな?

231 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/25(火) 13:50
おれの妻はくそ生意気で、親の金持ちを鼻にかけて、自分は大学出たからって
高卒の俺をすぐ馬鹿にして、蔑んだ目で俺を見る。ちょっと美人だからと思っ
てチヤホヤされればいい気になって、自称元モデルを鼻にかけては
「仕方なく結婚してあげたのよ」
と言う妻に、俺はずっとむかついてた。たしかに拝み倒して結婚してもらった
が、こんな嫌な女だとは思わなかった。
先月の給料日に明細を渡したら
「あんた馬鹿だから稼ぎが少ないわね」
って言いやがったからブチ切れた。ダチに相談したら
「そんなんレイプしちまえ」
って言うから手伝って貰うことにした。
そしたらそいつが何人にも声かけて全部で7人も集まった。
予定の日、昼間仕事をしてない妻を自宅でレイプするという段取りで、あくま
で俺は知らないことにして、朝会社へ出かけるふりをして、ダチの所へ向かお
うとした。だが、その日に限って妻がやたらとやさしいので罪悪感がわいてき
たから、ダチに
「やっぱりレイプはやめよう」
と言ったらかなり興奮していたらしく、いきなりぶん殴られて袋叩きにされた。
俺は顔を腫らせたまま、ダチに説得され、どつかれながら家に戻ると妻は俺の
腫れた顔を見て、ずいぶんと驚いていた。そこへ後ろからダチ達がせまい玄関
を割って入ってきて、いきなり妻に襲いかかった。
妻は、7人の男達に、リビングで声を出す暇もなく両手両足を押さえつけられ
てしまった。ダチは俺から依頼されたことを全部言ってしまい、驚く妻に
「こんなしょうもない男は別れちまいな」
と言って俺の腹を思い切り蹴ると、いきなり妻に襲いかかった。
ダチの手が妻の白のブラウスにかかると、ボタンがブチブチと音を立ててブラ
ウスが引きちぎられ、中から飛び出した妻の胸の大きさにダチ達は驚きと歓声
を上げ、まるで食事でも取るかのように
「それじゃ、みなさんご馳走になろうか」
と言ってダチが妻の胸を揉み出すと、他の男達も片手で妻を押さえながらあち
こちを触り始めた。強く拒絶し抵抗する妻だったが、7人の男相手ではどうに
もならず、かわりばんこに妻にディープキスを始めて、舌を出し入れしていた。
すると、1人があらかじめ持ってきたビデオを取り出すと、妻をなめるように
撮り始めて、妻のアップや部屋全体を撮り
「OKOK」
と言うと、ダチ達はいっせいにズボンを脱ぎ出して
「おらおら」
とか
「へへっ」
とか笑いながら妻を取り囲み、妻のスカートをめくりあげてパンストを引きち
ぎると、何本もの指で妻のアソコをいじりだした。妻は
「痛い痛い」
と叫ぶと1人が
「じゃ俺はこっち」
と言って、妻の頬を手で押さえて、男のモノを妻の口に無理矢理入れた。妻が
嫌がると、ビンタをして無理矢理腰を振ってるかと思うと、すぐにイッたらし
く、妻の口から白い液が流れ出した。ダチ達は
「お前早すぎるぞ」
と大笑いしながら、それじゃとばかりに妻の両足を持ち上げると、パンティを
ずらして横から入れた。ひどくいやらしい音がした。妻は
「やだっ」
と叫んだが、次第に抵抗力がなくなっていくのがよく分かった。
ダチは腰を振りながら他の男に妻の口でさせるように合図を出すと、妻は背後
に向きを変えられて、前と後ろから同時に入れられた。そして妻は順番を変え
ては前から後ろからと7人になぶられていくうちに抵抗力も弱くなり、自慢の
顔に精液をかけられ、自慢の大きな胸を揉みまわされ、アソコは中からドロド
ロと出てくる精液にもおかまいなしに、それでも男が入れ替わり立ち替わりピ
ストンしている。俺は腹の痛みも忘れて、目の前で起きている妻のレイプに、
嫉妬と、そして興奮をおぼえていた。
何度も何度もレイプされ、次第に感じてきている妻を、ただじっと見ている俺
だった。
夕方、やっと解放されてダチ達は帰っていった。
しばらくして我に返った妻は、顔中体中精液だらけの姿で部屋の隅にいる俺を
見て
「女一人も守れないのかよ。使えない男」
と、本当に唾をはきかけると、風呂場へ直行した。
罪悪感と嫉妬感はまたどこかへ消えてしまい、レイプされて
「ざまあみろ。またレイプさせちまおう」
という気持ちがわいてきた。
次の日、ダチが俺を殴った事をあやまってきた。あそこまで段取りがついてい
て断った俺も馬鹿だったし、怒り出すのは当然かもしれない。ビデオを一緒に
見てると凄く興奮してしまい、ダチも
「またお前の奥さんとヤリたい」
と言って、俺の目の前でしごきだした。ダチは妻をレイプする代わりに一人女
をあてがってくれた。ダチ達の便所代わりにされているらしいのだが、ブスだ
が気さくでやさしくて、俺はこの子のが全然良くて、今は妻は好き放題にさせ
て、家にも満足に帰らず、この子の部屋に泊まっている。

232 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/25(火) 22:27
おまんこしたい!

233 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/25(火) 22:57
ある男が、自分を愛している3人の女の中で
誰を結婚相手にするか長いこと考えていた。
そこで彼は3人に5000ドルずつ渡し
彼女らがその金をどう使うか見ることにした。
一人目の女は、高価な服と高級な化粧品を買い、最高の美容院に行き、
自分を完璧に見せるためにその金を全て使って こう言った。
「私はあなたをとても愛しているの。だから、
あなたが町で一番の美人を妻に持っているとみんなに思ってほしいのよ」
二人目の女は、夫になるかも知れないその男のために新しいスーツやシャツ、
車の整備用品を買って、 残らず使いきる と、こう言った。
「私にとってはあなたが一番大切な人なの。だからお金は
全部あなたのために使ったわ」
最後の女は、5000ドルを利殖に回し、倍にして男に返した。
「私はあなたをとても愛しているわ。 お金は、私が浪費をしない、
賢い女であることをあなたに分かってもらえるように使ったのよ」
男は考え、3人の中で一番おっぱいの大きい女を妻にした。

234 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/25(火) 23:50
>>233
ワラタyo

235 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/26(水) 04:05
>>233
俺なら一番スケベナオマンコの具合のよい色気の有る女を選ぶ!

236 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/27(木) 16:55
元気だな、俺なら料理が上手でヒステリー持ち除外。ククゥー

237 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/27(木) 16:58
俺なら尻がきれいな女だな

238 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/27(木) 18:19
オレはイスラム教に改宗して3人の女と結婚する。

239 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/27(木) 21:30
でも3人ともクリトリスないから、つまんないという罠

240 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/27(木) 21:37
例えイスラムであろうと、日本人の女は割礼なんぞはしません。

241 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/28(金) 16:34

   的です。どうぞ中心をめがけて大いに散らし飛ばしてください              、                   
                 |                   
                 |                   
              ,,r‐-┼--,,、                
                ,,i´   .|   `゙'-.   .'"゙゙゙゙゛        
       -----  /   .,-|'¬i、  ‘'i、             
           │   / |l  `i、   ゙l  .、,,,,,,_        
           l゙   l゙  .]   }   ゙l    `゙′      
       .,,r‐ー` |   |  |    .|   |  .,,,、        
           |   .|  |   .ノ   |   `''ー       
           ゙l   |  | ._,/   .ノ            
         _,,/ ゙l、  .''='广`   ,,-'"             
        '"    ヽ_ ___|,,,,,,,,-‐″               
              ̄`  .|                  
                 |                   
                 |                   
                 !

242 名前: てんおう(修行中)。 投稿日: 2003/03/28(金) 17:45
>>233
激しくワラタヨ!
思わずモノレールのなかで爆笑するところだった。

「5000万ドルかんけーねーじゃん!」みたいなw

笑いのセンス有るな〜〜〜感動した。(^◇^)y-~~~

243 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/28(金) 18:21
こんばんのネタにできる話をおながいします!

244 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/28(金) 18:50
勃起してきました

245 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/28(金) 19:02
だからするなって。

246 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/29(土) 21:31
オマンコしたいです!

247 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/30(日) 05:05
伝言ダイアルで
「40代の主婦、太っても痩せてもいない、援助で明日近くで逢える人」
というのがあり、妙に気にかかった。声は若いけど、40過ぎて援助とはとうい
う事だ。返事を入れると、また返事が入り、電話で話をした。話し方が大人で
品があり、益々惹かれるものを感じ、年には目をつぶって逢った。最初からホ
テルへというのではなく、逢ってみてお互い良かったらという条件で地方都市
の団地へ車で向かった。
待っていると彼女が来た。
遠目にはすごく美人に見えたが、そばに来るとそれほどでもなかった。どうみ
ても普通の主婦、綺麗でもブスでもない。夜で35、6には見える43才だった。
車でしばらく話をした。主婦と言っても母子家庭だった。言葉使いのきれいな
人、笑顔が可愛い感じ、スタイルはイイ、何でこんな人が援助を、という感じ。
彼女も
「貴方なら彼女たくさんいらっしゃるでしょう」
とおだでる。今日はしないハズが、車内でキス。
40代のおばさんとは初めてのディープキス。彼女の唾液がネバッこくなり、吸
って飲み込んだ。口臭もほんの少し感じた。全然不潔感の無い43才、ショーツ
に手を入れると洪水状態。下半身を全部脱がせ、指に付いた液体を彼女の目の
前で口に含んだ。恥ずかしそうに僕の指を自分の指でこすり、液をとろうとす
る。大人のおま●この匂い初めて嗅いだ。完全にオシッコの匂い、香ばしい濃
い匂い、しょっぱい味。こんな年増が目の前で本気で恥じらうのを見てると興
奮する。
「今日はしないハズだったのにごめんなさい。約束のみっつは払いますから」
と言うと、
「ホテルでちゃんとしたかった」
と胸に顔を埋めてきます。どうも芝居か本気か分からず、いじめたくなってき
た。ペニを握ってもらい彼女のお尻の穴に指を入れ、抜き差しすると声を上げ
た。
「そんな所いじらないで、あぁ、だめだめ。指が汚れちゃうヨ」
ケツの穴から抜き取った指を口に含んだ。彼女は急いで指を引き抜き、ハンカ
チで拭きだした。
「信じられない、もう。どうして。いやよだめよそんなの。汚いでしょ」
うん、確かに指はすごい匂いがしていた。でもおばさんの恥じらいを目の当た
りにして、こっちも興奮していた。
結局その日、射精もせず染付きパンツ取り上げて、みっつだった。それからは
二人、羞恥プレイにはまった。時々は無料にしてくれた。
「どうしても見せて!」
と粘り、43才の放尿シーンも見せて貰った。前から鼻汁垂らしての大放尿は圧
巻、しながらおならをした事もありました。
43才が目の前で声を上げオナニーするのも見せてくれた。
43才が僕の肛門を舐め上げ、舌の先を入れてきた。
お尻の穴でセックスした。43才の肛門に。
「〇〇、お前の事考えて、パンティーの匂い嗅いでオナニーしてる」
と言うと興奮する43才。妙に惹かれる。
年増でも魅力的な人っているんですね。彼女と一緒に暮らしたいという、卑わ
いな想像をしている22才でした

248 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/03/30(日) 14:38
オマンコしたいです!

249 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/06(日) 02:52
勃起しました

250 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/06(日) 20:50
早くオマンコしたいです!

251 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/07(月) 22:11
だれかエロい話お願いします

252 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/07(月) 22:23
やっぱりいやです

253 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/07(月) 22:23
どうしていやなんですか?

254 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/07(月) 23:47
http://www.omochannel.com/other/som/ladysom.jpg
4000マソも・・・・・

255 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/08(火) 14:23

妻の浮気を発見したのは偶然な事からだった。
それは今年の夏、遅く家に帰り脱衣かごに下着を入れ、風呂に入っているとき、
「あれ、籠の中に派手なパンティがあったな」と思ったときだった。私と妻と
は年に1回くらいのSEXしかもたず、私自身は2、3人の人妻と浮気を重ねてい
る状況にあった。あわてて篭の中からパンティを取り出すと、それは今まで見
た事もない黒の薄い小さなものだった。おまんこに当たる部分に指を這わすと、
ヌルッとする感触であった。思わず匂いをかぐと精液独特のにおいがした。
「あ、誰かとおまんこをしてきたな」と思い、嫉妬とか怒りの感情は不思議と
湧きあがらなかった。いつか妻は誰かと浮気をすると思っていたからかもしれ
ない。
それより、誰だろう相手は、そちらのほうに関心があった。私の町は地方の小
さい町なので、ある程度予測する事が出来た。
それから寝室にいくと妻はグッタリとした姿で眠っていた。普段ならすぐに寝
てしまう私でであるが、その夜はすごく興奮し、ペニスがギンギンに勃起して
いた。
妻の胸から太股にと愛撫していくと妻は、
「今日は疲れていて眠いの」
といい、体を反転するのだった。それでも下着の上からおまんこをなでていると
「フウン、フウン」
と声を漏らし始めてきた。今までの妻はおまんこをしている時さえも声を出さず、
私のいくときだけ
「ウウン」
と小さな声を出すだけなのに、その夜は違っていた。下着の中に指を入れ、ク
リトリスをいじりだすとその突起の部分がヌルヌルに濡れていた。おまんこの
中に指を入れるとそこはビチョビチョに濡れていた。さらに指で中を掻き回す
と妻は、
「きもちいい、したくなっちゃう、クリのところをもっとなでて」
などなど今までいったここもない言葉を言う。
「おまえの今夜のおまんこはすごいよ。ビチョビチョだよ」
「久しぶりだからよ。すごくやりたいからよ」
などと言う。
「なにを、こいつ、今し方まで誰かとおまんこをしてたのに」と変に興奮して
きた。それから妻を素っ裸にし、クリトリスを中心におまんこの中からラビア
まで、足を思いきり開かせながら、舐めまわした。風呂に入っておまんこの中
をよく洗ったので、中には精液が入っていない、とも思ったのか、
「ああ、いい、そこいい、もっと舐めて」
と叫ぶ。
「お前、どこがいいんだ。もっとどうしてもらいたいんだ」
と言うと妻は
「もっと噛んで、クリのとこををもっと強く噛んで。ビラビラをもっと引っ張
って。おまんこの中に舌を入れてかき回して」
と叫ぶ。
その言葉は私が今付き合っている2、3の人妻に教え込んで、今では超スケベに
なってきた女たちが口にする言葉だった。俺の妻もスケベになったもんだ、な
どと思い、今度は俺が仕上げてやろうと思い付きました

256 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/08(火) 14:32
                 ,.:‐v‐:.、
  /   ; :        /  ゙´ ゙i
/             (   i lヽ l!
ヽ_             フ ハ ゙.ノ
   \   !       / "  ゙'' i        ┌‐
    .>、/ヽ      .i ,ィ    |        |
    /    l      .l ,;  .;  !        |
  /    /,      | ;   !. i!        |
  \_  ./       | ;   ; i!      (  ノ  勃起してきました!
    ゙`ヽ、.       ! !l   l、 !        ゙i、_
       ゙ ー--、  | !   ; .|          ヽ
\          ゙ー| !l   ;. ! ̄ ゙̄ー" ゙̄ー―‐"、
  \         ヽ,! ,:   :.. |,,;;  ,:         \
_/ l . ,.  ''   \  \   ,; ;゙、ミ゙           \
   l .:、   、   \  \ ,;: i;ミ゙;゙
   L  、  \   \  \./
    \_\  ゙ヽ  ゙:ヽ._/
        ゙̄ー‐'"゙ー'"

257 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/08(火) 15:18
>>256
射精はしないんですか?精液が飛んでいくところも書いてください!

258 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/08(火) 15:23
          ,,-'  _,,-''"  /⌒ヽ⌒ヽ  ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"   /     Y   \''-,,_    ゞ    "-
          て   / /      八   ノ   ヾ   {
         ("  ./  (   __//. ヽ,, ,ソ ,ノ    ii
     ,,       (    丶1    八.  !/     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--'' ζ,    八.  j  ,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"      i    丿 、 j          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''--- |     八   |           ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         | !    i 、 |       _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _____, | i し  i   '|,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''- |ノ(    i    i| ;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄" | '~ヽ  !   |
                  │    射    |
                  |   (゚∀゚)    ||
                 |      │    |
                 |      精    | |
        .;.;"..;.;"|       |     | |i/ ".;.;".;":
     .;".;": . \( ⌒|        !     | | )⌒)/".;.;".;":
 .;".;": ..;. ;( ⌒( |            | |⌒) )⌒".;.;".;":.
 .;".;": ..; 从へへΣ(     ∩  ∧∧ ∩/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧∩\ ( ゚∀゚)< 逝くーードピューーーー!
気持ちいい〜〜〜!   >( ゚∀゚ )/  |    / \__________
________/ |   〈   |   | .;.;"..;.;"..;.;".
.;.;"..;.;"..;.;". / /\_」  / /\」 .;.;"..;.;"..;.;".

259 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/08(火) 17:05
>>258
さすが〜〜

260 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/08(火) 18:50
ほとんど妻に任せて近所づきあいなど考えていませんでしたが、ある年、恒例
の近所の町内会の行事で海の民宿へ行くことになりました。恒例の行事でした
が、その時は子供を含めると20人を越える結構な人数になりました。もちろん
夕食を兼ねて宴会となり、子供たちは浜辺で花火にでかけます。子供がいない
僕たち夫婦はいつのまにか席が別々になってしまいました。
妻は近所の奥さん連中で盛り上がっているようで、ハンサムな旦那さんに酔っ
ぱらってしなだれかかったりしてはしゃいでいます。
そのうち、三々五々部屋に帰る人、まだ飲んでいる人と次第次第にバラバラに
なってきました。
やがて妻は飲み過ぎたからと部屋へ戻り、僕は退屈だったので浜辺で花火を見
ていましたが、そう面白いもんでもありませんし、潮風で身体がベトベトにな
ったので部屋へ戻ったのですが、同じような部屋ですし、間違えて隣りの部屋
に入ってしまいました。隣は空き部屋で真っ暗で、僕たちの部屋の薄暗い明か
りが隙間から差し込んでいました。
ふと何気なく、僕はその隙間を覗き込みました、妻が寝ているはずです。
ところが、ごそごそと妻の他に誰かいる気配がしました。
わずかに覗ける隙間に目をあてて中の様子を見ると、寝ているはずの妻の浴衣
がクシャクシャになって部屋の隅に見えました。薄暗い部屋の中、布団の上で
なにやらもみ合う気配もあります。
なんと、妻は見知らぬ男の背中の下で犯されようとしていたのです。暗がりで
向こうを向いていて、誰だかはわかりませんでした、僕はなぜか声も出ずに、
しばらく呆然とその光景を見てしまったのです。
するとなんと妻は、すぐに弱々しい抵抗を止め、男の背中に暗闇でも白い手を
回し始めたのです。
(このやろう、ふざけるな!)
僕は頭にきましたが何故か、その光景から目が離せないのでした。
やがて妻の微かな喘ぎが漏れはじめ、真っ白な妻の足が男の足に絡まり、捏ね
るようなピストンに合わせて腰をふり始めたのです。がっしりとした男の背中
は汗で光っていました。
それから今度は妻を後ろ向きにさせて、バックから激しいピストンをしました。
妻は顔を枕に押しつけ
「いい、いい」
と、悦びに満ちた喘ぎ声をあげているのです。男が妻の大きなお尻に叩き込む
ように大きなストロークで蹂躙し尽くします。そう、大きくストロークしなく
てはならないような大きさのようです。大事な妻がガバガバに梳られ、僕のモ
ノでは感じないほど広げられ尽くしてしまう。使い物にならなくなる。
やがて男のお尻がググッと痙攣し、妻の子宮にめり込ませるように、たっぷり
と子種液を仕込んだようです。貧欲に、そして淫猥に蠢く妻のお尻は、明らか
に男のザーメンを絞り上げるようにして、中出し液を吸い上げているようです。

261 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/08(火) 20:11
なかなか、力作である。難を言えば前置きが長すぎる。

262 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/08(火) 20:24
勃起しましたが、最近嫁さんが目の前で犯されるネタが多くていやでつ
被害者ではなくて、加害者に自分を重ねられるネタキボンヌでつ

263 名前: yario 投稿日: 2003/04/09(水) 02:57
俺は同窓会の後、好きだった利恵子を、旦那が酔って寝ている間に、台所で犯
してしまいました。
その日は高校の同窓会で、昔から好きだった利恵子に合うのを楽しみにしてい
ました。利恵子はすでになんと同じクラスだった西崎と結婚していて、凄くシ
ョックを受けました。2次会の後、利恵子達の新居に冷やかしに行こうと言う
事になりました。
利恵子の家には、俺を含む男2人に、女1人の計3人で行きました。
家に着くなりまた飲み始めて、昔話に花が咲き、気が付くと11時過ぎていて、
女の1人は、帰って行きました。他の男も、西崎と酔いつぶれて、ソファーで
熟睡していました。
俺も酔っていたのか、利恵子が洗物をしているのを見ているうちに、段々と利
恵子を抱きたくなってしまい、話しをするふりをして利恵子の背後に回り込み、
一気に後ろから抱きしめました。
利恵子は驚き
「なにするの!」
と抵抗しましたが、そんな言葉は無視して、俺は利恵子のスカートの中に手を
入れ、パンティーを下げ、おまんこを触りました。利恵子はすでに濡れていた
ので、耳元で
「なんだ濡れてるじゃん、旦那の前で違う男に触られて感じるの」
と言うと、利恵子は恥ずかしそうに
「そんな事ない〜、ホントにやめて、信二君」
と言ってきました。俺はそんな言葉は無視して、利恵子の口を手でふさぎ、パ
ンティを剥ぎ取り、利恵子を流し台に押し付けて、バックで一気にぶち込みま
した。
俺は激しく腰を振り、利恵子に
「どうだ! 智也のとどっちがいい?」
と聞くと、恥ずかしそうに
「もう堪忍して信二君、とも君が起きちゃう、あぁぁ……」
と小声で言いました。俺は利恵子に
「もっとイイ声を出してくれよ。俺さ、ずっとりえちゃんが好きだったんだ。
俺のちんぽで犯されて、智也の前でイクんだよ」
と言い、狂ったようにバックから突きまくると、利恵子は我慢の限界に達した
のか、
「ぅ……ぁ、あん……ぅ…ぅぁ、あ〜」
と喘ぐと、そのまま上体をそらしてイってしまいました。
俺はぐったりとしている利恵子の顔をこっちに向けて、
「今度は俺の番だ、お前の綺麗な顔で、俺の想いを受け止めろ!」
と言い、ザーメンを顔中にぶっかけました。それから同窓会に持って行ってい
たデジタルカメラを使い、はめ撮りして、利恵子に、
「ばらされたくなかったら、今日の事は誰にも言うなよ」
と言い、帰りました。

264 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/11(金) 00:24
2Chっていうか電波な2人

男「結合でもするか?」
女「え〜...いいよ。 LANね♪」
男「じゃあ〜いくぞ! キーボードタッチ!」
女「あ♪ いい!... もっと、もっと! 私のコネクタを掻き回して!」
男「ほらほら...そろそろ俺のCPUがほしくなったんじゃないか?」
女「あ、欲しいです...」
男「じゃあ『私のコネクタがべちょべちょなので貴方のCPUを下さい』って言って見ろ。」
女「..私のコネクタがべちょべちょなので貴方のCPUを下さい...キャッ 恥ずかしい..」
男「よーし、マウスパッドを取ってコネクタをこっちに広げて見せろ。」
女「は、はい...」
男「お〜!興奮するぜ! クロックアップするぞ〜!」
女「あ、あん! 気持ちいい...文字化けしてきちゃった..」
男「く! もうシャットダウンしそうだ!」
男「くっ!」

女「あ〜、もう逝っちゃったの? また後で再起動してね♪」

265 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/11(金) 00:33
兄「おい、もっと開けよ。よく見えないだろ」
妹「これ以上はダメ。恥ずかしいもん」
兄「小学生のころはよく見せ合いっこしたろ」
妹「あのころはまだ子供だったから・・・。私もう中学生なんだよ」
兄「親父には見せたんだろ、オレにはダメだっていうのかよ!」
妹「だってパパは・・・」
兄「じれったいな。オレが開いてやるよ!」
妹「ダメ、お兄ちゃん、ああ・・・」
兄「すげぇ、小学生のときとは全然ちがう」
妹「やめて、そんなに開いたら全部見えちゃうよ・・・」
兄「なんか複雑になってる」


妹「あたりまえでしょ、中学生になって科目も増えてるんだから」
妹の通信簿を無理矢理見ようとする兄。

266 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/11(金) 00:36
 _____________________
 |                              |
 | 今 ・  こ  ・  .基 俺 そ そ 聞 小 .     |
 | 頃 ・  の  ・  本 が の し  く  学 .      |
 | 俺 ・  言  ・  的 思 結 て と  校.       |
 | を 過 葉 い に  う 果 最 こ  の    テ  |
 | 笑 去 .に え は .に 得 期 ろ  性    .ィ  |
 | っ に 騙  い .譲  、 た に に  教   ッ  |
 | て 戦 さ  え り  精 人 勝 よ .育   .シ ..|
 | い っ れ .お 合 子 生 ち る  で   .ュ .|
 | る た 続 先 い 達 .が 残 と   、      |
 | の 精 け に   .は  、 っ 莫 自     ..|
 | か 子 た ど    戦 こ  た 大 分       .|
 | ・  .た の う    っ の の な  が      |
 | ・  .ち が ぞ    て 有 が  数 昔      |
 | ・    俺 !     い り .俺  の  、      |
 | ・    だ       な 様 様  精 精      |
 | ・    と       い     だ 子 .子      |
 |      思      の    と  と  だ      .|
 |      う       で    い 戦 .っ     ..|
 |      方      は    う  っ た       .|
 |      が      な    事 た 事     ..|
 |      自      い    だ ら  を      |
 |      然      か       し 知       .|
 |      だ              い っ       .|
 |                       た       .|
 |                              |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

267 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/11(金) 00:41
テロニモマケズ

 テロニモマケズ タリバンニモマケズ
 アルカイダニモ ビンランディンニモマケヌ
 丈夫ナ基地ト軍事力ヲ持チ
 欲ハ多ク 決シテ自省セズ イツモ乱暴ニ怒鳴ッテイル
 一日ニ、 ハンバーガー十個ト コーラト少シノ プレッツェルヲ食ベ
 アラユルコトヲ他国ヲカンジョウニ入レズニ
 ヨク威嚇シ、タカリ、恨ミヲワスレズ
 両洋ノ間ニ大陸ノ端ノ 大キナ白イ家ニイテ
 アフガンニ テロノ首謀者ガイレバ 行ッテ空爆・誤爆ヲ行ヒ
 極東ニ京都議定書ガアレバ 無視シテCO2ヲ排出シ続ケ
 北ニ金氏ノ王朝ガアレバ 違約ノ核開発ハ ヤメロト言ヒ
 中東ニ独裁国家ガアレバ 空母片手ニ査察ヲ迫ル
 九月十一日ノトキハ涙ヲ流シ
 八月六日ノ夏ハ両耳ヲフサギ
 ミンナニ一国主義トヨバレ
 ホメラレモセズ 感謝モサレズ
 サウイウ国ガ 世界ノ王様

268 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/11(金) 01:00

風呂の中で
金玉を触りながら
考えた
痴に働けばマラが立つ
穴に棹させば行かされる
処女に通せば窮屈だ
とかくに人の世はやりにくい

269 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/11(金) 07:20
>>268
追加・・・・性悪女にマラ入れれば脅される

270 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/12(土) 04:31
オマンコした〜い!エロイカキコお願い

271 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/12(土) 15:43
飴を製造している工場の者です。何しろ飴を作ることしか仕事がありませんか
ら、そう、ひまと言えばひま。こんなもの、一度慣れてしまえば遊んでいても
作れます。
おまけに、大企業のネームのついた工場ですから安定。でも、昨今の不景気か
ら正社員の高校生を雇わず、パートの奥さんを低賃金で雇うようになったこと
が私たちにとっては幸いになりました。
覗くんです。2人ぐらいで。更衣室を。
大体、この工場は老朽化が進んでいて、大菓子メーカーのネームがついている
のに、もうがたがたもいいところ。もう少し景気がよければ立てなおすのでし
ょうが。でも、ありがたや。ありがたや。新人さんの奥さんを(パートさん)
雇うので、そう何人もやってきます。少しでも家計の助け&子供の塾代、きっ
かけはいろいろですが、まあ奥さんは新しい職場で、神妙なもの。女って怖い
なと思います。というのは、一緒にはたいている古株のばばあどもは、要する
にいじめを、新人の奥さんをいじめるわけです。まあ、いじめにあい、居辛く
なってやめてくれれば、ばあさんたちは今までどおり、のほほんとやっていけ
るわけで。新人の奥さんがちょっと気取っていたりすると、また、生意気な口
を利いたりすると、知らないところでわざと機械をとめて、その原因を奥さん
になすりつけたり、食堂での食事の仲間に入れなかったり。いろいろです。
そのなかでも協力的な光江と正子は、いつも新人さんがくると
「今度来たの、今までパートなんかやったことないらしい」
「上玉だよ。どうする」
「どうするって、いくら」
「へへへ、いい毛生えてそうだから、3000円」
「おい、この前は2000円だぞ」
「あんな、汚い奥さんじゃないよ、住光地区だよ、正真正銘のおくさんだよ」
「へー、じゃモノはためし、ほれ3000円」
「毎度」
なにが、毎度かわからないが、2人でのぞくのでまあ、1500円くらいいいか。
食品関係だから、当然白衣に着替えます。その更衣室を覗く倉庫側の部屋を、
この光江と正子は鍵を持っていますので、開けてわれわれを入れ、新人さんを
その正面のロッカーにご招待するわけです。何にもしらない奥さんは、倉庫の
小窓から覗かれているのも知らず、われわれの目の前でストリップをはじめる
わけです。
服を脱いで、ブラとパンティ1枚の格好。意外とデカイブラ。乳ももっちりし
て、いい感じ。小豆色の薄いブラのレースが目に入ると、男根はエレクト。裕
に90はある。それでも、中年太りか後ろのブララインが食い込んでる。腕を上
げたその腋に、黒い腋毛。夏前の柔毛が渦巻いてる。こんなところで40の奥さ
んの腋毛が拝見できるとは。
さて、下のパンティはベージュのオーソドックスなやつ。するするっと脱いで、
小さくたたむ。わずかな間だが、陰毛さらし状態。というのは、さっきの光江
正子が、紙パンツを用意し、
「これに履き替えて。最初入るときは雑菌を入れないようにしてるんだ」
と、勝手に決めて渡す。最初の1日だけ正直に穿くね。伸び放題の陰毛をさら
し、奥さんはやがてパンティをはく。上品そうな奥さんもあそこの毛だけは、
激しい人もいれば、そそっと、しか生えていない小娘みたいなのも居るし。で
も、さすがに90の乳は、陰毛も大胆だった。片足を上げたとき、陰部からチロ
ッと小陰唇のビロビロがはみ出しているのがみえた。紙パンツは、替えるとき
に処理の箱へ入れるように光江が言うので、奥様は入れて帰る。もちろん、い
ただく。だいたい、黄色い筋が1本。ニオイは緊張してるせいか、薬臭いよう
な濃いしょんべん臭。鼻に押し付け、ニオイを嗅ぎながら、履歴書の写真をみ
る。
おしいけど、この奥さんも古株の光江正子にいじめられ、1週間で出ていった。
いいさ、また、いつものように、団地のしょんべん臭いヤンキーママのまんこ
臭パンティに戻るかな。若いママはいいけど、礼儀も何もなく、べっとりと紙
パンに染みを残す。恥じらいがなくて、俺のように年取ってくると、オリモノ
べったりは、胃にもたれる。40越えた、奥様のはずかしのまんこがやはり、性
に合う。

272 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/12(土) 15:56
>>263良いネタですた。

273 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/12(土) 16:06
俺も熟女のぞきた〜い

274 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/12(土) 19:22
おべんちょしたいよ

275 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/12(土) 22:36
早くオマンコしたいです!

276 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/13(日) 04:25
年上の人とオマンコしたいです。

277 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/13(日) 11:55

うちは、姉と2人暮らしです。
というより、姉の住む賃貸マンションに僕が居候しています。
夜7時くらいに姉の友達が来ました。
その後姉から電話があり、
「急に会社で飲みに行く事になり、帰りは23時くらいになりそうだから、友達
は待たせてて」
という事でした。
姉の友達は良くウチに遊びに来てるんで、僕も良く知っていました。僕はその
人を「瞳さん」と呼んでいます。
瞳さんに姉の伝言を伝えると、
「じゃー、待つとしますか」
と言い、姉の部屋に入って行きました。
僕はいつものように、自分の部屋でインターネットでスケベな画像を集めてい
ました。
7時半くらいになると、瞳さんはリビングから
「○○君、シャワー借りるねー」
と叫んで、シャワーを浴びていました。
しばらくすると僕の部屋のドアが開き、なんと瞳さんは体にバスタオルを巻い
ただけの格好で、
「姉さんの下着借りようと思って、持って行くの忘れた」
と言いました。僕がびっくりして目のやり場に困っていると、瞳さんもそれに
気付いたのか、面白がって
「見せたげようか?」
と聞いてきました。僕が
「冗談言ってないで、早く服を着て下さい」
と言うと
「いつもそんな言葉使わないのに、『下さい』だなんて」
と笑っています。そして近寄ってきて耳元で
「待つの暇だからHしようか」
と言うではありませんか。そして僕の半立ちのモノを触って、
「舐めたげる」
と言いながら、フェラをはじめました。
そこまで来ると僕も我慢できなくて、戸惑いながらもベッドへ移動する事に。
しばらくお互いの体をむさぼるように激しく愛撫していましたが、いよいよ挿
入という時にコンドームがないことに気付き、瞳さんにそれを伝えると
「盛り上がってる時にそんな事聞かないで、そのままでいいから」
というので、生挿入ということになりました。
瞳さんは26歳のわりにスタイルは良く、アソコも綺麗でした。瞳さんと数回体
位を変えながら楽しんでいると、瞳さんが上になる形になり、激しくお尻を上
下に振り始めました。すごく気持ち良く、瞳さんも気持ち良いのか、近所が心
配になるほど声を出していました。
僕は我慢の限界が来て
「瞳さん、もう出そうだよ」
というと、瞳さんは
「イッてぇー、私もいきそうー」
と叫びました。僕は
「でもこのままだと」
といいかけた時、瞳さんが
「大丈夫だから、このままイッてぇー、イクー」
と言った瞬間、僕もイッてしまいました。
しばらく余韻を楽しんで繋がったままでいましたが、瞳さんが抜いて僕の小さ
くなりかけたモノを
「綺麗にしてあげる」
といいながらしゃぶり始めました。
すると当然モノは大きくなり、瞳さんが
「もう一回出来る?」
って聞いてきたので二回目に突入しました。
二回目はさっき出した僕のがあそこから出てきて、動いているうちにそれは粘
度を増し、ネチャネチャといやらしい音を立てていました。そのベトベトする
感覚が良いのか、瞳さんは2回ほどイッてました。
今度はバックでフィニッシュでした。中だしで。
バックの格好のままでいてもらって、垂れてくるのを見学させてもらいました。
相当恥ずかしがっていましたが、瞳さんは垂れてくるのを指ですくっては舐め
ていたので
「そんなのおいしいの?」
と聞くと
「なんかヤられたって感じがすごく増幅して、なんか変な気持ちなんだけど、
気持ちいいの」
と言ってました。
僕がそんなに好きなんだったらと思い、モノを顔の前に持って行くと、おいし
そうにしゃぶり始め、2回出しているのでなかなかいかなかったけど、行くま
で文句言わずに舐めてくれました。今度は口の中に出したんですが、量も少な
かったのか、飲んでいました。
この後、2人でお風呂に入り、服を着てビールを飲みました。
ちょうど飲み終わる頃に姉が帰ってきました。なんか今までの出来事を感づい
たのか、しつこく瞳さんは誘導尋問されていました。
いつも帰りに僕が近くまで送って行くのですが(姉の命令で)、今日は別れ際
にキスをしてくれて、
「またしようね」
と言ってくれました。
なんか得した1日でしたが、今は次のHの事で頭がいっぱいです。

278 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/13(日) 13:45
>>277
すばらしいです!
昨晩久しぶりに中だししました。
最高でした。

279 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 04:24
私は25歳の技術系の会社員で、オフィスではパートの女性とアルバイトの女の
子を使って仕事をしています。転勤になる前のK支店での、37歳の人妻のパー
ト(嘉美さん)とのことです。
私は30代後半から40代前半の女性が大好きで、Mかもしれないけど、嘉美さ
んに色々とやらされたり、してあげたい気持ちがありました。また、残業で一
人になったときには、嘉美さんのデスクでオナニーするのが日課でした。椅子
に顔を着けて臭いを嗅ぎながら、オフィスで履いているサンダルを舐めながら、
また、嘉美さんの使った鉛筆やボールペンをアナルに入れてよがっていました。
特に良かったのは、嘉美さんが飲んでいたファイブミニの空き瓶を見つけたと
きです。口を付けたファイブミニの空き瓶をアナルにいれ、最高のオナニーが
楽しめました。
そんな俺と嘉美さんが変態プレイを楽しめるようになったのは、オフィスでの
オナニーを見つけられたときからです。嘉美さんが忘れ物を取りに来たとき、
目撃されてしまいました。そのとき、私は人生の終わりと思いましたが、嘉美
さんは一寸驚いていましたが
「いつもしているの? 誰にも言わないから続きを見せて」
と言われました。私はビックリしたと同時に、オナニーを見て欲しかったので、
嬉しくて、見ている前ですぐ果ててしましました。それから、嘉美さんに自分
のしてきたこと、嘉美さんへの思いを白状させられ、
「困った人ねぇ〜、じゃ、私になにして欲しいの」
の尋ねられ、変態的な願望を全てうち明けました。嘉美さんの下着が欲しいこ
と、嘉美さんの体液が飲みたいこと、嘉美さんを舐め回したいこと、嘉美さん
に奉仕したいこと。
それから、二人はプレイパートナーとして付き合いました。
私は、嘉美さんの足の臭いを嗅がせてもらい、足の指からアナルまで綺麗に舐
めさせていただき、二人でオナニーを見せ合い、嘉美さんは私の顔を跨ぎ、愛
液やオシッコを沢山ご馳走してくれたり、唾液を飲ませてもらいました。私の
舌をトイレットペーパーとして使ってくれたりしました。また、アナルもファ
イブミニやオロナミンCの空き瓶で可愛がってくれました。
伝線したパンストや履いていたパンティ、靴下も頂いて、今でも私の宝物です。
オフィスでもトイレに一緒に行ったりすることもありました。嘉美さんは、私
の見ているまで排泄してくれ、私の舌で後始末をし、排泄物は流さず私の好き
にさせてくれました。
嘉美さんは旦那さんの転勤で関西方面へ、私は本社転勤になり、1年半くらい
の幸せな日々は幕を閉じました。

280 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 08:31
>>279力作ですが、グロ系は苦手です。

281 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 09:45
はじめまして。私は21才になるおばさん大好き人間です。
私の場合、おばさん好きといってもちょっと違っていて、ターゲットのほとん
どは親戚の色っぽいおばさんたちです。
中学生の時、当時34才だった親戚のおばさんに童貞をささげて以来、熟女の味
を覚えてしまい、上手に甘えてはおまんこをいただく作戦で、今までに親戚で
は7人のおばさんを食べてしまいました。
おばさんたちも親戚の若い男とセックスすることに異様な興奮を覚えるそうで、
最初は堅いが一度関係を持つと堰を切った水のように大胆になり若い体を求め
てきます。当然回りもまさか親戚の男と肉体関係を持っているなんて誰も疑わ
ないので、適当な口実で簡単に出かけられます。
とはいえ一番多いパターンは、中学高校時代は夏・冬休みにその家に泊まりで
遊びに行き、昼間のおじさんがいなくなった時におばさんに可愛がってもらう
パターンでした。その当時は熟れたおばさんの体で可愛がってもらうことで頭
がいっぱいで、いつもそればっかり考えていました。おばさんたちもこんなこ
としちゃだめといいながら、まったく無抵抗で、熟れた体をくねらせスケべな
女の本性を露にし、愛欲にふけるおばさんがほとんどです。
いちばん驚いたのは、親戚のおばさんたちのなかでも一番堅いと思っていた夫
婦で、小学校教師をしている現在46才の真佐子おばさんです。教職につく身で
ありながらその本性はとにかく淫乱で、私と関係を持った後はおじさんとのセ
ックスはもちろん自分の性癖を自慢する変態に近い女性でした。学校の裏話も
けっこう聞きましたが驚きの実態でした。教師同士の関係は当たり前で、父母
との関係やいろんな事言ってました。おじさんもかなりのスケべで子供もつく
らず、スケべの道まっしぐらって感じです。この真佐子おばさんとはもう3年
続いていますが、もしかしたら夫婦で私の存在を楽しんでいる様な感じなんで
す。
まあ、とにかくおばさんはいいですね。みなさんも今度親戚のおばさんをター
ゲットにしてみたらどうですか。

282 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 09:49
シリーズごとにスレを別けてみたらどうでしょう。
例えば、ノーマル系、アナル系、オフィース系、フェチ系等。

283 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 10:45
この前、仲良しのご夫婦と4人で食事に行きました。
しゃれたレストランで、カクテルもおいしく、皆のお酒もいつもより進みまし
た。2人とも学校の先生ですが、ダンナが僕の後輩なので、結婚前から奥さん
のことは知っていました。彼女はとってもかわいい26歳の女性で、これまで
も、会う時にはいつもエッチな想像をしてました。
そして、大分アルコールも回って楽しい気分だったのと、翌日が休みだったの
で、彼らの家で「飲みなおそうか」と言う話になりました。私が食事中に
「ハル○オンを飲んでお酒を飲むと、記憶が飛んで面白いよ」
という話をしていたので、彼らも自宅という安心感もあって
「飲んでみたい」
と言い出しました。お酒さえ飲んでなければ、まじめなカップルなのでそんな
ことは言わなかったのでしょうが睡眠導入剤がどういうものか試してみたい、
という好奇心が理性に勝ったのでしょう。
そこで、ひとり3錠ずつワインで飲ませてあげました。
もちろん私は飲んだふりだけして、舌の裏に隠して、後でそっと出しましたが。
奥さんの方は30分くらいで眠ってしまいました。ご主人と私の妻と3人でしば
らく雑談をしてましたが、ご主人は奥さんを寝かせてくると言って、寝室まで
抱きかかえて連れて行きました。
それから30分もしないうちに、私の妻も眠ってしまったので、私は活動を開始
しました。
まず、洗濯機に入ってる奥さんの下着をチェックしました。
これまで、まじめな奥さんでパンチラも見るチャンスがなかったので、彼女の
脱ぎたてのかわいい下着には、かなり興奮しました。これをデジカメで撮った
後で、いよいよ寝室に忍び込みます。
そっとノブを回して、隙間から中の様子をうかがうと、二人とも熟睡してるよ
うでした。良く見ると、奥さんは既にパジャマのズボンをひざまで下げられて、
パンティも少しだけ脱がされてます。私も初めのうちは、奥さんの寝顔を見て
ちょっと触るくらいにしようと思ってたので、とても驚きました。きっと彼も
眠ってる奥さんにいたずらしようとして、そのまま薬が効いて眠ってしまった
のでしょう。
こうなったら、彼のせいにもできるので、私が続きをして、彼の無念を晴らし
てやろうと思いました。
まず、そのままの状態で写真を撮った後で、さらにパンティとパジャマをおろ
して、記念撮影です。かわいい乳首と陰毛をさらしたまま、ご主人の隣で眠る
若妻は実にいい感じでした。

284 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 10:48
そこでブラを完全に外して、パジャマのズボンを脱がせて、パンティを脱がせ
てると、いきなりダンナが起きたのです。その時は心臓が止まるかと思いまし
たが、やはり薬が効いてるので、夢遊病のように別の部屋に行って、寝てしま
いました。
彼女がベッドの真中に寝ていたので、きっと寝苦しくて、無意識の内に起きて
しまったのでしょう。
ダンナがむっくりと起きた時にはさすがに私も驚き、とっさにベッドの下に伏
せました。幸い電気を消していたのと、ダンナにも薬が効いていたので、彼は
全く気付くことなく部屋を出て行きました。
こうなったら「好きにして」と言われたようなものです。奥さんのパンティを
脱がせてから、足をゆっくりと大きく開いてもらいました。これまで、何度も
一緒に食事をしたりして、良く知ってる彼女の性器が、今目の前にひっそりと
息づいています。
ダンナの横で何も知らずに眠る半裸の若妻は、とても魅力的でした。それが月
に2〜3回は顔を合わせるかわいい奥さんですから、尚更です。
後に残された奥さんは、私の手で既にパンティもブラも取られて、足を大きく
開かれています。せっかくダンナがいなくなったので、彼女の隣に寝て髪を撫
でながら、そっとキスをしてみました。これまで彼女が冗談を言った時に、ふ
ざけて頭をたたいたことはありましたが、髪を優しく撫でながらのキスは初め
てで、とても興奮しました。もちろん彼女の唇をそっと噛み、舌をさしこみ、
唾液をたっぷり送り込みます。眠ったままの彼女は、嫌がるどころか素直に飲
んでくれます。
添い寝はそのくらいにして、いよいよ彼女の肉体を検査させてもらうことにし
ます。
まず小さ目の胸を、下からすくうように包み、乳首を指で転がします。指に唾
をつけて撫でていると、ツンととがってきました。乳首を両方とも勃起させて
から、そっと舌でも味わってみます。
勃起した乳首をしっかり写真に撮ったら、いよいよ下半身に移ります。だらし
なく開かれたままの足の間に頭をいれて、スタンドで照らしながら検査してい
きます。
初めて目にした彼女のソコは、とてもいやらしく開かれていました。今までは
下着すら見せてもらったことがないのに、いきなり薄めの陰毛の下に彼女の小
陰唇を見てしまいました。彼女は小陰唇の左右が非対称で、右側だけちょっと
伸びていたのです。そこで、両足をそろえたり、開いたりさせて写真を撮り、
彼女の性器の形の変化をチェックしました。足をいっぱいに開かせて、指で小
陰唇をつまんで開いてやると、美しいピンクの膣孔が見えます。その上の方に、
ちょこんと息づいてるクリトリスを、指で上に剥くように引っ張ると、長い方
の小陰唇がつられて閉じてきます。
私は思わず彼女のクリトリスを舐めて、舌でつついてみました。クリトリスを
舐めながら、指をそっと彼女の膣に挿入すると、ヌルッと簡単に入りました。
彼女の膣は、奥が深くて細めでした。内側のヒダヒダは少ないようです。
クリちゃんを舐めながら、2〜3回指を出し入れしていると、急に彼女が
「んっ」
と感じたような声を漏らしました。
私は刺激を与え過ぎて彼女が起きたらまずいと思い、まず性器のアップ写真を
撮りました。膣に指を入れてる所やクリトリスを剥いた所、それに彼女の顔も
入るアングル等で、何枚も撮っておきました。
さて、その後はちょっとだけいたずらしてみたくなって、冷蔵庫にあった、キ
ュウリや魚肉ソーセージなどを挿入して、エッチな写真を撮りました。しかも
彼女が自分で持っているように、ポーズをつけたので、かなり卑猥な写真にな
りました。
皆さんもチョット想像して見てください。
普段から知っているかわいい奥さんが、目の前でだらしなく足を開いて自分の
手でキュウリや魚肉ソーセージを性器に突っ込んでいる姿を。
それからは、写真を撮るのをやめ、本格的に刺激を与えるようにしました。

285 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 10:50
彼女の腰の下にダンナの枕を当て、少し浮かせます。足はM字型に開かせます。
先ほどは中断したクリトリスから膣を何度も舐めながら、乳首を指で転がしま
す。すると、また彼女はあごがピクッと動いて
「んっ!」
っと眉をしかめて感じ始めた様子です。きっと夢の中でご主人に愛撫されてい
るのでしょう。スタンドの光で見ると、クリトリスも充血して膨れて光ってい
ます。そこで、指で膣の中をすくってみると、私の唾液に混じって彼女の愛液
も出ているようで、かなり湿ってヌルヌルになっていました。
指にたっぷりと唾をつけて、アナルにも挿入しました。彼女の膣とアナルを私
の指でサンドイッチにしてみました。この段階で私は初めてズボンとパンツを
脱いで、慎重にベッドに上がりました。本格的にレイプするつもりもなかった
ので、既に受け入れ準備の出来ている彼女の膣に私の勃起したモノを当ててこ
すっていました。入口で一度はためらいながらも、ちょっとだけ押してみると、
ヌルッと簡単に彼女の中に入ってしまいました。
翌日、彼女に違和感があるといけないので、2〜3回そっと出し入れして、彼女
の中をしっかり味わってから抜きました。ここで我慢するのはかなり辛かった
のですが、彼らともずっと仲良くしていたいので、ここまでで辛抱しました。
後は彼女のパンティを半分まで履かせてあげて、わざとそのままにして布団を
かけておきました。
翌日は、11時ごろ私が一番に目覚めて、彼らの寝室に起こしに行くと、奥さん
は慌てて身繕いしながら
「おはよう」
と言いました。そして、彼は
「俺はいつの間に別の部屋で寝たんだろう?」
と不思議がり、奥さんは
「やっぱり、あの薬を飲んで熟睡できたせいか、とっても気持ち良く目覚めた
みたい。また飲ませてくださいね」
なんて嬉しいことを言ってくれるので
「こちらこそ、昨晩は楽しかったですよ、また遊びましょうね」
と本当のことを言って帰ってきました。

286 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 11:01
勃起しました。
ノ′    } 〕    ,ノ           .゙'┬′   .,ノ 
 age               ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《        
ハァハァ・・・

287 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 12:13
逝きます・・・・出る・・でっる〜〜〜〜〜〜どっぴゅ〜ん
昼休みにトイレで出してしまった!午後から疲れる。まだ尿道に精液が残っている感じ!

288 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 14:35
興奮しました

289 名前: チョンガー 投稿日: 2003/04/14(月) 17:19
最近昼休みにトイレで抜く癖が付いてしまい午後から疲れが出てぐったりして
上司にどやされることが多くて大変です。しかし、仕事中にここを読むのが習慣になってしまい
ついつい読んでしまい興奮してオナニーをしたくなってしまいます。12時少し前に読まないと
昼休みに抜けないので10分前くらいに読んで12時にトイレに行って抜いてきます。
財布の中にエロ写真を入れておかずにしています。
彼女いない暦29年辛いです。

290 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 17:56
ネタでタネ抜き カコイイナ

291 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 18:18
僕もここを見て会社で抜いた事が有ります。
虚しいので、もうしませんが

292 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 18:25
http://f1.aaacafe.ne.jp/~hanaboo/siranai.htm
怖くて見れません、どなたかかわりに見てもらえませんか?
ぼちぼちの怖さなら見てみたいのでよろしくおねがいします。

293 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 22:00
>>289 >>291
忙しいあなたに至高の逸品です
http://www.omochannel.com/other/som/menssom.jpg

294 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/14(月) 22:21
 
 スケベな男たちは、わたくし、岩下志麻が叱ってあげます!
 http://www.ifnet.or.jp/~kakumei/011211h.jpg

295 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/15(火) 12:27
エロイのお願いします。

296 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/15(火) 12:30
会社の同僚Kを犯した。
彼女は会社で机を並べる、俺より6つ年上の女だ。細身のわりには巨乳
で、Dカップぐらいはある美味しそうな胸をしている。いつも胸を強調
するようなタイトな服装で出社してくるため、いつかは犯してやろうと
思っていた。
ある日、映画の話題で話が盛り上がり、ここぞとばかりに映画に誘って
みた。ちょっと驚いた様子だったが、すぐにOKの返事。
当日の彼女はいつも通りにタイトな服装で来た。映画を見て、食事をし
てワインが入ると、いつもキビキビしている会社での彼女とは違って、
目つきもトローンとして感じになった。
「家におくっていくよ」
と俺が言うと
「えー、でも入っちゃ駄目だよ」
と連れない返事。
「入らないよ」
とその場は嘘ついて、タクシーに乗車。
車中の彼女は酒がまわって意識がモウロウとしていて、それをいいこと
に太ももや巨乳をタッチ。
「うう……ん、い、いや……」
と少し抵抗するが、すかさずキスをすると
「んん……」
と舌を絡めてきた。
彼女の自宅に到着すると、タクシーを降りて玄関前まで抱きかかえるよ
うに連れていく。彼女が鍵を開けると、一緒に中に。
「ありがとう……もう大丈夫だよ」
と言われるが、
「ちょっとトイレ貸して」
と言って、寝室近くのトイレまで上がりこむ。出てくると彼女はベッド
に倒れこんでスースー寝ていた。それを見た俺は完全に理性を失い、彼
女のミニスカをたくし上げると、ストッキングとパンティを下ろした。
すると彼女がいきなり目を覚まして、
「え? い、いや! O君何してるの? ダメぇー!」
と騒ぎ始めた。俺は抵抗する彼女をよそに両足を開き、彼女の洗ってい
ないオマンコをベチョベチョ音を立てながら舐めたり吸ったりした。
「あ、あ、あぅ〜……い、いや〜!」
「感じてるんだろ? え? 久しぶりみたいだね、グチャグチャだよ」
「ダメ! 本当にやめて! お願いぃー!!」
俺はそんな言葉は無視して、いきり立ったモノを彼女のオマンコに当て
た。
「K、入れるぞ」
「だ、ダメ、それだけはダメ! O君結婚してるんじゃない! 奥さん
に悪いわ! 駄目ぇー!」
「今更我慢できるわけないだろ! ずっとこの体が欲しかったんだ!」
「キャアァァ! やだ、やだ、抜いて、駄目ぇ!」
「おぉぉ、気持ちいいぞ。たまらない……あぁぁ駄目だ、イキそうだ!」
「ダメ! 出しちゃダメ! イッちゃダメぇ!」
「イクに決まってるだろ。どこに出して欲しい」
「いや、いや、いや!」
「おぉぉぉ」
中出しは後々面倒なんでお腹に出した。すさまじい量のザーメンが出て、
彼女の腹部を汚した。
「気持ちいい、最高だぜ」
「うぅぅぅぅ……汚れちゃった……私、汚れちゃったんだわ…

297 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/15(火) 13:45
また会社のトイレで抜きました。精液が薄かったです。しゃびしゃびでした。

298 名前: 名無しさん?利益いっぱい 投稿日: 2003/04/15(火) 13:57
>>296拝見しました。
興奮度は今一つでした。具体的に言いますと、入れる前の愛撫とその反応が
もう少し欲しかった。その後入れてからの彼女の様子も、気持ちは抵抗して
いながら、しかし身体が欲しがっている等。さらには、すぐに入れないで
じらしてみてもよかったかと。いずれにしてもチョット工夫が・・・・・・

299 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/15(火) 13:58
サル発見

300 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/15(火) 14:11



    / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  /  / ̄\  ヽ
 /   /  \U ヽ、、、ヽ
 |  /  (・)   (・)| |
 |  |.U ||||||  つ.U | |
 |  |    ___  | |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |  |    \__/  | .| < ヒマだからクソしながら300ゲットーだ!
 ゝ‐イ\.   ・|||||゚ii/ノ  \______________
   /  ゚̄|||。||||||
   | |   ||||||||゚| | |
   | |    ||||゚||| | |
 |⌒\|        |/⌒|
 |   |    |    |   |
 | \ (       ) / |
 |  |\___人____/|   |
 |  |    λ    |  |
        ( ヽ
        (´∀`)
       (____)

301 名前: リズム神 投稿日: 2003/04/15(火) 14:47
>>300 おもしろい!

302 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 02:11
久々にエロイのお願いします。

303 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 03:56
2日前、北海道から一番下のいとこの唯ちゃんが、東京の祖父の墓参りに家族
で帰りに遊びに来ました。
彼女と合うのは去年の冬以来で丁度2、3年に一度は会う感じでした。
小学生なんで、あまり気にしていませんでした。
駅に車で迎えに行き、家に着くと、唯ちゃんの両親と私の両親は観光案内に出
かけてしまいました。僕は「あー留守番だ」とちょっと憂鬱気味で、唯の相手
をすることにしました。
唯は小6で、今年中学です。身長が158ぐらいで、細目に見える女の子。
僕は27歳で、話が合わないなと思って、ゲームでも遊んでいました。
30分で飽きてしまい雑談に興じていると、恋愛の話からキスとか色々と話に乗
ってきて、根掘り葉掘り聞き込まれているうちに、胸の大きさとかの話題に飛
んで、ついにはSEXの言葉が出てくるほど盛り上がりました。
言葉だけは知っているんだなと思っていたら、急に黙り込んで、あぐらをかい
ている私に抱き着いてきたのです。その瞬間、唯のなんとも言えない良い匂い、
シャンプーの香りに「かわいいなー」と思いました。
女性経験が皆無に等しい僕は、しばらく硬直していましたが逆に抱きしめてや
ると、自然にキスしました。
「おまえ、ませてるなぁ」
「彼氏いるもん。でもキスまでだよ」
「もちろん処女だろ〜。12歳なんだし」
「……ちがうよーだ」
「……」
聞いてみると、じつはボーイフレンドとは1回SEXしたことあるらしいが、相
手がすぐいったらしく、良くわかんないらしい。
私はもう久しぶりに獲物にありついたライオンのような気持ちで、唯とどう言
う風にSEXまで運ぶかで頭がいっぱいだった。とっさに唯のワンピースの下か
ら手を入れると、まだ小さい胸が手に触れる。
「雅君、やさしくしてね」
唯をショーツ一枚にして、今のカーテンを半分引いて、お互いに抱き合いまし
た。乳首が触れ合って、ものすごく興奮しました。唯は時折くすぐったいらし
く、体をよじらせていましたけど、その動作が一段と興奮を高めていきました。
もう「やりたい」一色になっていましたが、避妊具がないので唯の股間(おし
り)に○ンポを挟み、バックスタイルで射精しました。久々のオーガズムで私
の下半身は、ガクガクと振るえながら、唯の背中に向かって発射しています。
「シャワー、一緒にあびよ」
まだまだ両親が帰ってくるのは後なので、二人で風呂場で流し合いながら、今
度はマン○に入れました。はっきり言ってすごいです。最近27歳になって復活
がにぶっていたんですが一気に唯の中で硬くなりました。今度は時間をかけて
唯をいかせました。12歳でも顔を赤らめて最後は失禁しながら。私は中だしし
ました。
「はぁ、はぁ、はぁ」
と抱き寄せた胸から、心臓の鼓動がとてもリアルにつたわってきました。
しばらくためていた湯船に入ってると、もよおしたらしく、隣の便器で用を足
す姿を見て、シャワーでアヌスを洗ってやるついでに、石鹸で入りやすくなっ
たアナルに指を入れます。
「なんかまたトイレ行きたくなってきた〜」
シャワーのヘッドを石鹸で広がった肛門にあてて、ぬるま湯を注ぎ込んで浣腸
すると、勢い良く放出してアナルが広がったところで、いったん片付けをして、
そのあとは自室で2回やりました。
もう、彼女なしではだめかとおもうこのごろです。

304 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 08:04
こんな若いオマンコにはめるとは・・・・しかし気持ちいいかも

305 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 09:48
きつ〜いオマンコした〜い!

306 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 11:56
小さなオマンコは締まりが抜群!

307 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 11:58
小学生への痴漢はいい。小学校高学年くらいになると中高生くらいに発育した
子もいる。あまり肉付きのいいのもちょっと困るが。理想的なのはモデルのよ
うにすらっと背の高い細い子だ。最近はそんな小学生も多くなった。しかも顔
もかわいいときてる。小学校高学年の発育のいい子を狙う利点は、
1、抵抗が少ない。所詮中身は11、2の子ども。
2、警戒心が薄いので正面のポジションも取り易い。
3、そのくせ体の発育はいい。やや華奢だが女子高生でも通用する。
4、夏は薄着である。ブラジャーを着けてない事も結構ある。
5、この年令だと愛撫に反応する。アソコが濡れてくるのだ。
まずターゲットになる子を発見したら(これがなかなかいない)正面のポジシ
ョンに陣取る。第1段階では女の子を押しながら鞄、傘等の道具を女の子の陰
部に当て、押し付ける。股の間に脚を入れ、膝を押し当てる大胆な方法もある。
すし詰めの満員電車の場合、小学生の子はアクシデントと思うらしい(膝の場
合は別だが)。まさか自分のアソコに鞄が当たってますなんて言えないので、
正面にいるこちらの方をちらちらと伺うが、そのままにする。
一駅か二駅の間ぎゅっと圧迫していると、女の子の様子が変化してくる。頬が
やや赤らんで、息が少し荒くなってくるのだ。3分以上もアソコを圧迫されて
いるうちに、じんわりとした快感が起きてきたのだ。その証拠に鞄を少し引い
ても脚を閉じない。
第2段階では鞄を電車の揺れに合わせて左右、上下、前後に微妙に振動させる。
一定のリズムでやるのが基本だ。ここまでできるのも相手が小学生だからだ。
さっき黙っていた手前、今度も黙ってしまう。そしてこの年齢の子はそのうち
に、気持ち良くなってくるのだ。顔が赤らんで、「んっ、んっ」と鼻にかかっ
た小さな声が漏れてくる。
第3段階では鞄と陰部の間に手を差し込む。そのまま鞄を押し付けるわけだが
そのうちに女の子は手の感触に気づく。さっと顔が強張る。が、抵抗はできな
い。かあっと真っ赤になる。自分の陰部が熱くなってるのを相手に知られてい
るからだ。
第4段階ではアソコを揉んでやる。下半身は再び反応を始める。女性器はここ
まで興奮しているとなかなか平常には戻らない。女の子の意に反して下半身は
素直に反応する。
第5段階では下着に到達させる。スカートは捲り、ズボンはジッパーを下ろす。
女の子のショーツ越しに割れ目を楽しむ。この時にクリトリスを探す。クリト
リスの大きさはこの年令でも、成長してもたいして違いはない。個人差は大き
いが。陰唇が発達してない分、見つけやすい。スリットに指をぐにゅぐにゅと
押し込むと、硬い突起がある。下着越しとはいえ、かなりの刺激があるらしい。
女の子ははっとしたように見上げる。ゆっくりと優しく愛撫してやると、女の
子の口元が力なく緩んでくる。とろんとした顔になってくる。クリトリスへの
愛撫を続けながら、陰部をタッチし続ける。時間いっぱい愛撫していると小学
生でもけっこういい反応をする。

308 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 13:33
ロリコンじゃなくて熟女のいやらしいのお願い!

309 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 19:08

昭和45年のこと。私が毎日のように女便所覗きに明け暮れていた時代。
ある地方の小学校で、運動会が開かれていた。ここでの覗きは年齢的に極めて
バラエティーに富んでいて多種多様な排泄に遭遇できた。
校庭で行われていたので便所は比較的近くにあった教職員用のものが使用され
ていた。生徒用の便所は校舎内の外れにあり不便だったからだ。
私は父兄を装い、ポケットに手鏡を忍ばせ賑やかな校庭を散策していた。ころ
あいを見計らい、小学生はもとより応援に来た姉弟や母親、女教師でごったが
えす会場を後にし一目散に便所に向かった。
間隙を縫って「女子便所」と大きく書かれた戸をそっと開け、素早く個室に身
を隠す。別に用足しに来たのではないのでこの表現が的確だろう。
しばらく待っていると母子らしい声が聞こえ便所の戸が開いた。
「さちこ頑張ってるね。家でもああだといいのにね」
「いいのよあれで、ビリでも頑張ったんだから」
察するに、応援に来た母子らしい。隙間から垣間見ると40前後の母親とセーラ
ー服を着た中学生くらいの娘であった。当時は外出時に制服で出かける娘が多
かったのである。母親が
「ああ、手がどろどろ」
とか言いながら手を洗う。娘が私の前の個室に入った。
「ああー、臭いー」
とか言いつつ便器を跨ぎ、スカートを捲って紺色のブルマーを下ろしお尻を丸
出しにした。しゃがむと例によって肛門からオマンコにかけて丸見えである。
十四、五歳であろうこの娘のオマンコは年の割に大人びていた。クリトリスの
辺りまで濃い陰毛に覆われていて小陰唇はクッキリと見える。ぴっちり閉じた
赤茶けた陰唇の隙間から勢いのいい小便が迸った。水物を多く採っているせい
か大量の放水が続く。その間放射状の皺が綺麗な肛門が何回もひくついて可愛
い。小便が止むころ、母親が私の後ろの個室に入った。娘は備え付けの便所紙
でオマンコをチョッチョっと拭いて身支度をし個室を出た。すると母親が
「よしこ、先行ってていいよ」
と声をかける。娘は
「じゃあ、お父ちゃんとこいるね」
と言い残して出ていった。
私は素早く出て母親の後ろの個室にそっと入った。即、鏡をセットして覗くと
既に大きな白いお尻が下ろされて小便が迸っていた。やはり娘とは違い使い込
まれたグロテスクなオマンコである。割れ目の両脇は4センチくらいの縮れた
陰毛で覆われているのだが、陰唇の閉じ方が緩く膣口を覗かせている。その割
れ目から太い小便が直下に注がれているのだ。これもまた猛烈な勢いである。
ション便の香りが風に乗って下の隙間から漂ってきた。便槽に響くション便音
が派手だった。そのション便の最中から肛門が膨らみだし、疎らな肛門周辺陰
毛が絵柄を拡大する。皺は伸びきっているが消えずにスジを残していた。開花
した肛門口の縁は歪な楕円形を呈し、その奥から山吹色の糞が顔を出した。滑
り光った糞の表面が肛門口をゆっくりと通過する。ミチミチ、という擦過音と
共に太さ4センチほどの太糞が何十センチも放り出された。そのたびにボトン、
ボタンという落下音が便槽に響き私を興奮させた。糞を放り終わると二、三回
お尻を上下に振り便所紙で肛門からオマンコにかけ雑に払拭すると、素早く身
支度し手も洗わず出ていった。
その直後、また私の前の個室にお客が入ってきた。
運動ズボンの柄から20代の若い女教師であることがわかり手鏡に力が入った。
彼女は便器を跨ぐなり
「いやあ、臭い。うんこしてったね」
と呟き、お尻を下ろした。お尻を下ろしながら肛門を膨らまし、今まさに脱糞
せん、という状態だったのには驚いた。

310 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 19:21
>>309どこで、拾ってきた。白状してくれ

311 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 20:10
僕の住んでいる所には共同便所などありません。僕はその存在さえも知らずに、
単なる興味から女子トイレに忍び込んで、覗きを繰り返していました。怖い思
いを何度かしながらも、直接見つかることがなかったのは、運が良かったので
しょうか。
その中でも比較的安全に覗きやすい公園によく行くようになり、主にロリータ
をターゲットにしていました。この公園は某自動車教習所の路上講習の休憩地
点になっていて、たまにですが若い女性が入ってくることもありました。
たまたま僕は、トイレの水を流せないようにして、気づいたロリータがどう対
処するか見てみようとのイタズラ心から、全部の個室の蛇口を閉めていたので
した。走りながら駆け込んできたその女性は、急いでジーンズを脱ぎ、お尻を
下ろしました。音消しでしょうか、コックを捻る音が何回かしました。しかし
水は流れません。場所を変えるか、蛇口に気が付くかと思ったのですが。気が
付きませんでした。彼女は、(僕の潜む)個室のドアが閉まっていたので、思
いっきり出すことが出来なかったのでしょう。下痢便をゆっくり、ゆっくりと、
少しずつ肛門から吐き出していました。前方の下の隙間から覗いていたので、
(僕はお尻からの方が好きだったのですが)はっきりとは見えませんが、肛門
を何回もギュッ! と締め、少しずつ開きながら下痢便を慎重に吐き出す、か
すかに音がしようものならすかさず肛門を締める、その繰り返しに僕はすでに
ボッキしていました。長い時間をかけた排便が終わると、紙で肛門を何回も拭
き、いざコックを捻りますが、やはり水は流れません。しばらく立ちつくした
彼女は、仕方なく、紙を下痢便の上に重ねて、急いでトイレから逃げていきま
した。僕のイタズラは見事に成功してしまったのです。
すかさず彼女がいた個室に入った僕は丁寧に便器の紙をどけると、そこには無
惨といってもいいほどドロドロの下痢便が山盛りになっており、ホカホカと湯
気まで放っていました。さっそく彼女の下痢便の臭いで、一本抜き、彼女は今
頃どんな気持ちでいるのだろうと、想像しながら、しばらくそこに居続けまし
たが、他に誰も入ってこないので、トイレから出ました。
下痢便は流さないで出たので、誰かが発見したら、なんて考えていたらロリー
タが二人でトイレに入っていきました。トイレの前で立ち止まり、反応を伺っ
ていると、しばらくしてロリータ達の悲鳴が(叫び声ではなく)聞こえてきま
した。
僕は、その声で、不思議に興奮しました

312 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 20:24
どうしてウンコで興奮したり、勃起したりするのか不思議です。なんで〜だろ〜?

313 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 21:05
>>312
それは貴方がウンコを顔の上にしてもらえば解ります。

314 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 21:36
サダム・フセインの長男の名前ですけど。

315 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 21:38
伏せ印もウダイ息子を持ったものだ。。。。。。

316 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 21:46
スカトロ系はちょっと苦手です
最近ヒット続きでしたが、ネタがなくなってきたのでしょうか?

317 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 21:51
>>315>>314
    / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  /  / ̄\  ヽ
 /   /  \U ヽ、、、ヽ
 |  /  (・)   (・)| |
 |  |.U ||||||  つ.U | |
 |  |    ___  | |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |  |    \__/  | .| < オレはサダムの息子で九歳だ!
 ゝ‐イ\.   ・|||||゚ii/ノ  \______________
   /  ゚̄|||。||||||
   | |   ||||||||゚| | |
   | |    ||||゚||| | |
 |⌒\|        |/⌒|
 |   |    |    |   |
 | \ (       ) / |
 |  |\___人____/|   |
 |  |    λ    |  |
        ( ヽ
        (´∀`)
       (____)

318 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 21:53
                 ,.:‐v‐:.、
  /   ; :        /  ゙´ ゙i
/             (   i lヽ l!
ヽ_             フ ハ ゙.ノ
   \   !       / "  ゙'' i        ┌‐
    .>、/ヽ      .i ,ィ    |        |
    /    l      .l ,;  .;  !        |
  /    /,      | ;   !. i!        |
  \_  ./       | ;   ; i!      (  ノ  勃起してきました!
    ゙`ヽ、.       ! !l   l、 !        ゙i、_
       ゙ ー--、  | !   ; .|          ヽ
\          ゙ー| !l   ;. ! ̄ ゙̄ー" ゙̄ー―‐"、
  \         ヽ,! ,:   :.. |,,;;  ,:         \
_/ l . ,.  ''   \  \   ,; ;゙、ミ゙           \
   l .:、   、   \  \ ,;: i;ミ゙;゙
   L  、  \   \  \./
    \_\  ゙ヽ  ゙:ヽ._/
        ゙̄ー‐'"゙ー'"

319 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 21:53
たぶんクサイの方だと思いますと書いてみるテスト

320 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 21:54
そのAA 気に入ったか?

321 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 22:00
クサイはアブノーマルで有名だ。

322 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 22:03
暇です。
このままでは枯れてしまいます。


痛いほど勃起できる大作をお願いします。

323 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 22:10
解った、しばし待て。

324 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 22:12
これで、どうだ?
            ヘ-+------+--+-----+ヽ_
          /:::|:::::::|:::::::::::::/::::::/::::::::::::::/:::::::/`\_
       / ̄\::::::|:::::/:::......-―――--..........__/:::::::::::::::\
   ┌ー ̄::::::::::::ヽ::|:::..-^ ̄            ^ ヽ、:::::::::\
   ヽ::::::::::::::::::::::::::::/                  \::::::::ヽ
    ヽ:::::::::::::::::::::::/             ::::       \:::::ヽ
    ヽ::::::::::::::::::/              ::::::::        \::::|_
     ):::::::::::::::|              ::::*:::::        ヽ:|::::ヽ
     /::::::::::::::::|              ::;;;;:          l::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::|             ノ::ii:ヽ::          l::::::::::|
    |::::::::::::::::::::|            /::::;リ:::l::::         |::::::::::::|
    |:::::::::::::::::::::l           ...l::::;リ:::/::         /:::::::::::::|
    .|::::::::::::::::::::::l          . /:ア/:::        /:::::::::::::::i
    l:::::::::::::::::::::::::l          ./::`^:::::        /:::::::::::::::::/
    ヽ::::::::::::::::::::::::l         /::::::::::        /:::::::::::::::::::/
     /:::::::::::::::::::::::l        /:::::::::::::      /::::::::::::::::::::::/
     /::::::::::::::::::::::::i __-ー--=;;;::::::::::::::  ....::::/:::::::::::::::::::::::/
    ./:::::::::::::::::::::::::::i":::::::::::::::  ヾ─ 、/"ヽ:/::::::::::::::::::::::::::::l
     ヽ::::::::::::::::::::::丶::::::::::   /   il   .ヽ:::::::::::::::::::::::::::/
       \::::::::::::::::::::ヽ:::::::  /    l !    ヽ:::::::::::::::::::/
         ii::::::::::::::::::` -::-/     / .i     ヽ::::::::/
          ----- ̄丶/     lヽ       ヽ/
                /      l ^ヽ..      ヽ
                /      l   ヽ      .ヽ
               l       .l    ヽ      /
               丶      l     ヽ      .l
               ヽ      l     l     /
                ヽ___../      .ヽ---/

325 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/16(水) 22:22
ここは痛いほど・・・・・・・・します。
http://mayhem.net/juke/bodiesbeat1.html

326 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/17(木) 04:06
もう、去年の話になるけど、思い切って書きます。
この会社に勤めて1年経ったころです。
三十代の部長がいます。結婚してるけど結構かっこよくて、「いいなー」
とは思っていたけど……。
ある日、携帯を新しいやつに変えてeメールが使えるようになったんだ
けど、使い方が解らなかった。昼休み、携帯をあれこれ触っていたら、
部長に「教えてあげるよ」と言われ、メールをできるようにしてもらっ
たんです。当然、試しに部長とメール交換したんです。
それからたまに部長とメールのやり取りしてたんですけど、やり取りの
中で
「彼氏いるの?」
って聞かれて
「いません。あそんでください!」
と入れてしまったんです。これがはじまりです。
私には、結婚を約束した優しくて会社二代目で「玉の輿」に乗れるはず
だったんですが、部長に食事に誘われ、気軽に付いて行ってしまったん
です。私は、世間知らずな方なのかも知れません。なんの疑いもなく、
いたんです。
食事をして、少しお酒が入り、いい気持ちになり、部長の運転する車で
送ってもらっていたんです。部長は、車を途中の駐車場に置いていたの
で、そこまで私の車で行き、運転を変わろうとお礼を言って車を降りよ
うとしたとき、いきなりディープキスをしてきたんです。
私は何が何だか解らなくて、体が硬直して動けなくて、ただ、されるが
ままでした。嫌いなタイプじゃないし、って気持ちが頭のどこかにあっ
たんだと思います。
キスをしながら、部長の手は胸に、アソコに伸びていきます。はっと我
に返り、抵抗したんですが、男の人の力にはかなわず、されるがままで
した。私の車は軽自動車なので、狭かったのか、部長は「俺の車に乗れ」
といって、嫌がる私を無理やり後ろのドアから押し込まれました。
広い後部座席で、部長はパンティを剥ぎ取り、アソコを嘗め回してきま
す。私は、涙が止まらず、泣き出してしまいました。すると部長は、行
為をやめてくれました。「ごめんね」といい、その日は帰してくれたん
ですが……。
次の日からまた、食事に誘うんです。私は、もう行くまいと心にきめて
いたんですが、「最後だから、食事だけだから」と言われ、仕方なく約
束をしました。
週末、部長の車で夜景の見える素敵なレストランで食事をして、送って
もらっていました。今日は、何もなく帰れるとほっとしていると、車は
突然ラブホテルへ。約束が違うと抵抗したんですが、引っ張られるよう
に中に。部長は無言で、ただ不敵な含み笑いを……。
部屋に押し込まれ、玄関先でうずくまって中には入るまいと抵抗しまし
た。すると部長は、無理やりブーツを脱がせ、抱きかかえてベットに放
り投げました。いきなり私のパンティだけを剥ぎ取り、アソコを執拗に
なめ回し、私は感じてないんだけどだんだん濡れてきて……。泣いても
今度は知らん顔で舐め続け、部長も下半身裸になり アレを私のアソコ
に押し当てたと思ったら、いきなり貫いてきました。
私は、経験は、普通だと思うんですが、あまり行為が好きじゃなくて、
ここ1年ぐらいする気がしなくなり、彼氏にもさせてなかったんです。
そこに部長の大きなアレが入ってきて、激痛が走りました。
「やめて、痛い」
と言うのですが、大きく腰をふり、長い間犯され続けました。
それから会社では、誰もいないところでスカートの中に手を入れられた
り、胸を揉まれたりされ、いくら「やめて」と言っても知らん顔でセク
ハラされました。
時には、給湯室で後ろからパンティとストッキングだけずらされ、突か
れた後、口で処理させられます。私も段々部長とのセックスにのめり込
んでいき、頭の中では彼氏に悪いと思いながらも、体がいうこときかな
くて……。
彼氏と会うのも段々少なくなり、最近とうとう私から別れてしまいまし
た。優しくてお金もあり、結婚するなら最高の人だったのに、部長の強
引で激しいセックスにおぼれていく自分がいました。
今では、一人暮しをさせられ、部屋に毎日のようにやってきて、パイブ
などでいたぶられ、何度もいかされています。後悔しているんですが、
もう部長の物なしではいられない淫乱な女に変えられ、「奴隷」「ブス」
「淫乱」と言われながらいろんな事をやられています。
今度は、ガーターストッキングにノーパンで外に連れ出すそうです。
段々エスカレートしてきて、頭では、嫌でたまらないんですが、体が…
…。
私は、本当に淫乱な女なんでしょうか?

327 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/19(土) 08:53

最近セックスをしていないせいか、毎日のようにオナニーをしてしまいます。
気付くと一日に何度も。今日も会社から帰ってきてから三回もです。以前は家
だけだったのですが、この頃は会社や駅のトイレですることもあります。
もちろんセックスはすきなのですが、オナニーが止められないんです。こんな
事を告白していたらまたうずいてきました。すいません。左手がショーツの中
で止まりません。右手だけで打つのは大変なのでまた来ます。
ああー、オナニー大好き。

328 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/19(土) 09:01
僕が、コンビニで、バイトをしていたときのことです。
そこで一緒に働いている近所の奥さんで、明子さん(29歳)という人がいて、
話をしているうちに意気投合して、仲良くなりました。
ある日僕が、勤務時間が終わり、控え室で、コーラを飲みながらH本を見てい
ると、明子さんが入ってきて、明子さんの勤務時間には、まだ一時間も前で、
僕はこんなに早く来るとは思ってなかったので、あわてて、H本のページを閉
じたが、見られてしまった。
明子さんは
「何見てたの?」
「へへ……」
とごまかすと、
「恥ずかしがることないじゃない、お客さんはいつも立ち読みしてるじゃない」
「そうだけどびっくりしちゃって」
明子さんは、本を取り、ぺらぺらとめくり、
「Hな写真が多いだけで、そうでもないね、レディコミの方がHな写真はないけ
ど、内容はとってもHだと思うよ」
「そうですね」
「男の人はヌードが好きみたい。だから週刊誌にもグラビアが付いてるし、H
な写真が中心みたいな雑誌が多いね」
「うん」
とうなずくと、
「わー、この投稿写真すごい、きわどいねー」
といいながら、
「ねー、こんなの見てたらやっぱり興奮しちゃうの?」
と言うので
「はい、男ですから」
「そう、でも立ち読みしてる男の人はこれ見て立っちゃうのかな。ズボンの前
はふくらんでるようには見えないけど」
「その時で立つ時と立たない時とありますよ」
「ふーん」
「僕は、立ってきちゃったらポケットに手を入れて、ちんちんの位置を目立た
ないように調整します」
と言うと
「そうなの。でも、大きくなっちゃったらごまかしようがないんじゃない?」
「だから、上の方に向けてできるだけ目立たないようにして、あと、カバンな
んかで見えないように隠します」
「ふふ、男って大変なのね」
そう言いながら明子さんは、僕の、股間を見つめて、
「あら、立ってるじゃない」
僕は明子さんが来て話をし始めた時から勃起していて恥ずかしくて手でおさえ
たら、
「男なんだから、しかたないよね、ねー、辛そうね」
と言って、僕のおさえてる手を握り、彼女の胸に手を持っていって、
「ほら、さわって」
と言って、胸にさらわせて、彼女も 僕の、あそこをさわってきました。
僕が、びっくりしてると、
「こんなにかたくなっていてかわいそう。してあげる。いいでしょう?」
と言いながらファスナーをおろし、チンチンを出してしごき始めました。
僕が、
「だれか来たらやばいよ」
と言うと、
「大丈夫よ、まだ、店長はこないから」
とフェラをしてくれました。僕は、だれか来たらとの緊張感で興奮して、すぐ
射精してしまいました。
「いっぱい出たわね、私も興奮してすごく濡れちゃった」
と言って立ちあがり、パンティを脱ぎ始めました。
「濡れてると気持ち悪いから、今日はノーパンで仕事しようかな」
と言い、僕がどぎまぎしていると、
「見たい? 見せてあげようか?」
うなずくと、座って足を開いて見せてくれました。そこは、濡れていて、もの
すごくいやらしく感じ、とても興奮しました。
「あっ、また大きくなってる」
と言って明子さんは、
「したくなっちゃった、ねー、あっちへ行こう」
と僕を、トイレへ連れていき、トイレの中で僕を座らせ、上に跨りSEXをしま
した。
それから僕達は、バレないかとヒヤヒヤしながらのHがたまらず、時々してい
ます。

329 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/19(土) 09:11
>>328
朝からエッチなことを書くね〜〜
立ってきた。
抜きたくなってきた。
オナニーしたくなってきたよ。
やります。

330 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/20(日) 01:34
良いネタでて来ましたね〜

331 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/20(日) 10:50
友人と二人で仕事の後に新橋の居酒屋に行った時の話です。卓席に空きがなく、
座敷でしかも相席になりました。仕事の話やプロ野球の話しをしながら飲んで
いると、隣(相席)の女性二人とひょんな事からどうせならいっしょに飲もう
という事になりました。
彼女たちは近くの会社の事務員で、年齢は二人とも30歳後半で二人とも独身だ
そうです。
2時間くらい経った時、彼女たちの提案で席を替わって、男女が隣同士に座り
直しました。その後盛り上がってきて猥談になってきた時に、私の隣のK子さ
んが私の太股に手を置いてきました。私はチラっとK子さんを見ると、黒のミ
ニからムチっとした太股が妙にそそり、勃起してしまいました。思わず、友人
たちに気付かれないように、K子さんの太股に手を置きました。K子さんは素知
らぬ顔で話を進めています。私は酔っている事もあり、だんだんと興奮してき
てしまい、手を少しずつ股の方にずらせていきました。K子さんの抵抗もなく、
嫌がる素振りもないので、手をミニの中に進入させ、太股の内側に這わせまし
た。ここまで来るともう抑えられません。
K子さんのあそこの部分に手を置き、そっと触りました。相変わらず何事もな
いように会話を続けています。その後、彼女の手が少しずつ私の股を滑り、堅
くなった物の上で止まりました。
お互いそのままの状態で会話を続けていると、K子さんがトイレに立ちました。
私もトイレを我慢してたので、少ししてからトイレに立ちました。
用を足してトイレを出ると、女子トイレからK子さんが出てきました。すると
彼女が
「もうエッチなんだから」
とトロンとした目で言うので
「そっちだってエッチじゃん」
と言い返してミニを捲くってやりました。するとベージュの薄いパンストの下
に、ピンクのレースのビキニパンティが見えました。K子さんは
「こらっ!」
とすぐにミニを直してしまいましたが、エッチなパンティは私の目に焼き付い
てしまい、頭の中はK子さんとやる事しか考えられなくなってしまいました。
その後、30分くらいでお開きになり、帰る方向が同じなので、駅で友人達と別
れ、K子さんといっしょに電車に乗り込みました。私はどうやってホテルに誘
おうか思案していたため、暫く会話も途切れてしまいました。すると窓外に鶯
谷のホテル街のネオンが目に入り
「あそこに一度行ってみたいんだよな」
と何気なく言うと、なんと
「行っても良いよ」
というではありませんか。
こうなったら次の日暮里駅で降り、酔い覚ましにホテル街まで歩き、雰囲気の
よさそうなホテルにチェックインしました。
私は我慢できずに、部屋へ向かうエレベータの中でミニの下に手を入れ、尻を
撫で回しました。K子さんはされるがままです。
部屋に入ると、後ろから抱き着き、胸を揉みまくりました。左手で胸を揉み、
右手で尻・太股・パンストの上からアソコを触りました。K子さんも小さい声
で喘いでいます。
ミニを腰まで捲り上げ、ベットに座らせ、足を開かせ、エッチなパンティをじ
っくり鑑賞し、クリの部分を親指でいじってやると
「ハアーン」
といやらしい声を出しました。はやる気持ちを抑えて、少し焦らせてやろうと
そのままの格好でパンストの上からアソコを愛撫しました。暫く続けていると、
愛液がパンストまで染み出してきて、ヌルヌルの丸い染みができました。パン
ストだけ脱がせてパンティの上から更に愛撫を続けると、
「あ〜ん。あなたのも触らせて〜」
というのでまだダメだというと
「いじわる〜」
といい、ブラウスのボタンを外して自分で胸を揉み出しました。
私がヌルヌルのパンティの上からクリを爪で小刻みに弄っていると
「いっていい? いくいく」
と言っていってしまいました。
その後、二人でシャワーを浴びて、K子さんにはもう一度服を着せました。
私は裸のままで、勃起した物をK子さんに近付けると、初めはゆっくりと味わ
うようにしゃぶってきました。

332 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/20(日) 11:43
そのうち左手で私のものを掴んでしゃぶり、右
手をパンティの中に入れてオナニーを始めたので、パンティの上から触らない
と駄目だと言うと、
「いじわる〜」
といいながらもパンティの上からアソコを弄っていました。
私もミニの中に手を突っ込んでオナニーしているK子さんを観て、愛液でシミ
の出来たK子さんのパンティを見て、我慢できずにK子さんの口の中に発射して
しまいました。K子さんは精子を飲み干すと舌で奇麗にしてくれました。
その後、服を着たままのK子さんにいろんな格好をさせ、エッチなパンティを
充分堪能した後、お互い我慢も限界になってきたので、K子さんに服を一枚ず
つ脱いでもらい、ストリップを楽しんだ後に、濡れたアソコにいきり立った物
をゆっくり根元まで挿入すると
「はあ〜〜ん」
と色っぽい声をあげながら、あそこを摺り寄せてきました。ゆっくり腰を動か
しながらK子さんの耳元に
「K子さんのエッチなパンティ俺に頂戴よ」
と囁くと
「え〜、駄目だよ、帰りノーパンになっちゃうもん」
というので、ホテルの販売機で替わりのパンティを買ってやるからというと、
「でも、私のパンティで何するの?」
「内緒」
「教えてくれなきゃあげない」
「男がパンティですることなんか決まってるじゃん」
「え〜、なになに。なにするの。教えてくれなきゃいや」
「教えたらくれるんだな」
「いいよ」
「しょうがねーな。オナニーするんだよ」
「あぁ〜ん。じゃあ私のパンティでオナニーしてみて。してくれたらあげる」
てことになり、私は挿入していた物を抜いて、愛液でヌルヌルになったものを
右手でしごき、左手で湿ったK子さんのパンティを自分の顔に押し付け、オナ
ニーを始めた。すると、それを見ていたK子さんがいきなり
「わたしもスル〜」
と、K子さんのパンティでオナニーする私を見ながらオナニーを始めた。
それを見た私は興奮して、パンティの匂いを胸一杯吸い込み、いってしまった。
K子さんも
「私もいく〜」
といってしまった。
その後もお互いの体をまさぐった後、2回セックスした。
帰り際、K子さんのパンティをポケットにいれる私を観て
「エッチ。いっぱい使ってね」
と言った。私は思わずK子さんを後ろ向きにして、パンスト、パンティを引き
下げ、犯すようにセックスしてしまった。
その後、もう1度エッチなパンティを数枚持ってこさせて、楽しみました。

333 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/21(月) 04:09
興奮しました。もっとお願い!

334 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/21(月) 10:06
挿入場面がもっと欲しい!昼オナニーのおかずにします。昼休み前にお願いできますか?

335 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/21(月) 10:35
僕の高校2年生のときの中出し初体験を聞いてください。
僕は野球部に入っていました。いつも帰りが遅く、夜の9時ごろに帰っていま
した。たまに、学校帰りに近所に住む、三歳年上のお姉さんと帰りの電車が同
じ時があり、一緒に帰ってきたこともありました。母親同士が仲が良く、お姉
さん(美佐子さん)ともよく逢っていたし、あんまり気にせず一緒に帰ってい
ました。
ある日曜日、僕が部活の帰りに駅で電車を待っていたとき、美佐子さんが、突
然隣にきました。
「今日も練習だったんだ」
普段仕事に行く美佐子さんとは違い、ミニスカートを履いて、ノースリーブを
きている美佐子さんをみて、僕はドキっとしました。
「あっ、はい」
ドキドキしながら答えました。何気ない会話をしていたのですが、
「今日、うちの人たちいないから遊びに来ない?」
「えっ、あ、はい」
と僕は答えました。一緒に電車に乗って、帰りに美佐子さんの家に行きました。
美佐子さんが、ご飯を作ってくれて食べました。そのあと、いろいろお茶を飲
みながらお話しました。美佐子さんはワインを飲んでいました。突然、
「アキラ君、Hしたことある?」
「いえ、まだッス」
「女の子のあそこ見たことないの?」
「え、はい」
「見たい?」
「はい」
かなり、美佐子さんも酔っていたみたいで、最初はスカートを上に上げ、パン
ティを見せてくれました。自分で、黄色のパンティの上からオマ○コをさすり
ながら、
「どうしよかな〜?」
僕は、おちんちんが固くなり、ちょっともじもじしました。すると、僕のおち
んちんをズボンの上からゆっくり触り始めました。美佐子さんは、少しかがん
で触っていました。ノーブラらしく、胸元からおっぱいが見えました。僕は、
我慢できずに洋服の中へ手を入れておっぱいを触らせてもらいました。
そして、美佐子さんは、いったん僕から離れると、上着を脱ぎ、自分のパンテ
ィを脱ぎ、大きく足を開いて僕にオマ○コを見せてくれました。僕がじっくり
見ていると、美佐子さんは
「アキラ君も脱いで」
といい、僕はズボンとパンツを脱ぎ、固くなったおちんちんを見せました。
「すご〜い」
と言われ、僕のおちんちんをこすり、僕はすぐに発射しました。
美佐子さんは笑いながら
「いっぱい出たね」
と言って、ザーメンをティッシュで拭きながら、お口で咥えてくれました。僕
のおちんちんは、すぐに固くなり、シックスナインをし、お互いの性器を見せ
合い、なめあいました。そして、美佐子さんは僕にまたがり、
「入れるね」
と微笑みかけ、入れてくれました。1分ぐらいで、いきそうになり、美佐子さ
んに、それを伝えると
「うん、いいよ。このまま出して」
僕は、なにも気にせず美佐子さんの中に放出しました。
しばらく、つながったままでキスをしていると、美佐子さんがおちんちんを抜
き、僕にオマ○コを見せて、
「ほら、アキラくんのがいっぱい出てるの見える?」
と言われ、僕はうなずき、オマ○コから、流れ出てくるザーメンを見ていまし
た。
「妊娠は?」
「アキラ君は、何も気にしなくていいの」
僕は、そのあと何も気にせず、野獣のように美佐子さんの体を求め続け、なん
どもなんども美佐子さんのオマ○コの中にザーメンを流し込みつづけました。
その後、すっかり病み付きになった二人は、一週間に2、3回は逢って、中出し
をしていました。5日間連続もありました。どうやって避妊していたかは、聞
いたことはありませんでした。部活を休み癖のついた僕は、もちろん3年生の
最後の夏の大会は、補欠でした。
僕が、高校卒業と同時に美佐子さんは、結婚してしまいました。今、新婚生活
を送っていると思います。心を入れ替えた僕は、一心不乱に野球に打ち込み始
めました。
今度、旦那が出張すると電話がありました。逢う約束をしました。たっぷり中
出しをするのを楽しみにしています。
レギュラーの夢は遠くなる一方です。しかし「中出し」には勝てません。

336 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/21(月) 10:47
ありがとう。これで抜きます。欲を言えばもう1っポンお願いします。

337 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/21(月) 14:36
中だしには勝てませんね!

338 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/21(月) 14:58
会社のトイレでオナニーしたら板まで精液が飛んだ!気持ちよかった。
また明日お願いします。

339 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/21(月) 15:01
>>338
お前さ〜、女いないのか?いないんだろうな〜可哀想!女のオマンコはいいぜ〜
やっぱり指とは違うぜ!そういう俺もまだ2ヶ月前に彼女出来たんだけどな。ヘッヘッヘ!

340 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/21(月) 15:02
>>338
お前さ〜、女いないのか?いないんだろうな〜可哀想!女のオマンコはいいぜ〜
やっぱり指とは違うぜ!そういう俺もまだ2ヶ月前に彼女出来たんだけどな。ヘッヘッヘ!

341 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/21(月) 18:55
彼女はいませんが、嫁はいます。中だしもできます。でもオナニーは別物です。

342 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/21(月) 19:31
勃起しました。

343 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/22(火) 03:58
今思えば、とんでもないことをしたと反省してます。
友人Mの妻陽子とはなんとなく気があって、よく長電話をします。別にMのい
ないときにわざと電話をかけるのではなく、いそうな時間にかけるのですが、
パチンコとか外出しているときが多く、Mの帰るまで平均1時間以上くだらな
い話をしています。
ある時3人で食事に行き、そのあとスナックでカラオケを歌い、タクシーで友
人宅までもどりました。そしていったんMの家に入ったのですが、
「もう遅いので帰るわ」
といって家を出ようとすると、陽子が
「お酒だいぶ飲んでるし、危ないから泊まっていき」
といった。するとMが
「どうやって寝るねん」
と陽子に尋ねると、
「川の字になって寝たらいいやん」
といいだした。そこで私が
「新婚さんのじゃましたら悪いし、やっぱりかえるわ」
といってたちかけると、Mが
「おまえさえよかったら泊まっていけや」
と言いだし、すかさず陽子が
「この人もこお言ってるねんから、泊まっていき」
といった。私は仕方なく泊まることにした。すると陽子が
「泊まって行くんやから遠慮なく飲み」
とビールを持ってきたので、3人で飲み、ほろ酔い気分になったので寝ること
にした。
Mが隅っこで最初に寝ころび、陽子が真ん中で寝ることになった。てっきりM
が真ん中で寝ると思っていたので少し驚いたが、眠かったので寝ることにした。
どのくらい時間がたったのか覚えてないが、気がつくと私の右手が陽子のおっ
ぱいの上にあり、驚いて手を引っ込めようとすると、陽子がむりやり私の手を
取り、にこっと笑い、そのまま胸に押しつけた。そして陽子の手が、私の股間
にのび、さわり始めた。
陽子の隣ではMが寝ているのに、どうしょうと考えているうちに、私の息子は
大きくなる一方だった。
Mは、学生時代から、いったん寝ると電話の音でも気がつかないぐらい熟睡す
るタイプであり、Mをのぞき込むと完全に熟睡してるようであった。
私も酔っている勢いもあって、陽子のおっぱいをもみはじめた。
陽子のおっぱいは、おもったより大きく、気持ちよかった。
そしてTシャツの中に手を入れブラジャーをはずし、じかにさわっていると、
陽子が耳元で
「Hしょうか」
といいだした。私は思わず首を横に振ると、陽子はつまらない顔をして私をに
らみ、私の息子をくわえだし、とうとう発射してしまった。
その夜はそこで終わった。
そののち何度か3人で遊びに行くことがあったが、それからはお酒を飲んでも
泊まることはなく、帰るようにしている。

344 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/22(火) 10:27
何だ挿入無しか。つまらねー

345 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/23(水) 11:03
何か書いてください。トイレにいけません!

346 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/23(水) 13:40
俺だったら入れてるってか入れたい

347 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/25(金) 04:08
OLをしている妻の会社で忘年会があった。「今日は遅くなるからね」と朝の出
がけに言われたが、やはり遅かった。夜の1時を過ぎても帰ってこない。俺は
イライラして妻の携帯電話にかけてみた。
「今、どこにいる?」
「あ、あなた、い、今、帰るとこなの、三次会までつき合わされて……ごめん
ね」
と慌てた声が返ってきた。しかし声の周りにはそれらしい騒音もにぎやかさも
ない、こもった声なのだ。何処かの部屋にいるらしい、そうピンときた。まさ
か、ホテルか、それとも男の部屋か? 俺は頭がカーとなってきた。
「帰りはどうするんだ?」
「だ、大丈夫よ、タクシーで帰るから」
そう言って電話は切られた。俺は妻の帰りを黙って待っていた、三時過ぎた頃
だった。車の止まる音がした。
電気を消し、家の窓を少し開けて、外を覗いてみた。白い乗用車が、家のだい
ぶ手前に止まっていた。辺りは静かで、シンシンとした空気が入り込んできた。
乗用車の中で男女が抱き合ったままキスをしていた。そしてしばらくすると静
かに車を降りた女を見た、その女は妻だったのだ。妻は軽く男に手を振ると玄
関に入ってきた、二階から見下ろしている俺には全く気づかない。
妻が二階へ上がってきた、俺は寝ていたふりをして、部屋に入ってきたと同時
におきて、妻に問いただした。
「なんだ、遅かったじゃないか、今何時?」
寝ぼけた俺をみた妻は悪びれる様子もなく
「タクシーがなかなかつかまらなくて、ようやく拾って帰ってきたのよ」
と嘘をついてきた。アルコールとタバコの臭いがプンプンした。服を脱ぎなが
ら妻は呟いた。
「ああ、疲れたわ、お風呂どうしようかな」
「朝風呂に入ればいいじゃないか、もう遅いぞ」
「そうねえ、そうするわ」
そう言うと下着姿だけでベッドに入ってきた。入ってきた妻を俺は強引に引き
寄せ抱こうとした。
「ダメ、今日はだめよ」
と拒む。それでも俺は妻の上に乗り、パンテイの奥に指を入れてみた。もう、
そこはびちょびちょに濡れていたのだ。
「すごく濡れているじゃないか」
「お風呂に入ってないからよ」
俺は前戯もなしに妻に挿入した。嫉妬からか立っていたのだ。ヌルっと妻のお
まんこにすぐ入った。嫌がっていた妻はすぐ声を上げ始めた。そして腰を俺の
動きに併せていつも以上に激しく応えたのだ。俺はヌルヌルしたおまんこの感
触を味わいながら妻に聞いた。
「他でしてきたな」
「え、何いうの、そんなことしないわよ」
「嘘つくな、やればわかるんだ、やってきたろ」
「しない、しないってば」
そう言って抵抗していたが
「別に浮気したっていいんだよ、減るもんじゃないし」
と言うと簡単に白状しやがった。
「したわ、してきたわ」
「誰とどこでしてきたんだ」
「××さんとホテルで……」
そう言うと妻はあっという間にイッてしまったのだ。
「××のこれを舐めたのか」
俺はへそまで立っていたちんぽを妻に向けた。
「……うん」
「いっぱい、舐めたのか」
「うん」
「同じようにしろ」
そういうと、妻は起きあがり、ヌルヌルになっていたちんぽを口に入れて、
いつものように旨そうに舐め始めた。
「やられて気持ちよかったか」
「うん」
「俺よりいいのか」
「そう」
「今までしていたんだろ」
「うん」
その言葉をきいた瞬間に、俺は妻の口の中に出してしまった。
後で聞いた話だが、××と関係ができて半年もなるって。それまで何も知ら
ない俺は何だったんだ。忘年会で知った妻の不倫だった。

348 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/25(金) 13:21
怒らないの?

349 名前: 347 投稿日: 2003/04/25(金) 14:32
>>348
怒るより興奮してセックスが3倍気持ちよくなることに気が付きました。
ジェラシーは刺激興奮と紙一重ということです。人間の脳は複雑なのです。

350 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/25(金) 14:33
↑おまえは寝てていいぞ

351 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/25(金) 14:46
まだまだ、知らないことが多すぎます。禁断の扉。

352 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/25(金) 14:56
知らないまま逝ってくれ

353 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/25(金) 15:03
3pで自分の女が他の男にはめられているところを見ると最高に興奮して
その後に自分の女に入れると最高に感じるということです!(射精が10倍気持ちいい!)
3pはそのためにやるのです。しかし最初は4pの女を交換ギブアンドテイクから
入るのが普通。3pは究極のセックスです。

354 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/26(土) 16:06
勃起させてください

355 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/28(月) 04:27
>>353
妻に言ったら反対されてしまいました。何とかしたいんですがいい方法は無いでしょうか?

356 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/28(月) 08:11
ネタにマジレスカッコワルイ

357 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/30(水) 00:08
チンコ立つ奴たのんます。

358 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/04/30(水) 03:01
3pやりたい

359 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/01(木) 04:05
昼休み用の射精する刺激をお願いきぼ〜ん

360 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/01(木) 06:10
↑ゴリ

361 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/01(木) 09:55

あれは私がOL時代、家が勤務先から遠かったため会社の飲み会があると時々タ
クシーチケットをもらってタクシーで帰っていました。車で約2時間の距離で、
おしゃべり好きな運転手さんだと疲れることがあるんだけどその時は別でした。
話の流れから「彼氏いるの?」ってことになって私、その時付き合ってた人い
たけど
「いない」
って答えたの。
「じゃあアレもご無沙汰だろ」
っていうから
「男の人に裸見られてないな」
っていったの。で
「運転手さんも女の人の裸見てない?」
って聞いたら、見てないって言うんで、車止めてちょっとだけブラウスのボタ
ンはずしておっぱいを見せてあげたの。何となく口でしゃぶってもらいたくな
って
「おっぱいだけならしゃぶってもいいよ」
と言ったら舌を器用に使ってちゅぱちゅぱと舐めてくれたの。この時
「あそこも舐めて欲しい」
と思い、じらしながら先に進んだの。
「あそこも見たい?」
もちろん答えはイエス。
最初スカートを捲り上げ、ストッキングを脱ぎパンティの上から汁で透けて見
えるおまんこを見せてあげた。それからパンティをずらして少しだけおまんこ
の割れ目も。パンティを脱いで少し脚を広げたけど
「良く見えない」
って言うから、タクシーの中にあった懐中電灯使えば? って言ったの。
懐中電灯のライトに照らされながら、脚をめいいっぱい広げておまんこを指で
開いた。もちろん汁はシートまで濡らしていておまんこはパックリ。運転手さ
んに
「ここも舐めて」
とおまんこを指さした。運転席を思い切り倒して私のおまんこに顔を埋めてた。
そのうち運転席で仰向け状態の運転手さんの顔をまたいで(上半身はくの字で)
運転手さんの顔におまんここすり付け、オナニーでイった。
運転手さんのペニスは大きくなってたけど、私は舐めるの厭だからごまかしち
ゃった。
家まで送ってもらうのは怖いから、途中で降ろしてもらった。
会社からもらったタクシーチケットは、おまんこ舐めさせたサービスで、私が
そのままもらちゃった。
今でもこの時のことを思い出すとあそこがうずいてくる。
知らない人におまんこを見られたり、まして舐められたりするのって興奮する。

362 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/01(木) 10:28
勃起しました。昼休みまで持つかな〜女子社員にズボンのふくらみを見られないように
事務所を動くのがたいへん。何で立つのだろう〜なんでだろ〜なんでだろ〜♪

363 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/01(木) 10:46
オナニーしたくなってきた

364 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/01(木) 10:48
誰か俺の熱いほとばしる精液を受けとめてくれ!

365 名前: nepia 投稿日: 2003/05/01(木) 13:12
>>364 らじゃ!

366 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/01(木) 15:55
>>365
warata!!

367 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/02(金) 00:26
痛いほど勃つのお願いします。

368 名前: リズム神 投稿日: 2003/05/02(金) 00:28
ぎゃはは!

369 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/02(金) 04:27
またまたおいしい思いをしてしまいました。
先日社内の別部門の販売応援に行ったときの出来事です。
その日は元々自分は公休日で、上司から
「ないしょでアルバイトしないか」
とお誘いがあり、特別予定が無かったので承諾したのでした。
販売応援と言ってもいわゆる「レジ」の係。さほど大変な仕事ではありません
でした。ただ、一応サポートに専属で女の子が一人つきっきりでいました。な
んと、その子は前から自分のお気に入りの女の子だったのです。
仕事も順調に進み、あとすこしで終わるとなったとき
「今日はいろいろ教えてもらったりしたから良かったら、夕食ごちそうするよ」
と言うと
「絶対いきま〜す」
と気持ちの良いお返事。内心、
「もしかすると」
と期待しながら仕事を終わらせた。すると彼女、みんなのいる前で
「駐車場で待ってます」
と言い出した。
「おいおい、ないしょで誘ったのに何言い出すんだ」
あせっちゃいました。
一応自分は妻子もち。すべてがないしょの予定だったのに。
片づけを終えて駐車場に行くと彼女は待ってました。
「さて、何を食べたい?」
「なんでもいいです」
特別決まらないので行き付けの居酒屋へ。
「あまりお酒は飲めない」
と言う彼女に一応お付き合いだからとチューハイなんかを。ある程度食べたと
ころで
「そろそろもう一軒行かないか」
と声をかけた。
「は〜い! いきます〜」
なんと思い通りになる女の子かと感心した。
2軒目はスナック。どちらかというとちょっと怪しい雰囲気だ。そこでは適当
にカラオケなんか歌っていると、もう12:00。閉店の時間だ。仕方がないので
その店を後にすると、
「そろそろ送っていきます」
とのこと。今日は自分はバスにて来ていたからなのだ。
彼女の車に乗って自宅に向かう途中、あたりはだんだん怪しくなってくる。実
は自分の自宅の近所には、いわゆるエッチホテルが5〜6軒あるんです。そんな
ところを車で走っているとき、
「ちょっとお酒の酔いをさましていこうか?」
なんてからかったところ、
「別にいいですよ。酔い覚ましなら」
とのこと。
早速近くのホテルに入った。部屋に入ると彼女の様子が突然変わった。いきな
り彼女が自分に抱き着いてきたのだ。これにはさすがに驚いた。なんと彼女も
自分のことが「お気に入り」だったのです。あとは成り行き。抱き合ったまま
キスをすると、彼女はもう興奮状態。すでにパンティの中は、びしょぬれの状
態でした。
もう、彼女はさっきまでの彼女ではありませんでした。まるで盛りのついたメ
スネコでした。自分から服を脱ぎ出し、その後はこちらの服まで脱がし出した。
たいした愛撫もしていないのに、なんと彼女は自分の上になりいきなり彼女の
熱いオXXコに挿入させられてしまったのでした。
最初からとても激しい腰つかいで、彼女はなんどもイキまくり、やがて自分も
ピークが近づいてきた。さすがに社内の女の子相手に中出しして妊娠でもさせ
たら、と思うとそれは非常にまずい。イキそうになった自分を見て、彼女は
「そのまま私の中に出してください」
と言い出した。
「妊娠は大丈夫?」
と聞くと、すでに彼女はマイルーラを入れておいたとのことだ。
「本当に?」
と思ったが、とうとう快感に負けてしまい、彼女の中に一気に射精した。
「妊娠するかもしれない」という不安がいつもあるが、生挿入の中出しは、ほ
かには代えられません。
その後、彼女はいろいろと話し出した。彼女も前から自分のことが気になって
たが、別の部署のため、なかなか話しすらしにくい状況のため、半分あきらめ
ていたそうだった。それが突然販売応援に自分が行くことがわかったので、サ
ポートを自分から上司に申し出たそうだ。
現在彼氏はいないのでさびしかったところ、突然のチャンスに相当うれしかっ
たらしい。最終的に自分も彼女のことがずっと気にかかってたことを話すと、
とてもうれしそうだった。特定の女の子とは付き合ってはいなかったので一応
付き合うこととなりました。
ついに、愛人が出来てしまったのです。うれしいやら、怖いのやら。
でも今は満足です。自分と同じく、彼女もゴム嫌いで、生挿入・中出し大好き
のザーメンマニアだったから。

370 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/03(土) 10:43
age

371 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/04(日) 05:02
逝く

372 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/05(月) 21:06
早くオマンコしたいです!

373 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/05(月) 21:23


374 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/06(火) 09:41
本日仕事始め勃起するおかずお願い!昼休み抜きたいです。

375 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/06(火) 14:00
知り合いがアダルトSHOPをやっている。東京の小さい駅の、繁華街か
ら離れた路地裏でひっそりと営業している。たまに遊びに行っても、客
の姿はほとんど見たことがない。
たまたま遊びに行っていた時に、知り合いの携帯が鳴り、どうしても出
かける用事が出来たとのこと。5、6時間で戻れるとのことだったので、
店番を引き受けた。
最初の1、2時間は誰も来ず、欠伸をしながらTVを見ていた。
2時間ほどしたところ恐る恐るドアが開いた。
28、9才くらい、162、3cm、クリーム色の薄いブラウスに黒の膝丈
のタイトスカートのスリムで胸の大きな(Dカップくらい)メガネをか
けた女性が、キョロキョロしながら入ってきた。店内に誰も他の客がい
ないのがわかると、少し安心したようにバイブレーターのところを眺め
ていた。手にとって触るわけでもなく、こういう店も初めてのようで、
少し落ち着かない。
精一杯の笑顔を作って、
「失礼ですが、初めてですか?」
と声をかけた。
「えっ? ……え、ええ……」
耳たぶまで真っ赤にして、下を向いてしまった。
「よろしければ、フィッティングルームもありますよ」
知り合いは結構な好き者で、カップル向けに大き目の(1畳くらい)フ
ィッティングルームを店内に作ってあるのだ。お試し用のバイブやコス
チュームなどが試せるようになっている。
「え? ……は?」
戸惑う彼女を押し込むように個室に入れて、バイブを手渡す。
2、3分して
「いかがですか?」
とカーテンを開けると、バイブを手にしたまま、どうすればいいか分か
らないようだった。別のバイブを持って来て、
「よろしければ、お手伝いします」
と、強引に中に入り込んだ。
「専門家に任せて下さい」
と、彼女のスカートを捲り上げて、呆然としている間に、下着も太もも
まで下ろしてしまった。
「少し濡れてますね」
とは言ったが、かなり濡れている。きっと初めての冒険で、感じている
のだろう。クリを刺激しただけで、腰がガクガク揺れてしまう。彼女が
動転している間に、小箱に入っているコンドームの袋をすばやく破り、
バイブに被せる。太もものあたりに当ててスイッチを入れると、「ビク
ン!」とするのがはっきり伝わってくる。焦らすようにバイブを押し当
てながら入口にあてがうと、驚くほどスッポリと吸い込まれてしまった。
彼女は全神経をアソコに集中させ、立っていられないようで、こちらに
もたれ掛かってきた。やさしく腰に手を回しキスすると、途端に舌を絡
めてくる。キスしながらブラウスのボタンを一つ一つ外し、ブラのホッ
クも外すと、マシュマロのような真っ白いオッパイが顔を出す。乳首は
既にカチンカチンに尖っている。
ピンクローターで乳首を責めると、せつなさそうに腰を押し付けてきた。
ボクのモノは、痛いくらいに勃起している。何も言わずにズボンを脱ぐ
と、彼女の視線が、ボクのモノに釘付けになる。彼女に見せつけるよう
にゆっくりとコンドームを被せ、抱きしめると、首に手を回して、抱き
ついて来る。
立ったままの挿入は慣れていなかったけど、すんなりと受け入れられた。
ボクも興奮していたのか、思ったより早くいってしまったが、彼女は十
分に満足した様子。
もちろん、その後も店中のおもちゃを使って、彼女をオモチャにした。
後で聞いたところでは、これまで男性経験も少なく、彼氏とも大分前に
別れて(彼氏はSEXに淡白で、あまり求めなかったらしい)、最近イラ
イラしていたが、それが欲求不満だとは考えもしなかったそうだ。

376 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/06(火) 14:06
もう一発おねがいします!

377 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/06(火) 18:33
勃起しました。

378 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/06(火) 18:35

私は今年で35歳の妻子もちです。
今から2年前まで丁度10歳年の離れた女性と不倫をしていました。3年半付き
合いました。彼女の容姿は背が高く、身長167センチくらいあったと思います。
足がとても長く、吉川ひなのをちょこっと太らせた感じでです。顔は、面長で、
髪は茶色がかっていて、セミロングです。丁度、若いころのテニスプレイヤー
であるシュテフィ・グラフを優しい顔にした感じです。
彼女は会社の本社勤務で、自分は営業所の営業マンとして時たま会う感じでし
た。初めて見たときは外人かな、というようなイメージでした。そのようなと
ころから、たまたま話をする機会に恵まれ
「今度一緒に飲みに行こう!」
という事を承諾してくれました。そのために、連絡をするのも出来なかったの
で、彼女が会社の電話を取ってくれるまで、何回も電話をしてしましました。
5時に会社が終わり、本社近くの外食で待ち合わせをしました。誰かに見られ
るのではないかと冷や冷やもんでした。
その日は車でデートをして、途中お刺身などを食べ、お酒も飲みました。
帰る途中、彼女がミニスカートだったので何気なく足に手を置いてみました。
「……」
彼女は何も言わず、黙って寝たふりをしていました。
丁度車を止めるのにいい場所があったので、タバコを吸う感じでとめました。
彼女の太ももを触りながら、パンティ近くまで上がっていきます。何もいいま
せん。パンティの上からクリトリス辺りをなぞるとちょっとため息が。すかさ
ず手前に彼女を引き寄せ、キスをしました。舌を絡ませ、唾液をたくさん送り
こみました。彼女は
「うううん……」
といいながら飲んでいます。もうここまで来たら止まりません。
近くのホテルに直行して、彼女をおもいっきり抱きしめました。
スカートやブラウスを脱がせ、立ったまま彼女の膣をなめまわしてしましまし
た。とてもきれいな形で、今まで見た女性の性器の中でも一番でした。形状が
とても長く、小陰唇は少し厚めで、前つきでした。匂いも甘酸っぱい感じで、
自分の物もビンビン状態です。
今思うと、下着も凝っていて、そうなることを予感していたのかも知れません。
脱がしたパンティにはうっすら愛液が付着していて見てしまいました。前付の
せいもあり、パンティの二重になっている部分よりも、上が汚れています。
彼女がシャワーを浴びたいというので行かせました。浴びている時も彼女の下
着を興味深々で見ていました。でも彼女が出てこない。10分。20分。
あれーどうしたのかな、と思い、近くに行くと、独り言を言っています。
「やっぱりこわい……。どうしよう」
自分は彼女はもっと遊んでいる女だろうと思っていました。すかさず中に入り、
ギュっと抱きしめました。
タオルで体を拭き、ベットへ。
足を開かせ、クリトリスを丹念に舐めてあげました。自然と皮がむけ、勃起し
ています。口に含み、舌と歯でやさしく噛んでみると
「ああー、クリトリスはダメー」
と言い、イってしまったようです。
その後も、アナルや膣も舐めて彼女はもう失神寸前状態です。フェラチオは歯
が当たり上手くなかったですが、奇麗な娘だったので、咥えている姿がまた、
興奮します。
彼女に挿入するとき、聞いてみました。
「遊んでなかったの? もしかして初めて?」
「その前に居酒屋でナンパされて、ホテルに連れて行かれたときに、むりやり
濡れていないのに挿入された」
とのこと。今回自分の愛撫でぬれてしまった事が、うれしい反面、はずかしい
とのこと。それから挿入してやさしく動かしました。生で挿入しているので、
出すときには彼女の口もとに射精して飲んでもらいました。口の中にある白い
精液に興奮しました。
その後も、彼女とは2週間続けてSEXをしました。

379 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/06(火) 19:06
>>378勃起しましたが、既出ですね。

380 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/06(火) 19:17
かなり昔の話ですが、姉とけんかになり、私は、当時高校1年だった3
歳年上の姉の首を後から押さえつけ、お尻を突き上げた四つんばいの格
好にしてジャージとパンツをずり下ろして、のみかけのビンコーラを振
って、姉のお尻の穴につき入れました。
黒い泡が立って、炭酸の圧力でコーラがみるみる入っていきました。ビ
ンを抜いたとたんに、コーラがシャーという音がしてお尻の穴から噴出
して、次に泡がビビという音と共に出てきました。
そしてブー−−−−−−と驚くほど長いおならが出たのですが、初めて
見る女性の部分のピンク色に茶色い泡が流れていくのと、音を立てて震
えているお尻の穴を見て、下半身がむずむずしたかと思うと、頭の中が
真っ白になり、パンツの中に今思い出しても驚くほど多量の精液がまさ
に噴出しました。
初めての快感に、「ウワ−−」と声を上げてしまいました。

381 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/06(火) 19:17
>>369勃起したので、オナニーしました。

382 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/06(火) 19:43
朝のホームで電車を待っていると、無防備な短大生風の女性がやって来た。初
めて見る美少女系の顔である。粗いレース地のベージュ色のミニのワンピース。
生足にヒールの高いサンダル。よく見ると、レースの目が大きいので薄いピン
クのブラの紐が見える。色白の地肌もたまらない。お尻の方は、裏地があり、
パンティは見えなかった。
しかし、朝のラッシュに、この格好はマズイだろうと思った。案の定、散らば
っていたいつもの痴漢どもが、次第に彼女の後ろに集まってきた。電車が到着
し、扉が開くと、彼女に続いてなだれ込むように数人の痴漢が乗り込もうとし
た。真後ろのベストポジションを取った痴漢は、いきなり彼女のワンピースを
後ろから腰のあたりまでまくり上げたようである。彼女が一瞬顔をしかめた。
電車の中は超満員である。人影でよく見えないが彼女は下を向いた両手で必死
にスカートを押さえているようであった。
……約20分後ターミナル駅に着いた。人の流れとともに彼女はホームに押し出
された。彼女の後ろ姿を見た瞬間、それはあんまりだと思った。ミニのワンピ
ースの裾は、幾人もの痴漢が引っ張ったのか、延びきってよれよれである。横
の方は腰あたりまで破れて裂けている。また、彼女の太股あたりにはずり降ろ
された薄いピンクのパンティと何やら白いものが。彼女が放心状態で泣きなが
ら歩いていると、有志の二人のおばさんが彼女の両脇を抱えてどこかへ連れて
いってしまった。
とても衝撃的な夏の朝であった。

383 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/06(火) 22:31
オマンコに入れたいんですが・・・・

384 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/06(火) 22:38
戦国期の主要剣術流派一覧

--------------------------------------------------------------------------------

戦国時代には数多くの剣術流派が存在または誕生しました。ここでは、それらのうちで特に有名な流派について、いくつかご紹介します。


--------------------------------------------------------------------------------



〜五十音順〜
一刀流(いっとうりゅう)

戦国期の達人または開祖:伊東一刀斎景久(開祖)

その師と影響流派:鐘巻自斎(中条流)

高弟・門人と伝承系統

小野次郎右衛門忠明(小野派一刀流)
古藤田勘解由左衛門俊直(唯心一刀流)


小野派一刀流(おのはいっとうりゅう)

戦国期の達人または開祖:小野次郎右衛門忠明

その師と影響流派:伊東一刀斎景久(一刀流)

高弟・門人と伝承系統

逸見義年(甲源一刀流)
小野忠也(忠也派一刀流)
溝口正勝(溝口派一刀流)


陰流(かげりゅう)

戦国期の達人または開祖:愛州移香斎(開祖)

その師と影響流派:不詳

高弟・門人と伝承系統

愛州元香斎(陰流)


霞流(かすみりゅう)

戦国期の達人または開祖:真壁暗夜軒氏幹(開祖)

その師と影響流派:塚原ト伝(新当流)

高弟・門人と伝承系統

桜井霞之助(霞流)


京八流(きょうはちりゅう)

戦国期の達人または開祖:吉岡憲法直元(開祖)

その師と影響流派:鬼一法眼創始の伝統流派

高弟・門人と伝承系統

吉岡清十郎(京八流)
吉岡伝七郎(京八流)


佐々木厳流(ささきがんりゅう)

戦国期の達人または開祖:佐々木小次郎(開祖)

その師と影響流派:鐘巻自斎(中条流)


示現流(じげんりゅう)

戦国期の達人または開祖:東郷肥前守重位(開祖)

その師と影響流派:赤坂弥九郎(善吉和尚)(天真正自顕流)

高弟・門人と伝承系統

長谷場四郎次郎(示現流)
薬丸兼陳(示現流)


神影流(しんかげりゅう)

戦国期の達人または開祖:奥山休賀斎公重(開祖)

その師と影響流派:上泉信綱(新陰流)

高弟・門人と伝承系統

小笠原玄信斎長治(真新陰流)

385 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/06(火) 23:08
>>384
勃起しません

386 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/06(火) 23:33
もっと硬くなるヤツおながいします!

387 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/07(水) 00:35
>>384勃起しようと思いましたが、無理でした。

388 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/07(水) 00:53
戦国時代スレ最高!

389 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/07(水) 02:06
やっと、まともな戦国スレに出会えたぞ。

390 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/07(水) 13:19
戦国時代のセックスはどうだったのかな?

391 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/07(水) 13:19
一発!抜かしてください!

392 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/07(水) 13:20
自分で抜いて下さい。

393 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/07(水) 13:27
エロイのお願いします。

394 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/07(水) 13:29
VV
 X
 Y
これで逝けぬか?

395 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/07(水) 13:38
同じ会社の事務員の、理恵子。俺はいつもお前をパンチラを隠し撮りしてはそれ
をネタにオナニーして、お前に対するやりたいという気持ちを押さえてきたが、
もう我慢が出来ない。
今日、トイレに行く理恵子の後をつけ、隣の個室に忍び込み、デジカメで盗み撮
りに成功した。さすがに最初は、入る時誰かに見られないか心配だったが、放尿
シーンの撮影に成功すると、その画像を見ながらまず一発抜きました。
その後、何気ない顔をして撮影したデータをパソコンを使い保存し、プリントア
ウトして、「仕事が終わったら資材倉庫にこい」と言う内容の手紙と、人妻とは
思えないほどのナイスボディーと綺麗なおまXこのバッチリ写った写真を理恵子
の机に入れ、仕事が終わるのをまって理恵子より早く資材倉庫に行き隠れていま
した。
理恵子は俺より6時過ぎに倉庫に現れ、辺りを見ましていました。俺は何気なく
理恵子の所まで行き
「あれ理恵子さん? 残業なの」
と言うと、理恵子はビックリし顔で
「違うけど……」
と言うと、俺の顔を疑いの眼差しで見て、俺に
「XX君は何してるの?」
と聞き返して来たので、俺は理恵子に近づき
「最近さ、会社で好きな女の事ばかり考えてさ……つい隠し撮りしちゃうんだ
よね」
と言うと、理恵子は真っ赤になり震えた声で
「XX君だったの……お願いだから、写真全部返して」
と言ってきたので、今度は理恵子の手を掴み、俺の股間に押し当てて
「あんな綺麗なおXんこ見ちゃったんで、もうこんなだよ。返さない事もない
けど……理恵子さんに気持のいい事して欲しい……」
と言うと、理恵子は恥ずかしそうに
「どうしたらいいの?」
聞き返したので、
「俺のちんぽも旦那のものをしゃぶるみたいにその口で気持良くしてくれ」
と言うと、黙ってファスナーを下げ、俺のちんぽをしゃぶり始めました。さすが
に人妻と思わせる凄いテクニックでしゃぶるので、
「いつも旦那のをこんな激しくしゃぶるの?」
と聞きました。すると驚いた事に理恵子から
「XX君の凄い……」
と言ってくるではないですか。俺はすかさず理恵子に、
「片手でオナニーしながらしゃぶれ」
と言いました。すると理恵子はオナニーを始め
「ぁん……ああん、んんはあ、ん」
と感じながら
「XX君、気持いい〜?」
と問いかけてきて、俺を上目使いに見ると
「XX君、理恵子の体が欲しい?」
聞いてきました。俺も理恵子のあそこへ手を伸ばし、パンティの上からおまんX
を触り、
「お前こそ旦那がいるくせに、年下の男のちんぽしゃぶって、こんなに濡れて。
犯されたいんじゃないか?」
と言うと、理恵子は
「あ、アアん、アア……はぁいい」
と喘ぎながら、とうとう最後には
「我慢が出来ないの〜、入れて〜」
と言ってきたので、そのまま理恵子を後ろ向きに立たせ、スカートを捲り上げ、
パンティを下ろして、ちんぽを一気に理恵子のおまんXに突きたて、激しく腰を
振ると
「いい〜、あん、イイ、感じる〜……ダメ、そこいい〜、あ、ああ、すご〜い」
と理恵子は乱れていました。そんな理恵子に
「そんなにいいのか? 旦那よりいいのか?」
と聞くと
「XX君のSEX凄いんだもの……いいの〜、凄い、ああん……あああぁん、いい」
一段と悶え喘ぎ始め、
「イキそうなの〜、あん……私もうだめ……」
と叫ぶと、理恵子は下に倒れこみました。そんな理恵子のイッタ顔をまたでデジ
カメで撮影し、理恵子に
「お前の事が好きだ。お前の事を考えるだけで、もうちんぽがこんなだ。最後は
おまえの口でお前の顔を見ながらいかせてくれ」
と言うと、何も言わずしゃぶり始め
「そろそろイキそうダ。お前の顔にかけさせろ」
と言い、理恵子の顔に精子をぶっかけると、俺の目を見て
「すごい〜」
と満足した顔をしていました。すかさず
「そのスケベな顔も撮らせろ」
と言うと
「いいけど、XX君、この事は誰にも言わないで」
と言って来たので
「誰にも言わないけど……またやらして」
と言うと、秘密にしてくれる、と言って帰って行きました。
感じていたので大丈夫だと思うけど、明日また脅迫しておきたいと思います。

396 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/07(水) 13:50
>>394
VV←垂れ気味のFカップでは抜けません!w

397 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/07(水) 15:54
オマンコやりたい奴集まれ!

398 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/07(水) 15:55
そしてソープへ行け

399 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/07(水) 18:51
10代前半コギャル 食べたら犯罪。
10代後半コギャル まだまだ青い、固い、それもまたよし。
20代おねーちゃん 甘味が出て食べ頃、美味しく頂けます。
30代おばさん   まさに熟してます。クセになる美味しさ。
40代おばちゃん  腐れかけが美味しいという人にはいいでしょう。
50代おばはん   まだ食べれるのか?食べ慣れてないとあたるでしょう。
60代ばあちゃん  マニア向け、通常は罰ゲームに最適。
80代70代ばばあ  立ったら神。

400 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/07(水) 23:36
                   ___
                  %´,,,._`ヽ
                 / ノノ_、ヾ゛ゝ   
                 彡/、"_.ゞ´  来て・・・
                   | ー, _
                 /    ヽ ::: もう我慢できないの・・・・
                (。_ノ(_。_ノ|:::
                  )   /| |:::   
                 丿  ( | |:::
                 /   ヽ::| |  
                 / γ    ):::
                / /  /:::
               /  /::::
              /  /:::::
             (  く::::::::
              |\  ヽ:::::
                |  .|\ \ :::::
          \    .|  .i::: \ ⌒i::
          \   | /::::   ヽ 〈::
              \ | i::::::   (__ノ:
              __ノ  ):::::
            (_,,/\

401 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/08(木) 10:52
>>400
顔が悪いのと太ももが細くて色気がない!

402 名前: パーティージョーク 投稿日: 2003/05/08(木) 11:17
キンタマ袋を伸ばしてチンチンを包んでひとこと「がんもどき!」

403 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/08(木) 11:25
きたな〜

404 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/09(金) 04:17
勃起できるやつ希望!

405 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/09(金) 07:22
僕は、東京生まれの秋田育ち。中3の健康児でした。
部活が終わって、僕はいつもの通り近所の公園で、少年サッカーを教えていま
した。7時過ぎに、最後のたかし君(小4)だけが、お迎えがこなかったので、
自転車の後ろに乗せ、家まで送って行きました。
たかし君の家は母子家庭で、お母さんは裕子さんという29才と若くてスタイル
抜群、しかも、森高千里似のきれいな方。
「あら、わざわざスイマセン」
などと、軽く挨拶を交わし、夕食をご馳走なることになりました。裕子さんは
僕の家に電話をしてくれて、一件落着。ご飯はカツカレーでしたが、めちゃく
ちゃおいしかった。
そうこうしているうちに、たかし君が疲れていたのか眠ってしまいました。そ
の次の瞬間、
「お風呂入って行けば」
僕は戸惑ったが、入ることにしました。脱衣所で服を脱いでいたら、洗濯機の
フタが開いていて、覗いたら、なっ、なんと、裕子さんのパンティが、ネット
に入って4、5枚はありました。僕は、興味本位でそのネットを開けて、パンテ
ィを触ってしまいました。裕子さんの大事なところに、シミがいっぱいついて
いましたが、1枚だけ、まだ新しそうな大事な部分がびちょびちょなのがあり
ました。
中学生ながら、ナニかは想像できました。僕の理性はふっ飛びました。息子は
天井を向いてビンビン、脱衣所で素っ裸で裕子さんのアノ臭い嗅ぎ思わず、オ
ナニーにふけってしまいました。
数分後、僕は絶頂になりかけていた、次の瞬間脱衣所のドアが開きました。裕
子さんは洗濯をしようと来たのに、まさか、オナニーしてるとは思わなかった
でしょう。
「きゃぁ〜、なに」
というや否や、僕の若き大砲は無常にも裕子さん目掛けて発射されました。
「服よごれちゃったじゃない。ずいぶん、大きくて元気なのついてるんだ」
といって、裕子さんは精子で先が濡れている僕の息子をお口で綺麗にしてくれ
ました。
「たかし、寝てるし、おばサンで良ければしたい?」
と言われて、僕はうなずきました。
風呂の中で丹念に体を洗ってもらい、一向に小さくならない息子をお風呂の中
で激しくお口でしてもらって、あえなく、裕子さんの口の中に放出してしまい
ました。
「経験あるの? それとも童貞クン?」
僕は、オロオロしていたので気付いていたでしょう。
「私の寝室で、私で良ければしましょ」
長い前戯から、女性器の実物での性教育。びちょびちょの花びらは、早く欲し
がっていました。
僕は、ためらわず挿入。素直には入りませんでした。
「痛い! 大きいんだもん。ゆっくり」
裕子さんにリードしてもらい、なんとも言えない暖かい中に挿入出来ました。
夢にまで見たSEX、僕は感動のあまり涙が出ました。しばらくすると裕子さん
は絶頂に達して、ビクビク痙攣しています。僕は、お構いなしに激しく腰を振
っていました。
何回かイっていたが、僕は感動のあまりに味わうようにセックスを楽しんでい
ましたが、いよいよクライマックス。
イキそうになったので、外だししようと抜こうとした瞬間、裕子さんは、足を
絡ませて離れられないようにされました。
僕は、驚きと射精が同時すぎて、変な感動でした。
その数ヶ月後に裕子さんに告げられたのは、妊娠したとの事。親の反対もあっ
たが、高校卒業する3年間待ってもらい、結婚しました。
13にして3歳の娘に、たかしの二人、子供が出来ました。
今、たかしが夜な夜な裕子のパンティでオナニーしています。
複雑な毎日です。
一夜の気持ち良さが人生の転換でした。現在20才の男です。妻は34才。
今じゃ淫乱な女に変身しています。

406 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/10(土) 11:33
オナリますた!

407 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/10(土) 14:38
http://www.hpornstars.com/tgp/jodiemoore/pic045.jpg

408 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/10(土) 14:50
     /                /      ゙i,  ヽ     
    j                ,ィ/        |  |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    lィ'             ,ィ/j/          | iリ  / 私はムスカ大佐だ。
   |         /l /          '"` | j <   緊急事態につき、
   リ!      /,ノ           _,、-''''` /リ   \ 私がチンコを握る!
     |      l/   ,.--;==ミ 、 ___,.ノ /{.○-゙‐rV     \_______
   /⌒ヽ⌒ヽト、 ´  {,.○-`‐‐ 、,.-ト|    ,ノ 
  /      八 ヽ `ヽ,r'´      ノ.  ゙、--‐''´|
  (  __//. ヽ,, ,)   ヽ、 __,,、-'"     〉   /
  丶1   八..;*!/          ' '     iヽ'" ̄
    ζ,.;.;*八.;l;..:ji       _____ ,  |  \
   _. i ・.;.;.;丿''ヽヽ     `ー─''''"´   /
 /./ |/     ,」ヽ            j
  / r'´  --‐‐'''"´ヽ\         /
  l .|    __,、--`ヽ \ __   _/´|
 j |         ,⊥`ー 、    ̄    レ' |
 | |    -‐''"´   ヽ、  ⊥ヽ     |彡'|

409 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/10(土) 14:50
     /                /      ゙i,  ヽ
    j                ,ィ/        |  |
    lィ'             ,ィ/j/           | iリ
    |         /l /          '"` | j
    リ!      /,ノ           _,、-''''` .| リ
     |      l/   ,.--;==ミ 、 ___,.ノ /{'⌒-゙‐rV
   /⌒ヽ⌒ヽト、 ´  {,'⌒-`‐‐ 、,.-ト|    ,ノ 
  /     八  ヽ `ヽ,r'´      ノ.  ゙、--‐''´|
  (  __,.ノ/. ヽ,, ,)   ヽ、 __,,、-'"     〉    !
  丶1   八..;*!/          ' '     ,!ヽ,.'" / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ζ,.;.;.*八.;l;.:ji        _____ ,  /   <  性なるチンコを失わない♪
   _.i ・.;.;.;丿''ヽヽ      `ー─''''"´  /    |
 /./ |/     ,」ヽ        "    /      \____________
  / r'´  --‐‐'''"´ヽ \、         /
  l .|    __,、--`ヽ  ゛ヽ、   ,,.._ノ´|
 j |         ,⊥`ー 、 ` ´ ̄   レ' |
 | |    -‐''"´   ヽ、  ⊥ヽ     |彡'|

410 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/10(土) 17:47
>>408ムスカとムスコをかけてる?

411 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/11(日) 02:22
週末のネタキボンヌ!

412 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/11(日) 11:26
会社の同僚Kを犯した。
彼女は会社で机を並べる、俺より6つ年上の女だ。細身のわりには巨乳
で、Dカップぐらいはある美味しそうな胸をしている。いつも胸を強調
するようなタイトな服装で出社してくるため、いつかは犯してやろうと
思っていた。
ある日、映画の話題で話が盛り上がり、ここぞとばかりに映画に誘って
みた。ちょっと驚いた様子だったが、すぐにOKの返事。
当日の彼女はいつも通りにタイトな服装で来た。映画を見て、食事をし
てワインが入ると、いつもキビキビしている会社での彼女とは違って、
目つきもトローンとして感じになった。
「家におくっていくよ」
と俺が言うと
「えー、でも入っちゃ駄目だよ」
と連れない返事。
「入らないよ」
とその場は嘘ついて、タクシーに乗車。
車中の彼女は酒がまわって意識がモウロウとしていて、それをいいこと
に太ももや巨乳をタッチ。
「うう……ん、い、いや……」
と少し抵抗するが、すかさずキスをすると
「んん……」
と舌を絡めてきた。
彼女の自宅に到着すると、タクシーを降りて玄関前まで抱きかかえるよ
うに連れていく。彼女が鍵を開けると、一緒に中に。
「ありがとう……もう大丈夫だよ」
と言われるが、
「ちょっとトイレ貸して」
と言って、寝室近くのトイレまで上がりこむ。出てくると彼女はベッド
に倒れこんでスースー寝ていた。それを見た俺は完全に理性を失い、彼
女のミニスカをたくし上げると、ストッキングとパンティを下ろした。
すると彼女がいきなり目を覚まして、
「え? い、いや! O君何してるの? ダメぇー!」
と騒ぎ始めた。俺は抵抗する彼女をよそに両足を開き、彼女の洗ってい
ないオマンコをベチョベチョ音を立てながら舐めたり吸ったりした。
「あ、あ、あぅ〜……い、いや〜!」
「感じてるんだろ? え? 久しぶりみたいだね、グチャグチャだよ」
「ダメ! 本当にやめて! お願いぃー!!」
俺はそんな言葉は無視して、いきり立ったモノを彼女のオマンコに当て
た。
「K、入れるぞ」
「だ、ダメ、それだけはダメ! O君結婚してるんじゃない! 奥さん
に悪いわ! 駄目ぇー!」
「今更我慢できるわけないだろ! ずっとこの体が欲しかったんだ!」
「キャアァァ! やだ、やだ、抜いて、駄目ぇ!」
「おぉぉ、気持ちいいぞ。たまらない……あぁぁ駄目だ、イキそうだ!」
「ダメ! 出しちゃダメ! イッちゃダメぇ!」
「イクに決まってるだろ。どこに出して欲しい」
「いや、いや、いや!」
「おぉぉぉ」
中出しは後々面倒なんでお腹に出した。すさまじい量のザーメンが出て、
彼女の腹部を汚した。
「気持ちいい、最高だぜ」
「うぅぅぅぅ……汚れちゃった……私、汚れちゃったんだわ……」
馬鹿じゃねーの、このアマ、と思いながら、一応優しい言葉をかけてあ
げて、俺は部屋を後にした。
その後も彼女の部屋におしかけては、嫌がる彼女をねじ伏せて犯してい
る。最近では犯している最中は
「あぁー、大きい、大きいわぁ〜」
なんて嬉しい言葉をほざくようになったんで、抵抗があった時期が懐か
しくなる。

413 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/12(月) 14:19
おばさんは40歳。身長は大柄で168cm。バスト88、ウエスト63、ヒップ92
の素晴らしいプロポーションだ。
僕はおばさんに呼ばれると何をおいても駆けつける。おばさんは僕の女王様。
僕はおばさんの奴隷となることに満足している。おばさんに命令されるままに、
僕はおばさんの服を脱がせる。
服の下は黒のブラジャーとパンティ。ガーターベルトと太ももまでしかない黒
いストッキングが似合う。
いつも最初に脱がせるのはパンティだ。黒いエナメルのハイヒールでスックと
立つおばさんは175cmぐらいあり、跪く僕の顔の前におばさんの黒い茂みが
ある。
僕は舐めた。舐め続けた。満足そうに見下ろすおばさん。しばらく舐めた後、
おばさんは後ろを向く。今度は肛門だ。ただ舐めるだけではない。舌を尖らせ
て肛門の中へ差し入れるのがおばさんの注文だった。ぼくはおばさんの太もも
に縋りながら、肛門を舐めた。
「ご褒美よ」
そういっておばさんは僕にキスをしてくれた。ただのキスではない。舌を根元
までからませ、ぼくに直接唾液を飲ませてくれるのだ。僕はうっとりしながら
飲んだ。
浴室で僕はおばさんの身体を洗った。おばさんの身体にボディソープを直接か
け、手と口と舌を使って洗うのだ。ソープランドのイスでくぼんだ部分に手を
差し入れ、おばさんの膣と肛門を洗う。でも気のせいかヌルヌルがなかなか落
ちないようだ。
気が向いたときにはおばさんは僕を立たせ、フェラチオしてくれる。
あるいは湯船のへりに手をつかせ、お尻を突き出させた格好で、僕の肛門を舐
めたり指を指し入れる。恥ずかしさと痛みと快感で、思わず声を出す僕を見て
楽しんでいるようだった。一番快感なのは舌で肛門を犯され、ペニスと睾丸、
アリの門渡りをソープをつけた手で弄ばれることだ。
「うっ!」
たまらず射精した僕のペニスを再び手で弄び、2人で浴槽に入ると、おばさん
は股間を突き上げた。潜望鏡と言うやつをやる。満足げに美しい裸身を湯に浮
かべるおばさんは僕の女神だった。
浴室での遊びが終わると、僕はタオルでおばさんの身体を拭いた。おばさんは
跪いて僕のペニスにフェラチオしてくれた。
おばさんは、ベッドの上に大の字に寝そべる。でも乳房の形は崩れない。若い
頃から続けているジャズダンスの賜物だろう。ここからはもう冷静さをいつも
失う。
シックスナインの形でお互いの股間を独占する。負けるのはいつも僕だ。おば
さんの絶妙な舌使いには、とても勝てない。射精した精液を飲み干しても、お
ばさんのフェラチオは終わらない。微妙に舌と歯を使い、僕のペニスに命を目
覚めさせると、チュ−ッとペニスをストローのようにして、僕の精液を吸い取
るのだ。
「フウッ!」
僕は腰が震えた。まるで全身がおばさんに吸い取られるかのように思える。僕
はおばさんの身体を舐める。唇からつま先までを丹念に舐めるのだ。そして満
足したおばさんは、僕の身体を舐めてくれる。なぜか舐められるとペニスがふ
つふつと力が甦る。
おばさんは、その日の気分で騎乗位や四つんばいになって犯すことを命令する。
僕はおばさんの大きく美しいお尻を見ながら攻めるのが好きだった。最後はい
つもおばさんがペニスバンドをつけて僕を犯す。
最初は指や舌を肛門に挿入するだけだったのが、サドの血に目覚めたのか、僕
を四つんばいにして肛門を延々と舐め続けた後、ペニスバンドをつけた腰で僕
の肛門を犯す。おばさんとの倒錯の時間は誰にも渡さない。

414 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/13(火) 12:19
昼休みに抜くおかずキボ〜ン

415 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/13(火) 12:22
いつも楽しく見てます。念願の熟女とやっとできました。
僕のアパートに、バツイチのスナックのママさんがいます。普段から派手で、
40半ばのスタイル抜群のママさんです。バストが90くらいあります。
洗濯物を見るのが楽しみで、色とりどりのレースのパンティや黒のガーターベ
ルト、Tバック、多分お店に出るとき身につけるのでしょう。
たまに朝、僕が出かける時みかけない男と、よく会います。その時ママさんは、
玄関でピンクのネグリジェ姿で見送っていました。下着のラインがよく見え、
たまにノーブラで乳首も見えたときもあります。
僕は、どうしてもママさんと犯りたくて、店を聞き、5回目で、やっとゲット
しました。その時は、ママさんとユミさん(24歳)とイキが合い、お酒もかな
り入ってました。
ママさん家で飲むことになり、3人でタクシーで店を出ました。
AM3:00すぎにユミさんは寝てしまい、ママさんと2人で飲んでいると、ママ
さんが着替えにいきました。その隙にユミのスカートをめくり、パンティの中
に手を入れ、オマンコを触りました。寝ていても、すぐにヌレてきました。お
酒のせいもあり、乳を揉んだりキスまでしました。
ママが、着替えを終え、今日は、黒のミニにピンクのブラウスでした。僕はネ
グリジェを期待したのですが、残念。ママが、ユミさんを起こしても起きない
ので、
「ベッドまで運んで」
と頼まれ、ユミを運びました。ママさんは、
「すぐ行くから、あっちで飲んでて」
と言い、ユミの服を、脱がしていました。
僕は覗いているうちに理性がなくなり、襖を開け、ママをそのままベッドに押
し倒し、ミニスカートの中に手をいれ、ユミの横でママの唇を奪い、服の上か
ら巨乳を揉みました。すこし抵抗しただけで、すぐに裸にできました。
予想以上に乳は大きく、すでに乳首は立っていました。オマンコは毛深く、優
しく舐めるとすぐに反応し、ママは身を捩り、大きなおしりを突き出し、僕の
チンポを舐めてくれました。ママの口にドクドクとザーメンを出し、シックス
ナインでお互い舐めあい、ママが上になり腰を上下に動かしそれから、バック
スタイルで激しく突いてやり、最後は正常位でママの顔に大量に出しました。
その時、隣で寝ていたユミの顔にも僕のザーメンがすこし付き、ママは、ユミ
の顔に付いたザーメンを舌で舐めてくれました。
その日は泊り、起きるとユミはもういませんでした。ママは、裸で寝ていたの
で、多分ユミには、バレたと思います。大きなママのおしりを見ていると、ム
ラムラしてきて、寝ているママの足を開け抜きました。そしてママの下着を1
枚盗り、部屋を出ました。
やっぱり、熟女は最高です。また報告します

416 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/13(火) 12:26
勃起しました

417 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/13(火) 13:03
呂利おねがい

418 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/13(火) 13:06
ロリ嫌い

419 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/13(火) 13:11
数年前の話ですが、アパートの隣に住んでいた美雪ちゃん(当時小学4年生)
とのことを少々。
彼女は、いわゆる母子家庭で、昼間は母親がいない家庭でした。
知り合う切っ掛けとなったのは、彼女達が私の部屋の隣に越してきて、その手
伝いをした時でした。
以来、美雪ちゃんと(一応母親とも)一般的な近所関係があり、美雪ちゃん自
身は、すっかり私になついていました。
ある日、母親が親戚の不幸で2〜3日留守にするということでしたが、美雪ちゃ
んは、彼女を連れて行こうとする母親にいやがり(たしか、学校でうんぬん…
…の言い訳をしてたと思う。壁越しに聞こえた)、私に何かあった時はよろし
くといって、結局、一人で留守番をすることになりました。
もちろん、私はロリコンで、いつも美雪ちゃんをそういう目で見ていたことは
当然です。この機会を逃してはいけないと思い、彼女に
「晩御飯を一緒に食べよう」
と誘いました。
母親と一緒に行くのは嫌がっていたが、実際にはまだ小学4年生の少女です。
寂しかったらしく、すぐに私の部屋へとやってきました。
食事の後、一緒にテレビを見ていた彼女に、目薬入りオレンジジュースを勧め
ました。しばらく何事もなくテレビを見ていましたが、やがて美雪ちゃんはウ
トウトしはじめて、ついには、かわいい寝息をたてはじめました。
初めは、慎重に彼女の体を揺すり、目を覚まさないことを確認し、改めてスカ
ートをたくし上げ、彼女の太股の付け根を愛撫しはじめました。
オシッコ臭い彼女のそこは、暖かくて、柔らかい感触でした。
私の頭は、既に彼女を犯している妄想を描いています。もちろん、私のナニは、
限界まで膨張していました。
次に、美雪ちゃんのプリントパンツ越しに、少女器(私は、大人である女性器
に対してこう呼んでいる)を、その窪みをさすりながら、ゆっくりとパンツを
脱がせました。
まだ毛の生えぬ幼い丘から、そこに深く刻まれている谷をすっかりと露出させ
ると、むしゃぶりつくように、そこを舐めました。太股を愛撫していた時より
も一層濃い少女の香りに、私は、半狂乱状態で舐めつづけていました。
私は、美雪ちゃんの秘部と言わず、お尻まですっかり舐めて、一通り満足して、
彼女の顔を見ようと、彼女の上に被さるようにして顔の位置まで移動すると、
彼女は既に目を覚ましており、一言
「気持ちいい」
と言いました。私は、とっさのことで、何も言えずにいましたが、彼女が
「もっと気持ちいいことして」
と、ねだってくるので、
「このことを2人の秘密にしてくれるなら」
と約束を取り付け、その日はしばらくの間、彼女の股間に顔を埋めていました。

420 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/13(火) 13:11
数年前の話ですが、アパートの隣に住んでいた美雪ちゃん(当時小学4年生)
とのことを少々。
彼女は、いわゆる母子家庭で、昼間は母親がいない家庭でした。
知り合う切っ掛けとなったのは、彼女達が私の部屋の隣に越してきて、その手
伝いをした時でした。
以来、美雪ちゃんと(一応母親とも)一般的な近所関係があり、美雪ちゃん自
身は、すっかり私になついていました。
ある日、母親が親戚の不幸で2〜3日留守にするということでしたが、美雪ちゃ
んは、彼女を連れて行こうとする母親にいやがり(たしか、学校でうんぬん…
…の言い訳をしてたと思う。壁越しに聞こえた)、私に何かあった時はよろし
くといって、結局、一人で留守番をすることになりました。
もちろん、私はロリコンで、いつも美雪ちゃんをそういう目で見ていたことは
当然です。この機会を逃してはいけないと思い、彼女に
「晩御飯を一緒に食べよう」
と誘いました。
母親と一緒に行くのは嫌がっていたが、実際にはまだ小学4年生の少女です。
寂しかったらしく、すぐに私の部屋へとやってきました。
食事の後、一緒にテレビを見ていた彼女に、目薬入りオレンジジュースを勧め
ました。しばらく何事もなくテレビを見ていましたが、やがて美雪ちゃんはウ
トウトしはじめて、ついには、かわいい寝息をたてはじめました。
初めは、慎重に彼女の体を揺すり、目を覚まさないことを確認し、改めてスカ
ートをたくし上げ、彼女の太股の付け根を愛撫しはじめました。
オシッコ臭い彼女のそこは、暖かくて、柔らかい感触でした。
私の頭は、既に彼女を犯している妄想を描いています。もちろん、私のナニは、
限界まで膨張していました。
次に、美雪ちゃんのプリントパンツ越しに、少女器(私は、大人である女性器
に対してこう呼んでいる)を、その窪みをさすりながら、ゆっくりとパンツを
脱がせました。
まだ毛の生えぬ幼い丘から、そこに深く刻まれている谷をすっかりと露出させ
ると、むしゃぶりつくように、そこを舐めました。太股を愛撫していた時より
も一層濃い少女の香りに、私は、半狂乱状態で舐めつづけていました。
私は、美雪ちゃんの秘部と言わず、お尻まですっかり舐めて、一通り満足して、
彼女の顔を見ようと、彼女の上に被さるようにして顔の位置まで移動すると、
彼女は既に目を覚ましており、一言
「気持ちいい」
と言いました。私は、とっさのことで、何も言えずにいましたが、彼女が
「もっと気持ちいいことして」
と、ねだってくるので、
「このことを2人の秘密にしてくれるなら」
と約束を取り付け、その日はしばらくの間、彼女の股間に顔を埋めていました。

421 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/13(火) 15:33
女子高生物御願e

422 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/13(火) 17:33
>女子高 生物 御願e

用務員のオジサンとかウサギとかニワトリでもいい?

423 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/13(火) 17:33
体が弱くて、養女として叔父夫婦のもとで育った妹がいます。現在も独身です
が、結婚する気はなさそうです。赤ん坊の頃から離れて暮らしていますので、
妹といった感情よりも、イトコといった感じです。戸籍上もイトコになるので
しょうが、周囲の人も親戚同士も、もう忘れてしまったかのように、そんな関
係を意識せずに暮らしています。ただ私とイトコ(子供の頃は他のイトコと同
じようにそう思っていた)とは、小学生頃からのHな悪戯が現在も続いている
のです。
悪戯に触っていた固い割れ目も、中学生になるとヌルヌルと濡れるようになり、
知識の乏しかった私はとても不思議に思い、興奮しました。私がパンツの中に
手を入れようとしても、いつも嫌がりませんでした。
私が叔父の家に遊びに行くと、彼女はそばにより、モジモジしていました。叔
父はそんな二人を見て、やはり兄妹だから仲が良いと喜んでいました。
家族のいない時はキスをしたり、胸を触ったり、稚拙な遊びをしていました。
帰宅してすぐ、制服姿のまま留守番をしていた彼女と出くわした時には、スカ
ートの中に手を入れると、自分からショーツを脱ぎ、スカートをまくり上げて
くれました。
高校生になると恥じらいもあったのか、人前では私に寄り添うことがなくなり
ました。私は勘違いをして、少し強引に彼女にちょっかいを出し、彼女の気分
を害したこともありました。そんな興味本位で彼女の体に触れる私に幻滅した
のかもしれませんが、しばらくは私から距離を取ろうとしたようでした。
しかし、彼女が社会人になって久しぶりに電話で連絡をとると、家族が留守の
家に訪ねる私を許してくれました。
叔父の家に着くと、彼女はソファで恥ずかしそうに私を待っていました。私は
もどかしく彼女の胸を触り、キスをしました。スカートの中にも手を入れて、
ショーツの上から割れ目をなぞりました。私がショーツを脱がそうとすると、
彼女は腰を浮かし、小さなショーツが自分から剥がされるのを手伝いました。
彼女の割れ目はすぐにヌルヌルになりました。
私が彼女の部屋のベッドに行きたいと言うと、彼女はノーパンのまま階段を先
導して上がり、ふわりとスカートをひるがえしてベッドに座りました。窓から
は向かいの家が見えました。向かいの家族は私と彼女が兄妹だと知っていたの
で、もしこんなところを覗かれたら大変だと思い、彼女にブラインドを閉じる
ように言いました。彼女もそんな状況を気持ちを昂らせて待っていたのかもし
れません。
ベッドに寝かせて衣服を脱がせにかかっても、彼女は嫌がる素振りもなく、恍
惚とした表情で天井を見つめていました。割れ目をいじってあげると、小さく
悦びの声を漏らしました。私も下半身裸になり、ビンビンになった物を彼女の
股間に向けました。
割れ目にそれをあてがい、押し広げたまでは平気だった彼女でしたが、それ以
上の挿入を拒みました。皆に私に似ていると言われる妹の顔がこわばってみえ
ました。
やっぱりセックスは止めておこうね、と言うと、彼女は安心したようで、脚の
力を抜き、割れ目をもう一度広げました。クリトリスを擦り続けると、彼女は
息を詰まらせるようにして達しました。しばらく彼女が落ち着くのを待って、
またクリトリスを愛撫してやりました。そして初めて、私の舌でその敏感な所
を舐めてやりました。舐めてもいいかと訪ねたときの彼女の表情は、興奮と期
待が毛穴から吹き出しそうでした。
彼女は、妹は自分の乳首を摘みながら腰を悶えさせ、一人高まりを迎えていき
ました。
それ以来、あまり過激な遊びをしてはいないのですが、私と逢うとHなことを
期待しているのがわかります。家族の目を盗んで股間に触れてあげると、あそ
こを舐めて欲しいと呟きます。兄とセックスするのは怖いけど、気持ちいいこ
とは拒めないようです。デジタルカメラでHな写真を撮っても嫌がらず、かえ
って興奮しているようでした。その画像はカメラを知人に貸す際に、慌てて消
去してしまいましたが、もう一度チャンスがあれば撮る予定にしています。ど
こかのホームページにこっそり投稿してみたい願望もあります。二人の顔が映
っていれば、すぐに兄妹だとばれてしまうに違いありません。
彼氏もいないようだけど、もし妹がもっと深いセックスの快感を知ってしまっ
たらどうなるかわかりません。その時が兄離れになるのかもしれませんけれど。
心と体のバランスって難しいですね。
記憶の断片ではなく、現在進行形な話です

424 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/13(火) 18:56
私の女子社員との事を話しましょう。
彼女の名前は「ゆか」としましょう。当時ゆかは入社2年目、今で言うと「夏川りみ」に似ている。
気さくで冗談を言ってもやさしく微笑み返してくれる明るい子です。
彼女は入社前に短大を出ており、その時にすでに彼氏も作り良い仲だったが、遠距離恋愛だったようだ。
私はすでに結婚して3年を経過しており、1児の父親でした。直属の上司でもありゆかは結構私とは良く話しをしていました。
ある日、社内で飲みに行こうという事になり、ある居酒屋で一次会があった。
一次会ではゆかは私の隣でいつものように和やかに飲んでいた。今日の服は花柄のワンピースだった。
ゆかは結構その日は調子良く飲んでいて一次会の終わりですでに目が据わっていた。
二次会も勢いで行ったが、ゆかがトイレから出てこなくなり騒ぎになった。
直属の上司である私に私の嫌いな部長から、何とかしろと言われトイレに向かった。
「すみません。部下がトイレから出てこないんで失礼します」と店員に断りを言って中に入った。
ゆかはトイレに座りこんだままだった。「しっかりしろよ!」と声掛けて、立ち上がらせたが思うように立ち上がれない。
何とか連れだし、部長に「お前!もう送ってこい!」と命令されしょうがなく送るはめになった。
タクシーに乗せるのも大変だった。「課長すいませ〜ん」と言って私にもたれ掛かってきた。
「部長に怒られたじゃないか!責任取れ〜!」と言うと「は〜い」と気のない返事。
何となくその態度に腹が立ち。「そんなに酔っ払って、エッチでもするぞ!」と言ってしまった。
事もあろうに直属の部下に。「しましょ〜う」「?!!!!!」驚いた。
自分も酔っていたので理性が抑えられなくなり、運転手に「ホテルに!」と言っていた。
程無くしてホテルについた。何とか部屋に連れこんだ。ベットに寝かした途端、ゆかが抱きついてきた。
「課長〜。」(もうどうでもいいや!)服の上から胸を触った。意外と大きい。普段はそう大きく感じなかったが、間違いなくうちの奴のより大きかった。
「はぁ〜。うん〜ん。」悩ましい声を出すので、ワンピースの後ろのジッパーを下ろしブラジャーが出るまで下げた。
ピンクのブラジャーだった。ゆかの肌は透き通るくらい白くもち肌だった。ゆっくりとブラの上からゆかの胸を揉んだ。
揉むたびに「はぁ〜。いいっ。もっと〜。」当然、胸が見たくなりブラを外した。
ホックを外した途端。ポンと弾けるようにブラがはずれた。

425 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/13(火) 18:57
綺麗なピンク色した乳首が露出した。形も綺麗な胸だ。ゆっくりと揉み、乳首に吸い付いた。
「はぁっ!」ゆかは今まで以上に感じたのか、体をのけぞらした。小指の先もない乳首がすぐに立つのが判る。
白い肌がほんのり赤みを帯びてきた。
乳首を吸いながら、ワンピースを脱がした。下着もピンク。安産型なのか土手がすこし盛り上がっている。
舌を舌のほうへ滑らす。「だめぇっ!汚いから」「いいから!」と股を隠す手を取り太ももを舐めた。
ビクッビクッと反応している。私は手で大きくゆかの足を広げた。ピンクの下着があの部分だけほんのり湿り気を帯びている。
すぐに下着を剥いだ。現れたのは薄っすらと生えたヘアーとピンク色のゆかの秘部だった。
たまらなくなり、秘部に吸い付いた。「あぁ〜ん。やぁん」と今までになく反応を示した。
今まで閉じていたゆかのヒダをこじ開けるように舌を動かす。どんどん密があふれ出る。
「もうだめぇ〜!あ〜んいっちゃうゥ〜」あっという間にゆかは体を弓なりにしながら震えた。
もう、私の物はいきり立ち、ズボンの中で痛がっていた。ゆかが余韻に浸っている間にすぐに私も裸になった。
すぐに入れたかったが、その前に指を入れた。ニュルッ!一本の指が吸い込まれる。
「はぁ〜ん」続いて2本目。クチュ!「んん〜ん」ゆかの眉間にしわが寄る。二本の指をゆかが締め付ける。
ゆっくり出し入れする。クチャ、ニュチャ。出し入れする手がみるみるゆかの愛液で光ってくる。
「あん。あん。はッはやくして」指を早くしてやる。「またいく〜ん。あっあっいや。あ〜ん」ほどなくまたいってしまった。
こうなるともう入れるしかない。もうろうとしているゆかにいきり立つものを入れた。
「あ〜大きい。やさしく!あ〜ん」私のモノは吸い込まれるようにゆかの中に収まった。
ゆかのアソコは私に絡みつき、すぐにイキそうになった。我慢して楽しむかのように私のモノを出し入れした。
「もうだめ。おかしくなっちゃう。」お構いなく腰を振る「いやん。ゆっくりして、あっ。もうはやく〜。あっいや〜ん」
ゆかは私の腰に足を巻きつけ、手を私の首にかけ抱き着いてくる。
私も限界になった「いくよ」と言うとゆかはうなずき「私の中に出してください」「いいの?」「今日は大丈夫です」
これまで以上に激しく「あッあっいく。いちゃう。あ〜〜〜!」ビクッビクッ。
大量の精液をゆかの中に放出した。何年振りだろうか。こんなに気持ち良いセックスは・・・。
この日は、その後2回してから家に送った。
タクシーで家の前まで来ると「良かったです課長。奥さんが羨ましい。奥さんと別れたら私と結婚してください。」
「えっ」「わたし空家なんで〜す。」
当然のごとく私が転勤するまで関係は続いた。

426 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/13(火) 18:57
綺麗なピンク色した乳首が露出した。形も綺麗な胸だ。ゆっくりと揉み、乳首に吸い付いた。
「はぁっ!」ゆかは今まで以上に感じたのか、体をのけぞらした。小指の先もない乳首がすぐに立つのが判る。
白い肌がほんのり赤みを帯びてきた。
乳首を吸いながら、ワンピースを脱がした。下着もピンク。安産型なのか土手がすこし盛り上がっている。
舌を舌のほうへ滑らす。「だめぇっ!汚いから」「いいから!」と股を隠す手を取り太ももを舐めた。
ビクッビクッと反応している。私は手で大きくゆかの足を広げた。ピンクの下着があの部分だけほんのり湿り気を帯びている。
すぐに下着を剥いだ。現れたのは薄っすらと生えたヘアーとピンク色のゆかの秘部だった。
たまらなくなり、秘部に吸い付いた。「あぁ〜ん。やぁん」と今までになく反応を示した。
今まで閉じていたゆかのヒダをこじ開けるように舌を動かす。どんどん密があふれ出る。
「もうだめぇ〜!あ〜んいっちゃうゥ〜」あっという間にゆかは体を弓なりにしながら震えた。
もう、私の物はいきり立ち、ズボンの中で痛がっていた。ゆかが余韻に浸っている間にすぐに私も裸になった。
すぐに入れたかったが、その前に指を入れた。ニュルッ!一本の指が吸い込まれる。
「はぁ〜ん」続いて2本目。クチュ!「んん〜ん」ゆかの眉間にしわが寄る。二本の指をゆかが締め付ける。
ゆっくり出し入れする。クチャ、ニュチャ。出し入れする手がみるみるゆかの愛液で光ってくる。
「あん。あん。はッはやくして」指を早くしてやる。「またいく〜ん。あっあっいや。あ〜ん」ほどなくまたいってしまった。
こうなるともう入れるしかない。もうろうとしているゆかにいきり立つものを入れた。
「あ〜大きい。やさしく!あ〜ん」私のモノは吸い込まれるようにゆかの中に収まった。
ゆかのアソコは私に絡みつき、すぐにイキそうになった。我慢して楽しむかのように私のモノを出し入れした。
「もうだめ。おかしくなっちゃう。」お構いなく腰を振る「いやん。ゆっくりして、あっ。もうはやく〜。あっいや〜ん」
ゆかは私の腰に足を巻きつけ、手を私の首にかけ抱き着いてくる。
私も限界になった「いくよ」と言うとゆかはうなずき「私の中に出してください」「いいの?」「今日は大丈夫です」
これまで以上に激しく「あッあっいく。いちゃう。あ〜〜〜!」ビクッビクッ。
大量の精液をゆかの中に放出した。何年振りだろうか。こんなに気持ち良いセックスは・・・。
この日は、その後2回してから家に送った。
タクシーで家の前まで来ると「良かったです課長。奥さんが羨ましい。奥さんと別れたら私と結婚してください。」
「えっ」「わたし空家なんで〜す。」
当然のごとく私が転勤するまで関係は続いた。

427 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/14(水) 14:39
泥酔女子高生

久しぶりに東京へでかけた私は、残念なことにラッシュの時間帯に電車に乗る
こともできず、痴漢でもひさびさにできたらと思っていたのに残念でした。
が、友人と飲んで帰る途中のとある駅。乗換のため一旦おりるとホームの端に
うずくまっている女の子を発見。これまでにも酔いつぶれている女の子にさん
ざんいたずらしてきていたので、久しぶりの獲物にどきどきしてきました。
幸いまわりにも人はいなかったので、そっと横に近づきました。
「大丈夫?」
と声をかけると、全く反応もなし。どうやら酔いつぶれて寝ているようです。
肩を軽く叩いてみても全く反応がない。体育座りでうずくまる彼女の脇から手
を入れてみると、そんなに大きくはないが俺には十分。こんな状態でさわれる
だけで興奮できるんだから。ミニスカートでそんな座り方してるもんだからパ
ンツだって丸見え。しかもストッキングなんてはいてない。長い髪で顔が見え
ないんだけど、格好から見ると結構若いようだ。もしかしたら高校生くらいな
のかもしれない。そんなドキドキを抱えながら、おっぱいをしばらく堪能させ
てもらった。丸見えのパンツを除いてみると白のビキニが食い込んでた。茶色
っぽいしみがちょっと汚いなぁなんて気になったんだけど、軽くタッチしてみ
た。完全に酔いつぶれてるみたいで全く身動きもしない。温かいあそこをパン
ティの上からなでてると、おれの興奮もどんどん高まる。なんたって1年ぶり
くらいの餌食ですから。
いけそうなんで本格的に始めようかとホームの端のもっと他から見えないよう
な陰へ彼女を抱えて移動させる。そして触りだすまえに、彼女のかばんチェッ
ク。これは、もちろん触ってあげるお小遣いをいただいておくのと、その後も
おれの言うことを聞かせるために、名前、住所などを調べておくため。なんと
彼女はまだ高校2年だった。ま、今時は高校生でも酒飲むんだねぇ。住所も名
前も控えて、あとはお小遣いをいただく。こいつ高校生のくせして8万なんて
大金を抱えてやがる。よく手帳を調べていると、どうも援助なんかして稼いで
るようだった。
さっきまで長い髪で見えなかった顔を、髪をよけて見てみると、まぁまぁそこ
そこかわいい方だった。
準備が終わったところで、まずはTシャツをぬがしてブラ1枚の姿へ。
次にパンティもとっとと脱がしてしまう。おっぱいは小ぶりだったが、乳首が
いけない。黒くてでかい。胸は小さいくせして。結構萎えてしまった。
あそこも毛だけはきれいに剃ってととのえているんだが、びろびろだった。相
当やりまくってるんだろうなぁ。雰囲気からして男と遊びまくってそうだし、
しかも手帳を見ると週に3、4回援助してるようだった。
ま、とりあえずせっかくだからと思いおっぱいもんだり、あそこを入念にいじ
っているとほとんど意識がないくせして、感じてはいる様子。けど、まだ濡れ
が足りないんで、つばを手にべっとりつけてあそこへ塗りたくり、クリをいじ
ると結構反応するみたいで、感じたりする。試しに指を入れてみると、びろび
ろおまん○のくせして締まりはそこそこ良さそう。
2本指をいれて中をかき回してると、かすかにうなって感じている。本当なら
生でぶちこんで、おまん○にぶちまけてやりたいんだけど、こんなやりまくっ
てる女だと病気もこわいんで、ゴムを装着し、思いっきり奥まで挿入した。
思った通りなかなかの締まり。

428 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/14(水) 16:06
ちょっとエゲツない?

429 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/14(水) 17:57
ここは戦国時代を語るスレですよ!

430 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/16(金) 03:53
.

431 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/17(土) 09:16
age

432 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/17(土) 13:54
                     /    |    |    |
                 |     |    |    |
                   |ー |   l ー-  l
           /⌒ヽ   |    |   l     l
           l   l    |    |  |  0   |
            |   l   | ー-  |  l⌒) - l
             |  -‐|    |    |   | 丿   |    /⌒ヽ
           |   |    |    |  |ノ     l   |    ヽ
             l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、
         /⌒ヽ l ‐ \  |, ノ⌒) ()     l    〉-‐  l
         l〉   )ヽ、   ヽノ (ノO (ノ  (つ ヽ、 | ノ)  |
        /  人 ヽ、        (⌒)      ヽノ (ノ  |
          l     ヽ、\,        )丿 / ノ/ o     l 最低だ・・・漏れって・・・・・・・・
        ヽ  ノ \,/     /  (ノ       () ヽ  l
         \    /        /     (⌒ヽ    |
          ヽ、       /  /   l      しノ      |
           ヽ、  /   /     |           l

433 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/17(土) 15:39
勃起しました

434 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/17(土) 18:44
じゃんじゃん書け!

435 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/17(土) 21:04

 ここを読み過ぎると、↓こういうことをしたくなるの…

 http://news2.2ch.net/test/r.i/newsplus/1053008488/1-

436 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/19(月) 00:01
せふれを 探したくなったら、↓のサイトへ…
http://www.all-mode.net/jrank/out.php?id=furipa&url=http%3A%2F%2Fwww.love.squares.net%2Ffurin%2F

437 名前: リズム 投稿日: 2003/05/19(月) 00:02
せーーーーーーーくす!

438 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/19(月) 00:03
http://www.love.squares.net/furin/
↑ここも。

439 名前: リズム 投稿日: 2003/05/19(月) 00:04
いえす! せーくすーーーーー!

440 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/20(火) 00:23
いつもカキコしてくれているヤシ飛んだのか?
そろそろ次回作キボン

441 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/20(火) 08:48
俺も抜ける奴お願い。

442 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/20(火) 08:53
公衆トイレでのセックスに、すこし思い入れがあるんです。
数年前、大学生のときにテレクラに少しはまってしまい、そこでしりあった2
0代後半の人妻の方と意気投合し、ラブホテルだけでなく、様々な場所でセッ
クスを愉しんでいました。
なかでも公衆トイレでのセックスは僕とその奥様のお気に入り。僕が大学をさ
ぼると、彼女は専業主婦でしたので外で逢い、公園の公衆トイレや雑居ビルの
中のトイレ、特急電車のなかのトイレに潜んでセックスしたものです。
トイレでセックスするうえでは、いろいろな愉しみがありました。一つには、
個室はせまいので密着して互いの身体を貪れる点。そして何よりたまらないの
は、いつ外の男性用便器やお隣の個室に、用を足しに来る御仁が来るかどうか
分からない、独特のスリルですね。
僕が洋式便器に座ってフェラチオしてもらっている間、あるいはそのまま正座
位になってセックスしていたり、また、立ってバックからファックしたいる間
に、他の便器に人が入ってくる気配があると、僕らは死ぬほどどきどきしたも
のです。
そして視線を交わしあってまた淫らな気分になると、人がまだトイレのなかに
いるあいだ、ずうっと唇を重ねてキスして、舌をネットリ絡み合わせているん
です。
彼女のオマンコにペニスが入ったままのときも、腰は動かせません。動かした
ら、淫汁のたてる、ネチョ、ネトという音がトイレの中に響いて、ばれてしま
いますからね。互いにキスして声を殺してる。
そして、人が出ていったら、また激しくセックスです。我慢してなければなら
なかったぶん、そのあとのファックは死ぬほど激しくなってしまいましたよ。
性欲をいったん抑えつけて、そのあと解放してやると、凄まじい快感になるん
ですね。
その後、彼女は旦那さんの転勤で九州までいってしまい、逢えなくなってしま
いました。思えば彼女に、野外セックスやイメージプレイの悦びを教えられた
なあ。感謝、感謝ですね、今では。
機会があったら是非トイレ・セックスをもっともっとお愉しみください

443 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/20(火) 09:15
戦国時代を騙ってください。

444 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/20(火) 11:12
もっとエロイ昼休みに抜けるやつお願い!

445 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/20(火) 11:15

親戚の家で風呂を借りて、脱衣所で歯磨きしていると、中1の姪が入ってきた。
「風邪引いて熱があるから、今日は風呂入らないんだ」
で、自分の部屋で着替えてきた洋服と下着一式を俺の目の前で、洗濯カゴに入
れて、すぐに出ていった。「こいつ、何も考えてないのか」と思いつつ、すぐ
に下着を取り出した。
ワイヤーの入っていない、付け心地のソフトなブラ(80のAカップ)とパンテ
ィを発見し、すぐさまトイレに潜伏。数分前まで身につけられていたので、ま
だ温もりがある下着。パンティはアソコの部分に黄色のシミと、透明な粘液が
ついており、なんとブラウンの陰毛まであった。
匂いをかぐと、オシッコとおりものの新鮮な匂いで、頭がクラクラした。速攻
ビンビンになったペニスにパンティを巻き付け、アソコの部分に先が当たるよ
うにしごくと、すぐにいきそうになってきたので、パンティを汚さないように、
ブラジャーにどろどろの精液を射精した。
自分の精液で汚されたブラジャーを見ると興奮してしまい、すぐに2回目を開
始し、自分でも驚くほど早くパンティにも精液を放出した。
ペニスをきれいにパンティでふいて、元のカゴに戻し、もう一枚別のパンティ
を見つけたので、陰毛とそれは持ち帰った。
帰宅後、すぐにもう1発出してしまった。
これが1月くらい前の話しで、それから2回ほど行って、姪のパンティに何度も
発射した。
当分やめられそうにない。

446 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/20(火) 11:21
あまりにも独り善がりですね。これでは想像すると気持ち悪くて抜けません。

447 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/20(火) 14:06
もっと勃起する物お願い

448 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/20(火) 14:08
私はデパートに出入りしている問屋の営業マンをしている。
あるデパートで売場の担当者を探していると、ふと見慣れた女性が目に入った。
それは同じ町内の人妻で、娘の同級生の母親、牧野さんだった。一流企業のエ
リート社員の母親という顔をしていて、ツンとすましているが、なかなかの美
人でボディもなかなかの人で、たまにすれ違うと振り返ってスカートのパンテ
ィラインを眺めてしまうようなこともあった。
たぶん買い物に来たのだろう、また尻でも拝もうか、と思って後ろをつけると、
何と牧野さんは、下着売場でパンティを見ていたかと思うとサッと手に持って
いた紙袋に落としたのである。万引きだった。そして大胆にも2〜3枚のブラを
万引きし、さらに試着室に2枚下着をもっていき1枚しか戻さなかった。そして
そそくさと下着売場を後にして帰ろうとした。
私は心臓がばくばくしていたが、後をつけてデパートの入り口を出たところで
声をかけた。
「牧野さん」
というと牧野さんはビクッとして立ち止まり振り向く。私はそっとそばに近寄

「見ましたよ、だめですよ。順君のお母さんともあろう人が。警察には云いま
せんから少し付き合ってくださいよ」
と言うと、牧野さんの顔は凍り付き、下を向いて黙ってついてきた。
いくところはラブホ。入り口で少し拒んだが脅かしたら着いてきた。部屋に入
って紙袋をひっくり返すとパンティやブラ、ハンカチなど出るわ出るわ。そし

「もう1枚あるだろう、今着ているのも出せ」
と言うと、最初はしらをきったが、見ていたことを云ったら観念したらしく、
脱ぎ始めた。
夢にまで見たナイスボディが拝める。俺は勃起した。
ブルーのワンピースを脱ぐと強烈なボディが現れ、下に試着室にもって入った
キャミソールを着ていた。それも脱ぐようにいうと、しぶしぶ脱ぎブラとパン
ティ姿になる。俺はズボンを脱いでしゃぶるように命令した。牧野さんはひざ
まずきおずおずとペニスに口をつけた。俗に言うバキュームフェラで嫁さんよ
りうまい。
この女、貞淑そうな清楚な顔して実はとんでもない食わせ物ではないかと思う。
牧野さんをベットに寝かせて足を開くとパンティの股の部分にシミができるほ
ど濡れていた。愛撫をする。そして
「万引き女」
となじり、
「順君のお母さんもこんなに濡らすのか」
と言葉でいたぶる。話こそしないが、鼻息が荒くなり見る見るオマンコが洪水
になる。69でしゃぶらせながら、憧れの人妻のオマンコ汁を堪能する。挿入す
ると何と牧野さんは狂いだした。ピストン運動のたびにユサユサ揺れる巨乳が
たまらなくいやらしい。
セックスしながら云わせると、最近亭主とセックスがご無沙汰で、生理が近く
なるとイライラして万引きをしてしまうということだった。牧野さんは
「すごい、太い、硬い」
「いい、最高」
「ああ、突いて、奥まで突いて」
などと叫び始める。俺も我慢できなくなり中出ししようと思ったが、順と娘と
もう一人はごめんと、牧野さんの口に出した。牧野さんは最後の一滴まで絞る
ようにザーメンを飲み干した。
それから一緒に風呂に入り、湯船で1発、またベッドで1発とセックスした。
巨乳とデカ尻を堪能。牧野さんにはこれからも俺のセックス奴隷として性処理
マシーンになることも誓わせた。
それから次の土曜日に女房と買い物に出たとき、スーパーで牧野さんと亭主と
ばったり顔を会わせた。牧野さんは女房とあいさつをしたが、俺とは顔を合わ
せない。俺は亭主とあいさつしたが、心の中では
「馬鹿野郎、てめえの女房のオマンコいただいたぞ。今度は尻の穴をいただい
てやるから」
とつぶやいた。

449 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/20(火) 14:12
興奮しました。これから抜きます。サンキュー

450 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/20(火) 18:42
今年は裕子という新入社員が私の営業所に配属された。結婚退職した女子社員の補充であった。
高校卒業した真面目な子であった。
仕事も覚えてきた今月初めの事。営業マンがすでに帰宅し所長である私が最後に営業所に戻ってきた。
9時だというのに営業所には誰か残っていた。残っていたのは裕子だった。
営業所に入ると驚いたように裕子が私の方を見た。座っているのは裕子の席ではない。
なんと私の席だった。「すみません。探し物をしてたので・・・」
私は席に着こうとしたが、椅子の下に何か落ちているのを見つけ取り上げた。
ピンクのパンティだった。なぜが慌ててポケットに隠してしまった。
突然、裕子がハッとして私の方を見た。
裕子のパンティだったのだ。裕子は今ノーパンである。急に私の悪魔が目覚めた。
「裕子くん!さっき何探してたの?探そうか?」
「いえ。別に」
「何かやましい事でもしてたんじゃないかな?」
「・・・・」
「ちょっとこっちに来てくれないか」
と呼び付けた。裕子は席を立つ前に何かを机にしまったようだった。
「ちょっと待って、机に何か隠したね。持ってきて!」
観念したのか裕子は机の中の物を持って私の所にやってきた。
裕子が手にしていたのは小さなバイブであった。ピンク色の少し小振りの物だった。
「許して下さい」「じゃぁここで何をしていたのか?再現してみなさい」「・・・・」
「早くしなさい。」
裕子は私の椅子に座り制服のタイトスカートを太もものギリギリまで上げてバイブを近づけた。
数cm手前で手を止めた。
「ちゃんと再現してくれ!早く!」私は声を荒げてしまった。
震えながら裕子は先程までいじっていた部分にバイブを当てた。少しずつ動かし始めた。
タイトスカートが中途半端で裕子のアソコが見えない。
「見えるようにスカートをもっと上げろ!」裕子は言われる通りにスカートを上げた。
アソコは濡れてキラキラ光っている。またバイブを動かす。私は堪らなくなり
「違うんじゃないか?」と私はバイブを裕子の手から取りスイッチを入れ、裕子のアソコに押し当てた。
「いやッ。あっ」構わずバイブを動かし、クリトリスを刺激してやった。
裕子のヌルヌルした液は流れ落ち私の椅子に落ちた。バイブを突っ込んでやった。
根元までズッポリ入った。「所長。恥ずかしいです」
「いつもやっているのか?」「はい」
「スケベだね〜」とバイブを激しく出し入れしてやった。ぐちゅぐちゅといやらしい音を立てた。
「いっくッ〜」途端にバイブを抜いた。「止めないで」
私はズボンを脱ぎ裕子の前に立った。察したのか裕子は私のいきり立つ物を含んだ。
「きれいにしなさい!」「はい」結構いい感じになった。
「欲しいんだろ?これが」「所長のオチンチン下さい」「机の上でまた開きなさい!」
裕子は言われた通りにした。チンコの先を裕子の液で濡らすと中へ生で入れた。
「いいです。気持ちいいです所長!」裕子は激しく悶えた。激しく動かしてやった。裕子のアソコが私の物を包み込みとても気持ちがいい。
「口に出すから飲めよ」と言って裕子の口の中に放出した。
「パンティを返してやるからついてきなさい」とホテルに連れて行き朝までやり抜いた。
いまだに裕子を呼び出してはセックスしている。裕子は6月で19歳になる。

451 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/20(火) 19:17
勃起しました。
ありがとう

452 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/20(火) 19:18
戦国時代マンセー

453 名前: 抜き男 投稿日: 2003/05/21(水) 08:38
おはようございます。本日も昼休みに抜けるものお願いします!

454 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/21(水) 12:24
うちは、姉と2人暮らしです。
というより、姉の住む賃貸マンションに僕が居候しています。
夜7時くらいに姉の友達が来ました。
その後姉から電話があり、
「急に会社で飲みに行く事になり、帰りは23時くらいになりそうだから、友達
は待たせてて」
という事でした。
姉の友達は良くウチに遊びに来てるんで、僕も良く知っていました。僕はその
人を「瞳さん」と呼んでいます。
瞳さんに姉の伝言を伝えると、
「じゃー、待つとしますか」
と言い、姉の部屋に入って行きました。
僕はいつものように、自分の部屋でインターネットでスケベな画像を集めてい
ました。
7時半くらいになると、瞳さんはリビングから
「○○君、シャワー借りるねー」
と叫んで、シャワーを浴びていました。
しばらくすると僕の部屋のドアが開き、なんと瞳さんは体にバスタオルを巻い
ただけの格好で、
「姉さんの下着借りようと思って、持って行くの忘れた」
と言いました。僕がびっくりして目のやり場に困っていると、瞳さんもそれに
気付いたのか、面白がって
「見せたげようか?」
と聞いてきました。僕が
「冗談言ってないで、早く服を着て下さい」
と言うと
「いつもそんな言葉使わないのに、『下さい』だなんて」
と笑っています。そして近寄ってきて耳元で
「待つの暇だからHしようか」
と言うではありませんか。そして僕の半立ちのモノを触って、
「舐めたげる」
と言いながら、フェラをはじめました

455 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/21(水) 12:25
そこまで来ると僕も我慢できなくて、戸惑いながらもベッドへ移動する事に。
しばらくお互いの体をむさぼるように激しく愛撫していましたが、いよいよ挿
入という時にコンドームがないことに気付き、瞳さんにそれを伝えると
「盛り上がってる時にそんな事聞かないで、そのままでいいから」
というので、生挿入ということになりました。
瞳さんは26歳のわりにスタイルは良く、アソコも綺麗でした。瞳さんと数回体
位を変えながら楽しんでいると、瞳さんが上になる形になり、激しくお尻を上
下に振り始めました。すごく気持ち良く、瞳さんも気持ち良いのか、近所が心
配になるほど声を出していました。
僕は我慢の限界が来て
「瞳さん、もう出そうだよ」
というと、瞳さんは
「イッてぇー、私もいきそうー」
と叫びました。僕は
「でもこのままだと」
といいかけた時、瞳さんが
「大丈夫だから、このままイッてぇー、イクー」
と言った瞬間、僕もイッてしまいました。
しばらく余韻を楽しんで繋がったままでいましたが、瞳さんが抜いて僕の小さ
くなりかけたモノを
「綺麗にしてあげる」
といいながらしゃぶり始めました。
すると当然モノは大きくなり、瞳さんが
「もう一回出来る?」
って聞いてきたので二回目に突入しました。
二回目はさっき出した僕のがあそこから出てきて、動いているうちにそれは粘
度を増し、ネチャネチャといやらしい音を立てていました。そのベトベトする
感覚が良いのか、瞳さんは2回ほどイッてました。
今度はバックでフィニッシュでした。中だしで。
バックの格好のままでいてもらって、垂れてくるのを見学させてもらいました。
相当恥ずかしがっていましたが、瞳さんは垂れてくるのを指ですくっては舐め
ていたので
「そんなのおいしいの?」
と聞くと
「なんかヤられたって感じがすごく増幅して、なんか変な気持ちなんだけど、
気持ちいいの」
と言ってました。
僕がそんなに好きなんだったらと思い、モノを顔の前に持って行くと、おいし
そうにしゃぶり始め、2回出しているのでなかなかいかなかったけど、行くま
で文句言わずに舐めてくれました。今度は口の中に出したんですが、量も少な
かったのか、飲んでいました。
この後、2人でお風呂に入り、服を着てビールを飲みました。
ちょうど飲み終わる頃に姉が帰ってきました。なんか今までの出来事を感づい
たのか、しつこく瞳さんは誘導尋問されていました。
いつも帰りに僕が近くまで送って行くのですが(姉の命令で)、今日は別れ際
にキスをしてくれて、
「またしようね」
と言ってくれました。
なんか得した1日でしたが、今は次のHの事で頭がいっぱいです

456 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/21(水) 20:06
オマンコやりて〜

457 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/21(水) 22:40
>>456
穴が欲しいのか?

458 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/22(木) 00:10
 どっか、窓の杜あたりに、PCが自動的にエロ小説を作ってくれるという
フリーソフトがなかったかしら?。

459 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/22(木) 00:10
タイのおかしら。

460 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/22(木) 17:35
>>450勃起しました。うらやましいでつ

461 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/22(木) 17:43
>>454-455
名作のひとつですが、既出ですね

462 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/22(木) 17:49
おまんこしたい

463 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/22(木) 18:44
もっと興奮させてください。

464 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/24(土) 03:12
戦国職人さん何処へ行かれたのですか?
みんなちんちん握り締めて新作を待ってますよ〜

465 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/24(土) 04:31
うそだろ〜、と思うような、本当の話です。
私の母は、今から12年前、私が10歳の時に他界しました。
今の義母が我が家に来てもう2年になります。
義母は、父の会社の元部下だった女性です。私より5つ年上です。
今から1年前の昨年の春、父が海外出張で1週間ほど家を空けた時のことです。
私は、義母のことを「母さん」と呼べず、「涼子さん」とよんでいます。
その涼子さんが、
「一緒に飲もう」
と言ってリビングで、ワインを飲みました。彼女はどうも落ち着きがなかった
ので
「どうしたの? 何か心配事?」
私が聞くと、
「あなたのお父さんの出張先で、大きなテロ事件があったの」
会社に電話をしたが、まだ安否が分からないとの事だった。それを聞いて私も
不安になりましたが、今彼女の支えになってやれるのは自分しかいないんだと、
気持ちを切り替え、彼女の肩をそっと抱き寄せました。彼女は弱々しくしく私
にもたれかかるようにして、不意に私の唇に熱いキスをしてきたのです。私も
それなりに、女性経験はあったので、そのキスに応えました。
かれこれ5分近く、お互いの舌を絡ませあったと思います。涼子さんも気を紛
らわせたい一心でかなり大胆になっています。
彼女の豊かなバストに静かに手をあてがいました。彼女の口からは、アルコー
ルの酔いも手伝って、甘美な吐息が漏れ始めました。そのまま彼女をソファー
の上に横たわらせ、ブラウスの裾から手を差し込み、フロントホックのブラを
はずして、乳首を指で抓んであげました。
「あっ、いや」
と言いながらも、彼女は全く抵抗しません。
次にミニスカートを捲り上げ、パンティの上から彼女のオ○ンコを擦ると、も
うそこはしっとりと湿っているではありませんか。しばらく私は指で彼女のオ
○ンコの温かみを楽しんだ後、パンティを脱がせて、ヒクヒクしているオ○ン
コを彼女の指で広げさせました。
可愛いクリトリスの皮をそっと剥いてあげ、私の舌で念入りに愛撫してあげま
した。穴からは、透明な液が溢れ出し、それを舌ですくって飲みました。
「あ〜、涼子さん、おいしいよ」
「いや、じらさないで」
「今度は僕のもしゃぶってよ」
そんな会話があり、私は着ている物を全部脱ぎ捨てました。シックスナインに
なり、お互いの性器にむしゃぶりつきながら、彼女は早くも1回目の絶頂に達
しました。
私も彼女のフェラチオがとても上手だったため、もう限界に近くなっていまし
た。
「ねえ、もうきて、おねがい」
彼女は2回目に達しようとしているようでした。
「コンドーム持ってくるよ」
「いいから早く入れて!」
そう言う彼女に正常位で挿入しました。
彼女のオ○ンコは少々きつめでしたが、十分なほど愛液でグチョグチョだった
ので、すんなりと私のチン棒を飲み込みました。
「あ〜、だめ、またイキそう」
「どこがいいの?」
「いや」
「じゃあ止めちゃうよ」
「いやん、ああ〜ん」
「ちゃんと言ってごらん」
「オ○ンコ」
「もう一度」
「オ○ンコ、いい〜ん」
「涼子さん、僕もイキそうだよ」
「いっしょに、いっしょに」
「どこに出してほしい?」
「中に、中に出して〜ん」
2人同時に果てました。
「親父とどっちが良かった?」
「そんなこと言えない、バカ」
「言ってごらんよ」
「……」
私は彼女のオ○ンコの中で、まだピクンピクンしているチン棒を抜きました。
すると彼女はそれを咥えて、綺麗にしてくれました。
「これが返事。あなたのお父さんにはした事がないのよ」
その後、俺の部屋に行き、朝まで3回やりまくりました。彼女は
「腰が抜けてたてな〜い」
と言って7〜8回イッたらしい。
朝、涼子さんが私の腕枕で寝ている時、電話が鳴り、私はびっくりして飛び起
きました。父は帰らぬ人となっていたのです。
ようやく落ち着きを取り戻した3ヶ月後、彼女は妊娠していました。
私の子です。2人でよく話し合って、産むことにしました。
彼女は一旦、我が家から籍を抜き、改めて私と入籍することにしたのです。
今年の1月に、娘が生れました。入籍はまだしていませんが、子供が生れたこ
ともあり、近々入籍する予定です。これからは、父の分まで彼女を愛し、中出
ししまくって子孫を残すぞ〜

466 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/24(土) 07:22
test

467 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/24(土) 08:26
休日はもっと興奮させてください。

468 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/24(土) 09:06
僕は、28歳。結婚して3年になります。
こないだの事です。職場の人の花見があり、夕方五時過ぎから家族同伴で花見
が始まりました。みんな久しぶりに騒げるので張り切り、飲めや歌えの大騒ぎ
でした。僕も嫁さんを連れて来ていましたが、盛り上がり、誰がどこにいるの
か分からない状態でした。
そして、七時を回った頃、僕より五つ先輩の同僚がベロベロになり、なぜか僕
が送って行く羽目になりました。仕方なくタクシーに乗せ、奥さんと僕と嫁さ
んの四人でタクシーに乗り、家に向かいました。
途中で嫁さんを降ろし、先輩の家まで行きました。
家に着いて、先輩を二階まで上げ、服を脱がし、布団に寝かせました。
奥さんは大変恐縮して
「ごめんなさいね、だらしない人で困ります、ありがとう」
と何度も謝りました。
「いいえ、先輩には、いつもお世話になっていますから」
と言うと
「すっかり、酔いが醒めちゃったでしょう、用意しますから飲み直しましょう」
と一階の居間に通されました。僕は一応断りましたが、奥さんの魅力に負け、
御馳走になる事にしました、部屋にはまだ炬燵がありました。
奥さんは旦那より二つ年上の35歳。色白のポッチャリ系で、白都真理に似てい
て、なかなかの美人です。
おつまみとお酒を用意して 炬燵を挟んで差し向かいで飲みました。
僕の事や嫁さんの事も聞かれ、ついお酒が進みました。
そのうち、奥さんも少し酔って来たのか、目が少しトローンとして、余計に色
っぽく見え始めました。僕は素直に、
「奥さん、お酒が入ると色っぽくなりますねー」
と言うと
「まぁ、恥ずかしい、そんな事言わないで、おばさんなのに」
と、益々可愛い顔になり、色んな話から下ネタに入り
「3年目ね、今が一番良い時でしょう、毎日励んでいますか」
と聞かれ、
「いいえ、もうそんな時期は過ぎました。奥さんのように魅力的な人だと頑張
れるかも知れませんが」
と言うと、奥さんはとっても喜んだ表情で
「まぁー、年寄りをからかってはいけませんよー」
と笑ってました。そして、話をしながら飲んでいるうちに、僕の足が奥さんの
膝小僧に当たりました。二人でドキッとしましたが、奥さんがそのままでいる
ので、僕も当たったままでいました。膝小僧くらいいいだろう、とそんな気持
ちもありました。
でも奥さんは何を思ったのか、
「テレビでも付けましょう」
とテレビを付け、元の位置に座りました。僕もすぐ奥さんの膝小僧に足を付け
ると、奥さんは足を少し開きました。僕はすぐ足を探しました。すると、今度
は太股に触る感触があり、何度か擦ってたしかめると、奥さんは、ただじーっ
とテレビを見ているだけで、足を引く気配がありません。
ここまですると、もう押さえる事が出来ません。
僕はすかさず隣に移動して、無言のまま奥さんの足に手を置き、黙っているの
を良い事に、上に上に移動して、とうとうパンティラインまで来ました。そし
て、パンティの横をずらし、指を入れました。
奥さんの顔が少し苦しそうに変わりましたが、相変わらずテレビを見ている振
りをします。僕の指は穴の中で遊び、クリチャンをくすぐっていると、奥さん
の中は大洪水になりました。その時、
「ちょっと、待って、二階の人を見てくるから」
と二階に上がって行きました、やっぱり逃げられたと思い、諦めました。
下に降りて来ません。僕は困り、帰ろうと思っている時、奥さんが降りて来ま
した。そして、
「よーく寝ていて、いびきをかいて寝ています」
と言って石鹸の匂いがプーンとしました。そうです。奥さんはシャワーを浴び
ていたのです。そして、僕の側に座り、今度は積極的にキスを求め、自ら身体
を開いてくれました。もうパンティも穿いていません。僕は慌ててズボンを脱
ぎ、奥さんに重なると
「して。思いっきり、して」
と耳元で囁き、僕は頑張りました。
奥さんはもの凄くいい顔をして悶え、最高のセックスを教えて貰いました。
僕は奥さんが果てるのを見定めて、果てました。
その時初めて、「偉い事をしてしまった」と思いました。先輩の奥さんとこん
な関係になったと。
でも、それ以後も奥さんとの関係は続き、先輩の留守を見計らっては家に行き、
奥さんのベットで色々と教え、教えられています。
最高の奥さんです。

469 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/24(土) 09:39
やりたいです。

470 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/24(土) 11:30
うらやましいでつ

471 名前: リズム 投稿日: 2003/05/24(土) 13:50
うっ

472 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/25(日) 05:31
佐知子。
43歳で、鉄工所を営む社長夫人で、子供が2人。私が仕事をお願いしている鉄
工所の社長夫人で、よく事務所ではお会いしていたんですが、周りに事務員さ
んや従業員の方々が居られたので、なかなか親密にお話する機会がありません
でした。
ある日、仕事のお願いに会社に伺った時に、社長は出張で九州に行っており、
事務所には奥さんと事務員さんだけでした。
奥さんは、いつも午後2時過ぎには会社をあとにして、家事をしに家へ帰られ
ます。そのころを見計らって1時30分頃会社に行ったんですが、社長がいてな
いのが判り、今日がチャンスかなって内心思ったんですが、どうやって接触し
ようか考えていると、夫人が帰られるとき、鉄骨を積んだトレーラーが会社の
敷地に入って来たため、婦人の自動車が出せなくなって困っておられました。
私の車は来客用のスペースに止めてあったので、すぐ動かせるようでした。
「奥さん、車出せないんですか」
って言うと
「そうなの、困ったわ、銀行に行かなくっちゃいけないのに」
私は(よしゃ、今日はついてる)と思い、
「じゃあどうです、僕の車で送りましょうか。ちょうど駅前は帰り道ですし、
良ければお送りしますよ」
「ほんと、助かるわ」
「いいですよ、いつも無理なお願いばかりしてるんですから。どうぞ乗って下
さい」
「ごめんなさいね、じゃお言葉に甘えてお願いするわ」
「どこの銀行ですか?」
なんて通り一辺倒の事を話ながら車を走らせました。銀行に着いてから
「待ってますから、行って来て下さい。帰りが大変でしょう?」
って言うと
「いいわよ、そこまで甘えちゃうといけないわ」
「いいですよ、ここから帰りが大変でしょ、今日は僕もこのあと暇ですし」
「そうね、悪いわね、じゃ後でお茶ごちそうするわ。すぐ済むからちょっと待
っててね」
って言って、彼女は銀行に入って行きました。その後ろ姿を見ながら、どうや
って落とすか考えると、ズボンの中で愚息の裏筋あたりがぴくぴくしてきて、
(今日は絶対食ってやる!)って気合いが入ってきました。
10分くらいしてから彼女が銀行から出てきたので、再び車を走らせながら、
「ご自宅はどっちの方向でしたっけ」
って聞くと
「もう帰っちゃうの? せっかくなんだから、どっかドライブしてお茶しない」
「いいですよ」

473 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/25(日) 13:17
途中ですみませんけど、
(今日は絶対食ってやる!)・・・・・これは女の言葉でつ!
(今日は絶対垂らしてやる!)・・・どう?

474 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/25(日) 13:22
車を走らせながら、話をお得意の下ネタに持っていき、
「社長は今でもよく飲みに出かけておられるんですか?」
「そうね、相変わらず週に2、3回は」
「いいですね、で、いつも帰りは遅いんですか」
「いつも午前様、2時か3時くらいかしら」
「じゃあ、社長との夜の営みは出来ないじゃないですか」
「いや〜ね」
「週1くらいですか」
「なに言ってんのよ、そんなにあるわけないじゃない。3ヶ月に1回くらいよ、
良くたって」
「ほんとに? よくそんなんで、我慢できますね、奥さん淡泊なんですか」
「我慢出来るわけないじゃない、淡泊なんかじゃないし」
「じゃ、どうしてるんですか」
「え、バカ! 何を聞くの」
「いや〜、ちょっと興味があったもんで。え! 浮気とかしてるんですか」
「なに馬鹿なこと言ってんの、そんなことしてばれたら大変じゃない。それに
会社に2時までいてると、そんな暇ないわよ」
「じゃあ、オナニーですか」
「……違うわよ」
「オナニーだけで満足出来ますか?」
って言いながら、車を人気の少ない河の堤防に止めました。
「そんなことしてないって」
「ウソ。奥さんは、きっとオナニーなんかじゃ満足出来てないはずです。いつ
も僕を見てる目がちがうもん」
「何言ってんの」
「僕、前から奥さんのことすごく魅力的な方だな〜って思ってたんですよ」
って太股の辺りをさわりながら言うと
「やめて、こんなおばさん相手に」
「おばさんじゃない、熟女ですよ。その証拠に、こんなにスケベーな太股して
る」
と言いながら、スカートの奥に手を突っ込んで行きます。
「ああ、やめて、そんなこと」
「こうしてるだけで、こんなに硬くなってきてるんですよ、ほら」
彼女の右手をズボンの上から、チンポの上に持って行くと
「はあ、はあ、ああ、やめて」
って言いながら、右手はチンポを掴んだまま離れません。
「久しぶりでしょ、こんなに固いチンポは。どうです、欲しくないですか」
「ああ、でも、だめ」
「どうです? こんなチンポ」
と言ってそのままズボンの前をあけて、チンポを出すと、奥さんの目は釘付け
になり
「ああ、もう、我慢できない、欲しい」
と言ってパックリとくわえてきました。
「奥さん、したかったんでしょ」
「うん、したかった」
「そこのホテルに行ってゆっくりしましょうか」
彼女が無言でいたので車を動かし、近くに見えているホテルに入りました。
車を降りて、部屋を選んでエレベータに乗り、キスをすると彼女から舌を入れ
てきて、右手でチンポのある場所をまさぐって来たのです。
部屋に入ってソファーに座ると、すぐズボンとパンツを脱がされ、フェラチオ
が始まりました。
「そんなに欲しかったんですか、奥さん」
「欲しかったの」
「じゃ、いっぱいしゃぶって下さい」
15分ほどフェラされて、いきそうになったので
「今度は、僕がして上げますよ」
って言って、裸になってベットに行くと、彼女も服を脱ぎ、薄いブルーのブラ
ジャーとパンティだけになり、ベットに入って来ました。
ぼくはブラジャーを取り、結構大きな胸を鷲掴みにして揉みながら、耳を舐め、
首筋を舐め、そして大きく尖ってきた乳首を吸いました。
「はああ、ああ、ああ、気持ちいい」
「奥さん、我慢できないときは本当どうしてるんですか?」
「ああ、ああ、聞かないで」
「教えてくれないと、やめちゃいますよ」
「いや、やめないで、一人で」
「一人で、何です? ちゃんと言って下さい」
「はあ、はあ、はあ、ああああ、一人で、オナニーしてます、ああああ」
「何を想像しながらオナニーしてるんですか?」
「ああ、恥ずかしい、あなたに抱かれてるところを想像しながら……」
「僕を?」
「そう、あなたみたいに、体が大きくて、がっしりした方に抱かれたいな〜っ
て、いつも思ってたの」
「そうなんですか。言ってくれれば、いつでもOKやったのに」
そんなことを言いながらパンティの横から指を入れると、そこはもうビチョビ
チョでした。
「奥さん、もうすごく濡れてるじゃないですか」

475 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/25(日) 13:23
「いや、車の中で、いやらしいことするんですもの」
「いやらしいことしたのは、奥さんでしょ、いきなり僕のチンポをしゃぶって」
「いや〜ん、あなたが出すんですもの、我慢できなくなって、ああ、あああ」
「スケベエな奥さんですね。スケベエついでに奥さんにお願いがあるんですよ」
「なに、はあはあ、んんんん」
「奥さんのオナニーしてるところを見てみたいんですよ」
「いや、そんなこと。恥ずかしい。あなたがいてるんだから、貴方がして」
「だめ。見せて、オナニーしてるとこ。僕を想像しながらしてるとこ」
って言いながら体を離していきました。
そして、ソファーに座ってたばこを吸いながら
「僕はここで見てますから、オナニーして下さい。見られながらのオナニーも
感じますよ、きっと」
「ああ、いやあ! 貴方がして、あああ、はあっはあ、んんんん」
「だめ。オナニーでいくまで何にもしてあげません」
「ああ、後でちゃんとしてくれる?」
「最初はパンティの上から触って下さい。僕がいいって言うまで、じかに触っ
てはいけませんよ」
「ああ、どうして」
「ほら〜、パンティのあそこの部分だけが、色が変わって来て濡れてるのがよ
く判りますよ」
「いや、恥ずかしい、ああ、あん」
「もう我慢が出来ないでしょ。直接触りたいでしょ。どうです」
「はい、ああ、触りたい、我慢できない、触っていい?」
「どこを触りたいんですか」
「いあ、クリトリスを、ああ」
「じゃ触っていいですよ、パンティも脱いでじかに触って」
「ああ、ああ、気持いい、あああ、最高、見てる、見てる」
「いくまで続けて下さい、僕は見てるから。我慢できなくなったら、オメコに
指を入れてもいいですよ」
「ああ、んん、だめ、気持いい、もう、もう、だめ」
「いやらしい指ですね。いつもそうやってオナニーしてるんですね。ほら、い
っぱい出てきてますよ、奥さんのいやらしいオメコの汁が」
「いや、見ないで、いや、見ないで、だめ、もういく、いく、いく〜う……」
「奥さん、いつもこうやってオナニーしてるんですね」
「ああ、ちょうだい、貴方のチンポ、はやくちょうだい」
「ほら、これが欲しかったんでしょ」
「そう。入れて。はやく、もう我慢できないの、はやく」
「スケベエな奥さんですね。ほら、オメコ自分で広げて。入れてやるから」
「ああ、こう? あああ、入った、あああ、気持いい。あ、あ、あ」
「どこが気持いいんですか?」
「オメコ、ああああ、オメコが気持いい、いい、いい、いい、そこ、そこ、だ
め、もう、いきそう、いいい、いく、いく、いきそう」
「おれもいくぞ、いいか、どこに欲しい」
「あ、もうだめ、顔に、口に、ああ口にだして……いく、いく、いく、いく、
いく〜ん」
この人妻とは、月に2、3回電話がかかってきて、ホテルに行っています。
最近では、僕が喜ぶと思ってか、結構派手な下着をはいて来るようになりまし
た。

476 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/26(月) 03:45
オナニーで射精しました!

477 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/26(月) 03:53
ここは戦国時代の話をするところではなかったのか?武田信玄や織田信長
徳川家康等等の逸話や戦略そしてもし先物があればという設定での会話を
するところであったのがいつの間にかエロスレになっている!
もっと真面目に語り合おうじゃないですか。

478 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/26(月) 08:45
>>477
そうですね。それでは昔の頃の不倫について語ってみます。
昔は町人でも不倫していて見つかるとそのまま殺されても文句は言えなかった。
また役人に捕まっても打ち首だったのでいくらいい女でも不倫となると
躊躇したと思う。文字通り命を懸けた恋という訳である。

479 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/26(月) 11:47
昔のことでもいいけどエロイのお願い!毎日昼休みに会社のトイレで抜く癖がついて
しまい興奮するものが欲しいんです。

480 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/28(水) 03:28
age

481 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/28(水) 22:17
ここは戦国時代の話をするところであったのか?武田信玄や織田信長
徳川家康等等の逸物や戦略そしてもし先物があればという設定でのエロ会話を
するところであったのがいつの間にかエロスレになっている!
もっと不真面目に語り合おうじゃないですか。

482 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/28(水) 22:51
幼稚園の頃、風邪を引いて家で寝てたら、めっちゃ暇で、なんとなくパンツに手を入れていた。
そしたら栗なるもの(あとになってわかったのだけど)を発見。
なんか、面白い形だから、つねったりこすったりしていたら、
気持ちよくなってきて、そのうち
体がジンとしびれて、それ以上触れなくなった。
今思えば、それが私の初逝き。
それ以来、栗に目覚めてしまった。
穴に気付いたのはさすがに小5くらい。
これまた風邪で寝ているとき。
でも、指を入れる知識はまだ無かった。
指を入れたのでは中2、SEXに対して知識がついてきた頃。
思いきって入れてみたけど、あんまり気持ちよくなかった上に痛くて
処女膜を傷つけてしまった。
出血。
でも、相変わらずオナニーはしていた。
そのうちペンとかのりを入れるように…
高1で初体験。
でも、もちろん血は出なかった。
あまり、痛くなかったけれど、痛い振りをした。
彼も童貞だったので
「処女でも血が出ない人もいるみたいだから
気にしてないよ」と、言ってくれた。

なんがか悲しい気もする…

483 名前: リズム 投稿日: 2003/05/28(水) 23:19
男にはわからない^^

484 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/29(木) 03:38
家康のチンボは太くて黒光りを放っていたそうな!

485 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/29(木) 10:47
うっかりこすると静電気がおきそうですね

486 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/29(木) 11:08
ああん!もう我慢できないわ〜
その太いのちょうだい〜

じゃあいくぞ!
おりゃ!

ばちばち!(静電気の放電音)

逝く〜!

ってか?

487 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/29(木) 11:12
すみません場中なのにsageるの忘れました。

488 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/29(木) 13:15
ダッチワイフ

昔のことでスマンが、このときはマジ不運だった。
とりあえず話を聞いてくれ。

忘れもしない、俺が中3の春。
ネットで購入した「ダッチワイフ」と初めて交わったあの日、
あまりの気持ち良さに連続射精で体力の限界に達してしまい、
逝くと同時に挿入したままワイフに覆いかぶさった状態で
眠ってしまったんだ…。
翌日、いつものように母親が俺を起こしに来た時、間一髪
布団でワイフを隠したんだが、ワイフの長い髪が布団からはみ出し、
明らかに2人分の膨らみを帯びた布団を見て、
母親「だ、だ、誰?」
俺「と、友達・・・」
母親「お父さーん!お父さーん!」
30秒後・・・。父親に布団をめくりあげられ、素っ裸でワイフを
紹介したんだ・・・。

489 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/29(木) 13:25
続編です。

そしたら、父親は俺にいいました。
「私にも貸してみなさい」
終わったあとで俺にいいました。
「お母さんよりも、気持ちいい!」・・・・・だって。

490 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/29(木) 17:51
面白い!、つい爆笑してしまった。
488さん、ごめんね

491 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/30(金) 12:24
オナニーしようと思ってのぞいたけどおかずが無いです。おかず無しでは
飛びがいまいちなので毎日お願いします。

492 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/30(金) 12:52
これで逝けますか?
            ヘ-+------+--+-----+ヽ_
          /:::|:::::::|:::::::::::::/::::::/::::::::::::::/:::::::/`\_
       / ̄\::::::|:::::/:::......-―――--..........__/:::::::::::::::\
   ┌ー ̄::::::::::::ヽ::|:::..-^ ̄            ^ ヽ、:::::::::\
   ヽ::::::::::::::::::::::::::::/                  \::::::::ヽ
    ヽ:::::::::::::::::::::::/             ::::       \:::::ヽ
    ヽ::::::::::::::::::/              ::::::::        \::::|_
     ):::::::::::::::|              ::::*:::::        ヽ:|::::ヽ
     /::::::::::::::::|              ::;;;;:          l::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::|             ノ::ii:ヽ::          l::::::::::|
    |::::::::::::::::::::|            /::::;リ:::l::::         |::::::::::::|
    |:::::::::::::::::::::l           ...l::::;リ:::/::         /:::::::::::::|
    .|::::::::::::::::::::::l          . /:ア/:::        /:::::::::::::::i
    l:::::::::::::::::::::::::l          ./::`^:::::        /:::::::::::::::::/
    ヽ::::::::::::::::::::::::l         /::::::::::        /:::::::::::::::::::/
     /:::::::::::::::::::::::l        /:::::::::::::      /::::::::::::::::::::::/
     /::::::::::::::::::::::::i __-ー--=;;;::::::::::::::  ....::::/:::::::::::::::::::::::/
    ./:::::::::::::::::::::::::::i":::::::::::::::  ヾ─ 、/"ヽ:/::::::::::::::::::::::::::::l
     ヽ::::::::::::::::::::::丶::::::::::   /   il   .ヽ:::::::::::::::::::::::::::/
       \::::::::::::::::::::ヽ:::::::  /    l !    ヽ:::::::::::::::::::/
         ii::::::::::::::::::` -::-/     / .i     ヽ::::::::/
          ----- ̄丶/     lヽ       ヽ/
                /      l ^ヽ..      ヽ
                /      l   ヽ      .ヽ
               l       .l    ヽ      /
               丶      l     ヽ      .l
               ヽ      l     l     /
                ヽ___../      .ヽ---/

493 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/30(金) 12:53
いけね! あげちまった。スマソ!

494 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/05/30(金) 19:36
ここは、嘘をつくフルコミ、コテハンがいないから好き!
ええかっこしいのニセ学者がいないから好き!
正直なところ、人間みんな、ドスケベさ!

ここに来ると人に対する信頼が回復しまス。
みんなカネとセックスが好きなのネ〜

495 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/01(日) 18:49
age

496 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/01(日) 18:56

最近、エステサロンとか言って実は、ヘルスのようなことをやってるところが
多い。普通は新宿とかの盛り場にあるのですが、近所でいいとこをみつけまし
た。
私のアパートは中央線某駅から歩くのですが、通り道で発見した小さなマンシ
ョンの前の看板。たまにおばさん達が出入りするのが見られたのですが、この
間、客を送り出しに出てきた店のお姉さんを見て、私も行ってみたくなった。
身長が170cmほど、細みで、顔は外人のようで、年は30ちょっとか?
電話で、男も大丈夫かを確認、予約を取り平日に代休を取って、昼過ぎに店に
行ってみた。部屋の中は暖房がガンガンに効いていて、お姉さんは、夏物みた
いな胸元の空いたワンピースにピンクのエプロンをしていて、お茶を出してく
れた時にかなり際どいところまで胸が見える。向いに座ると、パンツもほとん
ど見えそう。ずいぶん挑発的な雰囲気で期待充満。
まず、簡単なアンケートを書かされてカウンセリングとコースの説明から。
「うちはフェイシャルやボディのエステから、カイロプラチックまで色々あり
まして」
というので30分3千円のボディマッサージを頼む。
「服を全部脱いで、これに着替えて下さい」
と渡されたのは、前後にチャックの着いたひざ丈程の頭からかぶるビニールの
もの。普通のマンションなので、着替えは、入り口からすぐのところの風呂の
脱衣所。風俗なら堂々と素っ裸になれるのだが、ここはそうでもなさそうなの
で、何か変。
ごついクロームメッキの台にうつ伏せに横になると、背中のチャックが開けら
れ、毛布を下半身にかけ、お姉さんは手にぬるぬるする油のようなものを取り、
マッサージを始める。
「お仕事は何なさってるんですか?」
などと世間話を始めるが、手は尻の肉を揉んだりする。仰向けになる時には当
然ちんこ半立ち。前のチャックがへその下まで降ろされ、タオルと毛布をを下
腹にかけられたが、角度によってはお姉さんに私のあそこは丸見えだったはず。
それでも構わず手は胸から始まり、腹におりてくる。
「お腹の筋肉が硬くなってますね」
等と言いながら平然とタオルをずらし、へその下まで揉んで来て、もはや全立
ちのちんこの先にちょっと手が触る。
「あら、ごめんなさい」
と言いながら顔は笑ってる。
「独身の男性は大変よね。私もバツイチだから気持ちが分かるわ」
等といかにも年上の経験豊かな女性が言いそうなこと言いながら、尚も下腹を
マッサージし続ける。この時はここで終わり。しかし、私は脈ありと思い、続
けて通う。
そして、ついにそれから3度目。お姉さんは言う。
「ほんとはあたし、離婚してからお金をためるのにそう言うところで1年働い
てたの。可哀想だから、手で良かったらしてあげる」
やった! お姉さんは手にいつものオイルをつけると手慣れた様子でちんこを
しごき、あっという間に私は行ってしまう。
これで満足する私ではない。
続けて何度も通い、泣き落しで、ある日ついにオーケーをとった。
「一回だけよ、次からはだめよ」
と念を押されたがやってしまえばこっちのもの。狭いユニットバスに入ると私
はすぐに素っ裸。お姉さんはパンティをするっと脱ぎ、ワンピースの裾をまく
ると、自分のあそこにオイルを塗り、洗面台に片手をつき、尻をこちらに突き
出し、もう一方の手で私のちんこを自分のあそこにあてがう。
真っ昼間にふつうのマンションの一室、それも部屋のカーテンは開けっ放しと
言う状態で、風呂場にこもってこんな事してる。お姉さんのあそこの締まりの
良さもあって、最高の快感。
やっぱ、Hは30過ぎの年増に限る。

497 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/02(月) 07:55
チンボがたってきました

498 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/02(月) 09:37
>>496
概出ですた、残念!

499 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/02(月) 11:46
僕は中、高男子校だったので女性の知り合いは、4歳年上の従姉だけでした。
お互い一人っ子でよく遊びに行きました。
こないだ、高校を卒業して従姉の家に泊まったとき、従姉に女友達の事を聞か
れ、いないと言ったら、
「もしかして童貞なの」
と言われました。従姉は僕が18になってもう経験していると思い、女友達の話
を聞きたかったらしく、恥ずかしい思いをしました。
従姉の初体験は中3の時だったそうです。
僕は従姉にやらせてと頼んだら、
「18歳になったし、いいよ」
とOKしてくれました。
夜中に従姉の部屋に行くと、最初にキスされました。僕はただ堅くなって、心
臓がドクンドクンなってしまいました。従姉も僕が緊張しているのを見て、
「ほんとに初めてなんだ」
と言われました。従姉は僕の手を、おっぱいの方へもっていき、パジャマの上
から触らせてくれました。従姉は自分で大きくないと言ってましたが、僕には
十分でした。
僕はパンツを脱いで初めて女性にちんこを見せ、従姉は撫ではじめました。僕
はいきなり出てしまい、従姉に「早いよ」と言われました。お互い全裸になっ
て僕は従姉の体の隅々を舐め触りました。従姉に挿入して、途中イキそうにな
ってからゴムをつけイキました。
2発以降は従姉にされるがままになり、僕はぐったりしました。その晩のみの
体験で今度またゴールデンウィークに行く事になり、やらせてくれることを約
束してくれました。
従姉との初体験以降、思い出しながらオナニーし、連続で保つように鍛えてま
す。

500 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/02(月) 16:39
私の初体験は高2の時。22歳の姉の親友だった。
その日は家で姉とその友人の今日子さんは深夜まで酒を飲んで姉の部屋で話をしていた。
姉に氷を持ってくるように言われた私は氷を持っていった。
今日子さんが「一緒にお話しようよ」と誘われ二人の話に入いった。
どうゆう訳か私の話になった。「彼女いるの?」「こいつにいるわけないじゃん」(姉)
「じゃあ童貞くん?あはっ」「毎日オナニーなんかするの?」「オチンチン剥けてんの?」
もう2人は酔っているので過激に私に質問してきました。
姉がトイレに行った時今日子さんが耳元で囁きました。
「童貞くん!卒業させたげるね。うふッ」ドキッとしました。
今まで意識していなかったのですが、今日子さんはミニのタイトスカートを履いていたのです。
姉がトイレから帰ってもドキドキしていて、それを悟ったのか今日子さんは、私に見えるように足を開いて見せるのです。
少しずつ自分のあそこが熱くなるのを感じ、堪らずトイレに立ちました。
トイレはしたくなかったのですがトイレに入り深呼吸をしてトイレを出ました。
するとトイレの前に今日子さんが立っていました。するといきなり「悪い事してなかった?」と私のあそこをズボンの上から握ってきました。
「止めて下さい」「だめよ出しちゃ。私が出したげるんだから」もう爆発寸前でした。
時間は流れ深夜2時ごろ今日子さんが姉の部屋に泊まる事になり、もう寝ようという事になりました。
私は先にシャワーを浴びて自分の部屋に入って寝ていました。すっかり今日子さんの言葉を忘れて。
すると私の部屋に今日子さんが入ってきたのです。「童貞くん!約束通り来ましたよ〜」
言葉も出ませんでした。今日子さんは私のベットの中に入って来ていきなり私の寝間着を脱がせチンチンを咥えました。
あまりの気持ち良さにあっという間に果ててしまいました。
今日子さんは顔を上げ笑いながら口の中の物を飲み込んでしまいました。
「まだまだこれからよ〜」とまたチンチンを触ってきました。すぐに私もビンビンになりました。
今日子さんは何も言わず挿入しました。すでに今日子さんのアソコは濡れ濡れでヌルッと入ってしまいました。
今日子さんの中は生暖かく時折クックッと締め付けるのです。こんなに気持ち良いとは思いませんでした。
しばらくすると今日子さんが「後ろから入れてみて」とお尻を突き出しました。
言われる通り後ろから今日子さんの割れ目に入れました。「良いわぁ〜出し入れして!」「あっ早く!」
ともう必死で腰を振りました。初めてなので腰を振り過ぎてチンチンが抜けてしまい慌てて一気に入れ直したんです。
「いやっ。そこ。ちがう!」なんと私は今日子さんのアヌスに入れてしまったのです。すでに今日子さんは多量の卑らしい液を出していたのでスンナリ入ってしまったのです。
私は判らず必死にまた腰を振りました。「いやっ、アッ、ウ〜ン、ハアァ」
ググッとチンチンを締め付けられ「いく〜ん。中に出して良いよ。あ〜」と今日子さんが言うと同時に私もいってしまいました。
抜いた時にはじめて今日子さんのアヌスに入れていたのが判り、ちょっとウンチの匂いがしました。
「もう。私も処女奪われちゃった。うふ。あなたの虜になりそうよ」
「ちゃんとおチンチン洗ってね」と今日子さんは部屋を出て行きました。
童貞喪失とアナルセックス初体験でした。以後私がAFにハマッタのは言うまでもない。

501 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/02(月) 21:03
>>500
おもろいネタありがとう(^^;
勃起するというより、藁ってしまいますた・・・

502 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 01:27
>>496大発見ですね!僕も探してみます。

503 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 13:00

親戚の美也子おばさん(38)に欲情しています。
気になり始めたのは、去年ぐらいからです。眼鏡をかけた顔が実はけっこう美
人で、ぴっちりした服とかを着ているところを見て、出ているところは出てい
ることに気づいたのでした。
先週もうちにやってきて、お茶を飲んで帰っていきましたが、短めのスカート
で、膝上ぐらいからムチムチした脚が丸出しで、思わず勃起してしまいました。
今年の初めには、なんと、おばさん宅の脱衣かごからパンティを見つけること
ができ、美也子おばさんのオシッコのシミの匂いを嗅ぐことが出来ました。
できれば拝借したかったのですが、勇気がなくて、できませんでした。
今は、あの匂いを思い出しながら、美也子おばさんのオマンコを想像しながら、
しこしこしています。
いつか近いうちにおばさんに告白して、美也子おばさんのオマンコや尻の穴を
気がすむまで、なめ回してみたいです。もちろん、コンドームをつけずに挿入
して、ためていた精液をおもいっきり、美也子おばさんの膣の中にぶちまけた
いです。

504 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 13:18
初々しいでつね。

505 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 13:33
>>503
俺も同じことしたいっす!やったあと俺にもやらせてくれないですか?

506 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 15:44
いやです

507 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 16:26
そこを何とか!

508 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 16:40
おねがい!

509 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 16:40
だめです

510 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 22:44
 僕は25歳のサラリーマンである。毎日電車にゆられる事30分、会社に出勤する。会社では同僚に慕われるほど真面目にバリバリ働いている。私生活では結婚3年目でそろそろ新婚ラブラブ生活とはおさらばな時期にきている。
 そんなある日事件は起こった・・・・。

 その日はとんでもない豪雨の日だった。
 僕はいつも通りに満員電車にゆられていた。するといつもは見た事のない女子高生グループ4人が乗ってきた。たまたまドアの近くに立っていた僕のすぐ前に位置どった。
「ちょ〜雨スゴクな〜い?しかも遅刻だし〜、マジ最低!!」
 4人の中でリーダーっぽい子が言った。しかも車内にいる人達全員に聞こえるほどの大きな声だ。
「だよね〜、今日は朝から最悪だよ!」
 他の女子高生達も話しだす。
 その会話の中でリーダーっぽい子の名前はりょうこというのがわかった。
 その女子高生達は声はでかいし携帯で電話はするしで明かに迷惑である。
 しかし僕は気にせずに本を読んでいた。本のページをめくったその時だった!!僕の持っていた雨でびしょびしょになったが傘が、りょうこのミニスカートで露出されたふととももをなでた。
「え、痴漢!?」
 かなりビックリした様子でりょうこが言った。
「マジ〜?誰、誰??」
 他の女子高生達が言った。
「この人!傘でつつかれた〜!足がびしょぬれだよぉ」
 りょうこが軽蔑の目で僕を見た。
「違いますよ!たまたまあったっただけです!わざとじゃないですよ」
 僕は必死に誤解をとこうと必死になった。
「ってゆうか、いいわけってウザくな〜い?」
 りょうこはあいかわらず軽蔑の目で僕を見ながら他の女子高生達に言った。
「マジウザいよね〜、はっきり言えって感じ」
 他の女子高生達も僕を軽蔑の目で見た。さらに周りの人達も同じく軽蔑の目で僕を見ていた。僕は顔から火がでそうなくらい恥ずかしかった。それと同時にりょうこへの怒りの感情があふれだしてきた。僕はりょうこへの復讐を誓った。

511 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 22:45
 根にもつタイプの僕はりょうこへの怒りを覚えたまま、一ヶ月が経った・・・。
 七月の上旬、僕に復讐のチャンスが訪れた。
 僕はいつものように電車に乗っていると、なんとりょうこが一人で乗ってきたのだ。しかも一ヶ月前と同じくドアのそばに立っていた僕の前にきた。その日はいつにも増して車内は混雑していた。りょうこは僕の事には気ずいていない様子だった。
 僕は一ヶ月前の怒りがこみ上げてきた!その時だった、反対のドアから客がドッと入ってきて僕がりょうこをドアに押しつける形になった。りょうこのプリッとしたお尻が僕の股間に密着している。さらに香水の良い香りで僕は天国にいるのかと錯覚するほどだった。

512 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 22:45
 さ〜て復讐の始まりだ!!覚悟しろよ。
 まずは手始めにミニスカートの上からお尻を触った。
 さすがは現役の女子高生のお尻である!なんて張りのあるお尻だろうか。
「や、やめてください・・・」
 友達がいないせいかりょうこは消極的である。
 気をよくした僕はミニスカートの中に手を入れた。
「あ、そんな・・・だめです」
 りょうこは僕の手をどけようと試みたが車内は大変混んでいて身動きがほとんどとれない。僕はさらにパンツの中に手を入れた。
 僕の手はお尻から序々にりょうこの秘部へと入っていく。
 りょうこの秘部はすでにぬれていた。さらに奥へ手をすべりこませ、クリト○スを軽くなでた。
「あぁん・・・」
 りょうこは我慢できなかったのか蚊の泣くような声がもれた。
「感じてるのか?」
 僕は小声でりょうこに聞いた。
「・・・やめて下さいよ」
 りょうこは僕をにらみながら言った。
 それを見た僕は一ヶ月前の屈辱を思い出し怒りがこみあげてきた。ミニスカートのファスナーをサッと下げ、スカートをおろしてやった。
「・・・・!?」
 りょうこはここで声をだしたらみんなに見られると思ったのか、驚いた様子を見せたが声は出さなかった。ピンクのチェックのパンツがあらわになった。
 パンツの上から秘部を刺激した。りょうこの秘部がどんどんぬれていくのがはっきりと分かった。さらに僕はりょうこのブラウスのボタンを一つずつはずした。
 パンツとペアのピンクのブラがだった。さらにブラをはずしツンと張った胸をやさしくもんだ。
「あ・・・ん・・・」
 りょうこの目はトロンとして女の目になっていた。
 まだ誰にも触られた事のないようなピンクの乳首はかたく立っていた。
 その乳首を人差し指でコリコリするとりょうこは小刻みにふるえるほど感じてしまっていた。僕はりょうこの手を僕の股間にもっていきかたくなったち○こを触らせた。
「スゴイ!かたくておっきいの!」
 りょうこは僕のち○こをさすりだした。なぜか手慣れたようすだった。
 しばらくすると電車が駅に停まった。この駅では停まらないはずだったが、先の踏切で事故があったみたいで緊急停止したらしい。
 ホームには通勤のサラリーマンや高校生であふれていた。ある高校生がりょうこに気ずいた!!ずっとこっちを見ている。それは当たり前であった。女子高生が裸で電車に乗っていたら誰だって見るはずである。
「みんながこっちを見てるぞ!」
 りょうこに言った。
「いや、恥ずかしいよぉ」
 りょうこの顔は真っ赤である。僕はおかまいなしにりょうこの胸をもんだ。ホームには人だかりができていた。
「あんっ、みんなに見られてドキドキするよぉ。もう我慢できないよぉ、いれてぇ〜」
 りょうこの秘部はもうあふれんばかりのマ○汁でビショビショだった。
 バックから僕のち○こがズボッと一気に入った。
「あぁんっ!!」
 ぐちゃぐちゃといやらしい音をたててピストン運動をする。
「いや・・・あ・・・ん・・・」
 りょうこの感じてる顔がホームの人達に見られる。するとりょうこはさらにぬれてくる。
「もっと、もっと激しくぅ〜〜」
 りょうこはすでに壊れている様子。すでに車内でも注目をあびていた。
「見て見て!なんなもっと見て〜。あぁん!」
 僕ももう限界になった。ピストン運動が激しくなった。
「いやぁぁぁ、いくぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ」
 ぴゅっ!!僕とりょうこは一緒にイッしまった。その後りょうこと不倫関係になったのは言うまでもないだろう・・・

513 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 23:23
さらにもう一丁

514 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 23:24
 夜、仕事を終え一人住宅街を歩いていた。いつもなら自転車だが、今日に限って歩き
だった。
「あ〜あ、いつもは自転車だから気にならないけど、この辺ってけっこう暗くて不気味なのよね。怖いから早く通り過ぎようっと」
 そう独り言を言いながら女は歩みを速めた。

 女の名前は今井多美恵34歳2児の母親だ。2ヶ月前からコンビニでバイトを始めたのだ。
 暫く歩いていると道端にしゃがんだ少年達が居た。
(こんな所でしゃがんで喋ってるなんて嫌だわ、関わるとロクな事が無いから早く行きましょう)
 多美恵は少しだけ歩を速めた。
「へへへ、何か面白い事ないか?」
「あ〜 そんなものはないぜ」
 そんな会話が多美恵の耳に入ってきた。
「おいっ今の見たか?」
「あぁ 見た。結構イケるじゃん」
「だべぇ?犯るかぁ〜」
「いいねぇ〜」
「よしっ」
 少年達は立ち上がり多美恵の後を追った。
「おいっちょっと待てよ」
「えっ!?」
 多美恵はその声に振り返った。
「こんな人気の無いところを一人で歩いて、俺達に犯られたいんじゃないの?」
 多美恵は少し恐怖を感じたが毅然と
「あなた達、何馬鹿な事を言ってるの?」
「あぁ〜うるせぇんだよぉ」
 少年達は多美恵に襲い掛かった。
「きゃぁ〜、ちょっちょっと何を....いっ嫌ぁ〜」
 だが抵抗空しく強力な電撃で失神する多美恵。
(.......)
 気がついた時に、多美恵は見慣れない部屋のベット上に縄で大の字に縛られていた。

515 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 23:25
「んんん.....」
 視線が定まるってくると、目の前に 
「ようこそ、おばさん」
 少年の一人が近付きながら言う。
「ど、どういうこと?これは?」
 もがこうとしても縄は揺れはしても手首足首をしっかり縛ってる。
「へっへっへ諦めな、おばさんも俺達に犯されたくて一人歩きしてたんでしょ」
 からかうような口調で後ろの少年の一人が言う。
「あっ・・・・・・ねぇ、ちょっと、これ、ほどいてくれない?」
 焦りながら問いかける自由を奪われた多美恵。
 妙になめるように多美恵の全身を上から下に見る少年達の視線が気になる。
「おばさん、名前は何て言うの」
 体格の大きな少年が一歩前に出ると、多美恵の四肢を大の字に広げてる縄をたわませながら聞く。
「......」
 多美恵は少年の質問を無視した。
 赤毛の少年はまだ幼さの残る手を多美恵の胸元に伸ばすと、ブラウスの上から多美恵の胸のふくらみをやわやわと揉みはじめた。
「きゃあぁぁっ なっ、なっ何をするのっ」
 大声で悲鳴をあげる多美恵。あまりにも不意の出来事に狼狽する。
「あっ!やめなさいっ!そんなことしちゃ、だめっ!あっ!あっ!」
「答えないからだよ」
 身をよじって胸を揉むかわいい手から逃れようとしても四肢の自由を奪う縄はたわむだけでびくともしない。
 「あっ、あンッ、よしなさいったら よさないと、あ、あんっ、ひ、ひどいわよ」
 相手が子供だと油断してたが、あまりの行動にさすがにキッと睨む多美恵。
 だが、怯む者はいない。
「....」
「ふんっ、黙っててもバックに免許とか入ってるんだろ それを見れば良い事だよ」
 そう言って、少年が多美恵のバックを調べだした。
「ちょっと止めなさい、こんな事してあなた達良いと思ってるのっ」
 多美恵は毅然とした口調で言った。
「ちぇっ、命令口調たぁ、おばさんも自分の立場が分かってねぇんだなぁ」
「すぐにその態度も変わって悶えながらうれし泣きするさ。このおばさんも」
 子供とは思えない態度と会話に驚く多美恵。
「おっ 免許があったよ、どれどれ、今井多美恵 昭和44年生まれって事は34歳かぁ」
(しまった 免許証を入れっぱなしにしてたんだっけ)
「多美恵さん 子供は居るの?」
「.....」
「ちょ、ちょっと、よしなさいっ!きゃあっ!だめよっ!」
 少年の手が多美恵の乳房を揉み出した。

516 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 23:26
「どうだい 多美恵さん教えてよ」
「....居るわよ.....」
「へぇ〜だったら良い味が出てるだろうね」
 少年達はニヤニヤとイヤらしく笑った。
「さて、多美恵さん..綺麗な足の付け根を見せてくれよ」
 というと、フレアースカートをまくり出した。
「嫌っ...」
 スカートをめくるとレースの付いたピンクのスリップが見えてきた。
「ぞくぞくするなぁ」
 と言いながら少年は、レースのスリップをめくり上げる。
「あっ...嫌よ...止めなさいっ」声を上げる多美恵。
 少年は、パンストを一気に剥ぎ取った。
「やっ、止めなさい...」抵抗する人妻。
「おおっ 凄っげぇー迫力 熟女全開って感じだぜ」
「どれどれ、俺にも見せてくれよ」
 少年達は次々と多美恵の股間を覗き込んだ。
「ちょっ ちょっと...あなた達...」
 そして、覗くだけでは満足せずに、少年はスカートの中に手を入れ丸いお尻を撫でたり女性の一番敏感な部分を布の上からいじりまわしたりする。
「ああぁっ、だめえっ、よしなさいってばぁ〜、あンッあっ、そこはだめぇっ」
 多美恵の回りに少年がへばりつき、身体中をまさぐる。
 手首と足首をしばってる縄がぎりぎりと食い込むが、まったく解けそうにない。
 それどころか、少年達には多美恵が淫らに全身をくねらせてるようにしか見えない。
「あんっ、やめてっ、やめてっ、やめてえぇ〜」
「へっへっへ、なぜこんな目に遇うか教えてやろうか?おばさん」
 少年が多美恵の乳房をやわやわと揉みながら言う。
「あ、あンッ な、なぜなの?」
「へっへ、俺達は前から大人の女とオマンコしたかったのさ」
「あっ、あぁんっ、だ、だからと言って、こんなこと...あっ,あっ」
「そうそう、そうしたらさぁ〜 あんたが歩いて来たってわけさ」
「そして今回の標的があんたって訳さ」
「あっ、あぁっ、こんなこと...も、もう、あんっ,や、やめなさい.....」

517 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 23:27
 悶えながらなんとか説得を促そうとする多美恵だが、少年達の手によって身体を刺激されて思うように力が入らず熱い吐息をはきながら悶える多美恵。
 「あぁんっあンッ」
「柔らかいオッパイだね」
 少年の手は多美恵のブラウスの胸元から侵入すると乳房を揉みはじめた。
「あぁんっ、嫌っ、やめてぇ〜」 いっそう激しく悶える多美恵。少年達相手にこんな惨めな格好で辱められるなんて。
「あれぇ〜ブラジャーしてないんだぁ。へっへぇ、モミモミ」
「あっ、あっ、あぁンッ、駄目っ、やめてっ」
 更にスカートの中に進入した手が、指を立てて足のつけ根をぐいぐいと押す。
「あっ!あぁっ、もう、いやぁ〜」
 仰け反る多美恵。もう既に少年達の玩具にされるままのダッチワイフと化していた。
「へっへっへ、どう?すぐにおばさんも気持ちよくなってアヘアヘに悶えるよ」
「あぁっ、そんなっ、駄目よっ、やめてっ、ねぇ、やめてちょうだいっ」
 股間の刺激に着衣のまま喘ぎ悶える人妻、多美恵。
 少年相手にされるがままに身体を嬲られている屈辱に身体がカッと熱くなってくる。
「あぁぁっ、いやんっ、駄目っ」
 身を捩る多美恵。ズブズブと指がパンティーの上に割れ目を浮かび上がらせていく。
「あっ、あぁっ、あんっ、いやあっ」
 パンティーの上からとは言え敏感な部分をかき回す刺激に髪を振り乱して喘ぐ多美恵。
「はぁんっ、だ、だめっ、は、早く、やめてっ、あぁんッ」
 仰け反り悶える多美恵。その色っぽい姿に股間を奮い勃たせてる少年達は再び胸をブラウス上から揉みはじめた。
「あれぇ〜ブラジャーしてないんだぁ〜」
「あっあっあぁンッ、駄目っ!やめてっ」
「あぁっ、駄目よっ、よしなさいってばっ、あんっ、あぁぁん、いやぁんっ」
 抵抗すれば抵抗するほど、身体中の敏感な部分がいやらしく刺激され、多美恵を悩ませる。
「あっ、あぁっ、もう、駄目ぇ〜」

518 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 23:28
 自分でも股間が熱くなり濡れているのを自覚している多美恵。
「へっへっへ、ホントは気持ちいいんだろ?」
 スカートの中に手を伸ばし、パンティーの上から多美恵の大事な部分を弄られた。
「きゃっ、いやんっ」
 腰を振って抵抗する多美恵。
「ほうら、こんなに濡れてるじゃん」
「ち、違うわっ、そんな.....」
 顔を真っ赤にして叫ぶ多美恵。
「へへん、感じちゃったんだ」
「嫌っ、そんなんじゃなくて.....」
 イヤイヤをする多美恵。
 ブラウスのボタンを外しピンクのショートスリップの上から勃起した乳首をはじくと、熟女らしい黒い乳首がが震える。
「ほら、ここのオッパイのてっぺん、プックリと乳首がたってるじゃん」
「大人って不潔だよな。よし、罰としておばさんを腰が抜けるまで輪姦してやろうぜ」
「嫌ぁぁっ、お願いっ!やめてぇ〜」
 少年は多美恵のスカートをめくりあげると股間に食い込んだクロッチに指を突っ込んだ。
「あっ」
 ビクッと反応する多美恵。そのままその部分の布を鋏で切る。
 そうすると着衣姿のまま、股間の一番大事な部分だけが剥き出しになった。
 かえって全裸よりも恥ずかしい姿になる。
「あぁぁっ....お願いだから、もう、ここで、やめてっ、ねぇっ、ねっ」
 必死で懇願する多美恵。
 少年相手に惨めに身体を自由にされ、挙句の果てにこんな形で犯されるなんて...。
「諦めろよ おばさん」
 リーダー格の少年が一歩前に出た。
 ズボンを脱いだ姿でニヤリと笑うと着衣姿のままの多美恵に勃起したチンポを埋めていく。
「あっ、あぁぁぁ〜」
 仰け反る多美恵。
 股間をビチョビチョに濡らされてる上に相次ぐ愛撫で身体中が敏感になっている。
「あぁっあっ、あっ、あぁっ嫌ぁぁ〜」
 身体を左右によじって犯される屈辱からなんとか逃れようとする多美恵。
 しかし、彼女の四肢の自由を奪っているロープはビクともしない。
「あぁんっあぁんっ、駄目っ、あぁっ」
 目をつぶってやっとのことで言葉を吐き出すように喘ぐ多美恵。
 着衣姿で四肢をがっしりつかまれた多美恵の上に少年が自分を犯してる姿を思うと惨めさに涙が溢れた。

519 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 23:29
「あっ、あっあぁぁ〜、あうっ、駄目っもう、やめてぇっ」
 股間の熱い塊が激しく多美恵の中を掻き回す。
 着衣のまま犯され悶える多美恵。
 それを見つめるイヤラシイ目....もう、どうにかなりそうだった。
「おい、オッパイも可愛がってやんな」
 他の手が伸びると乳房を掴んで乱暴に揉む。
「あっ!あぁっ、やめ...やめてっ,お願いっ!」
 スリップの上から乳首を吸う。
「んっ、あんっ!いやんっ!」
 股間で暴れまわるモノがぐいぐいと熱い刺激をおしつける。
「あぁっ!もう...もう、どうにかなっちゃぅぅ〜」
 激しく悶えて無意識に腰を動かす多美恵。少年に輪姦されながら次第に絶頂に追いやられていく。
「あっ、あぁっ...も、もう、駄目っ、あぁぁ〜、いっ...あっあっ,ああぁぁぁぁっ」
「いくっ」という言葉は口にせずに済んだが、大きく仰け反り絶頂に達する多美恵。
 少年も多美恵の痴態を目の当たりにして堪え切れずに白濁した精液を多美恵の子宮に浴びせた。
「あぁぁ....何てこと.....」
 ぐったりとなった多美恵が少年にレイプされて全身汚された姿で肩で息をしながら呟いた。
「さて、次はお前だ」
「もう、満足したでしょう?私を帰して....」
 懇願する多美恵の鼻先にグロテスクなものを突き付けて次の少年が言う。
「次はオレの相手をしてくれよ、おばさん」
「ああぁっ....もう、許してっ」
「何言ってるんだよぉ?今だって腰をヘコヘコ動かして求めてたじゃないか」
「そっそんな....」
「ホントは気持ちがいいんだろ?ここがよぉ」
「きゃぁ〜駄目っ!」
 次の少年は多美恵の股間を弄りまわしていたと思うといきなり大きくなったチンポを突っ込んできた。
「あぁっ嫌よ、駄目だったらぁ!」
 無駄とは思いつつ腰をよじる多美恵。
 だが少年の容赦無い欲望の塊は多美恵の中心を責めるように貫く。
「あぁぁぁぁっ、あんっはぁんっ、あぁっあんっっ、あんっ」
 激しく喘ぐ多美恵。
 頭では犯されているという惨めさは分かっていても身体中が性感帯になってしまった身体は熱く燃え上がる。
「あぁっ嫌よ、いっ、駄目っ....どうしてっ、あっあぁぁ〜」
 汗で身体にぴったりと張りついた衣服に包まれた多美恵の裸体の影が妖しくくねる。
「はあぁっ、あぁんっ嫌っ、こんなのって....あぁっ、駄目になっちゃぅ」
 人妻なのに、多美恵は犯されながら感じてる自分を意識することでさらに性感が増幅され身体が快感でバラバラになってしまいそうだった。

520 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/03(火) 23:29
「嫌ぁぁん...そこっ、そこはっ...あぁっ〜、いっ...いっいぃぃ〜」
「くうっ〜凄ぇ!おばさんのマ○コがぐいぐい締め付けてくるぜ」
 少年が驚くほどに多美恵は淫乱な売春婦へと変貌を遂げていた。
「あぁっ駄目っ!あぁんっ」
 腰をグラインドするように回転させながら叫ぶ多美恵。
「ああんっ、そんなっ...あぁっ、もっと....!あぁぁ〜 駄目ッ」
「あんっ駄目ぇ〜、そうよっ!そこを突いてぇ〜あぁっ、んっ、駄目だったらぁ〜」
 甘えるような声で全身を淫靡にくねらせながら輪姦されている人妻多美恵。
 快感に負けてセックスの虜になった多美恵の身体をを夢中で少年が犯していく。
「ああっ...はあぁぁん、あぁぁんっ、嫌ぁ〜ん、あっあっぁぁぁ〜」
 際限の無い恥辱にまみれる多美恵。
「あっ嫌ッ、お願いっ...もう、許してぇ〜」
 多美恵は髪を乱してのけぞった。
 だが彼女の意思に反してクリトリスは腫れ上がり結合部からはダラダラと淫液が溢れ出ている。
 多美恵の体の中で暴れまわる男根が激しく前後運動するうちに、体の底から,快感の波が襲ってくるのを感じた。
「あぁぁ〜...もう、駄目っ...もう...もう、あぁぁ〜いっ...いぃぃ〜」
「もう...駄目だぁ〜 だっ出すよ....」
「....えっ..だっ駄目よっ!絶対駄目っお願いだから...出さないでぇ〜」
 少年の欲情はもうどうやっても耐えられそうに無く絶頂に近づく。
「あぁぁ〜おばさんっ!でっ出るっ」
「あぁぁっ!!!嫌ぁぁ〜」
 少年は渾身の力を込めて腰を打ち付ける。
「ああっ!はあぁぁ〜あぁんっ!いっ...いぃぃ〜あぁぁぁ〜」
「おばさんっ....出るっ...うぅぅ〜」
「駄目っ!出さないでっ!おねがいだからっ!中だけは嫌ぁぁ〜」
 そう叫んだ多美恵だったが、少年の激しい腰使いに我を忘れて遂に....
「来て...一緒に....あぁぁ〜...もう...もうどうなっても...あぁぁ〜いいわぁ〜あっ、あぁっ...も、もう、駄目っ、あぁぁ〜、いっ...あっあっ、くっ..いくぅぅ〜」
「もう....あっ....出るっ..出るっ うっうっうぉ〜」
 次の一瞬,熱い精液が多美恵の子宮口に浴びせられた。
 多美恵の股間からは少年達が出した精子が大量に流れ出てきた。
「あぁ.....」
 通りがかりの不良少年に犯されてぐったりとうなだれる多美恵。

521 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/04(水) 14:04
オナニーしますた

522 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/04(水) 21:38
夜だ!あげるゾ!

523 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/04(水) 21:44
上げるだけじゃ駄目だ! たたせろ!

524 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/06(金) 03:06
これからカカアに入れます。たまにはぴちぴちギャルのグラマーなオマンコに入れたいな〜

525 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/06(金) 10:48
>>518-520 コピペやリサイクルでなくてオリジナルでつか?

526 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/06(金) 14:55
>>524
カカアとは何才ですか?

527 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/06(金) 15:46
>>526
お恥ずかしながら41才です。年の癖にあれが好きで好きで週3回は絶対にやりたがります。
私から見たら頼むから週1回にしてもらいんですが、それでも同僚とか
近所のだんなからは妻は色っぽく見えるらしく私にいつも毎晩あんな色気で
迫られると快感だろうな〜と言われ一度でいいからやってみたいと言われています。
結婚する前は私も妻を見てそう思っていましたが。
今は20代くらいのきれいな女とやりたいですね〜。

528 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/06(金) 17:49
http://www.sickone.com/videos/stopalready.mpg
悔しかったら↑これで抜いてみてくれYo!

529 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/06(金) 23:58
>>525
んなわきゃ〜ない! (^^;

530 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/08(日) 01:09
休日だよ。あげとくヨ (^^v

531 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/08(日) 18:52
勃起させてください

532 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/08(日) 18:55

義姉さんは、久々に休暇がとれて5月4日、5日と家にいました。
僕の嫁さんは仕事でいなく、義妹は彼氏と旅行に出ていました。
そして、4日の出来事です。
その日はお昼過ぎに起きて、おなかが空いたので台所に行くと、義姉さんがご
飯を作っていました。義姉さんは僕にも食事の支度をしてくれました。
2人で食事をしながら色々と会話を楽しんでいると、義姉さんが
「ビールでも飲もうか」
と言い出して、2人で飲み続け、夕方近くには義姉さんも結構酔いがまわって
いました。
「義姉さんの会社の制服姿を見てみたい」
「いいよ、2階においで」
簡単にOKしてくれて、僕は義姉さんの後をついていきました。階段を昇る時も
ふらふらしていました。
義姉さんの部屋の外で立っていると、
「中に入っていいよ。私の体なんか見てもしょうがないでしよ」
と言われて、静かに入ると、義姉さんは下着姿で着替えるところでした。
僕はもうかなり興奮して、勃起し、心臓が破裂しそうです。
後ろから抱き着きました。
「どうしたの、どうしたの? 私の体なんかで、変な気持ちになっちゃったの?」
僕は、うなづきました。
「妹にばれたら、大変だよ。我慢して、ね? ね?」
「前から、ずぅっと好きでした」
僕は、義姉さんのおっぱいを揉みはじめました。
「ダメだよ、ダメダメ。じゃ手でしてあげるから、がまんして。お願いだから、
ね」
僕はうなづくと、義姉さんはひざまづいて僕のファスナーを下ろし、ちんちん
を出して握ってくれました。そしてちんちんを擦りながら言いました。
「ごめんね、私が制服姿を見せてあげるなんて言うからだよね。この事は、絶
対2人だけの秘密だよ」
そして、僕が義姉さんとキスしようとしたら、義姉さんは抵抗もせず受け入れ
てくれました。舌を絡ませながらあそこを触ると、パンティまでぐっしょり濡
れていて、あそこからくちゅくちゅと音をだしています。そして2人はベット
に横になり、お互いの性器を愛し合いました。義姉さんも一生懸命フェラチオ
してくれて、次に義姉さんが上に乗ってくれました。最高に幸せです。
最後は義姉さんの一番奥深いところで、僕は絶頂をむかえました。
それから毎日、今日まで関係が続いています。嫁さんとは離婚して、義姉さん
と一緒になるつもりです。

533 名前: てんおう(修行中)。 投稿日: 2003/06/08(日) 21:02
うひゃ〜!

534 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/09(月) 03:01
私は25歳の技術系の会社員で、オフィスではパートの女性とアルバイトの女の
子を使って仕事をしています。転勤になる前のK支店での、37歳の人妻のパー
ト(嘉美さん)とのことです。
私は30代後半から40代前半の女性が大好きで、Mかもしれないけど、嘉美さ
んに色々とやらされたり、してあげたい気持ちがありました。また、残業で一
人になったときには、嘉美さんのデスクでオナニーするのが日課でした。椅子
に顔を着けて臭いを嗅ぎながら、オフィスで履いているサンダルを舐めながら、
また、嘉美さんの使った鉛筆やボールペンをアナルに入れてよがっていました。
特に良かったのは、嘉美さんが飲んでいたファイブミニの空き瓶を見つけたと
きです。口を付けたファイブミニの空き瓶をアナルにいれ、最高のオナニーが
楽しめました。
そんな俺と嘉美さんが変態プレイを楽しめるようになったのは、オフィスでの
オナニーを見つけられたときからです。嘉美さんが忘れ物を取りに来たとき、
目撃されてしまいました。そのとき、私は人生の終わりと思いましたが、嘉美
さんは一寸驚いていましたが
「いつもしているの? 誰にも言わないから続きを見せて」
と言われました。私はビックリしたと同時に、オナニーを見て欲しかったので、
嬉しくて、見ている前ですぐ果ててしましました。それから、嘉美さんに自分
のしてきたこと、嘉美さんへの思いを白状させられ、
「困った人ねぇ〜、じゃ、私になにして欲しいの」
の尋ねられ、変態的な願望を全てうち明けました。嘉美さんの下着が欲しいこ
と、嘉美さんの体液が飲みたいこと、嘉美さんを舐め回したいこと、嘉美さん
に奉仕したいこと。
それから、二人はプレイパートナーとして付き合いました。
私は、嘉美さんの足の臭いを嗅がせてもらい、足の指からアナルまで綺麗に舐
めさせていただき、二人でオナニーを見せ合い、嘉美さんは私の顔を跨ぎ、愛
液やオシッコを沢山ご馳走してくれたり、唾液を飲ませてもらいました。私の
舌をトイレットペーパーとして使ってくれたりしました。また、アナルもファ
イブミニやオロナミンCの空き瓶で可愛がってくれました。
伝線したパンストや履いていたパンティ、靴下も頂いて、今でも私の宝物です。
オフィスでもトイレに一緒に行ったりすることもありました。嘉美さんは、私
の見ているまで排泄してくれ、私の舌で後始末をし、排泄物は流さず私の好き
にさせてくれました。
嘉美さんは旦那さんの転勤で関西方面へ、私は本社転勤になり、1年半くらい
の幸せな日々は幕を閉じました。

535 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/09(月) 10:14
えぐい奴お願い

536 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/09(月) 23:02
呼んでて目が疲れてきた...

537 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/10(火) 09:51
精液が溜まってきました。昼休み抜きたいのでエロイ奴お願いします。

538 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/10(火) 11:37
この間、うちの嫁さんの同僚とセックスした。バツイチで27歳。なかなか色っ
ぽい感じの女。3人で居酒屋に行った時の事だ。
「アンタの旦那、メチャ好みや、欲しいなぁ」
と、ウチの嫁さんに絡みだした。初めは冗談だと思っていたが、嫁さんがトイ
レにたった時、俺の手を握りしめ、潤んだ瞳で囁いてきた。
「なぁ、今日私の家に来ない? 一緒に呑もうよぉ」
冗談みたいな口調だったが、本気だったらしい。
かなり酔っぱらった嫁さんを、うちのアパートに送り、彼女を家まで送った時、
俺の手を握りしめたまま彼女はこう言った。
「なぁ、寂しいよぉ。もう少し一緒に呑もう」
女好きの俺に否はない。そっと抱き寄せ、キスをした。
離婚して1年。かなり寂しかったらしく、凄い求めようだった。
透き通るくらい白い肌をくねらせながら、俺のペニスを口で奉仕する。まだ子
供を産んだ事のないアソコは形も崩れておらず、新鮮だった。69で長い間愛撫
し合った後、じっくりとなぞるようにペニスでアソコを愛撫しながら、徐々に
挿入。かなり締め付ける。
奥まで入れていくと、腰を突き上げてすすり泣く。激しく唇を求めながら、俺
の名を呼ぶ。唾液を啜りながら、
「あぁ、気持ちイイ。したかったよぉ、アンタと」
ビショビショに濡らした股間を激しく擦り付け、何度も何度も愛液を吹き出し、
絶頂の快感に溺れる彼女を見ながら、俺も我慢できず、彼女の口の中に大量に
精液を注ぎ込んでしまった。嫁さんでは得られない征服感。味わいながら飲み
干す女に、また感じて、何度も犯し続けてしまった。
合い鍵を受け取り、体中にキス・マークを刻印して、彼女の家を後にした。
泥酔していた嫁さんにはバレなかったのでホッとした。週二回は彼女の家に行
き、セックスを楽しんでいる。
妊娠はさすがにマズいから、今はピルを常用している。いつでも中出し。俺の
精液まみれでヒクヒクしているアソコを見ていると、また挿入して何度も犯し
てしまう。
ホントに美味しい生活だ。
正直に言って、俺にはもう一人恋人がいる。その娘は21歳で、俺が軟派して処
女を奪った女だ。この間、初めての絶頂を体験して、調教中。
中年には、3人の相手は辛い。でも、この中の女は誰にも渡さない。俺の色に
染めてしまってるからだ。体力が続く限り、頑張って励んでみよう。

539 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/10(火) 14:06
あんたもホントにスキだね。馬なみ?

540 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/10(火) 15:14
引け前までちょっとコーヒーブレイク
http://fotm.rotten.com/fotm/limberoni.jpg
http://fotm.rotten.com/fotm/glora073a.jpg
http://fotm.rotten.com/fotm/butthead.jpg
http://fotm.rotten.com/fotm/hairyone.jpg
http://fotm.rotten.com/fotm/milquetoast.jpg
http://fotm.rotten.com/fotm/ruler-says.jpg
http://fotm.rotten.com/fotm/totb.jpg
http://fotm.rotten.com/fotm/furburger.jpg
http://fotm.rotten.com/fotm/tug-of-war.jpg
http://fotm.rotten.com/fotm/lawnsprinkler.jpg
http://fotm.rotten.com/fotm/wow.jpg
http://fotm.rotten.com/fotm/mousetrap.jpg
http://fotm.rotten.com/fotm/pp01.jpg
http://fotm.rotten.com/fotm/48hhless.jpg

541 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/10(火) 15:25
>>540
これはなんですか?
こわくてふめません。

542 名前: 540 投稿日: 2003/06/10(火) 15:27
ブラクラ貼るほどバカじゃないでふ
おもしろいから見てやってね

543 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/10(火) 15:35
ところでブラクラは犯罪?

544 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/10(火) 15:39
ブラクラ貼るのは小学生だけでつ
http://poetry.rotten.com/suzuki/

545 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/10(火) 15:47
プリクラはるのは、女子学生でつ。

546 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/10(火) 19:30
そう言われても怖くて踏めません

547 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/11(水) 12:04
>>546
君は怖くて他の女の穴に入れることがいつも出来ないんだろう!年取って死ぬ間際に
後悔することになるぞ!もっといろいろな女とセックスしとけばよかったと・・・・

548 名前: 540 投稿日: 2003/06/11(水) 13:26
見た人からのリアクションない、、、、面白くなかったかな

549 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/11(水) 13:56
おらの趣味と違った

550 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/11(水) 14:09
どんな趣味なん?

551 名前: 新人 投稿日: 2003/06/11(水) 14:15
街陣や珍歩は嫌いでしゅ

552 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/11(水) 14:25
満庫は好きですか

553 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/11(水) 15:50
は-い

554 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/11(水) 16:08
http://vatican.rotten.com/fidel/viva-fidel.jpg

555 名前: . 投稿日: 2003/06/11(水) 16:24
http://www.boners.com/content/789519.1.jpg

556 名前: . 投稿日: 2003/06/11(水) 16:26
http://www.boners.com/content/790191.1.jpg

557 名前: . 投稿日: 2003/06/11(水) 16:37
http://www.boners.com/content/789678.1.jpg
http://www.boners.com/content/789639.1.jpg
http://www.boners.com/content/789549.1.jpg
http://www.boners.com/content/789648.1.jpg

558 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/11(水) 16:40
>>540
3番目は窒息死するんじゃない(笑
綱引きはイタそう!ぼかしが何とも・・・。
毛深い女は嫌いです(爆

559 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/11(水) 23:33
どっちかっていうと
554&555がおもしろいかな。

560 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/11(水) 23:53
どれかはブラクラでつ
さあ、どれでしょう

561 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/13(金) 00:34
僕は担任の夏樹桃子先生に恋をしていた。
先生は24歳の新人で髪は長く黒く美しい。
でも僕だけが知っている秘密があった・・・先生の本当の姿を・・・そう、あれは夏の暑い日の出来事だった。
 夏休みのある日、僕はいつもの様に車に乗り趣味のドライブに出かけていた。
いつもの店で煙草を買い、一服しながら海岸沿いまで来ていた、そこで初めて担任になる前の桃子先生に会ったのだ。
先生は女友達と海水浴に来ていてその中でも誰もが振り返るほどの容姿であった。
むろん僕もその一人であった。
僕はどうしても彼女の事が知りたくナンパした。
しかし、断られ悪いとは思いつつ帰る振りをしつつ彼女たちの後をつけたのであった。
彼女達は民宿に泊まっていた。
その晩僕はデジカメを持って彼女の止まっている民宿まで行った。
幸いにも彼女の止まっている部屋は一階であり、すでに場所なども調べてあった。
窓からそっと見てみると、はぁ!とする様な光景が広がっていた。
そこには僕と同年代ぐらいの男が彼女達を縛って、刃物で脅しているところであった。
男達は小麦色の肌に茶髪や金髪といった雑誌から切り抜いてきた様な風貌であった。
そんな事を考えていた矢先、部屋の隅で一人の女性が強姦され始めていた。
僕は慌ててフラッシュをたかない様に設定してカメラを切り始めた。
部屋の中では女性の悲鳴と男の笑い声が響いていた。
ここで不思議に思ったのがこんなに大きい声でなぜ人がこないのであろうか。
・・・・確かめるために他の部屋を見てみることにした。
・・・・そいて隣の部屋を覗いた。
そこにも悪夢が広がっていた。
他の部屋も・・・その瞬間すべてを覚った。
この民宿は集団で観光客を食い物にしている事を・・・では彼女もっ!僕は慌てて元の部屋に戻った。
覗くと彼女が今男の毒牙掛かりそうになっていた。
僕は慌てて携帯から警察を呼んだ。
でも来る前に彼女が犯されてしまう。
そんな思いがよぎったそして思わぬ行動にでた。
窓をぶち破り、中に入ったのだった。
「なんだてめーは?」
男達の視線が一気に僕に集まる、彼女はもうろうとする意識の中で僕に対して「お、お願い助けて・・・」と言いまた意識を失った・・・
僕は彼女の方ににじみよりながら、「お前らのやっていた事はすべて写真に撮ったからな!」と言い残し下着だけの彼女を抱き起こして慌てて窓から立ち去った。
男達は諦めたのか追っ手は来なかった。
彼女を車に乗せ急いで人気のない所まで走った。
車を止め窓を開けリラックスするために一服していると、ふと彼女の体が月明かりで照らされ衝動が襲って来たのであった。
煙草を消し、窓を閉め彼女の胸を触ってみた、とても柔らかく程良い弾力があった。
「あん、いやっ」
彼女も無意識のうちに声を出している様であったそのことが僕の中の何かの拘束をはずした。・・・・・

562 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/13(金) 00:35
先生の甘い声に何かの鎖が外れた僕は、そのまま片手で先生の胸を愛撫しながら片方を舐めた!
優しく次第に激しく・・・先生の甘い声は次第に強くなった。
「あ、あなた誰?」
先生が目を覚ました。
かまわず僕は続けた・・・
「や、やめてよ!」
彼女は抵抗していたが、僕の手が彼女のアソコに触れた瞬間彼女の抵抗が収まった。
彼女のアソコはすでに濡れていた・・・クチュ!!クチュ!
車内にねっとりとした音と空気が・・・
「あん、はん、い、や・・」
彼女の声はさらに甘く切ないため息になっていった。
僕は彼女のアソコをクンニした。
「あん!はぁーん!あはん」
クリトリスを強くもみししだくと
「いいー!はぁはぁー」
・・・僕は彼女を己の女だけにしたい衝動に駆られ、持っていたカメラで彼女の姿をカメラでとった。
彼女は甘い疼きに酔いしれ取られている事さえもわからない様であった。
そして、彼女の中に己の分身を入れようと先を入れた時彼女の表情がゆがんだ・・・彼女は処女なのだ・・・しかしかまわず強く腰を落とした・・・
「いたっ!!」
何かの切れると同時に彼女の悲鳴はなった。
グジュ、グジュ車内にいやらしい音と彼女のすすり泣く音が響いた・・・
しばらくしてそれに変化が起きた・・すすり泣く声からどこか鼻に掛かった甘い声に
「あっ、はん」
それは彼女の中にも変化を起こさせていた。
始めはきつく狭かった彼女の中も次第に蜜があふれ滑る様に入る。
彼女は髪を振り乱しながら悶えていた・・・
僕がイキそうになり、抜こうとした瞬間、それを察知した彼女が足で僕の腰を押さえた。
「私の中でいって!」
やばい!そんな事を考えているうちに出た。
「あーわかる、あなたのものが流れるのを、熱く煮えたぎった液体は彼女の中に流れていった。
この事が彼女と僕の関係を今になるまでのきっかけとなったのであった。

563 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/13(金) 00:45
 今日は面接だ。これで何度目だろう。世の中不景気で条件のいい仕事は中々ない。 今度の企業は今はやりのIT関連のベンチャー企業で従業員は10人である。
 いよいよ会社の扉の前まで来た。扉を開けると三十歳ぐらいの女性一人と 割腹の良い男性が事務所の一番奥の席でパソコンを弄っていた。他には誰もいないようだ。
 私はその男を見つめ「本日、面接に伺いました山本 です」と言った。
「お待ちしいました。こちらへどうぞ」と私を社長室へ導いた。
 社長室は10人しかいない会社の割には立派なものでいかにも儲かってるぞと誇示 しているような高価そうなものが並べられていた。 お決まりの面接の言葉が述べられたか゛私も既に面接慣れしていたせいか又は フィーリングが合うのかいつもよりリラックスして話す事ができた。話しを 聞くと事務の女性が寿退社したので募集していたとのことだった。
「君みたいな明るい女の子で良かったよ。採用するよ」
(え、ほんとに)私は飛び上がりたくなるくらい嬉しかった。
「ありがとうございます」と私は満面の笑みをこめて言った。
「早速だけど、ちょとした研修をして欲しいんだけど次の日曜日の1時に来れるかね」
「はい、イイですよ」
「じゃあ、待っているからね」と素晴らしい笑顔で社長は 言った。 
 日曜日がやってきた。よし、頑張るぞ!という気持ちで会社へ向かった。
「失礼します」と会社へ入っていくと社長はブルーのセーターにチノパンといった格好でこの前の時とは打って変わって違う人に見えた。(へぇ、結構若く見える)
「ご苦労様、山本君の席はここだから」とこの前の疲れているような女性の隣の席をあてがわれた。
「とりあえず一通り資料を用意しておいたからに目を通しおいて」といって社長室へ入っていった。
 デスクに積まれた資料をパラパラと見ると電話応対のマニュアルや事務マニュアルなどであった。 1時間くらい経っただろうか、コーヒーの良い香りがしてきた。私は大きく息を吸い吐き出した。(あー、疲れた。少し休憩したいな)
 扉が開き社長が「コーヒー入れたから、少し休憩しなさい」といい、私を社長室へと招いた。
「そこに座って」ソファに座り社長と向かい合った。
 私はコーヒーを一口のみ「美味しい。コーヒーですね。いつも御自分でお入れになるんですか」と尋ねた。
「一人で入る時は大体そうだが。これからは君にお願いするよ」
「はい」と私は明るく返事をした。
 しばらくコーヒーを飲みながら雑談をしていた。(あれ?なんだか、眠くなってきた)目がとろとろとし瞼がどんどん重くなってくる。 「どうしたんだい」と問いかれられているみたいだが返事ができない。(社長…笑っている…ダメだ…)

564 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/13(金) 00:47
 どれくらいの時が流れたのだろう。ふと気がつくと社長室のソファに横たわっている。 体を起こそうとしたが両手を拘束されているようで起きあがれない。 又、まるで笑気ガスを吸ったかのように頭がポーっとしていて良く物事を考えることができない。 目の前には誰かが座っている。(誰だろう?しゃ、社長?)しかも、衣服を着けておらずペニスは天に向かって起立している。 (な、何…一体どうなっているの?力を振り絞り叫ぼうとしたが声がでない)
「山本可奈君、やっと気がついたようだね」
「…」(なにをしたの、もしかして…)
「君の体を隅々まで観察させてもらったよ。実にいやらしい体をしているね」
「…」(なに、この男)
「見せてもらっただけだ。まだ何もやっていないよ」
「…」(まだ、やっていないって、どうするつもりなの)
 全裸の社長はテーブル上にある丸いケースの蓋を外し、何かゼリー状のものをたっぷり指ですくって ゆっくりと私に近付いてきた。(いっや、助けてぇ)
 社長は私の両膝を掴み股を開かせ、私の一番感じるヴァギナへゼリーをたっぷりと塗った。 冷たい、この時ようやく上着はブラース1枚でスカートは履いたままであるが、パンストとパンティは 脱がされていることに気がついた。
「これはね。30グラム10万円という代物だ。すぐに最高の気分になるよ」
「いゃ…お…願い。止めて…ください」
「おっ、喋れる様になったか」といって私の目の前のテーブル勃起したペニスを見せつけるかの様に座った。
 私は彼の目を見つめ必死に睨みつけようとしたがすぐに身体に異変が起きている事がわかった。
(な、なに?この感じ?)
 身体の全てが性器になったような感じがする。特に秘部が別の生き物の様にピックビック と小刻みに痙攣しており、自分でも解るくらいに汁がドクドクと溢れ、お尻の穴へ向かって滴り落ちている。 又、強く睨みつけていた目が段々と潤んできて更に、唇から唾液がどんどん出てきており涎が唇からこぼれるのがわかった。
「どうだい。すごいだろう。この秘薬は…」

565 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/13(金) 00:47
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」あまりにも気持ち良くて言葉がでず、呼吸が激しくなっている。
「へへへ、どうしたんだ。あまりに気持ちが良くて声も出ないか」
 社長は右手でブラウスの上から右ののオッパイを優しく握り、ゆっくりと揉み始めた。
「あぁ、いぃ、いぃ」全身に鳥肌が立つほど私の身体は敏感になっている。
「いやらしいよ、山本君」といって背中の後ろで縛られていた両手首を解放し私の背中へ手を回し身体を引き寄せ唇を重ねてきた。
「涎までたらしていけない娘だ」といって涎で濡れている顎を舌で舐めた。
「あん。あぁん」
 私の理性は完全に無くなっていて頭の中は性欲のみに支配されていた。又、秘部がさっきからずっと疼いており激しく掻き回して欲しかったので社長の右手を強く掴んで下半身へ導こうとした。 しかし、社長は私の右手を振りほどき、私の目の前に勃起した逸物を誇らしげに突き出した。
「まだ、ダメだ。まずはしゃぶるんだ」
 私は社長の逸物を左手で握り彼の逸物を咥えこんだ。尿道口を刺激したり、亀頭全体を舌でローリング した。又、竿を持ち玉を片方づつ舐めたり、肉棒の裏筋を舌先で上下に舐めたりもした。いつのまにか 私は右手の人差し指と中指で秘部の上の方にある豆を上下にこすっていた。
 私は彼の逸物を口から離し社長を上目遣いに見つめた。
「ください…」
「まだ、駄目だ…」そう言うと社長はデスクに行き引出の中から何かを取り出した。それはパールピンクの太くて長いヴイブレーターであった。「さあ、これを使って自分でやるんだ」と私に手渡した。私は狂ったようにバイブを濡れ濡れの秘部へと沈めていった。
「あぁ、ああぁぁ、くぅくぅぅぅ」
「やらしい、女だ」
「見っ、見ないでぇ」
「うぅ、だめぇぇ」
 私は頭の中が真っ白になり全身に痙攣を覚え絶頂を迎えた。
「もう、いったのかい」
「………はぁ、はぁはぁ」
 官能の余韻に浸っている間も無く社長は私の秘部からくねくねと動いている バイブを抜き、下の唇へと唇を寄せてきた。 ぴちゃぴちゃぴちゃといやらしい音を立てながら私の秘部を舌先で上下に舐めてくる。 「だっ駄目ぇぇぇ、はっ、恥ずかしいぃ」クンニは嫌いではなかったが、こんな明るいところでそうされる事は始めての経験だった。
「美味しいよ、君の蜜の味は」
ピック―――――ン「いっ、いゃぁぁぁぁ」私の一番感じるお豆を舌先で攻撃してきた。
「ぅう…い、いゃぁぁ」と言いながら私は社長が舐めやすいように腰を突出していた。
「もっ、もう我慢でない」
「どうしたんだい」
「くっ、ください」
「そんなに、欲しいか、欲しければお願いするんだ」社長はにやりといやらしく笑いながら言った。
「お…おねがいします」
「それじゃあ、ダメだ。何をどこに欲しいのか言ってごらん」
「社長のちん○んを私のおま○こに入れてください」
「よし、合格だ」
 社長は私の両方の足首を掴み思いきり左右に開いて一気に挿入してきた。秘部は溢れるほど濡れているので 何の抵抗も無く入ってきた。
「あん、あん、すごい」
 気が狂いそうなほど気持ちが良く全身には鳥肌がたち、毛穴が全て開いてるような感覚だ。
「どうだ、最高か」ズンズンと突いてくる。
「あん、きっ、キモチいい」
「そっ、そんなにいいか」
「いぃ、いぃぃぃ」
「おぉぉ、や、山本君。しっ締るよ」
「可奈って呼んでぇ」
「かなぁ、最高だぁ」
「もっと、もっと、激しくしてぇ」
 パーン、パーンと音がするくらいに激しく突いてきた。
「もー、だめぇ、いっちゃう、いっくぅー」
「おぉー、おぉぉぉぉぉ」
 再び全身が痙攣し私の頭の中は真っ白になったと同時に多分社長のスペルマであろう熱いものが私の顔面に大量に降り注がれた。 (あっ…あつい…)私は薄れていく意識の中でそれを感じた。

566 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/14(土) 12:47
射精しました

567 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/14(土) 18:20
今日はオナニーやめとくつもりだったのに

568 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 01:02
抜けるビデオ物有りませんか?

569 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 01:07
http://www.moviegraphis.com/

570 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 03:33
営業はやめれ!タダのものキボ〜ン!

571 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 12:18
無料でオマンコ見せてくれるもの有りませんか?

572 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 12:19
ありません

573 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 12:55
>>571
あるよ、海外だけど、DVD販売サイトで、無料で画像と動画を提供している
おまけに日本人をターゲットにしているのか、日本語で判りやすい、最近は
中国、韓国もターゲットにしているようだ。
新作でも、運がいいと発売前でも動画がアップされている、ジャンルもいろいろ
日本物も多いね、特に長瀬愛かな、無料でクライマックスを見るだけで充分かも
しれないな、格安で販売しているが、まだ買ったためし無し、無料の動画と画像で
充分ですね。
さて、そこのサイトの名前は、?ON、皆でアクセスすると重くなるので、
最初の1文字くらい自分で探してね w

574 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 13:15
今見たら重かった、長瀬愛の新作、ジャパンX: スーパーアイドル 2(長瀬愛)
これが動画無修正でアップされているで!、今回はセーラー服みたいやな。

575 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 13:25
アイ・ドール 1:堤さやか
公園でフェラ、本番いいでんなあ!

レジェンド:及川奈央
何故か浴室が多いでんな、でもかわいいでんな

576 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 15:19
オマンコしたくなってきました!

577 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 15:39
熟女のオマンコは見れませんか?

578 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 15:59
間違えてアラビカコーヒーに張ってしまいますた

579 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 17:53
何に張るつもりだったのですか?ロブスタでつか?プラですか?ゴムですか?
肩ですか?お尻ですか?

580 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 18:28
興奮しますた!

581 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 19:45
早く熟女のオマンコ見せてください。

582 名前: OMAN24 投稿日: 2003/06/15(日) 20:46
24時間やれますか?

583 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 20:51
やるのは3日に1回ぐらいが丁度良いです。

584 名前: OMAN24 投稿日: 2003/06/15(日) 20:55
24時間やりましょう!

585 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 20:58
3日に1回ぐらいマターリとからみつくぐらいが丁度良いと思いまつ

586 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 22:21
射精するオマンコは週1回、入れるオマンコは他に週2回です。

587 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 22:29
僕もそろそろ別のマンコが欲しくなってきました。

588 名前: OMAN24 投稿日: 2003/06/15(日) 22:30
禿同!

589 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 22:30
別マンコを探しているうちに、嫁に別チンコが入っている罠

590 名前: OMAN24 投稿日: 2003/06/15(日) 22:32
別膣 別乳

591 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 22:33
「たまには嫁マンコにも入れてやろうか・・・」と思っているつもりが、「たまにはダンナチンコも入れさせてらろうか・・・」と思われていると言うことです。

592 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 22:35
でも別マンコも捨てがたい

593 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 22:39
別マンコを探しているうちに、嫁に別チンコが入っている罠

594 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/15(日) 23:31
チンコだけなら目をつぶるが、新しい命を残されても...

595 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/18(水) 01:12
無料のオマンコサイト教えて〜!

596 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/18(水) 01:54
熟女のオマンコ広げてたっぷりとなめた〜い!

597 名前: 安サラリーマン 投稿日: 2003/06/18(水) 11:46
昼休みなので射精できる奴お願い!昼休みにトイレで抜くのが楽しみです。

598 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/18(水) 11:52
僕の相手は、39才の親戚の叔母さんです。
僕は、今年2月に17才になったばかりです。
昨年の夏、叔母さんとやっとの思いで関係を持ち、すけべな叔母さんは今では
僕の体にまいっているみたいです。で、ゴールデンウィークには旦那さんであ
るおじさんが釣りで留守中に(子供もいっしょに出掛けたので)叔母さんの家
ではめまくってやりました。
叔母さんから僕の携帯に電話があり、
「遊びにおいでよ」
って言うので、親には
「買い物に行く」
と嘘をつき叔母さんの家に行くと、叔母さんはものすごいミニスカートをはい
て、むちむちの足を組んで、
「いらっしゃーい」
ってにこにこして待ってました。
叔母さんはいつも僕を横に寝かすと、スカートをはいたまま、パンティを降ろ
し、僕の顔に股がり、八の字に腰をくねらせ、べちょべちょに濡れたおまんこ
を顔にこすりつけてきます。僕はその時程、幸せな時はありません。そしてた
っぷり、熟れたおまんこをぺろぺろします。
いよいよ本番になると、叔母さんは全裸になり、ぼくの堅くなったちんちんを
くわえこみ、激しく腰を振り、あっという間にいってしまいます。先日は5回
もいかせました。
今年の夏は、その家の家族に同伴して海水浴に行く約束をしました。当然、旅
先でおまんこを楽しむために叔母さんは僕を連れていくのです。もう叔母さん
以外の女には興味がない僕です。

599 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/18(水) 12:06
妊娠したら、その子は、息子ですか?甥ですか?

600 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/18(水) 12:22
600

601 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/19(木) 23:37
ネタ切れぎみでつね。興奮するネタおながいしまつ。

602 名前: 識学者 投稿日: 2003/06/20(金) 04:22
>>599
そんな簡単な答え解りませんか?答えは当然産んだ場合は従兄弟です。しかし
99パーセント水子になる運命でしょう!

603 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/20(金) 12:07
>>602
なるほど。叔母さんが産めば旦那の子供として産むから従兄弟だわな!

604 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/20(金) 13:02
女の子だったら、法律的には将来結婚できるね!
血が濃そうだなぁ。

605 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/20(金) 19:04
鬼畜でつね

606 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/21(土) 03:52
気持ちいいですか?

607 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/21(土) 03:54

去年、僕の家の周辺地区で集中豪雨災害がありました。あれから4ヶ月たって
も、近所の人や友達は、雨が降るたびに、その時のことを思い出して怖くなる
そうです。
当たり前、僕の家も1階全部が冠水したので、その日から2ヶ月近く2階で暮ら
したぐらい被害を受けたので、確かに怖くなることもあります。ただ僕個人に
とっては、その日に初めて別のすごいことを体験したので、違う思いを抱いて
います。
あの日、我家の床上に水が来始めたのが12時過ぎでした。
父さんは、高松支店に単身赴任して、去年から居ませんでした。
1階で寝ていた母さんが、慌てて僕の部屋に飛び込んできて、2人で1階の荷物
を必死で運び上げました。あんなになるとは思ってなかったのですが、2時く
らいには2階の床くらいまで水が来て、もうどこにも行けなくなってしまいま
した。
僕のベッドの上で、母さんと二人座り込んでいました。
水音が、まるで川の中にいるように聞こえつづけて、時々何かが家の外壁にぶ
つかっては、家が揺れました。一段と大きい音がして、家が揺れた時、母さん
が声を上げて、僕にしがみ付いて来ました。連続して何かがぶつかる音がして、
周りが静かになるまでそれから1、2時間、二人で抱き合っていました。
母さんは
「怖い、怖い」
と言っていましたが、僕は違うことを考えていました。僕にしがみつく母さん
の身体は温かくて、柔らかくて、良い匂いがしました。僕は母さんの身体をぎ
ゅっと抱きしめていました。
ペニスが固くなってきました。
「死んだら、僕、童貞のままや……」
震えていた母さんが暗闇の中で、小さく笑いました。
「何言うてんの、こんな時に」
「お母さん、触ってくれん?」
「えっ」
僕は母さんの片手をペニスの方に引き寄せました。かちんかちんになった僕の
ペニスに母さんの手が触れて、びくっと震えました。
「何しゆうの……」
身体を固くした母さんが逃げようとしたのを、ぎゅっと抱きしめたまま、僕は
キスしようとしました。どんって音がして家が揺れて、母さんが慌ててしがみ
付いて来ました。僕は母さんの寝巻きの裾から片手を差し入れて、ショーツ越
しにあそこに触りました。びくっと母さんが身体を固くしましたが、家の揺れ
に気を取られていたのか、僕の指がショーツの脇から直接あそこを触っても、
何も言いませんでした。僕は夢中で指を動かして、終いにはショーツをほとん
ど脱がせてしまいました。母さんが僕の肩に頭を寄せたまま、喘ぎ声を上げ始
めました。指を入れて、あそこを嬲りました。
濡れてきました。僕は片手で自分のパジャマの下を脱ぎました。母さんの身体
を膝の上に抱え上げようとしました。
「……いかん……」
僕に身を任せたまま、うわ言のように呟く母さんの身体を両手で抱えて、自分
の膝の上に下ろしました。ヌルッとペニスが熱い母さんの中に包まれて行きま
した。母さんが僕の頭を抱きしめ、何かを叫びました。僕は、母さんを下から
突き上げるように腰を動かして、射精してしまいました。瞬間、母さんがうめ
いて、僕の肩に爪を立てました。そのまま、しばらく抱き合っていました。
母さんとキスしました。
母さんが身動きすると、僕のペニスは締め付けられて、また大きくなってきま
した。
繋がったままの姿勢で、ベッドの上に倒れこんで、2回目のセックスをしまし
た。途中で、母さんも僕も裸になって、射精する頃には、夢中になって、豪雨
の音も忘れていました。
朝になって明るくなるまでに、もう1回セックスしました。もう母さんも夢中
になってくれて、声を上げて応えてくれました。
水がひくまでに、もう1回セックスしました。
外に出られるようになって被害を眼にしたときも、二人ともぼんやり立ってる
だけでした。それから、家の修理が終わるまでの間、母さんと僕は毎晩のよう
に僕の部屋で、セックスしました。
強い雨が降るたびに、僕はあの晩を思い出します。

608 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/21(土) 08:45
子供ができたら、あなたのお父さんにとっては、孫になるのでしょうか?

609 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/21(土) 10:30
>>608
実質的にはそうですが現実は甥か姪です。

610 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/21(土) 10:32
自分の娘とセックスして出来てしまった子供は自分にとって子供か孫か?

611 名前: 609 投稿日: 2003/06/21(土) 10:37
叔母が産んだ子供と勘違いしました。608の答えは実質的には孫だが
現実は子供でした。産めばの話だが実際は堕ろしとんかつでしょう!

612 名前: 桜田ツンタ (l5SBI1OU) 投稿日: 2003/06/21(土) 11:05
勉強になります

613 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/21(土) 12:52
オロシとんかつはうまいね〜 大根にもよるけどね〜 オロシそばもうまいね〜

614 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/23(月) 02:26
射精不可能!

615 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/24(火) 00:04
外電なんぞ見とらんでここで射精して寝ろ

616 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/24(火) 09:50
こすっていますが出ません!

617 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/24(火) 19:44
月曜日から上司に誘われ飲みにいった帰りの事。
終電に乗った俺は入口際の2人席に座った。
発車瞬間に一人の女が乗ってきて俺の隣に座った。
相当酒飲んでいるのか俺より酒臭かった。
その女は黄色いチェックのフレアスカートで上は白いブラウスというのか可愛らしい服を着ていた。
大学生に成ったばかりくらいの年齢に見える。昔の浅香唯のような顔だった。
しばらくして女が私の肩に頭をつけてきた。
一瞬びっくりしたが酔っ払いだし可愛らしい女なのでそのままにしていた。
どのくらい経っただろう、ふと気づくと終点の一駅前だった。
まだ女は寝ていた。間も無くして終点に着いた。
仕方なく女に「終点だよ」と言ってやった。
女は驚き「えっ!終点!どーしよう!」馬鹿な女だと思いつつ俺は電車を降りようとした。
「待って!」と女は私に近寄ってきた「お、お金を・・・。お金が無いんです貸して頂けませんか?」
「はぁ?お前金がねーの?」俺は呆れた。他に客も居らず仕方なく改札まで行って金を払ってやった。
「ありがとうございます。」この女全く逆の方向の電車に乗っておまけに切符を落としていやがったので、俺と乗った事にした。
俺は女に住所を教えてお金を送る事を約束させた。
「じゃあな!」俺はアパートに急いだ。女が付いて来た。「何だよ」「帰るタクシー代が・・・」
「!」そうだ電車代出してやっても女は家に帰れる訳が無い。しかし、ケチな上司に誘われ飲み代の全てを割勘にされていたのでもう金はない。
「・・・」困った。俺はカード嫌いなのでカードは持ち歩かない。
仕方なく女を泊めてやるハメに成った。
アパートについて女を部屋に上げてやった。俺の部屋は2DKなのでベットルームに女を寝かす事にした。
突然、女がゲロしやがった。俺のベットの上にだ。「てめー!」怒りが込上げた。
「スミマセン。スミマセン」女は必死に頭を下げた。ボーナスで布団を買ったばっかりだった。
「くせーから、風呂入れ!!」とシャワールームに行かせた。
布団を片付け、テレビを見ていた。すると女が出てきた。「!」
女はタオル一枚で出てきた。さっきのゲロで服が汚れたのだ。しょうがなく俺の服を出して渡した。
「今日は最悪だ!お前もう寝ろ!」と言って俺もシャワーに行った。「服。私の汚れて・・。」「洗っとくからいいよ」
終って洗濯機に女の服を入れようとした。ぽろっと何かが落ちた。何とパンツとブラジャーだ!
と言う事は何も履いてないのである。
シャワーを浴びて戻ると女が座っていた。俺のTシャツとジャージを履いている。Tシャツの乳首のあたりがぷっくり膨れている。
意外といいプロポーションだ。その時俺の何かが切れた!
女に飛びつきTシャツをたくし上げた。「親切にしてやったんだ。やらせろ!」女は少し抵抗したが観念したのか抵抗はすぐに止んだ。
じっくり胸を拝んだ。むちゃくちゃ色白でDカップくらいだろうか。ピンクの乳首に吸付いた。
女は必死で声を出さない様に耐えていた。そのしぐさが可愛く更に激しく乳首を舐めてやった。
「はぁ〜」と小さく喘ぎ出したので、すかさずジャージを剥ぎ取った。「いやッ」一瞬抵抗した。薄らと生えそろった毛が卑らしさを増した。
足をこじ開け指を女の秘部に這わせた。女のアソコは濡れ濡れである。「はぁーハアー」
だんだん女も興奮してきた。その興奮は俺が女のクリトリスに吸いついた時、最高潮になった。
「あっいい〜。もっと、いっちゃう〜」女は一度目の絶頂を迎えた。快感に浸っている女に俺のいきり立つ物を生で入れてやった。
可愛い顔をしているが、かなりの好き者のようだ。俺の物を出し入れする度に女のひだが絡み付き俺の物を心地よくする。
「も〜おかしくなっちゃう。いっい〜。あっあっう」
「俺はお前を助けてやったんだ。これからずっと俺の言う事を聞くんだ。」
「はい。言う事を聞きます。あっ。何でもします。いいっもっともっと」
「よし。お前の中に俺の精子を注入してやる。嬉しいだろ」
「あっはい。お願いします。私のオマンコにいっぱい出して下さ〜い。あっいくいくいっちゃう〜」
「よ〜し。出してやるぞ〜」
女とほぼ同時に俺もいった。俺の物を抜いたとき女のアソコは半開きになりその口から俺の濃い精液が流れ落ちた。
朝までやっりまくった。やりながら誓約書を書かせ、やっているところをビデオに撮った。
その女はもう俺のペットだ。今日、俺の乗る電車で待ち合わせだ。
乗る前にパンツを履くなと言ってある。今日は電車の中で触ってやる事にする。
時間なので、また!

618 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/25(水) 00:16
>>617
久々に・・・ティムポが・・・半勃ちでしゅ (^^;

619 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/25(水) 05:05
勃起しました

620 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/25(水) 10:52
付けたし

かくして、オレのオナニーが終わったのであった。

621 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/25(水) 12:00
もっとお願いします

622 名前: 作詞作曲 ハメタラ ダスゾウ 投稿日: 2003/06/25(水) 12:03
戦国スレはオマンコスレ〜〜〜♪いつもオマンコばっかり夜も昼も〜〜♪

623 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/25(水) 13:00
若い色白のDカップとはめるために相場頑張りまちゅ

624 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/25(水) 13:18
<ウガンダ>反政府勢力が女子中学校を襲撃、100人誘拐

 【ヨハネスブルク城島徹】ウガンダからの報道によると、同国北東部の女子中学校が23日から24日にかけて、反政府勢力「神の抵抗軍(LRA)」に襲撃され、少なくとも100人の女生徒が誘拐された。同国軍報道官が明らかにした。

 現場はソロティ郊外のルワラ女子中学校。軍報道官はAFP通信に「ヘリコプターで連行先を特定し、少女たちを救出したい」と語った。

 LRAは表向きには現政権の批判を掲げているが、誘拐した少年を戦場に送り、少女は兵士の性的奴隷にするなど、一般市民への迫害が問題となっている。(毎日新聞)


100人の性交奴隷  ウハウハ

625 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/26(木) 15:19
初めてHを伴う彼女が出来て、最初のコンドームは彼女が買ってきたんだけど
それも無くなり、次からはさすがに自分で買わなければと。
で、コンドームの箱には「お買い求めの際はこのサインで!」と、所謂OKマーク(指で作るやつね)。
そして町の薬局に行って早速OKマーク!
でも店のオッサンはハア?てな感じ。そこで俺も、これだよ!とばかり力をこめてOKマークを作った。
それでもオッサンは判ってくれない。
どうしたものかと困っていたら、横から俺と同じくらいの歳(二十歳前ぐらい、当時)の白衣の女性店員が現れて
店の隅の棚に案内してくれた。
見ると他にも若い女性店員が3人ぐらいいて、どう見ても笑いを堪えている様だった。
購入後、逃げるように帰ったのは言うまでもない。

626 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/26(木) 15:23
昔、携帯をカメラ付きに代えたばかりの頃
調子に乗って当時の彼女に自分の裸の写真を送りまくっていた
おはようメールやおやすみメール、今からバイトメールやデートに少し遅れますメールにまで
とにかく家から送るメールには全て、俺のチンコ写真を付けていた(今思うとこれが別れる原因だった)
ある日いつものおやすみメールを送ろうとしたところ
バイト中の妹から誕生日おめでとうとメールが届いた
ちょうど俺の誕生日の午前零時だった
可愛い奴めと思い、ありがとうと普通に返信した、、、つもりだった

まあ後はご想像のとうり
俺はいつもの癖で、俺のたった一人の妹にまでチンコ写メールを送ってしまったのだ!(勃起済)
あわてて送信中止の作業をしているところに割り込んで妹から返信が

変態!(>_<)

終わった、何もかも

それから一週間、口をきいてもらえませんでした

627 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/26(木) 15:24
今、そのオッサンは技研にいますが、なにか?

628 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/26(木) 15:38
ぶわはははははあ!

629 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/26(木) 17:16
ラッパのマークあたりなら気付いて貰えたかもね

630 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/26(木) 18:12
617の報告!
女の名前は「かよ」
駅で待ち合わせし電車に乗った。
一緒に席に座った。向かい席には爺が座っていた。
「約束破ってないよな」「はい」
そうパンツを履いて来ない約束だった。
「前の爺に見えるように足を開け」「えっ」
「寝たふりして足開けばいいんだよ」「・・・」
「俺の言う事聞けないの?」「いいえ」「じゃあやれよ」
しばらくして、かよは俺の肩に頭を傾け寝たふりをした。
爺の視線がこちらに・・・。かよが少しずつ足を開いた。
爺は驚いた顔をした。すぐに俺と目が合ったがすぐに爺が下を向いた。
あっという間に爺の顔が真っ赤になった。見たい欲望にかられて少しずつ頭を上げて見ている。
「爺が見てるぞ。お前の見てるぞ」「・・・」
ふと気づいたら爺の隣にOLらしき女性が座っていた。彼女も気づいたのか、かよの股間を驚いた顔で見ている。
爺より大胆に見ていた。そのOLも俺と目が合った。すっごくびっくりして爺より顔が真っ赤になった。
「OLにも見られてるぞ」「いやっ」
頭を上げて股を閉じた。これからが本番だ。
俺は通勤用バックを膝の上に置き少しかよの方にずらした。
かよのスカートは左側にファスナーがあったので俺はかよの左に座っていた。
通勤バックで隠しながら右手でかよのファスナーを下げた。
「・・・」かよは何も言わなかった。ファスナーから俺は手を入れた。
かよも持っているハンドバックで俺の手を隠すように膝の上においた。
かよはまた寝たふりをした。股を開かせ俺は手をかよの割れ目にはわした。
結構手がつりそうだったが、かよが分らない様にスカートを回してくれたので股の上がファスナーになり自然に触れる様になった。
驚いた事に触るともうそこはヌルヌルである。
「お前すげーな」「・・・」かよは俺の腕にしがみ付くように寝たふりをしていた。
向かいの爺は本当に寝てしまったらしい。しかし、爺の隣のOLは目を大きく開けてかよの股間を凝視していた。
俺は構わずかよのオマンコを触り始めた。かよはだんだん力を入れて俺の腕にしがみ付いた。
中指の先でクリトリスに触った。指先でくすぐるように動かした。
OLは、もう必死で見ていた。上気した顔になっている。あの女もきっと感じているに違いないと思った。
更に激しく指先でクリトリスを触った。「うん〜ん。んんっ〜ん」
かよは必死に俺の腕にしがみ付いた。あっという間にかよは絶頂に達した。
OLも目を細めますます上気しているようだった。
俺はOLの顔しか見ていなかったので今まで全く気づかなかったが、何とそのOLは自分で自分を触っていやがった。
それにはさすがに驚いた。OLもいったのか呆然としていた。
そのOLが降りる駅で俺はかよを連れて電車を降りた。
駅を出てそのOLに声をかけた。「こんばんは!」
OLは、はっとして俺の顔を見た。「見てましたよ」
この後は想像にお任せします。
当然頂きました。こんなについている事はない。少し恐い気がする。

631 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/27(金) 00:14
勃ちが足りません (^^;

632 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/27(金) 05:53
勃起したけど射精にまでいたりません。
またエロイやつお願いします。

633 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/06/28(土) 10:52
期待には応えられないかもしれんが続きだが
OLに声をかけた所は丁度公園の近くだった。
強引に公園に引っ張り込んだ。「やめてください」
OLは抵抗していた。公園に男が一人いたので、俺が話し掛けた。
「お兄さん!この娘ね、実はさっき電車でね」「やめて!お願い!」OLが俺の話を遮った。
おれは男に言った「ごめんごめん。じゃあね」男は変な顔をして行ってしまった。
OLは「何でもしますから許して下さい。もう帰りますから」と泣き出しそうだった。
かよに俺は言った「3人で楽しもうか?」「はい。」
近くにホテルがある事を知っていた俺はかよでOLの両脇を抱えて連れていった。
観念したのか意外と抵抗なくホテルに入る事が出来た。
部屋に入るとOLの後ろから胸を触った。でかい!かよよりかなりデカイ。
「いやっ」「おいおい何でもしますって言っただろ」
俺は構わず胸をもんだ。片手をOLのスカートの中に滑り込ませた。
下着はもうヌレまくっている。「スゲーなあ。スケベだな」「やめてください」
やめれる訳無い。OLの服を脱がしソファーに座らせ俺が隣に座った。
かよはお風呂を入れながらシャワーを浴びて上がってきた。
俺はかよをソファーの前に座らせ
「かよがさっき見られたんだから今度はお前の番だな」「いやです」
「おいおい、それはかよが可哀相だよ。見られっぱなしじゃ」
そう言ってOLに足を開かせた。「へえ〜。こんなになってんだ〜。わたし初めて見た」
「いや。そんなに見ないで」「まだまだこれからだよ」
俺はOLの膝からうちももへと触るか触らないかの感覚で指を滑らせた。「はあ〜」
OLがため息をついた。あそこに触れた。クチュっと音がした。「この人凄く濡れてる。すご〜い」
電車の中と同じようにOLのクリトリスを刺激した。電車ですでに感じていた様なので俺が触ると凄い反応だった。
「あっ。いや。いい〜。ん〜ん」「電車じゃないからもっと感じていいよ」
俺は激しくクリトリスを刺激した。「ああ〜。いくいく。いっくぅ〜」
OL仰け反るようにいってしまった。
放心状態のOLに俺はすでに硬くなったチンコを出しきれいにする様命令した。
OLはソファーから降り俺のチンコにしゃぶりついた。あまり上手くない。
俺はかよに部屋の中に売ってあるローションを取らせた。
OLの張りのある胸にローションを垂らした。「パイズリしろ!」「どうやってすれば」
するとかよがOLの後ろに回って「こうするのよ」っとOLの乳で俺のチンコを挟んだ。
要領が分ったのかOLはパイズリをし始めた「なんか変な感じ。感じる」
OLは興奮しだした。俺もこの辺で入れたくなってきたのでOLをベットに押し倒した。
乳が大きい割に乳首は小さく可愛かった。俺は乳首を転がす「はあ、はあ、あっ」
かよにOLの足を開いた形で足を持たせた「いや。はずかしい」
俺の前に無防備にOLのオマンコが現れる。OLのオマンコがローションも付けていないのに濡れているのがはっきり分る。
顔を出し掛けているクリトリスが見える。俺は舌先でクリトリスをくすぐる。
「はっ。ん〜ん。感じる感じる」今度は激しく舌先を動かした。
「もういっちゃういっちゃう。いや〜」またいきやがった。
そろそろと思い。俺はOLのオマンコを頂く事とした。
一気に突き刺した。「あっいや。あ〜ん。」
腰を動かし始めた「いや。動かないで、あっいや。あっいい。あっあっいや大きい。いい。いい。」
「あっ凄い凄い。奥に、奥に、入ってる。あっいや。もうだめ、もうだめ。」
さらに激しく腰を動かした「いや〜。早く。感じる感じる。もうだめ。やめて。あっいくいく」
「よ〜しいくぞ」「ああん。はやく。いくいく。あいい。いくいくいく〜。ああっ。あっあっ」
いくと同時に女はひくひく痙攣した。中田氏してやった。
すぐにおれはシャワーを浴びた。次はかよだ。かよは俺とOLがやっているのを見てオナニーをしていたのだ。
もう準備OKだ。かよの中に入れた。かよの方が狭い。かよは俺を締め付ける。
さっき出したばかりなのに大きくなった。
「私にも早くして。早く動いて」腰が心配になったが頑張った「ああっいい。ほんといい。もっともっと。」
「もういっちゃう。いっちゃう。ひい〜。いくう〜。うっう」
かよはいったが俺はいかなかった。すると指をくわえてOLが見ていた。
「またしてやるよ」と今度はOLをバックからしてやった。
入れる時にブっ、ぷっとオマンコに空気が入り音がした。OLは「恥ずかしい」とチンコを抜こうとした。
俺は構わず腰を動かした。「いや。いや。あっあっおかしくなっちゃう。」
こうして一晩中やりまくった。
次の日は腰が痛くて仕事にならなかった。

634 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/01(火) 16:45
射精したくなりました!誰か吸ってください。

635 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/01(火) 18:17
いやでつ

636 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/01(火) 18:32
たまにはすんごい怖い話でもウプしてくだされ

637 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/04(金) 05:41
怖い話はチンボガちじんでしまうので嫌です!

638 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/04(金) 16:27
チムポは立ちませんが鳥肌は立ちますが何か?

639 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/05(土) 04:33
さっきオマンコしてきましたが何か?

640 名前: 12センチ様 投稿日: 2003/07/05(土) 10:11
素直にうらやましいです。

641 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/09(水) 22:09
あげ

642 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/10(木) 14:28
マンコしずぎて病気をうつされましたが何か?

643 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/10(木) 21:38
今、淋しいですか?

644 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/10(木) 22:09
うさぎは寂しいと死んじゃうんだよ

645 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/10(木) 22:51
あなたは寂しいうさぎさんですか

646 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/11(金) 08:04
彼女のオマンコにバナナを入れてそれを膣圧で切らせて輪切り状で食べました!

647 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/11(金) 08:38
女の尻にローター入れてすると気持ちいいでつ

648 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/18(金) 19:40
このスレも何か淋しくなりましたね。

649 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/18(金) 20:00
真夏のある朝のこと。高校二年生の健一は通学のために何時ものように 満員電車に揉まれているうちにいつしか健一は若いOLらしき女性の後ろに立っていた。
電車はもう身動きができないくらいギュウギュウ詰でその女性の後ろにぴったりと身体がくっついた。
女性は肌を大きく露出していて、薄着なのでブラジャーのラインがはっきりと見える。健一は同級生の女性とは違う甘い香りのする魅力的な大人の女性の雰囲気に興奮を覚えた。
女性は電車の揺れと共にお尻を振る。健一のペニスは女性のお尻にぴったりとくっ付いているので健一はもうたまらない。いつしか健一のペニスは勃起してしまった。
女性は後ろにいる健一が勃起したのを感じ、健一の方を振り返りにっこりと微笑んだ。健一は勃起してしまったのを女性に知られてしまったので思わず顔を赤らめうつむいてしまった
電車は次の駅でまたたくさんの人が乗車して更にギュウギュウになり、ついに健一はその女性の正面にきてしまった。健一はもうその女性の顔をまともに見られないくらい恥ずかしさでいっぱいだった。
健一は頬を赤らめうつむいたが、今度は薄いブラウスの隙間から豊かな胸の谷間が健一の目に飛び込んできた。健一は童貞である。初めて大人の女性の豊かな乳房をみてもう健一のペニスはもう完全に勃起してしまった。
電車がカーブを曲がり大きく揺れたとき、女性の豊かな胸が健一に押し付けられ、女性の手が勃起した健一のペニスに触れた。
「あっ、ごめんなさい」
「あっ、い、いえ‥‥‥」
女性は健一のペニスが勃起しているのを知り、また顔を赤らめている健一に向かってにっこりと微笑んだ。
(うわぁー、まいったな。どうしょう)
健一のペニスはもう爆発寸前の状態になった。
女性は顔を赤らめている年下の健一に悪戯心がおきたのか健一の左手を掴み自分のミニスカートの中のパンツのオマ○コの周りを触らせた。そして健一の指をパンツの中に入れ、直接オマ○コに触らせた。
健一は童貞なのでもちろん今まで一度も女性のオマ○コに触ったこともない。 (えっ、まさか。そ、そんな。これが女性のオマ○コなんだ。こんなにやわらかいんだ)
健一は初めて触るオマ○コに胸が高鳴った。
同級生の女性より年上の女性に魅力を感じる健一は一度悪戯で電車の中でOLの女性の胸を触ったことがあるが、オマ○コに触るのは始めてである。
「うふ、いいのよ」
女性は微笑み、健一の耳元で囁いた。
そして女性はもう片方の手で健一のペニスをズボンの上から擦り始めた。
「そ、そんな。だ、だめですよ、お姉さん。ぼくいっちゃうよ」
「いいわよ。いっても。私もとても気持ちがいいの」
「だ、だめ。そんなに擦ったら。イ、イク」
「私もいきそうなの。一緒にいきましょう」
女性は身体をガクガクと振るわせた。ついに健一のズボンの下のペニスも爆発し、ピクンピクンと肉棒が震え、白い液体が発射されてしまった。健一は初めての経験で、まるであの夢精をした時のような感覚を感じた。
女性は次の駅で何もなかったような顔をして降りていった。そしてまた、何時ものうっとしい満員電車の状態に戻った。
あれは夢か幻想だったのか。でも健一のペニスにはまだあの余韻が残り、パンツは確かに濡れていた。

650 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/18(金) 20:04
Aは32歳の人妻。夫はある大手の企業のサラリーマンでいつも帰りが遅く、所謂セックスレスの夫婦である。
Aは英文科卒業なので、気晴らしに今、高校生の英語の家庭教師をしている。
そんな初夏のある日のこと。いつものように高校生の男子生徒Sに英語を教えていた。Sは必死に苦手の英語の問題を解いていた。
Sは薄いブラウスの隙間から見えるAの巨乳が気になり、気が散って仕方がない様子でAの胸元をチラチラと見ていた。
AはSの同級生とは違う甘い大人の香りがする。
 「さっきからどこを見てるのよ」
「えっ、あっ、ぼ、ぼくは何も見てませんよ」
「嘘、さっきから私の胸ばかりを見てる」
「私もうおばちゃんよ。若い子と違うわよ」
「いえ、先生はすごく素敵です。同級生の女の子よりとっても魅力的です。ぼく、先生のことがとっても好きです」
AはSの言葉に戸惑った。今の夫と結婚して7年になり、今やもう夫もなかなかかまってくれなく久振りに聞く言葉である。
動揺を隠しきれなかった。
「ありがとう嬉しいわ。これはお礼よ」といってSに軽くキスをした。
「先生」
Sは思わずAのその豊かな胸に触れた。
「いいわ。分かったわ。そんなに私のことが好きなのなら」
そういってAはブラウスを脱ぎ、ブラジャーも脱ぎSの手を掴み自分の胸を触らせてみた。
「うわぁー、先生、先生のオッパイ、やわらかくて大きい」
 Sは初めて触る大人のオッパイに興奮した。次にオッパイにキスしてみた。甘い大人の香りがした。
Sの手は徐々に下のほうに移り、ミニスカートの中のパンテイに触れた。
 Aは身体をピクンとさせたが「うふ、しょうがない坊やね」と言いつつパンテイを脱いだ。
そしてSの手を掴み自分のアソコを触らせた。Aも久しぶりなのでアソコはすでにヌルヌルで興奮している。
「あー、いいわ。気持ちいいわ。久しぶりだわ」
次にAはSのズボンとパンツを脱がして肉棒をしゃぶり始めた。
「すごい、とっても硬いわ。主人のとは大違い」
「せ、先生。出ちゃう」
「だめよ、我慢して」
そしてAは机に手をつき後ろ向きになり、Sの肉棒を掴み自分のアソコに誘導した。
「いいわよ。動いてみて」
「だ、だめ先生。出ちゃう」
「いいわよ。中に出しても」
「そう、いいわ。とっても気持ちいいわ」
「イ、イク。せ、先生」
「私も」
SはついにAの中でいき果てた。
(うふふ、Sくんはこれでもう私の虜になったから当分私は欲求不満が解消できそうだわ)
「さあ、今日の勉強はこれで終わりよ。また明日ね」
(これから楽しみだわ)

651 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/19(土) 04:27
勃起しました!

652 名前: しこしこまん 投稿日: 2003/07/19(土) 13:38
僕も高校時代はよく電車の中で、勃起していましたが、このようなお姉さんとの
出会いはありませんでした。

653 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/19(土) 13:57
オマンコ、やりたんですが・・・・やらせてください。ひろげてチンボ入れたい!

654 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/19(土) 14:18
僕もこんなおねえさんと出会いたいでつ

655 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/19(土) 18:19
フニさんでつか?

656 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/20(日) 14:21
今夜オマンコします。(きっぱり)

657 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/21(月) 15:47
 昼下がりいつもどおり掃除をしていると電話が鳴り響いた。
(また、セールスかしら)
 貴子はうんざりするように電話口に立った。
「はい、木下でございます」
「貴子か?」
 電話の向こうから昔聞き慣れた声が響いてきた。
「俺だよ、忘れたわけではないだろう」
 相手は3年前に別れた健史からだった。当時健史はまともに仕事につかず、遊び歩いてばかりいて、OLの貴子に小遣いをせびる生活を送っていた。将来に不安になった貴子は、同じ会社の男性の求愛を受け、健史とは逃げるように縁を切った。子供はまだ居なかったが旦那はまじめでやさしかったので、十分生活を楽しんでいた。
「何かご用ですか?」
「冷たいなー、昔は二人で楽しくやっていたじゃないか」
「……」
 貴子は不安な気持ちで身体をこわばらせた。
(落ち着いて、弱みをみせたらだめよ)
 貴子は自分自身を奮い立たせた。
「ちょっと出て来いよ、駅前のXXホテルの302号室にいるから」
「お断りします、もう別れたのよ、それにもう結婚しているし」
「それならそれでいいぜ、暇になったからどうしようかな?お前の旦那でも呼び出してお前の話しでもしようかな?」
 健史は薄笑いした声で、貴子を煽った。
「ちょっと、やめてよ」
 思わず貴子は大声を上げてしまった。
「なら、出て来いよ。別にお前の幸せをこわそうと言うわけじゃない。ちょっとばかり助けて欲しいだけなんだけどな」
 電話の向こうでククッという笑い声が聞こえてきた。
「わかったわ、5万もあればいい」
「さすが、物分りがいいな。それで十分だぜ」
「それじゃ1時間後にいくわ」
「ああ、待っているぜ」
 貴子は叩きつけるように電話を切った。
      *        *          *
 30分後貴子はホテルの一室に居た。
「はい、約束のお金。もうこれっきりにして」
 貴子が封筒をベット脇の机に放り出すと、ドアの方へ足を向けようようとした。
「ちょっと待てよ。久しぶりにあったんだぜ。ゆっくりしていけよ」
 健史は慌てて貴子に詰め寄り、腕を掴んだ。
「ちょっと離してよ。別に話すことなんかないわよ」
 貴子は健史の腕を振り払おうとしたが、逆に強引に引き寄せられ健史の胸に飛び込む形となってしまった。貴子は慌てて逃れようとしたが、健史の腕が貴子の身体を後ろから抱きかかえた。
「相変わらず、いい身体しているな」
 健史は服の上から右手で左胸を揉み絞り、左手を股間にもぐりこませてきた。
「イヤッ、止めて」
 貴子は健史の腕から逃れようと必死にもがいたが、逆に服を乱す結果になってしまった。健史はボタンの外れたブラウスの隙間から右手を差し込み、ブラジャーを捲くし上げ直接乳房を鷲掴みした。下半身はまだ脚を固く閉じていたため、健史の手は奥に侵入できなかったが、もぐり込まそうとしていた動きが恥丘を刺激していた。
 貴子の抵抗はまだ激しかったが、乳首が少しづつ堅くなってきた。健史が乳首を指先で挟むと一瞬、貴子の動きが止まった。すかさず健史は後ろから貴子の耳たぶを軽く噛み、息を吹きかけた。
「アァ…」
 貴子は思わず悦声を漏らしてしまった。
「おまえの身体は隅々までわかっているんだぜ」
 健史は貴子の乳首をコリコリと指でつまみ、唇を耳から離し、舌を首筋にそって下に這わせていった。
「ハアァ……止めて」
 貴子はまだ抵抗を続けていたが、既に力は抜け、形だけのものとなっていた。健史は力が抜けた両脚の隙間に左手をもぐり込ませ、スカートの上から秘部を撫で付けた。
「イヤッ…だめよ…お願い」
 貴子の声は哀願に変わっていった。
 健史は左手を秘部から離さないままで、貴子の身体を正面に向けなさせた。既に露わになった胸に顔を近づけ思い切り乳房に吸い付いた。右手で乳房を揉み搾りながら、尖り起った乳首を舌先で転がした。
「あっあん…」
 左手を一旦秘部から離し、スカートをたくし上げた。貴子は手でスカートを抑えたが既に力は入っていなかった。健史は強引にスカートをまくり、そのままパンティの中に手を滑らせていった。陰毛擦りながら差し込んだ指先が花唇に届くと、既に熱を帯びて湿っているのが感じ取れた。
「身体はまだ俺を覚えてくれてたみたいだな」
 健史は皮肉な声でいやらしく笑った。貴子は完全に抵抗できなくなり、両腕を健史の頭に巻きつけた。健史は顔を上げ、貴子の唇を自分の唇でむさぼり、舌を絡ませていった。貴子も自分から舌を絡ませていき、ネチョネチョと唾液の交わる音が、貴子の荒い息と混じり合った。

続く・・・

658 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/21(月) 15:48
健史はディープキスをしながら貴子をベッドサイドに連れて行き、そのまま二人でベッドに倒れ込んだ。まくれあがったスカートから見えるパンティに手を伸ばし、臀部からパンティを脱がし始めた。熟れた臀部がペロリと姿をあらわし、そのままパンティを引きずり下ろしていった。貴子もパンティを脱ぎやすくするため、腰を浮かせ両脚を健史の手の動きに合わせて動かしていった。
 パンティが片足から外れたところで、健史は身体を入替え秘部に顔をうずめた。
「あ…うん…」
 健史は茂みの中に隠れていたクリトリスも見つけ出し、皮をむいた。そのまま膨らんだピンクの蕾に舌を這わせた。
「あっあ〜ん、いいっ、あん」
 甘美な快感が花芯から身体全体に広がり、貴子は身体を震わせのけぞった。健史は花弁から溢れる愛液を、すくうように肉ひだを指でなぞった。
「いいっ、いいっ。健史……、アッ、アッウッン」
 貴子は手を伸ばし健史の下半身を弄った。そして肉棒を見つけ出すと握り締め、顔を近づけ口に含んだ。
「どうした、貴子、俺の肉棒が欲しいのか」
「う…欲…し…い…」
 貴子は無我夢中になって、肉棒を口に含んだまま返事をした。
「まだ、だめだよ、もうちょっとお仕置きが必要みたいだからな」
 ねっとりとした口調でいやらしくいいながら、健史は指を花弁の中に滑りこました。電気に打たれたように貴子の身体が跳ねた。指先は肉壺の中をかき回していき、溶け出したように愛液が指の根元から溢れ出してきた。
「アゥー、お願い、健史…アゥン、アッ、アッ、入れて…」
 貴子は肉棒を咥えていられず、悦声を上げて健史に哀願した。しかし、健史は貴子の悶える姿を楽しみながら、肉壺の中を擦りかき回した。
「アッ、アッ、アン…もうダメ、お願い、これを入れて」
 貴子は健史の肉棒を掴み、しごきながら喘ぎ声を上げた。
「そんなに欲しいなら、自分で入れな」
 健史は勝ち誇ったように言い放ち、愛撫を止めベッドの上に仰向けに寝た。貴子は痺れた身体をゆっくりと前にずらしていき、後ろを向けたまま健史の身体をまたいだ。花弁がパックリと開き愛液が内腿を滴り落ちていくのを、健史はニタニタいやらしく笑いながら眺めていた。
 貴子はやっと腰を健史の肉棒のそばまで運び、健史の肉棒を濡れそぼる自分の花弁にあてがった。一瞬身体をブルッと震わせ、ゆっくりと腰をおろし、花弁で肉棒を包んでいった。
「ア〜ッ、ンッ」
 花芯を肉棒が貫いた甘美な衝撃が頭の中に響き渡り、貴子は健史の足首を掴んで夢中で腰を動かし始めた。貴子の腰が動くたび、花弁が肉棒にまとわりつく様が露わに見えた。ヌチョヌチョと愛液が卑猥な音を立て零れ落ち、健史の股間を濡らしいった。
「イイッ、イイのっ…アッ、アアッン」
 貴子は髪を振り乱し、腰を大きく振りながら悦声を上げた。肉棒が膣の中を出入りするたび、甘美な感覚が身体中に広がっていき、腰が勝手に激しく動いた。
「ハァン…健史…気持ちいいよ〜ッ、あぁ〜ん」
 貴子は快感に犯されていく身を妖しくくねらせ、声が嗄れてしまいそうなほど、切なげに喘ぎ続けた。
 それまで貴子の痴態を眺めていた健史だが、おもむろに腰をしたから突き上げた。
「あんッ…いいっ…イキそう…もっと…」
 健史はベッドのスプリングを利用して腰を激しく上下させた。貴子の頭の中が真っ白になり、全身が突っ張っていた。疼いていた快感が背筋を這い上がり、頭の中で砕け散る。
「んッ、アァーッ、イクーッ」
 膣の中で肉棒が破裂し、白い液体が肉壺一杯に広がった。貴子はフッと力が抜け、上半身が崩れ落ちた。
 肉壺の中で肉棒がビクッビクッと最後の一滴を絞り絞り出された。
「ハァー、アーッ」
 貴子は喘ぎ混じりに大きく息を吐き出すと、身体を痙攣させた。

659 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/21(月) 21:27
勃起しますた

660 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/22(火) 04:07
抜きました

661 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/22(火) 09:04
ここは戦国時代を語るスレですよ。

662 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/22(火) 11:49
 香織はシャワーを浴びながらまだ迷っていた。先日付き合っていた彼からいきなり別れを告げられて、自棄になっていたのかもしれない。会社の部長に誘われるまま、いつのまにかホテルの一室に入っていた。
(あーあ、どうしよう)
 部長の松平は見た目も悪くもなく、女性の社員にはやさしかったので、女性社員の中では人気はあった。香織も好きではあったが、まさかこんなことになることは想像もしていなかった。
         *        *        *
 松平はベットに腰掛け、シャワーの音を聞きながらビールを飲んでいた。香織の事は前から目を付けていたが、まさかこんなにすんなりホテルまでついてくるとは思っていなかった。しかし、さすがにここに来て躊躇しているのが見て取れた。
(迷っているようだな、こっちから積極的に出たほうがよさそうだな)
 松平は着ているものを脱ぎ浴室に向かった。
「香織さん、一緒に入らせてもらうよ」
 返事を待たずに松平はドアを開け浴室内に入っていった。
 香織はタイル壁に向かってシャワーを浴びていた。
「あ、部長!?」
 松平に気づいた香織は目を見開いて、両腕で胸元を隠ししゃがみこんでしまった。
「香織さんのことを思うと待っていられなくてね」
 松平は近づき香織に降りかかっていたシャワーを止めた。
「ちょっと待ってください…今…出ます。あたしすぐに出ますから」
 香織は顔を紅く染め、振り向かず下を向いたまま懇願した。
 松平は香織の肩に手を掛け、香織の身体がビクッと反応した。松平はそのままそっと撫でつけた。香織の肌はきめが細かく、ゆで卵のように弾力を持って艶光りしていた。
「きれいだよ。さあ立って。君の美しい身体をみせてくれ」
 松平は香織の上半身を抱きかかえ、自分の方に向くように立ち上がらせた。それでも香織は両腕でしっかり胸元を隠し下半身をひねるようにして、松平の目から逃れようとしていた。
 松平はかまわず香織の身体を強い力で抱きしめ、香織の柔らかな唇に自分の唇を強引に重ねた。そして素早く舌先を彼女の生温かい口の中に押し込み、香織の舌先に絡ませていった。
「うううう…」
 香織は松平の腕の中で裸体を揺すって軽い抵抗を見せていたが、舌が絡みつくにつれ動きが止まっていった。
 松平はディープキスを続けながら、手を香織の背中に撫でつけ滑らせていった。香織は次第に舌先を自分の意思で松平の舌にまとわりつけ始め、腕を松平に絡めてしがみついてきた。
 松平は頃合を計って肉棒を香織の下腹部に押し付けた。香織はピクリと裸体を引き攣らせた。松平は唇をはがし、香織の身体をタイルに押し付け、改めて香織の身体を目で撫で回した。
「きれいだよ、香織さん」
 香織の両腕を抑え、香織が裸体を隠そうとするのを防いだ。香織の肢体は柔らかな曲線のワイングラスを想わせるもので、胸と臀部が形良く張り出していた。腰の括れは両手でつかめそうに細かった。股間に生えている陰毛が水気を含んでキラキラとし、白い肌に鮮やかに浮かび上がってエロチックさを際立たせていた。
「恥ずかしい…、そんなに見ないでください」
 香織は顔を少し斜め下に向けながら訴えたが、声は艶かしかった。

663 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/22(火) 11:50
松平は大きく張り出した左の胸に顔を近づけ、胸丘の先の突起を口に含んだ。
「あっ」
 香織は身体をピクッと震わせ甘い吐息を漏らした。
 松平は舌先で乳首を転がし、空いている右の胸を下から左手で揉みたて、乳首を指で弄んだ。
「うっ、う〜ん」
 柔らかかった乳頭に硬直が生まれてきて、尖り勃ってきた。松平は空いている右手を腰から盛り上がった恥丘にすぺらせていき、黒々と茂る陰毛を撫で付けた。
「はぁ、あん」
 香織の息が次第に荒くなっていく。松平は右手をさらに奥に滑らせていき、花弁に触れた、香織の頭が軽くのけぞった。
「あっ、ああん」
 淫裂に添って指を這わせ、肉ひだを弄った。花弁は既に粘り気のある液体で濡れていた。
「ああっ、部長…こんなところで…」
「大丈夫だよ、気にしないで」
 松平は右手で花弁を弄ったまま、左手を伸ばしバスマットを取って床に広げた。香織の身体を前に引き倒し、バスマットの上に四つんばいにさせた。香織の左横に膝で立ち、左手でたわわに垂れ下がった乳房を掴み、右手を臀部から陰部に伸ばし花弁の奥よりクリトリスを捜し出し、指を震わせながら刺激を与えた。
「部長…あっ…こんな格好…恥ずかしい……あんっ」
 香織は甘く非難をしたが、身体を大きく反らし、腰を振るわせた。香織は両腕に力を入れられなくなり、上半身をマットに突っ伏した。松平は香織の後ろに回り、露わになっている秘部を眺めた、白い肌にピンクの肉ひだが鮮やかに浮かび上がっていて、愛液に濡れた花弁が朝露に濡れたバラを想わせた。
「恥ずかしい…見つめ…ないで…下さ…い」
 香織は甘い声で哀願したが、松平は容赦なく左手の指を花弁の奥にグニュリと押し込んだ。肉壺の中は既に熱く火照っており、膣壁がしっとりと松平の指を包んだ。
 松平はゆっくりと指を出し入れした。出し入れする毎にピンクの花唇が松平の指に絡みつき、愛液を肉壺の中から溢れさせた。
「あ、ああんっ、あっ、あっ、あん」
 香織の悦声は次第に大きくなりバスルームに響き渡った。
「香織さん、あそこがもうビショビショだよ。気持ちいいのかい」
「え…そんな…恥ずかしい…あん」
 松平は指の動きを早めて再びたずねた。、
「気持ちいいいんだろう、ちゃんと言ってごらん」
「あっ…気持ち……い…い…です」
「どこが気持ちいいんだい?」
「あっ、あそこが…」
「だめだよ、ちゃんと言ってごらん」
「お、お○んこが…」
 恥ずかしさが美樹の欲情をさらにかきたて、愛液がとめどなく溢れてきた。
「よく出来た。ご褒美をあげようか」
 松平は香織の身体を仰向けに直し、両足を両腕で大きく開き、そのまま上にのしかかった。
 猛り立った肉棒を花弁にあてがい、一瞬間を置いて一気に花弁を貫いた。
「あっ、あんっ」
 香織は胸を反らし、乳房をたわわせ。
 香織の肉壺の粘膜がねっとりと松平の肉棒を包み込む。松平はゆっくりと腰を使い始める。
「あっ、いっ、あん」
 腰のリズムにあわせ、香織が甘いメロディーを奏でる。
 松平の腰の動きが次第に速くなってくると、香織は両足を松平の腰に巻きつけ、両腕を松平の首に巻きつけた。
「部長…いいっ、気持ちいいっ…」
 松平は腰を使いつつ、口を香織の乳房に持っていく、乳首を含んで、軽く歯先で乳首を噛んだ。
「あん…ダメェ〜…いいっ」
 香織は首を激しく振り、松平の身体に巻き付けた両腕と両足に力を入れた。松平はさらに腰の動きを早めていった。
「お…願い…いっ…いく…」
 松平もそろそろ放出の抑制が限界に近づいているの意識した。
「香織さんいくよ」
 松平は腰の動きをひときわ大きくした後、息を飲み身体を硬直させた。
「うっ」
 肉棒がビクンビクンと震え、白い液体をを香織の子宮に飛ばした。
「あ〜〜っ」
 香織のその瞬間、身体をビクリと引きつらせ大きくのけぞった。

664 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/22(火) 11:56
昼休みに会社のトイレでオナニーして抜きます。

665 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/22(火) 12:00
僕は今抜いてきますた

666 名前: 事務員 投稿日: 2003/07/22(火) 14:04
トイレでオナニーしている時ペニスをトイレットペーパーの芯の穴に入れてみましたが
気持ちよく無かったです。やっぱり手で逝きました。本物の穴にもう、かれこれ
3年くらい入れてないです。彼女か嫁さん欲しいです。

667 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/22(火) 15:57
トイレットペーパーの芯の内側にローションをぬったらどうですか?

668 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/22(火) 15:59
アッハッハ!女いねーと苦労するな〜!

669 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/22(火) 16:26
勃起しました。
我慢汁が先から出そうでつ

670 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/22(火) 17:06
>>669
僕はホモです。我慢できません、吸ってもいいですか?

671 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/23(水) 04:59
>>670
いやでつ。(きっぱり)

672 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/23(水) 14:01
木田明子は、最近の不況で夫の給料が上がらず、ローン返済のため保険の外務員を始めた。
親戚の何人かと成約した後は、一日中歩き回ってもほとんど契約に至らない。
仲間内では、お色気勧誘が半ば公然と行われていることに気付く。
三十路半ばを迎えても、男好きするマスクと、油の乗った肢体は十分男を魅了するはずだ。
ここはやるしきゃない。一大決心で、エッチな下着を買い込み、早速着替えて行動に移す。
ターゲットは、土地成金の百姓の親父権田だ、女房は散財狂いで家にはいないはず。
紺のタイトなスーツを身につけた明子は、権田の玄関先に立っていた。
15年前に購入したリクルートスーツだ。油の乗った身体には多少きつい。
ピタッと張り付いた、膝上10センチのタイトスカートが、明子の大き目のヒップを強調する。
明子の最大の武器は、先程購入した黒のガータベルト、腿までの黒のストッキング、それと赤のハイレグTバッグだ。
早速着用し、鏡に向かう。割れた双丘が生々しく、つい腰を左右に振ってしまった。
あの痴態を思い浮かべると、恥ずかしさがこみ上げてくる。呼鈴を鳴らすと、権田が出てきた。
明子:ごめんください。グローバル生命の木田と申します。ご主人様ご在宅でしょうか。
権田:ワシだが、保険はいらんよ。
明子:「ワクワク保険」と言う新商品を発売しております、ご説明させていただけませんか。
明子は、笑顔で脚を開き気味に膝を折り、胸を突き出し、腰を一振りして、媚を売った。
権田の態度に変化の兆しが伺われた。なめるような視線で、明子の全身を見回し、生唾を飲み込んだ。
権田:聞くだけ聞いてやるか。時間がないから手短に頼むよ。
明子:ありがとうございます。ご損をお掛けすることはございません。
権田:ここじゃ何だから、まあ、あがれや。
明子:失礼いたします。
 権田は明子をリビングに通した。明子は権田の対面のソファに座った。
きつめのタイトスカートが、せり上がり、ガータベルトに吊られた黒のストッキングと、むっちりした白い大腿が露出した。
明子は、保険の説明を始めた。権田は上の空で、明子の大腿に視線は釘付けであった。
明子:このように「わくわく保険」は、ご家族の為だけでなく、ご主人様にも多くのメリットがあります。
どうかご検討お願いします。
権田: ・ ・・・・ 無言
明子は、説明しながら少しづつ股を広げた。きつめのスカートは明子の太ももの圧力に抗しきれず、
次第にずり上がり、終いには中身を隠す役割を失い、腰のあたりまとわり付く単なる布切れに成り下がった。
明子の下半身を覆う赤のハイレグ・Tバック・パンティも、はぼ全貌を現した。
黒、赤、白の3色が織り成す淫靡なオブジェクトを作り出していた。
明子:権田様、何かご質問はございませんか。
権田: ・ ・・・・ 無言
明子:あら、厭だ、私って。丸見えじゃない。ごめんなさい、失礼しました、いま直します。
明子は、権田の視線を意識するように、立ち上がり、後ろ向きになった。
Tバックで割かれた双丘が剥き出しになり、権田は反応しだした。
明子は、尻を振り振りゆっくりとタイトスカートを直した。
明子が普通の姿に戻ると、権田は我に帰った。
権田:やっぱり無理だな。保険は沢山入ってるし。
明子:この部屋少し暑いですわ。上着脱がせてもらって、よろしいですか。
権田:いいよ。姉ちゃん、いい身体してるな。身体のサイズ教えてくんないか。
明子:そんな恥ずかしいですわ。それに最近計ってないから、良くわからないんです。
権田:俺が計ってやるよ。メジャーもあるし。
明子:お願いしてもよろしいですけど、その前に契約の約束してもらえませんか。
権田:それは勘弁してくれや。金だったら払ってもいいが。
明子:私は人妻ですよ、娼婦ではありません。この部屋暑いですわ。
失礼して下も脱がせていただこうかしら。あら、いい曲をお持ちですね。
このCDかけてよろしいかしら。
ここで大胆にならなきゃ、努力が水の泡。
そう考え、明子はキャミソールとスカートを脱ぎ、下着姿になった。

673 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/23(水) 14:01
身に付けているものは、赤のペアのブラとパンツ、黒のガータ、ストッキングだけである。
恥ずかしくても、商売だと考えると意外に大胆になれた。
そのままの姿で、ジャズのCDをかけた。
1年前市民カルチャで教わったジャズダンスを、下着姿で踊った。
明子の大きな胸と尻が、権田の前で跳ねた。むっちりした太ももが前後左右に開いた。
権田は興奮した。
もっと明子の肢体を楽しみたくなり、CDをスローの曲にチェンジした。
「ハーレムノックターン」、いわゆるストリップソングだ。
明子は一瞬たじろいだが、もう後には引けない。
こうなったら徹底的に権田を挑発してやろうと考え、曲に合わせ全身で身悶えした。
尻をくねらせ、股を開き、Tバックを双丘の片方に寄せた。
射すような権田の視線を感じながら、ストリップショウを演じる自分に感じていた。
唇を半開きにした恍惚の表情が悩ましい。

674 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/23(水) 14:02
権田:姉ちゃん、もうたまらん。触らせてくれ。

明子:ご契約いただけます。お約束していただけたら、権田様に是非、わたくしのバスト、ウエスト、ヒップのサイズ調べていただきたいのですが。

明子は、痴態をさらけ出した相手に対して、極力丁寧な口調で応対した。どんな場面でも丁寧語に徹しようと明子は考えていた。男女関係ではない、顧客とのビジネスである。明子にとっての行為の正当化である。こんな明子の口調に、権田は商売女にはない新鮮さを感じた。

権田:約束すれば、抱いてもいいのか。

明子:権田様、私事で恐縮ですが、私には夫がおります。それはご勘弁ください。サイズを調べる際、多少お手が触れてもしかたありませんが。

権田:わかった。約束しよう。あんたの身体計らせてくれ。一発は我慢するが、姿と言葉はサービスしてくれ。

明子:わかりました。大事なお客様ですから、できるだけのサービスはさせていただきます。

権田:まず、軽く酒でも飲むか。姉ちゃん、飲めるのかい。何が好きなんだ。取って置きの焼酎があるが。

明子:不調法者ですが、少しならお付き合いさせていただきます。何でも飲めますので、権田様にお任せいたします。

権田は風体に似合わず、意外と小心者である。約束どおり、肉体関係をもつつもりはなかった。が、昔肉屋の親父に貰った「媚薬」を試したくなった。水割りの焼酎に混ぜ、明子に出した。酒に強い明子は、喉が渇いていることも手伝って、軽く飲み干した。権田は、わずかな布切れを纏った明子を立たせ、メジャーを手にとった。

675 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/23(水) 14:04
権田:姉ちゃん、ブラ取ってくれ、いい乳してるな。87センチだ、いいねえ。今度は、ウエストだ、臍の上から測るぞ。63だね。いいスタイルしているな。計ってやったんだ、お礼ぐらいいってくれよ。

明子:あぁ、ありがとうございます。権田様。

権田:今度はヒップだ。たまらないな赤いパンツが、ほとんどケツが出てるぜ。毛がはみ出ているよ。ケツ計るときは、やっぱ触れちゃうね。ほぉ、92センチか、いいケツしてるぜ。

権田は、明子の尻をなぜ回した。片手でTバックを絞るように握り、前後左右にゆすり、もう一方の手で尻、股の付け根、敏感な部分をこすりだした。明子は、歯を食いしばり耐えていたが、濡れてくるのがわかった。堪らず、腰を一振りし、がっくと膝を折った。権田は、ニヤツキながら、明子に「明子の”お***コ”をいじってくれて、ありがとう。もっと”お***コ”いじりまわしてください」と言えと強要した。

明子:権田様、約束が違います。少し触れるくらいは、と申しましたが。こすられて、いじり回されては、ああぁー。そんなこと言えません。え、どうしても言わなければだめですか。明子のお尻をいじってくれてありがとうございます。

権田:姉ちゃん。挿入以外ならなんでもさせるって、言ったろ。俺も契約の約束破るぞ。早く言え。

明子:わかりました。でも、恥ずかしい。明子の”お***こ”をいじってくれて、ありがとうございます。もっと”お***こ”いじりまわしてください。もう、恥ずかしくて気が狂いそう。

権田:全部脱いで素っ裸になってもらうよ。

明子:そんな、やめてください。せめて、パンティだけは脱がさないで。

権田:だめだ、パンツもだ。脱がすぞ。

明子:ああぁ、許して。素裸になっちゃう。

676 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/23(水) 14:05
媚薬が効いてきたのか、明子は思い切り恥ずかしい目に合わされたくなっていた。ほとんど生まれたままの姿の明子をいじり回し、嘗め回しながら、権田がゆっくりともてあそぶように、明子のパンティを脱がしてゆく。明子は中腰になって、阻止するように尻を突き出す。腰をひねりながら、恍惚の表情を浮かべる。はらりと紐のようなパンティが落ちると、明子は感極まったように、わざとらしく前後を手で覆いながら、たったまま激しく身悶えする。丸出しの自分を隠そうとする、が、無意味である行為自体が明子を狂わせる。要するに、権田を挑発する悲劇の主人公になりきっているのである。媚薬の作用である。大きく股を広げ、局部を手で覆いながら、明子は半開きの唇を突き出す。権田が、唇を合わせようとする。

明子:厭です。唇だけは、許してください。権田様。お願い許して、堪忍して。

権田の唇を避けるように、顔を左右にふる。が、唇は突き出したままで、空に向かってキスをする振りをする。チュウ、チュウ音がする。丸裸の明子の腰は、回りっぱなしだ。権田もこんな痴態は始めてみた。興奮の極地にいた。局部を覆う明子の両手を握り、その手を頭の後ろで組ませた。明子は、手を再び戻そうとはせず、相変わらず尻を回しながら、キスを求めるように狭めた唇を突き出している。権田が、股に手をやると、一瞬ピクッと痙攣し、さらに尻と唇を突き出した。権田は、唇を重ねた。明子は、舌を突き出し、激しく求めた。

明子は、もよおしてきた。トイレに行きたいと権田に伝えた。権田は、キスをしながら、全裸の明子を抱えるように洋風便器に座らせた。明子は、権田に出て行くように頼んだ。権田は、おとなしくトイレをでて、ドアを閉めた。権田はドアに耳を当て中の様子を伺った。やがて、明子の放尿の音がする。媚薬の効果は絶頂に達している。明子の被虐心も頂点にある。こんな姿を殿方に見られたら生きていけない、などと本心とは裏腹な想像をしている。急に、トイレのドアを開ける。驚いた明子は放尿を止めようとするが、急には止まらない。

明子:キャー、何をするの、出てって。見ないで、あぁー、止まらない。

権田:すげえ、こんなの始めてみた。もう、ビンビンだ。

権田は、便器にかがむ明子にむしゃぶりついた。片手は明子の股間に延びた。明子のおしっこは権田の手の脇から飛び出て明子の大腿にかかった。権田は明子の唇に自分の唇を重ねた。股間を這う手で明子を持ち上げた。放尿しながら、立ち上がったため、トイレ中に小便が飛び散った。まだ止まらない。明子には止める気持ちもなかった。有り得ない出来事に、明子は眼を剥いた。明子は、垂れ流しながらトイレから引きずり出された。権田は、廊下に明子を仰向けに横たえ激しい愛撫をくれた。大きく開いた股間から小便をぶちまけながら、明子は権田の愛撫に激しく応じた。明子は、あまりの快感に全身を引き攣らせながら、「許してぇー ・・・」と小さな悲鳴を上げ、次第に意識が薄れる自分を感じた。

明子は、意識が戻ると、訪問時の姿であることを知った。セクシーな下着も在るべき場所に付いていた。権田は、ご苦労さんと言うと、押印した契約書を明子に渡した。

明子:ご契約ありがとうございました。集金の時にまた、お尋ねします。

権田:楽しみにしているよ。

明子は権田の家を後にした。失神の後のことは覚えていないが、後ろめたさは今はない。契約を獲得したビジネスウーマンとしての満足感とこのビジネスを続けられる自信だけが残った。確固たる足取りで次の訪問先に向かう。

677 名前: . 投稿日: 2003/07/23(水) 14:37
        /⌒ヽ⌒ヽ
               Y
            八  ヽ
     (   __//. ヽ,, ,)
      丶1    八.  !/
       ζ,    八.  j
        i    丿 、 j
        |     八   |
        | !    i 、 |
       | i し " i   '|
      |ノ (   i    i|
      ( '~ヽ   !  ‖
        │     i   ‖
      |      !   ||
      |    │    |
      |       |    | |
     |       |   | |
     |        !    | |
ストーリーが気になって、相場どころじゃありませんわ〜〜〜〜

678 名前: 極楽とんぼ 投稿日: 2003/07/23(水) 17:47
場中にかくのやめてくれ

679 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/24(木) 04:18
2回出しました。

680 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/24(木) 11:12
うちにも契約にきてください。

681 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/24(木) 11:17
ここは肉棒と肉ひだを語るスレですか?

682 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/24(木) 11:27
勃起しました。

683 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/24(木) 11:30
昼休みのネタを下さい

684 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/24(木) 11:39
トイレで今日もオナニーします。女子社員の机の下の太ももが見えているので
毎日勃起します。その後、会社の給食食べて掲示板を見てから昼休みにオナニーします。
気持ちよく射精できるネタお願いします。

685 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/24(木) 11:53
「ううっ、もう我慢できない…」
圭一は尿意を感じて、手元にあるボタンを指先でなんとか押す。
圭一は事故で両手と両足を骨折しており、ただいま入院中だった。
最初は恥ずかしくてしょうがなかったのだが、今は随分とその行為にも慣れてきた頃だった。
『はーい、どうしました?』
真っ暗な部屋が少し明るくなる。扉の方へと目を向けるとそこには、翔子が立っていた。
まだ新人のナースだった。
「え、あ、あれ…いつもの…」
『あぁ、今日は夜勤ではないですから。私が替わりに来ました。』
いつもは年配のナースにしてもらっていたので、羞恥心も幾分薄れてはいたのだが、突然の若い女性の登場に圭一はしどろもどろしてしまっていた。
『お小水ですよね。今用意しますから。』
「えぇっ?き、君が…」
『はい。』
そう言って翔子は尿瓶を取り出して、圭一の上にかかっている蒲団を捲り上げる。
圭一は恥ずかしさで全身が真っ赤に燃え上がるようだった。
「あ、あのその…やっぱりいいです。」
『そんな、我慢は体によくないですよ。』
翔子は笑顔を圭一に見せると圭一の下半身を肌蹴させてゆっくりとトランクスを下ろす。
ここしばらく若い女性に触れていない圭一にとってはそれだけでひどく興奮させられた。
『わっ…圭一さん…』
「あの…いや、その…だ、だって…まさか若い翔子さんが来るなんて…いや、その。」
圭一は、もうほとんどパニックのようだった。
下腹部はもう痛いくらいに大きく反り返ってそそり立っている。薄暗い部屋だが翔子が頬を紅く染めているのもよくわかった。
でも、視線はそらさずにじっとその肉棒を見つめてゆっくりとそれに手を添えた。
『これじゃ…出せないですよね、圭一さん。』
「そ、そうですね…あ、あはは。あの治まったらまた呼びますから、それで…」
圭一はバツが悪そうに俯いた。恥ずかしさと情けなさと申し訳なさが入り混じったような感じだった。
しかし翔子は突然思いもかけない行動に出る。
「えっ…そ、あぁ…翔子さん…」
『あの、溜まっているんですよね?まだ若いし、やっぱり体がそんな状態ですし。』
翔子は持ってきたお絞りで丁寧に圭一の肉棒を拭くと、そっとその小さな口に含んだ。
とろけるような感触が圭一を襲ってくる。
「あぁ、ちょ、ちょっと…」
『いいです。圭一さんなら…我慢しないで…んぐっ…』
翔子は、両手を使ってゆっくりと肉棒を扱き始めた。唇でカリ首を挟んで舌先を転がしていく。
指で竿を扱きながら、もう片方の指は袋と玉を優しく撫でまわしていった。

686 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/24(木) 11:53
「はあぁぁ、はあぁ…だ、だめ…そんな…」
『んぐっ…んふうっ…はぁ…いい、いいですよ。遠慮しないで…口の中へ。』
そう言うと、翔子はさらに扱く速度を速めていく。淫らな吸い上げる音を部屋に響かせながらさらに袋も扱き圭一を刺激していく。
すぐに圭一は体を震わせて勢いよく翔子の温かい口の中へと脈打っていく。
「ああぁっ…はあぁ…」
『んぐっ、ケホ…ケホ…すごい…やっぱり溜まっていたんですね。圭一さん…』
翔子は、再びお絞りを手にとって口の中の精液をそこへ吐き出していった。
口を拭いて再び圭一の元へと戻って来る。
「はぁ…翔子さん…な、何を…」
『私…前から圭一さんの事好きだったんですよ…だから…』
翔子はナース服の前を肌蹴けて、ブラをずらして乳房を圭一の胸へと擦りつけてきた。
手は射精したばかりの肉棒をゆっくりと扱き、自分の太股へと擦りつけていく。
タイツ越しのやわらかい感触と指で握り締められている感触が再び圭一を刺激する。
『こんないやらしい女の子…嫌いですか?』
「えっ、い、いや、そんな…その…え、えっ?あの…」
『嬉しいっ…私もすごくエッチな気分なんです…このまましてもいいですか?』
「えっ?で、でも…」
翔子は、優しい笑顔を見せるとスカートを捲りあげて下着を脱ぎ捨てた。
そして再び反り返った圭一の肉棒を掴んで、そこへゆっくりと腰を沈めていく。
「ああっ!あああっ…」
『ああ、夢みたい…圭一さんのが…入ってる…ああぁっ!』
圭一はもうされるがままだった。翔子は圭一の胸の上に手をついて、ゆっくりと腰を前後左右に振り乱していく。
圭一の目の前では、翔子の乳房が揺れているのがよく見える。
「はあぁあはぁ…翔子さん…いいっ…ああぁ、絡み付いてきて…」
『ああっ、いいっ…だめ、すごすぎです…もう我慢できません…あぁっ』
そう言うと、翔子はさらに腰を激しく振り乱してきた。前後左右だけではなく、上下にも動いて圭一の肉棒に刺激を加えていく。
ぐっと奥まで突き刺したり、先端まで引き抜いたり…どんどん圭一の頭の中は真っ白になっていった。
「ああっもうだめ…ああぁっ!イクッ…」
『圭一さんっ!私も、ああぁっ、来て…このままいっしょにっ!』
圭一はぐっと仰け反るとそのまま翔子の中で脈打っていった。翔子もぐっと腰を沈めて圭一の胸の上に倒れこんでしまう。
「はあはあぁ…翔子さん…」
『圭一さん…すごく素敵でしたよ…』
そう言って、翔子は湯気が発生せんばかりの互いの性器を結合させたまま、優しく圭一の唇に自分の唇を合わせながらこう言った。
『明日、また来ますね』

687 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/24(木) 12:15
勃起しました。
僕も事故したくなりました

688 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/24(木) 12:44
オナニーで気持ちよく出しました。うちの会社はトイレ2つ有って女子トイレと共同なので
オナニーしている時隣のトイレに女子社員入ってきてシャーッという
音が聞こえました。女子社員3人いて一人はすごいエロそうな女でフェロモン
ムンムンでています。トイレの仕切りの下が5センチくらい隙間有るので
今度鏡でのぞこうかと迷っています。見つかったら怖いし、のぞきたいし・・・

689 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/24(木) 14:02
>>688
生のオマンコが見られるのでつか?ウッシッシよけい気持ちよく射精できまつね。

690 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/24(木) 15:12
のぞくとしたら前から?後ろから?

691 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/24(木) 15:12
ザーメンのついた手をろくに洗いもせずに、
社内の備品のあれやこれやを触り捲くる野郎どもがいっぱい。

692 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/24(木) 23:16
明日も前場が終わったら昼休みネタ下さい

693 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/25(金) 02:41
>>690
のぞきは前からはオマンコがまともに見えるので最高ですがリスクは大きいです。
後ろからならワレメモ見えて見つかる確立が少ないです。

694 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/25(金) 12:32
今から覗き実行しようと思います。心臓がドクンドクンという感じです。
昼休みが終わる少し前に駆け込んでくるパターンが多いので10分前から
鏡を持ってトイレボックスに入って待機しようと思っています。
思い切って前から覗いてオマンコまともに見ようと思います。
あと18分緊張してきました。目の前に社内給食を食べ終わって
コーヒーを飲んでいるエロイ女子社員います。
この女のオマンコが見たいと思っています。
もし失敗して見つかれば会社辞めるつもりでいます。
そろそろ準備して行きます。
やります。

695 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/25(金) 12:36
股座についてるモンはさほど変りはないと思うがのぉ。

696 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/25(金) 12:51
あなた、人生棒にふるよ。それだけのリスク取る価値有るの?
まあ俺もガソで人生棒にふるかもしれんけど。

697 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/25(金) 13:24
ネタでしょ

698 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/25(金) 13:27
結果教えてちゃぶだい

699 名前: 694 投稿日: 2003/07/25(金) 14:08
狙っていた女子社員はトイレに来なかったんだけど違う女子社員が来て
鏡でしっかりオマンコ見ることが出来ました。足が興奮でがくがくしました。
勃起するより興奮と緊張で頭がボーっとして事務机の前に座ってからも
しばらくおかしかったです。
しかし、どの女子社員かはハイヒールで判るということと成功するという
自信はつきました。
今度、明日かあさってか必ずエロイ女子社員のオマンコを覗きます。

700 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/25(金) 14:32
携帯ででオマンコを撮るというのはどうですか?

701 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/25(金) 15:39
それをアップしてくれたらもっとイイ

702 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/26(土) 08:40
>>699
エロイ女子社員どんなタイプですか?芸能人に例えれば誰?

703 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/26(土) 14:04
>>702
三浦恵理子に相当似ています。顔もスタイルも・・・もう少し、太ももは
太く胸が有るみたいだが・・・・

704 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/26(土) 16:51
>>703
マジッスカ?俺彼女の大ファンです。もしシャメール成功したら買ってもいいっすよ!

705 名前: 704 投稿日: 2003/07/26(土) 16:53
>>703
追加でその彼女の事務員姿の顔写真付けてくれたら2万で買います。

706 名前: 704 投稿日: 2003/07/26(土) 16:55
マジにメール送信でいいですからお願いしまっす。2万は振り込みますので。

707 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/27(日) 10:42
携帯撮るときシャッター音しないかな?

708 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/27(日) 10:43
ア〜オマンコ見たい!オマンコやりたい!

709 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/27(日) 10:47
695 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/25(金) 12:36

股座についてるモンはさほど変りはないと思うがのぉ。


そんなことはないでしょう!
松浦と松島奈々子とオマンコ比較してみなさい。
かたや、縮小してしまい、奈々子ははちきれんばかりで勃起すると思うよ!

710 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/27(日) 12:46
勉強になります

711 名前: 703 投稿日: 2003/07/28(月) 12:02
>>704
本日もう一度トイレノゾキやります。エロイ女子社員のオマンコ見るまでは
チャレンジします。携帯チャレンジしてみます。きれいに撮れていたら
お知らせしますので連絡方法をお願いします。

712 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/28(月) 12:14
肉棒は振ってもよいのですが、人生を棒に振ってはいけません。

713 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/28(月) 12:19
ノゾキが一度でも成功すると病気になります。もう、捕まるまで止められません。
田代まさし、彼はすべてを失いました。麻薬中毒と同じです。

714 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/28(月) 12:24
一度縛られると病みつきになる女みたいなものでつね

715 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/28(月) 12:57
おい、見えたか?

716 名前: 703 投稿日: 2003/07/28(月) 13:31
残念ながら三浦理恵子タイプのエロイ女子社員はトイレ来ませんでした。
15分前から張っていたんですが男の同僚がクソをしに来ました。
鏡で覗いたら男の靴でまずいと思ったらいきなりぶ、ぶぶーという下痢の音でした。
後味悪かったです。
失敗でした。
明日に賭けます。

717 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/28(月) 15:13
明日を楽しみにしています。

718 名前: しこしこまん 投稿日: 2003/07/28(月) 15:17
三浦理恵子タイプのエロイ女子社員が、ぶぶーという下痢の音を
発したらどうするのですか?

719 名前: 703 投稿日: 2003/07/29(火) 11:45
今日もやります。給食早めに食べて20分前から張り込みます。音がしないデジカメ購入しました。
今日こそエロイ女のオマンコノゾキマス。興奮してきました。
目の前のデスクの下から太もも見えています。触りたいです。

720 名前: 12センチ様 (fzPDX9ts) 投稿日: 2003/07/29(火) 11:51
>>719フ、フラッシュたくなよ、、、w

721 名前: リズム 投稿日: 2003/07/29(火) 12:19
あはは

722 名前: 12センチ様 (fzPDX9ts) 投稿日: 2003/07/29(火) 12:32
おぉぉぉぉぉ〜〜〜!
ちくびが透けてるおねえさんハケーン!

まだ暑く成りきってませんが、良い季節になってきましたねぇ〜♪
これから最高気温の上昇と共に、若者の脳味噌が溶けて逝きますw
僕達おじさまには、たまりませんw

無理矢理休み取って、芋洗いのプールへ逝きますw
去年も逝きましたが、肌が触れ合ったり、思わぬ事故が、、、(うふ♪)

もう12センチも忙しくて大変だ〜!(≧◇≦)y-~~~

723 名前: 703 投稿日: 2003/07/29(火) 14:18
成功しました。オマンコはバッチリ見れました。しかしカメラ撮影は
出来ませんでした。しかし、それよりもまずいような感じなのです。
エロイ女子社員が出て行ってからトイレを出ると何故かそこにエロイ女子社員が
立っていて僕を見るのです。なんか疑っているような眼で・・・・
僕はハッとして顔をそむけて事務所に戻りましたがばれたのかもしれません。
心配で心配で・・・・オマンコを見れたのはうれしいけど、ばれたのか心配です。

724 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/29(火) 15:50
>>723
お前、ばれているぞ!社内で明日から噂になって女子社員全員が白い眼で
お前を見たら完璧にバレバレ!会社におれなくなるぞ!まだノゾキやりたかったら即座に会社を
変わってそこの新しい会社のトイレでノゾキをやりなさい。

725 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/29(火) 16:57
俺も三浦理恵子似のオマンコ見たかったジョ〜

726 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/30(水) 04:00
どんなオマンコだったか正直に書け!

727 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/30(水) 04:52
マンゲはきれいに手入れしてありました。よって丸見えでした。

728 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/30(水) 15:23
>>723
今日の社内の様子はどうでした?

729 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/30(水) 16:04
戦国時代も覗きはあったんでしょうか?

730 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/30(水) 16:10
裏事情歴史本によると、出歯亀というのは江戸時代に大工で出っ歯の亀五郎という男がいてそいつが
ある時ノゾキで捕まりそこからノゾキの人間をデバ亀と呼ぶようになったと有る。

731 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/30(水) 16:12
それは有名な話ですね!私も誰かに聞いたことが有ります。

732 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/30(水) 16:17
てっきり江戸時代に大工の五郎が壁に穴あけて、壁からチンコを出っ張らせたから
出っ張り亀=でばかめ かと思いすまた

733 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/30(水) 16:35
デジカメ=デジ亀(頭)
http://www.omochannel.com/new_0705/n18_09.jpg
でよろしいか?

734 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/30(水) 19:43
大人のおもちゃの営業はやめれ!

735 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/30(水) 23:00
あのね。オマンコやりたい奴はおれんとこに来い!

736 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/31(木) 00:01
あなたとはオマンコしたくありません!

737 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/31(木) 04:14
>>736
チャう、チャう、オマンコしたい奴は俺のお古を廻してやるから来いといったんチョ。

738 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/31(木) 06:15
どこへ行けばいいですか?
お願いします。

739 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/31(木) 09:56
>>738
貴方はオマンコしたいのですか?

740 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/07/31(木) 11:10
はい

741 名前: 703 投稿日: 2003/08/01(金) 02:44
会社辞めました。どうも雰囲気が変なので辞表出しました。ばれたと思います。
4ヶ月も勤めてもったいないと思いますがまた違う会社をさがします。
トイレが共同で女子社員がいるところで事務職が希望です。

742 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/01(金) 05:12
おいおい^^

743 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/01(金) 16:53
>>741
俺の会社はその条件にぴったりで尚且つ、現在事務募集中!男でもいいかどうかは俺は知らんが・・・・!
場所は愛知県です。希望なら連絡すれば教えるよ!

744 名前: 703 投稿日: 2003/08/02(土) 04:08
>>743
僕は三重県ですので近いといえば近いけど・・・・美人系の女子社員いますか?
高卒でもいいですか?給料20万以上ないとローンが有るので生活できません。
寮なんて無いですよね?

745 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/02(土) 09:11
>>744
お前さー、いつまでノゾキを続ける気?ヤバイと感じないの?現行犯で
捕まったらカッコ悪いんちゃうか?親親戚まで迷惑かけるかも知れへんぞ!
それでもノゾキを続けるとしたらノゾキッちゅうのはとんでもない麻薬に
似たやめられない魅力が有るンヤロナ!

746 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/02(土) 14:30
エロイ話お願いします

747 名前: 12センチ様 (fzPDX9ts) 投稿日: 2003/08/03(日) 14:13
写メールでオメコ(修正付き)を公開している親切な女ハケーン!
http://himitsunoayumi.sytes.net/html/ayumi/pic.cgi?n=5&s=3&ref=r

748 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/04(月) 22:02
ageときましょうか(^^;

749 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/05(火) 08:26
>>747
黒い筋が入っているのであまり親切な方ではなさそうです。

750 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/05(火) 18:45
>>747のリンク画像ですか? 私は親切だと思いますよ
偽装pngファイルですね、jpgが偽装されています。
http://www.google.com/search?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&q=%8BU%91%95PNG&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&lr=lang_ja

751 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/05(火) 21:27
もっとオマンコバッチリ写ったのは無いですか?

752 名前: 12センチ様 (fzPDX9ts) 投稿日: 2003/08/05(火) 22:20
>>750何故偽装する必要があるのでつか?

753 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/06(水) 04:39
>>752
美人のオマンコなめたいですか?

754 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/06(水) 05:11
なめたいでつw

755 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/06(水) 11:42
誰か気持ちのいいエッチな話お願いすます。オマンコの話です。

756 名前: しこしこまん 投稿日: 2003/08/06(水) 13:21
顔が美人ならオマンコも美人でしょうか?
みなさん、よく考えてください。
女の価値とは、顔、性格、オマンコの三種の神器のバランスで決まるのです。

757 名前: 12センチ様 (fzPDX9ts) 投稿日: 2003/08/06(水) 13:26
>>753
もちろん舐めたいでつwその後入れたいでつww

>>756なるほど、、、深い、、、

758 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/06(水) 14:15
>>757
最初か入れるのに苦労するほど穴の小さいきついのがいいですか?
それとも入れるときはスムーズで入れてからが吸い付いたり締め付けたり
包み込んだりする名器がいいですか?

759 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/06(水) 14:25
自分の手が一番最高でつw

760 名前: 12センチ様 (fzPDX9ts) 投稿日: 2003/08/06(水) 14:38
>>758もちろん後者でつw
うはーーーー^^

761 名前: 信者 投稿日: 2003/08/06(水) 14:51
>>758
前に一人だけそんなオナゴいただいたことありまつ。(後者の方)
顔がイマイチで匂いがキツかったのでつが、ゴムが外れるんじゃないかと
思うくらい引っ張られてびっくりしますた。でも2回ほどでお別れしますた。

762 名前: 信者 投稿日: 2003/08/06(水) 14:58
その後、つきあった彼女や嫁に“こうして!”とか教えますたが
どうしてもムリなようでつ。(--;)

763 名前: 得呂仙人 投稿日: 2003/08/06(水) 16:43
>>761
匂いがきついくらい我慢するべし!名器はそんなにいませんぞ!
ふぉっふぉっふぉ!

764 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/06(水) 22:16
いつもガバガバのブスノゆるいオマンコとやっているので死ぬまでに名器とかと
やってみたい。それが俺の唯一の願望である!

765 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/07(木) 11:58
得呂仙人は何歳ですか?また女は何人くらいやりましたか?

766 名前: 北越の巨人 投稿日: 2003/08/07(木) 13:17
小生巨根につき誰とやっても名器!

767 名前: 信者 投稿日: 2003/08/07(木) 13:21
むむむ!
何か761の文章の表現が変?w

>>763 得呂仙人様、
はい。でも僕は風呂に入る前にオメコを舐めるのがとっても好きなのでつが、
程度をカナリ超越しておりますたので、病気が心配になり身を引きますた。

768 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/07(木) 22:26
最近は風呂での逆ソプープレイが楽しみなので、あまり臭いは気に
なりませんね。ベットに戻って2ラウンド目に突入したときにオイニーが
漂ってくると、さすがに萎えますが・・・ (^^;

>>767
とりあえず洗ってしまえば気付かないのに・・・ つーか、病気予防には
洗わずオイニー確認したほうが得策なのか? 気付かんかった(^^;

769 名前: 得呂仙人 投稿日: 2003/08/08(金) 00:24
ワシは73歳になり申した。女はまだまだ現役じゃよ。ハメハメした女は
4,500人じゃろうかのう。

770 名前: ズブ素 投稿日: 2003/08/08(金) 01:09
ちんちんかむかむ

771 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/08(金) 22:56
得呂仙人さま、女を口説くいい方法を教えてください。

772 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/08(金) 22:56
誰かエロイ話お願いすます。

773 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/08(金) 22:58
今夜は本番DAYです

774 名前: 得呂仙人 投稿日: 2003/08/09(土) 12:06
>>771
女はいつも本心はやりたがっていることを忘れるでない!これが原点じゃ!

775 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/09(土) 20:54
ブルマ姿の可愛らしいロリ少女が体育倉庫でなにやら怪しい動き!
物凄くでかいオッパイをぷるんぷるんに揺らしながらハゲオヤジにバックから突かれます。
最後のオナシーンではなんととうもろこし挿入!
ブツブツで気持ちいいんでしょうね。

776 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/10(日) 04:23
>>774
さすが得呂仙人さま。卓越しておられる。

777 名前: 得呂得呂仙人 投稿日: 2003/08/10(日) 08:31
>>771 
しかしじゃ 
女は言い訳をしたくなる生き物!
言い訳できるように仕組むのがコツじゃな。
だからといって逃げ道をふさぐような野暮はしないことじゃ(w

778 名前: 得呂仙人 投稿日: 2003/08/10(日) 12:29
オマンコを時間をかけてなめることじゃ。豆ばっかりなめずに膣の入り口とか
ワレメモちょろちょろとなめるのじゃ。オマンコと肛門の間もしっかりと
なめるのじゃ。

779 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/10(日) 13:34
勃起しても我慢するですか?

780 名前: 779 投稿日: 2003/08/10(日) 13:35
挿入を我慢するのかの意味です。

781 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/10(日) 15:11
不妊治療ミス、妻に夫と別人の精液注入

 愛知県小牧市の小牧市民病院(末永裕之院長、544床)で昨年11月、不妊のため人工授精を受けた女性に、誤って夫以外の男性の精液を注入していたことが、10日わかった。

 女性は妊娠しなかったが、病院側はミスを認め、女性に謝罪するとともに、精神的ショックを受けたことへの慰謝料を支払うことで合意した。また、関係者を処分した。

 治療を受けたのは、愛知県内に住む30歳代の女性。病院側の説明によると、女性は治療が終わったのに、再び診察室から自分の名前を呼ばれたことを不審に思い、医師に確認してミスが分かった。病院側は、取り違えに気づいた直後に精液を洗浄する処置などのを取ったため、女性は妊娠しなかった。

 医師らは女性に名前を確認しておらず、この女性の前に治療を受ける予定だった別の女性と取り違えていた。女性が治療を受けた診察台はカーテンで仕切られ、医師らからは患者の顔が見えないようになっていた。

 病院側は昨年8月、「医療安全対策マニュアル」を作成して、患者が自分の名前を名乗って確認するようにしていたが、守られていなかった。また、担当部局から末永院長に連絡があったのは、3日後だった。

782 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/11(月) 11:08
妊娠、出産後にミスに気づいたらどうなるのでしょうか?
夫のコメント:どうりてオレに似てないはずだ。まぁ、いいか!

783 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/11(月) 11:41
>>782
男が生まれた場合 成長していくにつれて小学生高学年でペニスサイズ抜かれて
自分の子供じゃないことを納得する。

784 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/19(火) 23:19
age

785 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/20(水) 10:47
最近昼休みのオナニーで抜くおかずが有りません。誰かエロイのをお願いします。

786 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/20(水) 10:51
肉ヒダ慕情よろしく!

787 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/21(木) 02:27
最近エロ話なくなったんですか?
結構楽しみにしてたのに(o^w^)o
またネタあったらよろしくお願いします(@'ω'@)

788 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/21(木) 05:16
 私の出身中学で実際あったよ、生徒と教師の不倫関係。

男性教師は36歳で、生徒は15歳になったばかりの中3の女子。女生徒は目立たない、おとなしめの娘で友達もあまりいなかったみたい。

家は父母との3人暮らしだったと思う。その娘が中学3年にあがった時に、担任になったのが及川(仮名)って教師なんだけど印象としては「明るく爽やか兄貴」って印象だった。

そんで新学期が始まってから4ヶ月くらいして噂が広まったんだよね。女生徒のあかね(仮名)と及川がやけに仲がいいって。

ある日、階段で腰に手を廻してたとか、教室の放課後に二人だけで仲良く話してたのを見たとか
でもそれって信憑性のホラだと思ってたんだけど、私の友達が見ちゃったんだよね!

放課後ふたりが「トイレ」から一緒に出てくるところ!

しかも女子便所だよ、放課後の人気が無い。証言によると服装と髪が乱れてたみたいだし、抱きかかえられる様に出てきたって言うし間違い無いよね。

ふたりは人目を偲んで、放課後の学校の女子トイレで思いっきりSEXしてたのよ
他人目につくかも知れないスリルと、禁断の背徳感に身を震わせながら
中年教師は幼い中学生の秘部に、脂の載った中年男の下半身を何度も何度も突き入れられ、そして気持ち良く濃厚な精液を子宮にたっぷり注ぎ込まれていたみたい。

後で判った事だけど、夜は二人で車で出掛けてホテルでよろしくやってたみたい
その事で彼女の両親が学校に相談しに来て発覚したんだけど。

だけどその事実が公になる前から、おかしな所があったんだ
体育の時間、徒競争の時間に彼女「体操着」のブルマの腹部にやたら手を置いてたの・・・。

それも一回や2回じゃなくて、噂が持ち上がった頃
及川の子を妊娠してるんじゃ、って囁かれる様になってた。

そして案の定、それは本当だった。

年も暮れ近く彼女は学校をずっと休んでたんだけど、自宅でひとり自分の部屋で女児を出産した。

結局その教師は学校を懲戒免職、そして警察に捕まったみたい
今は、女生徒は自宅で両親と一緒に産まれた赤ん坊を一生懸命に育ててる

789 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/21(木) 07:53
16日土曜日に、近所の主婦(35くらい)だけどいつもスーパーや大型家電店で顔を合わせるので電気マッサージ器具の
ところで声をかけて腰がこるとか肩がこるなど適当に話をして飯を誘ったら
すぐに二つ返事でイエスだった。飯を適当に食ってから公園に行ってスケベ話を
交えながら反応を見たらいい感じだったのでホテルを誘ってみたらにやっとして
何も言わないので車でホテルに向かい無言で入った。
いざエッチを始めたらフェラは凄くうまくて入れたらあそこの締まりや
大きさも凄くよかった。下手にソープに行くより何倍もの快感だった。
妊娠だけを気をつけて先物の無い日にこれからちょくちょく入れさせてもらおうと思った。
ラッキー!

790 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/21(木) 10:03
でかした!!

791 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/21(木) 12:02
>788
エロいというより、泣けてきたぜ。
りっぱな人間に育ててやってくれ。

792 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/21(木) 12:04
>>789すばらすぃ!

793 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/21(木) 13:42
>>789
オマンコをシャメールで撮って送れ!

794 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/21(木) 19:01
>>793
ええど、ええど!(カトチャン風)

795 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/21(木) 22:04
http://www.aoba.sakura.ne.jp/~bonjindo/main/novels/index.html

コピペするには話が長すぎるので、直リン貼っときます。
読んでいくうちになかなか興奮しまつ。
ティンコビンビンに勃っちゃいますた(*^^*) ウソでつ。ちょい勃ち。。。

796 名前: 74 投稿日: 2003/08/22(金) 00:29
>>795
ブラクラっぽい文字列だが・・

797 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/22(金) 00:37
>>796
オイラが貼りますた。ブラクラではありません。(きっぱり)

799 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/23(土) 01:39
うはーーーー!^^

800 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/23(土) 01:39
800ゲトずざぁ

801 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/23(土) 02:48
ぶらくらって何?

802 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/23(土) 09:53
ブラウザクラッシャー 検索してみな
知ってたほうがいいよ☆

803 名前: 12インチ 投稿日: 2003/08/28(木) 10:10

質問したいのですが・・・・・¥

804 名前: さすらいのスナフキン 投稿日: 2003/08/28(木) 10:14
なんじゃらほい

805 名前: 12インチ 投稿日: 2003/08/28(木) 10:28
あそこが臭い女になんとかしてほしいときには、どうすればいいのでしょうか?

806 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 10:30
チミのお口でクンニしながら綺麗に洗ってあげるがヨロシ!

807 名前: 12インチ 投稿日: 2003/08/28(木) 10:37

誰かまじめに応対してください。あそこの臭いを嗅ぐと、チンポがたたないんです。

808 名前: マンコラー1号 投稿日: 2003/08/28(木) 10:38
>>805
いいネタを教えよう! 消臭グッズ、それはレモンです。
舐める寸前にコソーリとレモン汁を塗ってあげましょう。
ほ〜ら、おいちいオメコに早変わり (^^v

809 名前: マンコラー1号 投稿日: 2003/08/28(木) 10:39
>>12インポ
場中はサゲろよ!

810 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 10:44
>>12インポさん、耳垢掃除してあげたら?

811 名前: 12インチ 投稿日: 2003/08/28(木) 10:44
それって、なんか牡蠣を食べるような感じですね。臭い牡蠣かぁ。食べたくないなぁ。でも、そのレモン法には問題がありますよ。絶対しみます。

812 名前: マンコラー1号 投稿日: 2003/08/28(木) 10:50
外傷がなきゃしみないんじゃねえか?マンコだからしみるとは思えんが?
ボディーソープでマンコくちゅくちゅしてもしみないのと同じでは?

813 名前: さすらいのスナフキン 投稿日: 2003/08/28(木) 10:54
1.クンニを止める
2.セクスの前には必ず2人で風呂に入って、愛撫の振りしてあそこを、
  石鹸付けて愛撫(洗う)してあげる

まあ、こんなもんじゃらほい

814 名前: 12インチ 投稿日: 2003/08/28(木) 10:56

クンニをやめることのほうがいいかも知れないですね。でも、やらないと、相手が怪訝そうな顔すると思うんですが・・・・・皆さん、臭いどれぐらい気になりますか?

815 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 10:58
女の尻と金目当てのクズ野郎・女の尻と金目当てのクズ野郎・女の尻と金目当てのクズ野郎
女の尻と金目当てのクズ野郎・女の尻と金目当てのクズ野郎・女の尻と金目当てのクズ野郎

816 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 11:05
そんな事言うな!俺を含めたここの大半の住人に失礼だろ!

817 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 11:47
>>814
やっぱりお風呂でお互いに性器を洗いながらオマンコの中もソープで洗います。
(指で丹念に洗いシャワーで洗い流す。その時指でオマンコを出来る限り
広げること)そうすれば30分〜1時間は匂いが消えます。

818 名前: 12インチ 投稿日: 2003/08/28(木) 12:08

>>817
そんなことぼくがやっちゃっていいんでしょうか?「なにするのよ!私のあそこが臭いって言うの?」と食って掛かられたらまたチンポが起たなくなります。

819 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 12:37
>>818
スワッピングをやればいいじゃん!臭いオマンコは相手の男ジャン!

820 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 12:42
臭うのがイイって奴もいるんでねか?

821 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 13:02
>>820
それは俺だ!臭ければ臭いほどいいのだ!脳にビンビント来るのだ!

822 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 13:10
それなら是非12インチさんとスワッブプレイして戴きたいです!

823 名前: 12インチ 投稿日: 2003/08/28(木) 13:59
>>819
そんなこと言われても・・・・・

>>821
いつからそんな感じになったんですか?

>>822
困りましたね・・・・・

ちょっとと皆さん、臭いのが気にならない人は手を挙げてくれますか?

824 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 14:25
臭いと言ってもフェロモン感覚での臭さと悪臭という臭さでは全然違います。
鼻がひん曲がるほど臭いオマンコは病気の疑いが有るので検査をしたほうがいいです。

825 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 14:36
フェロモンは「匂い」で病気なら「臭い」で全く異なります。

826 名前: 12インチ 投稿日: 2003/08/28(木) 15:01

クンニ辞めたいです。でも、やらないと、怪訝な顔されそうで・・・・・

827 名前: 12インチ 投稿日: 2003/08/28(木) 15:02
>>824
エレベーターに乗ってきた瞬間、アソコ臭い女の人もいますよね。いったい何なんでしょうか?

828 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 15:04
クンニ排除運動!クンニ排除運動!
クンニは変態行為!変態行為!

829 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 15:09
ここはカナ〜リ先物から逸脱したスレですな。

830 名前: 12インチ 投稿日: 2003/08/28(木) 15:18

でも深刻な問題なんです。皆さんの彼女のマンコの臭いはどうですか?

831 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 17:49
あんまり卑猥な話ばっかしてっと宅間同様このスレに退廷を命じるど!

832 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 17:53
>>831
そういう主旨のスレでつ

833 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 17:55
ここはスケベといやらしいことを自由にたっぷりと書くスレなのです。

834 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 18:03
あら?ここはそういう特別区なのね?

835 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 19:13
そうです。
ところでエロイのをお願いします。

836 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 19:16
先物と言えばつまり博打。博打ともなれば殺伐ともする。そんでここがオアシス??

837 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 19:29
オアシスどころか、より一層イライラ度が増してもっと殺伐としたりして?

838 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 20:35
2チャンの山崎渉に勝るとも劣らぬイライラ度です。

839 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/28(木) 22:06
>>838
ワラタYO!

840 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/29(金) 04:05
ここは前はもっともっといやらしいこといっぱいでチンボガびんびん立ってきましたが最近そういうのがありません。もっとスケベナ話題を提供してください。

841 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/29(金) 15:17
私は前はHが好きでいやらしいこといっぱいでチンボガびんびん立ってきましたが最近ソープにいっても立ちません。もっとスケベナ話題を提供してください。

842 名前: タケシ (qG5hhbGQ) 投稿日: 2003/08/29(金) 17:34
>>841
技研のオッサンコラムの中に豊富にあります。

843 名前: タケシ (qG5hhbGQ) 投稿日: 2003/08/29(金) 17:39
ない、ちゅうねん!

844 名前: タケシ (qG5hhbGQ) 投稿日: 2003/08/29(金) 17:42
ある、ちゅうねん!

845 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/29(金) 23:04
週末のエロネタくれくれ〜〜〜

846 名前: タケシ (qG5hhbGQ) 投稿日: 2003/08/29(金) 23:39
>>845
技研に入会しておかなかった貴方が悪いのです。

847 名前: 12インチ 投稿日: 2003/08/30(土) 00:29

皆さんの彼女のアソコは臭いますか?

848 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/30(土) 03:59
>>847
匂いますが何か?たっぷり何事も無くなめますが・・・・

849 名前: しこしこまん 投稿日: 2003/08/30(土) 13:29
ある程度匂ったほうが燃えるのだが、発酵しているのはいやだ。

850 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/30(土) 14:26
ちょっと聞いてくださいよ。
この間理科の実験してたんですよ。
人間の細胞を見るとかで、ほおの裏側を綿棒でとってプレパラートでこすりつけて、
顕微鏡で見てたんですよ。
で、うちのクラスの女子が、「あ〜、私の細胞になにかうごいてるのがある〜。」
とかいってて、みてみると、細胞の間をなにか細長い物体がくねくね動いてるんですよ。
もうクラス全体がちょっとした騒ぎになってたんだけど、先生が、
「これは精子ですね。」
とかなんとか言っちゃったんですよ。
その瞬間教室内が静まり返って、午前中でその女子は早退しますた。
なんかショックを受けました

851 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/30(土) 15:51

 ♪飲み過ぎたのは♪あなたのせいし♪

 「これは私の精子ですね。」と言ったのでつね?

852 名前: 12インチ 投稿日: 2003/08/31(日) 02:03

ようするに飲精をしたということですか?この様子からすると、中学生のようですが、今時の中学生はフェラチオも日常茶飯事なんですね。

853 名前: 元中学生の頃エッチをしてた男 投稿日: 2003/08/31(日) 08:09
>>852
体育館の裏とか部室とか学校の裏手にある公園ではいつも俺たちはセックスを
していた。ひどい時は授業中でもやっていた。当然フェラもやっていたので
場合によってはそのまま口に出すこともあった。その頃はなんとも思わなかったが
制服でパンティーだけ脱がして入れてたと思うと逆に今のほうが興奮するよ!

854 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/08/31(日) 17:05
興奮しますた!

855 名前: 12センチ様 (fzPDX9ts) 投稿日: 2003/08/31(日) 22:35
>>850ぎゃはははは〜〜〜(^◇^)y-~~~

856 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/08(月) 14:29
オナニーねたを誰かください!

857 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/08(月) 15:05
肉棒、肉ひだねたを誰かください!

858 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/08(月) 22:52
由里子とセックスしてたとき、由里子がクライマックスに達すると、膣がまるで挿入した俺のペニスから精液を搾り取るように膣が痙攣してた。それを合図に俺も射精してた。
うーん懐かしい

859 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/08(月) 22:58
女のアソコは一適でも多く男の液を絞り取ろうとするものです。

860 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/09(火) 10:44
昼休みに抜けるネタお願いします

861 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/09(火) 23:14
夜にお願い・

862 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 12:07
昔、付き合った主婦の話だけど、この主婦34歳で子供は2人それなりにスタイルは
維持してたけど胸がちょっとしなびてたかな。
この主婦、旦那とSEXするのが数ヶ月に1回程らしく相当欲求不満が溜まってたんよね。
その旦那と言うのも、私の同僚だったんだけど、飲み会で旦那が酔いつぶれたのを私が
家まで送って行ったのがきっかけで、付き合うように成ったんよ。
Hの時はSMっぽいのが好きらしく、後ろ手に縛り上げて、目隠しをしてのプレイが基本
形で、まずは膣に挿入して軽く1回抜いたら、バスルームに連れて行って、水浣腸を1
ほどしてからアナルにぶち込むんよ、その時のよがり具合といったら獣の咆哮と同じ、
私も興奮して、乱暴に突き捲くったけど水びたしの直腸内は手ごたえの無い太平洋って
感じだけど、浣腸したアナルにぶち込んでるってのが妙な興奮を呼んでくれたもんだよ。
女が便意に耐えれずに漏らすときに一緒に私も逝きましたが、漏らしてる時のアナルの
状態がびろびろに広がって私のちんこを包み込む様が壮観だったよ。
その、主婦とはつい最近まで付き合っていたけど、3人目が腹に入ったと言う事で今は
会うのを自粛してる状態です。(ひょっとして私の子供かも?)
付き合いが再開したら、またレポートしますのでお楽しみに。

863 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 13:00
マジかよ

864 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 13:09
信憑性率80%以上。

865 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 13:26
水浣腸&アナルセックスか、やりてぇな〜

866 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 13:31
気持ちよさそう

867 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 13:33
>>862
続きをお願いします。

868 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 14:04
では、別の日の話をします。
主婦との初Hは家からそれほど離れていないラブホでやりました、ホテルの部屋につく
までの間、エレベーターの中で尻をまさぐってるとじんわり濡れてくるのが判りました。
部屋について中に入ると、玄関先で強引にキスをして、おもむろにスカートをたくし上げ
パンツも破れんばかりに乱暴にずり下げて立ったまんまで挿入し何度も突き上げたら、
こんなの、初めて〜ぇ・・なんてよがりながら腰を振って来ました、おおむね10分ほど
立ちんぼスタイルで突いた後は、玄関先で四つんばいにして、ワンワンスタイルに
切り替えました、後ろから突き上げながら、胸をまさぐり、ブラウスのボタンを外して
ブラをずらして生乳をわしづかんでやると、あぁぁぁ〜、死ぬ〜の絶叫を残して私より
先に女が逝ってしまいました。
とりあえず、私も程なく1回抜いてのち、シャワーを浴びて2ラウンド目に突入。
ベ2ラウンド目はまあ、普通に体位を変えながらHを楽しんだのですが、全てが終った
後に、私、乱暴にされると感じるのよね〜、なんて言ってくるもんだから、次に会う
時は変態的なセックスにチャレンジしようか?なんて振ってみたら嬉しそうに笑いました。
続きは、また後で・・

869 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 14:07
なるべく早く続きをお願いします。

870 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 14:12
>>868でかした!

871 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 14:32
>>868
SM好きの女はアナルをなめたがりますか?

872 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 15:09
そのまた別の日の話。
変態的なセックスをしようという事で、気合の入り捲くった私は旦那である同僚の
出張の日を狙い、女の家で事に運ぶ事に致しました。当然子供は実家に泊まりで
あずけておくねんの入れようです。
家に上がりこんで、お茶を1杯ご馳走に成ったら戦闘開始です。
コーヒーカップを洗ってる所を後ろから抱きしめて胸を鷲掴みにしました。
女も、あぁん・・なんて言葉に成らない喘ぎ声を上げ、コーヒーカップを落とし
そうになりました。胸を揉みしだきながらスカートの中に手を突っ込み、パンツの
上からおめこを触るとそこはもうぐっしょりと濡れそぼってました、パンツの脇
から、指を差し入れると、びくんと痙攣し上半身が流し台に突っ込みそうにつんのめり
爪先立ちで尻を突き上げてぷるぷる震えてました。
女は我慢できずに、ああ〜、早くちょうだい〜とねだるので、私もおもむろにちんこを
パンツをずらして突きたてました、あえて脱がさなかったんですが、狙い通り出し入れ
するたびにパンツがまとわりついて来るのでいつもとはちょっと変わった快感でした。
女もこのシチュェーションでのプレイは思いっ切り感じた様で、2,3回の出し入れで直ぐに
逝ってしまいました、その後、5分くらい突き捲くってる間に2回は逝った様でした。
私もフィニッシュは、逝く寸前におめこから抜いて、女の口に含ませ、思いっ切り喉の奥に
突っ込んでから発射しました、女も私の精液を全て受け止めて飲み干してくれました。
続く・・

873 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 15:25
つづきは、どうした!

874 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 15:28
こうふんすますた。はふはふ。

875 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 16:03
オナニーします。う〜

876 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/10(水) 18:31
オナラーします、ぷ〜

877 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/11(木) 11:47
続き・・
私の発射した精液を飲み干した女は、台所にへたり込んだままハアハアと大きく息遣い
をしてました。
少し落ち着いてきたのか、次はどうやっていじめてくれるの?なんて聞いてくるから
、私は、訪問前に買っておいた、おもちゃやらローションやらを女に見せて、これで
可愛がってやるよ、と言ったら。まあ、恥ずかしいわ・・といやらしそうな笑顔を見せ
ました。汗かいたからシャワーを浴びようと言って、一緒に浴室に行きました。まだ少し
腰が抜けてるのか、女の足取りはすこしふらついてました。
乱れた着衣を脱いで、バスルームに入ると一緒にシャワーを浴び、女に背中を流してもらいました。
女がシャンプーをしてる時に、後ろからおめこに指を差し入れたら、あぁん・・なんて
喘ぎ声を出して転びそうに成り、私が後ろから支えました。せっかくだから、ここでも
一回抜いておこうと思った私は床に四つんばいにさせ、後ろからおもむろに挿入しました。
あん、ここでやるの?・・なんて女が聞き返して来ましたが、お構い無しでピストン運動を
続けた所、もともと体も出来上がって逝き易く成ってたのか、2分程であああぁ・・と言う
絶叫を残して逝ってしまいました。ここで抜いちゃうのは勿体無いかと思い、私はちんこを
抜いて発射は我慢しました。女は浴室の床に横たわり、もう気が変になりそう・・と、呟いて
ました。洗い残したシャンプーも私が手伝って流してやり、適当にタオルで体を拭くと、女を
横抱きにして、寝室に連れていきました。
そして、ベッドの脇に用意していたおもちゃとローションをスタンバイさせて・・。
続く・・

878 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/11(木) 11:54
また勃起してきたのでオナニーします。

879 名前: 芋太郎 (b8SYLShc) 投稿日: 2003/09/11(木) 11:59
(´д`;)ハァハァ

880 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/11(木) 12:08
        勃起してきました。
                      /⌒ヾ⌒ヽ.
                     /   丿  ..ヾ
                   /   。 人    )
                  (。...。_ .ノ 。ヾ。...丿
                   ( _ .  .. ノ   )
                  /        /
                  / ノ し   /
                  / ) と   /
               .  /      /
                 /      /
                /     /
                 /     /
                /  ..  /
               /   . /
        ∧ ∧     /   /
 シコ    ( ゚Д゚)、   /   /
      /     \ / .  /
 シコ  ( ) ゚ ゚/\ゝ 丿.../
      \ ヽ、 (  /  ⊂//
        \ ヽ / ⊂//
        ( \つ  /
        |  |O○ノ \
        |  |    \ \
        |  )     |  )
        / /      / /
       / /       ∪
       ∪

881 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/11(木) 12:24
ヒーワイだねー!w

882 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/11(木) 18:47
   ケータイで見ると  …わけわからん。

883 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/11(木) 18:49
携帯にとってAAは邪魔の一言です。

884 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/11(木) 20:52
 勃起してきました。
                      /⌒ヾ⌒ヽ.
                     /   丿  ..ヾ
                   /   。 人    )
                  (。...。_ .ノ 。ヾ。...丿
                   ( _ .  .. ノ   )
                  /        /
                  / ノ し   /
                  / ) と   /
               .  /      /
                 /      /
                /     /
                 /     /
                /  ..  /
               /   . /
        ∧ ∧     /   /
 シコ    ( ゚Д゚)、   /   /
      /     \ / .  /
 シコ  ( ) ゚ ゚/\ゝ 丿.../
      \ ヽ、 (  /  ⊂//
        \ ヽ / ⊂//
        ( \つ  /
        |  |O○ノ \
        |  |    \ \
        |  )     |  )
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください

885 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/11(木) 21:08
             オレも勃起してきたーーーーー!
ノ′    } 〕    ,ノ           .゙'┬′   .,ノ 
 age               ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《        
ハァハァ・・・

886 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/11(木) 21:09
イクとこみせて!

887 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/12(金) 01:57
ミ、ミ、見たくな〜ぃ。

888 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/12(金) 08:08
またこのAAかいな?頼むから勘弁しろっ!!

889 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/12(金) 12:10
携帯番号から住所、名前を調べる方法
携帯アドレスから住所、名前を調べる方法

http://syounanfj.fc2web.com/

890 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/12(金) 12:43
戦国時代にもしΑΑがあったら…

891 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/13(土) 16:06
エロイやつお願いします。

892 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/13(土) 21:59
 ここは?
  ↓
http://akiyama.pos.to/lover/bbs.cgi?dir=talk&res=020430130942

893 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/13(土) 22:21
http://members.at.infoseek.co.jp/Earlobes/nubra.html

894 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/13(土) 23:44
>>893
爆笑!さすがはヤクザだ(^^;

895 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/19(金) 11:20
やぱーり、ここらで抜きたいろ。

896 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/19(金) 11:32
タップリと抜いて下さい。
http://www.invirgin.com/

897 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/20(土) 11:37
週末だというのに、このスレがおとなしいのは、変だ。
交尾の季節、夏が終わったのでFT野郎のティムポもしおれてしまったのか?

898 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/21(日) 05:27
>>897
明日k1が有るのでオナニー自粛しましたが何か?

899 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/21(日) 16:24
オナニーより実際のオマンコに入れたいでつ。

900 名前: 12センチ曲神 (fzPDX9ts) 投稿日: 2003/09/21(日) 19:08
900ゲト

緒万個に入れたいねぇ

901 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/21(日) 20:25
汚万個が呼んでまつ12神

902 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/21(日) 22:41
きたねえ

903 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/28(日) 19:14
ま!

904 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/29(月) 07:07
ん!

905 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/29(月) 14:40
ゴム下がったのでコンドームも下げますか?そうすればオマンコまた出来ます。

906 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/09/29(月) 14:55
いかん生めよふやせよ
年金が・・・・

907 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/01(水) 23:59
オマンコやりたい!
容姿年齢といませんのでやらせてください!

908 名前: アドレス忘れたw 投稿日: 2003/10/02(木) 00:12
>>907
登録料・使用料が無料の出会い系サイトだ
登録と同時に有料サイトに登録され、メールが来る両刃の剣
素人にはお勧めできないが、オマンコや乱パ(大阪・難波・参加費2万5千円)の案内があったりする。
乱パ女の代表から今電話が来たw

http://koi.to/syo

909 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/03(金) 08:24
女子高生とセックスしてしまいました。やってる時はとても興奮してナマデやって
中だししてしまいました。
妊娠と病気など、そして18才未満とやったら県条例で逮捕も
有りうるのでとても不安です。

910 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/03(金) 10:07
>>909
いくらでやれたの?オマンコはよかった?女子高生の容姿は?

911 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/03(金) 10:09
たぶん親父は893

912 名前: 909 投稿日: 2003/10/03(金) 10:22
>>910
出会い系サイトで30000円でホテルOKということでいきました。
それがミニのスカートが抜群で顔はゴマキ似でホテルに入りパンティー脱がした
らめちゃ興奮してしまい風呂も入らず入れてしまい暴発してしまったんです。
1万余分に払い風呂から上がってもう一発やりました。

913 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/03(金) 11:34
女子高生とのセックスか!総額で50000万弱ですか?
いいかもしんない!うひ〜

914 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/03(金) 13:16
>913
アホちゃうか。

915 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/03(金) 13:34
>>913
5億弱となる。

916 名前: 芋太郎 (b8SYLShc) 投稿日: 2003/10/03(金) 14:40
女子高生より おねーたまが ひひですー^^
あー うはうは

917 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/03(金) 14:57
914,915は揚げ足取りでつ。

918 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/03(金) 14:59
俺もゴマキ似の女子高生のオマンコにいれえたい。

919 名前: 12センチ曲神 (fzPDX9ts) 投稿日: 2003/10/03(金) 23:19
僕もおねえたまが良いw
女子高生に3万も払うぐらいだったら、大阪で乱パできるってw

920 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/03(金) 23:28
>>919
熟女を紹介しようか?41歳でバツ1子供おんなのこ一人14歳
顔もスタイルもかなりいけてる!
しかし、セックス好き半端じゃない!終わって3分でしゃぶってきます。
耐える自信が有るならいつでもいいです。

921 名前: 12センチ曲神 (fzPDX9ts) 投稿日: 2003/10/03(金) 23:44
>>920遠慮しときまつw(きっぱり)

女には、今のところ何故か苦労してませんw
ですが、25000円出して乱パには参加したいなと思ってます。
男6の女4だそうです。

922 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/04(土) 03:39
>>920
すいません。紹介してもらいたいんですが・・・
当方先物で負けて会社も首で現在フリーターにつきお金は払えません。
肉体労働のお返しは可能です。
彼女にも振られて飢えています。
セックスいくらでもやれます。
お願いします。

923 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/04(土) 15:46
ハイテク犯罪は、ここに通報しましょう!
http://www.npa.go.jp/hightech/soudan/hitech-sodan.htm

裏物のエロビも通報しましょうw
それで、感謝のメールがもらえますw
暇つぶしに通報メールを送り、ネット犯罪の撲滅と公務員に仕事をあげましょうw

924 名前: 通報しましょう 投稿日: 2003/10/04(土) 16:14
http://www.npa.go.jp/hightech/soudan/hitech-sodan.htm

誹謗中傷食らっても相談できます。
掲示板のアドレスと内容をコピペしてメール送信でOK
警察から相手にメールで注意してくれますw

暇つぶしに通報メールを送り、ネット犯罪の撲滅と公務員に仕事をあげましょうw

925 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/06(月) 05:01
もっとエロイ抜けるものきぼ〜ん

926 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/09(木) 01:20
した〜い!

927 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/09(木) 05:57
「あん・・・おちんちんが・・いいの」
 男はにやりと笑った。墜ちた。この女は俺のものだ。そういっている笑みだ。男は、ベッドサイドに立つと、下半身を隠していたバスタオルを取り去った。奈々子の目前にそそりたったペニスが鈍く光っている。
「これのことかい?これが欲しいの?」
 奈々子は困ったような、それでいて淫らな表情で男を見上げ頷く。手を伸ばすと肉棒を握り締め「これがいいの」と呟いた。男は無言で腰を突き出した。これを入れて欲しかったら俺を満足させろ、と言うのだ。陰部を指で愛撫されながら、奈々子は男への奉仕をはじめた。舌からペニスを咥え、舌を絡みつかせる。裏筋を叩くように舐める。カリ首に舌を捻じ込み嬲る。男が腰を引いた。このままだと射精してしまうと思ったのだろう。そのまま身体の向きを変えると、奈々子の上に覆い被さった。
「はぁっ!あっ、あぁ・・・はいってくるうぅ・・・」
 熱い鉄の棒が奈々子を貫く。充分に濡れきった奈々子のヴァギナは、やすやすと男のたぎった肉棒を受け入れ包み込んだ。
「ううぅっ!」
 奈々子の締め付けに、今度は男がうめきをあげる番だった。やわらかで暖かい奈々子の内部は、それでいて微妙な蠕動を繰り返しペニスに刺激を与えつづける。
「こすれてるっ!ああんっ!いい、のっ!」
 奈々子は男を抱きしめ、下半身に力を込めた。男の肉体、特に奈々子の内部にある部分がから、熱が奈々子に伝わってくる。とろけそう。奈々子は思った。
 じゅっぽっ、じゅっぽっ。
 奈々子のクレヴァスにピンク色に染まった肉の棒が出入りするたび、粘液が淫らな悲鳴をあげる。奈々子自身もそれに負けず、大きな喘ぎ声を出した。
「あっ、あっ、あっ!はうぅぅっ!いくっ!」
 その日2度目の絶頂が奈々子を襲ったとき、男もその欲望の塊を奈々子の白い肌にぶちまけた。互いの熱い喘ぎが交わり広がる。奈々子は腹の上に広がるまだ熱い男の精子を赤いマニキュアで彩られた指で掬うと、自分の唇に塗りつけた

928 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/09(木) 09:30
あ〜、オマンコしたい!

929 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/09(木) 10:08
朝からようやるのぅ。

930 名前: 芋太郎 (b8SYLShc) 投稿日: 2003/10/09(木) 14:33
>>927 ハァハァー
まじに 立ったです^^
第2話はないのですーか?うはうは^^

931 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/09(木) 14:46
この程度で勃起するとは、そうとう溜まっておるのう。
これじゃ相場にかてんぞよ。

932 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/09(木) 22:40
いまいちボキーしませんでした

933 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/09(木) 23:53
話は長いけど、ボキーするかもしれましぇん。

http://www.aoba.sakura.ne.jp/~bonjindo/main/novels/index.html

934 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/10(金) 01:55
>>933ぼきーしますた!ありがとう!これから嫁のマンコを犯します。

935 名前: 芋太郎 (b8SYLShc) 投稿日: 2003/10/10(金) 16:28
田岡に なりたいですーハァハァ

936 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/11(土) 20:05
その薬よこせ!って感じですw
ハアハア

937 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/12(日) 02:19
ボキーしたい人必見(w
http://202.212.244.184/cgi-bin/bbs/2/img/37.jpg

938 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/12(日) 08:09
>>937
ふざけるな!せっかくこれからアサマンで、たっぷりはめようと思ったのに縮んでしまったじゃねーか!

939 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/12(日) 10:34
オマンコ、ゴーゴー!

940 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/14(火) 00:44
お詫びのしるしに・・・ ちょっち軽め。
http://202.212.88.127/cgi-bin/bbs/4/img/4185.jpg

941 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/15(水) 14:06
>>940
オマンコたっぷりおがませてもらいますた!

942 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/15(水) 14:15
>>940
もっと他のオマンコもお願いすます

943 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/15(水) 18:00
>>942 ほらよっ!
http://syacyou.tripod.com/toukou.html

944 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/19(日) 01:32
さらに
http://202.212.244.184/cgi-bin/bbs/2/img/367.jpg

945 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/19(日) 01:33
萌え画像。連貼りいきまつ。
http://202.212.244.184/cgi-bin/bbs/2/img/364.jpg

946 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/19(日) 01:40
外国産ですが、オマンコモロ画像です!
http://202.212.244.184/cgi-bin/bbs/10/img/565.jpg

947 名前: いけや。 投稿日: 2003/10/20(月) 12:31
http://mproject888.hp.infoseek.co.jp/
>>946おもろかったぜ

948 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/10/20(月) 21:50
>>945
たっぷり見せてもらいますた!抜きますた!サンキュー

949 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/02(日) 01:22
もうスレ上がらないのか?さびしいぞ (^^;

950 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/02(日) 01:22
もう、このスレ上がらないんでしょうか?さびしいです。

951 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/02(日) 01:23
動きが鈍かったんで・・・・・カブってしもうた。

952 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/02(日) 04:27
名門オマンコスレ戦国時代は永遠に不滅です!

953 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/02(日) 11:32
しゃぶって欲しいといつも想像しています。まだ経験が無くビデオの中だけで
尺八を知っています。勿論まだ童貞です。32歳で事務員です。

954 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/02(日) 11:49
>>953酢をいっぱい飲んで、体を柔らかくして自分でしゃぶる究極奥義を身につけてください。
オマンコより気持ち良いかも知れませんよ

955 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/02(日) 12:20
誰もいない会社で、真美に押し倒されてしゃぶられた。警備員が来ないか心配で挿入はできなかったが

956 名前: 953 投稿日: 2003/11/03(月) 14:17
>>954
そんなことは嫌です。自分が惨めです。女性にやってもらいたいのです。

957 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/03(月) 16:54
中国人留学生は下げマン、病気持ちでした。これから上げマン、病気なしの日本人にします。

958 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/03(月) 17:00
>>953
童貞とは可哀想!ペニスをオマンコに入れてご覧!それはもう天にも昇るような
気持ちよさなんだから!

959 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/04(火) 18:54
先日、ウチのじいちゃんが亡くなりました・・・・・・・
病室で最後を見取るために家族全員がそろいました。
俺が「じいちゃんなにか言いたいことはね〜の?」って聞いたら、じいちゃんが虫の息のように小さい声でこういいました。
「そそが観たい」と…(そそ)というのは女性のアソコの別名です。
俺は「あ〜じいちゃんスケベだったからな〜」っと思いましたが、さすがに「あっちゃ〜どうすっかな〜」と思いました。
早速家族会議がその場ではじまり、皆口々に「どうする?、どうすんだよ、看護婦さん?そら無理だろう」ってな感じで会議をしていたら、
兄の妻が、「私でよければ…」と言ってくれたので、皆悩んだ末「お願いします」と頼んだ。
じいちゃんはその昔、兄の借金を肩代りしてくれた事があったので その恩返しのつもりなのだろうと俺は思った。
兄嫁は「失礼します」とベットの爺の顔の上にオシッコ座りをしました。
2〜3秒過ぎて、俺が「じいちゃんどうだ満足か?」って聞いたら、「そそやない、外や」って…

960 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/04(火) 19:46
959最高にうけた

961 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/05(水) 00:22
俺はそそが見たい!恥ずかしいけどまだ本物の女性のあそこ見たこと無いから!

962 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/05(水) 01:06
グロテスク!しかし皆入れたがる!

963 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/05(水) 09:00
黒い大陰唇!

964 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/05(水) 09:36
ゴム大陰線!

965 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/05(水) 10:21
だけどさ〜、白いオマンコより黒いオマンコのほうが興奮しない?

966 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/05(水) 10:22
>>965
それじゃあ臭いオマンコと匂いが無いオマンコとどっちがいいですか?

967 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/05(水) 10:48
いや、穢れの無い女子高生あたりのオマンコをいただきたいですね。女の悦びを教えてあげるです

968 名前: 12センチ曲神 (fzPDX9ts) 投稿日: 2003/11/05(水) 12:09
>>959ぎゃはははは〜〜〜!(≧◇≦)y-~~~

969 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/05(水) 17:02
黒くて臭くてグロテスクなおまんこは名器ですか?

970 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/05(水) 17:03
>>969
そういう事は12センチ曲神に聞け!

971 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/05(水) 17:04
戦国時代はおもろいな〜
やっぱり必要です!

972 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/05(水) 17:38
戦国時代は皆命をかけて生きてきた。
それにひきかえおまえらは、小銭がどうとか、マンコがどうとか・・・。

973 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/05(水) 23:33
戦国イエス

974 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/05(水) 23:39
千石イエスは神に召されました。アーメン

975 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/06(木) 01:11
戦国スレは永遠に不滅です!

976 名前: 12センチ曲神 (fzPDX9ts) 投稿日: 2003/11/06(木) 01:16
>>970そんなん知らんがな〜w漏れに振るなよ!w

977 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/06(木) 01:57
クサマンでもいいから入れた〜い!

978 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/14(金) 10:35
ひまだ〜週末だ〜
抜けるやつ、一本たのむ!

979 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/14(金) 11:43
>>978
ためとけ

980 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/15(土) 18:05
今日ソープへ行った。
顔と体はイマイチの娘だが尺八がやたらとうまい。
ギンギンに勃起したおれの一物があまりの気持ち良さにケイレンしていた。
それを見た娘は興奮し、興奮した娘を見ている俺も興奮した。
極楽,極楽。

981 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/15(土) 18:17
尺八って死語のような(^^;

982 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/15(土) 18:59
とんでもない!尺八は不滅です!

983 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/15(土) 19:19
潜望鏡は死語でつか?

984 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/15(土) 19:26
http://goisu.net/cgi-bin/psychology/psychology.cgi?menu=c021
あなたのロリコン度チェック

985 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/16(日) 00:11
あなたのロリコン度は【15%】です。

ほとんどロリ傾向のないあなたは、ノーマル気質といえるでしょう。
あなた自身が個人的な性癖に悩まされることはほとんどないようです。
しかし、世の中には異常な性癖を楽しみ、苦しみ、悩んでいる人も大勢います。
そういう人を差別しないであげてくださいね。
電車で隣に座った男性が、アニメ顔の美少女に魅入っていたとしても、見なかったフリをして、やり過ごすのが大人というものです。

あなたにぴったりの夢:宝くじで100万円当てる




再起不能度  18%


腐れ根性度  4%


二次元倒錯度  56%


社会現実度  100%

986 名前: 12センチ曲神 (fzPDX9ts) 投稿日: 2003/11/16(日) 14:22
やばいねぇw
あなたのロリコン度はこんな感じ!

あなたのロリコン度は【50%】です。

ややロリがかった傾向のあるあなた。
少しヤバめな感じがしなくもありませんが、ギリギリ、セーフです。
そもそも日本人という人種は、ロリ礼賛傾向にあるのです。
お気に入りのマンガをそろえたり、たまにCGやゲームで遊んだりするぐらいなら、ひとつの趣味として、やり過ごすことができるでしょう。
ただし、あまり妄想が行き過ぎないように気をつけてくださいね。

あなたにぴったりの夢:若くて従順な女性との結婚




再起不能度  21%


腐れ根性度  17%


二次元倒錯度  100%


社会現実度  35%

987 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/16(日) 15:09
あなたのロリコン度は【98%】です。

真性ロリ気質のあなた。相当やばいです。もう帰れないところまで、きているようです。
おそらくあなたは、大抵の男性が結婚する婚期を悠々と逃すでしょう。
独身を貫けば、誰の目も気にすることなく、思いきり趣味に没頭することができます。
それも悪くないな、と思うようであれば、残念ですが、あなたの社会生活は終わっているかも知れません。

あなたにぴったりの夢:お気に入りキャラの等身大枕を特注で作る

再起不能度  64%
腐れ根性度  100%
二次元倒錯度  48%
社会現実度  5%

988 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/16(日) 15:24
あなたのロリコン度は【120%】です。

骨の髄まで腐っているあなた。
仕方ありません。生まれつきの性癖です。
いまさらどうしようもありません。
あきらめて、死ぬまでロリ本を読み、ロリ妄想をし、
ロリCGを描いて過ごしてください。あなたのような人がいるからこそ、
供給されて成り立つ世界もあるのです。
あなたにぴったりの夢:お気に入りの作家に自分だけのキャラを作ってもらう


再起不能度  100%
腐れ根性度  4%
二次元倒錯度  100%
社会現実度  51%

989 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/16(日) 15:35
あなたのロリコン度は【15%】です。

ほとんどロリ傾向のないあなたは、ノーマル気質といえるでしょう。
あなた自身が個人的な性癖に悩まされることはほとんどないようです。
しかし、世の中には異常な性癖を楽しみ、苦しみ、悩んでいる人も大勢います。
そういう人を差別しないであげてくださいね。
電車で隣に座った男性が、アニメ顔の美少女に魅入っていたとしても、見なかったフリをして、やり過ごすのが大人というものです。

あなたにぴったりの夢:宝くじで100万円当てる




再起不能度  6%


腐れ根性度  1%


二次元倒錯度  100%


社会現実度  74%

ところでロリコンってどうゆう意味ですか?

990 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/16(日) 15:41
セメント運んでくるローリー車のことだよ!しらねーのか?

991 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/16(日) 15:49
>>990
ありがとうございました。
つまり私は生コン車の運転手が適職なんですね。

992 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/16(日) 22:36
面白い!

993 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/17(月) 14:49
>ところでロリコンってどうゆう意味ですか?

ロータリークラブ会員のことです

994 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/17(月) 14:53
露離婚という意味です!

995 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/17(月) 14:54
>>994
??・?

996 名前: 物知り博士 投稿日: 2003/11/17(月) 14:56
>>995
わかんないの?あのね、露出してセックスしていて公然わいせつで逮捕されて
新聞に載って親戚中から離婚しろと迫られて離婚したことをいいます。

997 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/17(月) 14:58
パソコンばかりいじってる人かも。

998 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/20(木) 21:04
たまにゃアートなヌードはどや?
http://www.met-art.com/g1/index.htm

999 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/21(金) 09:52
え〜なぁ、え〜なぁ

1000 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/21(金) 17:14
1000げと!
おまえらランドを読んで、手口情報3日後公開に対する抗議メール攻撃に協力しる!
まあ、署名みたいな物だなw
http://trend-line.co.jp/rand/kuri/sub4.htm

マルチでごめんm(__)m

1001 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/21(金) 17:54
新スレ、おっ建ったど。

1002 名前: 名無しさん@利益いっぱい 投稿日: 2003/11/21(金) 17:59
乙カレー!

■スレッド一覧■