相場界芳名録

309977

[一覧へ]     [トップへ戻る]

名前一匹羊更新日時2006/03/02(木) 19:48:30
メールsayatw06◎yahoo.co.jp
ホームページ無し
どんな人?もと某商社系取引員にいました。
01年に独立して現在は有限会社にしてます。
投資手法ほとんど鞘取り
フリースペース今までの記録を簡単に残しておきたいと思ったのでおじゃまさせていただきます。自分でホームページまではね。
以前にタイコムコンテストでなんどか5位以内に入ったけど結局6位。鞘取りでパフォーマンス競争は無理なんで撤退。
年間2割から3割でよし。
鉄則は「逃げるが勝ち」。
プロフィールを編集   日記を書く   パスワード変更
上記は、パスワードを入れて「実行」を押して下さい


一匹羊 さんの日記

昔の10  100昔へ移動

生活費だけの月  2017/10/31(火) 15:11:49
 稼いだというより持ち株の評価増分が生活費なだけ。

為替が持ち合いのわりに日本株強い。
米カブが強いからだろうけど。

NYダウ的には5月もしくは夏場で調整して10月安値から切り返すのがアノマリー。

それが夏場続伸していれ10月に更に上伸。
感覚的には一波動分余分。

上昇幅より期間に違和感を感じるんだよなあ。
だからといってどうしようもないけどねえ。
商品相場はその点、落ち着いている。

逆行月  2017/09/29(金) 15:30:51
 今年のなかでは一番のドローダウン月となった。
穀物ロング、株ショート、石油サヤが三大逆行。
ついでに小さいながらも優待取りクロスも逆日歩地雷あたったし。

今月のヤラレ玉はは消去済み。
年末にむかって再起を。

ところでガソ灯油のCのサヤは不穏そうだ。

北不穏  2017/09/08(金) 17:27:06
 北朝鮮の不穏さは続きそうだがそれとは関係なしになんとなくリスクオフ。

ドルインデックス下落はユーロしだいなので10月の政策変更発表出尽くしまではまだ続く可能性が高そう。

シカゴコーン買い直し後に急反発はよかったのだが前年比在庫が増加する大豆の値位置に比較して取り崩しのコーンは低すぎる?
油糧系が頑張っているからなのだが・・・

9月は例年アノマリー的にもリスクオフ。
米国景気拡大9年もいつ終了してもおかしくないとは思っている。

今月逆行  2017/08/31(木) 15:13:32
 需給報告に尽きる月だったなあ。
損切して静観しているあいだ夏休みで旅行していたので何もない。

といっても今日からシカゴコーンは再度買った。
世界需給的に取り崩しだし8終わりから9月にかけて底入れする年も結構あるしなあ。

例年は穀物は売るものだけど大幅需給緩和底入れ年だと思ってはいるので買うかやらないか。

残念USDA  2017/08/13(日) 08:26:54
 需給報告のコーン単収下げ幅は少な目。
まだ下方修正はあるとは思う。
最終着地が自分予想比で+2ぐらいで164ぐらいかなあ。

大豆の上方修正は意外。まあ大豆は作柄と別になる確率がまあまあ高いんであり得るんだけど。品質と量が一致しない。
旧穀在庫を下方修正しているので需給的変更はさほどではないがでも新穀でネガティブなのは大豆。

穀物に大きな下があるとは思わないが上にいく元気が減った感じ。

大豆主体で下げたので  2017/08/02(水) 08:12:22
 改善余地のある大豆が下げたので
コーンも下げた。

ということで予定どおりに
シカゴコーン買ってみまひょう。

作柄  2017/08/01(火) 07:57:38
 コーン悪化の大豆良化。
もはやコーンは重要ステージ終了なので天候がどうなろうと改善はないな。
よくて横ばいで雨がなければ更なる悪化。
気温はもはや関係ない。
2013年水準で単収160前後に徐々に下方修正するんじゃなかろうか。
その場合の生産高はUSDA現在予想より9憶buも低い。

大豆は改善の時間が残っているだけにまだわからないが作況水準はコーン同様に下方修正はあるはず。
単収45〜47ぐらい?

天候相場期のこりは今年は噴いてないので逆に天候材料で売られたら押し目買い場かも。シカゴ的には。

昨日の降雨  2017/07/27(木) 22:13:35
 ネブラスカで降ってアイオワはあまり降らなかった。
アイオワの南西は悪化しそう。

シカゴ市場は降雨で下げなかったので底堅い感じ。

峠は越えたが  2017/07/25(火) 08:10:39
 天候相場の材料としての峠は越えたと思うがあとは実際の生産高の思惑。
作況低下はよす通り。
ベルト西のアイオワ、ネブラスカが特に著しい。
ただ今週の降雨はアイオワをカバーするので来週作況は変わらずかちょい改善?
ネブラスカは降雨チャンスを逃しているのでここは悪化しそう。

大豆、コーンともに13/14年の作況に類似。
単収の下方修正はほぼ確定的なんだが問題は相場の感応度。

今日の外電は夜間からさらに下がると思っていたのだが戻り気味できたのは意外。
振り返れば月足では狭いボックス相場の上半期。
下値が浅くなったのかも。

バタバタ  2017/07/22(土) 05:24:18
 アイオワ降雨範囲広めで撤収。
相場がしぼむ。
ただネブラスカとアイオワ西部は相変わらずなので作況的には低下傾向は続きそう。

天候材料の刺激はなくなりそうだが需給的には固くなるとは思っている。

昔の10  100昔へ移動

一覧へ戻る