相場界芳名録

38746

[一覧へ]     [トップへ戻る]

名前山頂王国国王更新日時2017/05/06(土) 08:33:45
ホームページhttps://www.facebook.com/profile.php?id=100004610297286
どんな人?一流の言霊研究家
投資手法鞘取りが基本

段取り八分
好きな銘柄神様はすべてご覧になっています
フリースペース山頂王国 憲法

宗旨:文化立国

第1条:首都は、大阪に暫定
第2条:国土は大阪都、琉球自治区、台湾自治区、香港自治区、澳門自治区、シンガポール自治区、モンゴル自治区、チベット自治区、新疆ウイグル自治区、寧夏自治区、マレーシア自治区、ハワイ自治区、ブルネイ自治区、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県、三重県、愛知県、福岡県、石川県、長崎県、長野県、静岡県、岐阜県、佐賀県、宮崎県、富山県、新潟県、山梨県、神奈川県、徳島県、香川県、高知県、岡山県、島根県、鳥取県、埼玉県、秋田県、千葉県、東京県、湖南省、湖北省、福建省、広東省、河南省、河北省、山東省、北京市、陝西省、遼寧省、雲南省、浙江省、上海市、江蘇省、海南省、貴州省、青海省、広西省、天津市、黒竜江省、吉林省、四川省、重慶市、甘粛省、山西省、安徽省、江西省、ホーチミン市、パリ市、マニラ市、シドニー市、バンコク市    (統治能力によって、国土放棄もあり、国土拡大もあり)
第3条:軍隊は持ちません、戦争はしません
第4条:国民は自立してなおかつ自律して生活する
第5条:国民は納税義務ありませんが、月に一度「山頂王国国王万歳!」を唱える義務があります
第6条:他国による山頂王国の全部(また一部)を統治することは認めます
第7条:国土以外の文化遺産は山頂王国の無形文化遺産とする
第8条:国土以外の住民が山頂王国の国民になることは認めます
プロフィールを編集   日記を書く   パスワード変更
上記は、パスワードを入れて「実行」を押して下さい


山頂王国国王 さんの日記

昔の10  100昔へ移動

9月12日 予算にとらわれない  2017/09/12(火) 07:59:46
 松下幸之助 一日一話

一国の運営をお金の面からみますと、いわゆる予算というものを組んで、それに基づいてさまざまな施策を行なっています。お互いの商売でも、同じように予算というものによって、これを進めていく場合が少なくないと思います。

しかし、商売というものは、実際予算どおりに動くものではない。したがって、予算がない、ということで必要なことの実施を延ばしたりするのではお客様はどんどん他へ流れていってしまうと思います。予算によって商売をしていくことはもちろん大切ですが、それはあくまで内輪の心づもりであって、外部に対して必要なことは借金してでもやる、そういう商売をしなくてはならないと思うのです。

来た、北挑戦  2017/09/12(火) 07:53:06
 南米ペルーの外務省は11日、北朝鮮の核・ミサイル開発を理由に、北朝鮮大使を「ペルソナ・ノン・グラータ」(好ましからざる人物)に指定し、5日以内に国外退去するよう求めた。


 北朝鮮をめぐっては、ペンス米副大統領が南米歴訪中の先月中旬、メキシコ、ペルー、ブラジル、チリに対し「外交・経済面の関係をすべて断ち切るよう、強く促す」と呼び掛け。これに呼応し、メキシコは今月7日、北朝鮮大使を72時間以内に追放すると発表していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000012-jij-int

田原氏「金正恩氏との直接会談」を提案  2017/09/10(日) 14:03:46
 安倍首相に提案した「政治生命を懸けた冒険」は、「金正恩(キム・ジョンウン)氏との直接会談」だった。
ジャーナリストの田原 総一朗氏が7月、総理官邸を訪れ、安倍首相に対し、「政治生命を懸けた冒険」を提案していた。
これについて田原氏は7日、自民党の会合に出席し、提案は「安倍総理の北朝鮮訪問」のことだったと明らかにした。
出席者によると、田原氏は、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議を再開させるため、安倍首相が北朝鮮を訪れ、金正恩委員長に直接申し入れるべきだと提案した。
田原氏はあわせて、「アメリカと中国、ロシアなども説得するよう」求め、安倍首相も「ぜひ、やりたい」と意欲を示したという。
しかし、河野外相がアメリカを訪れた際に、アメリカ政府は「北朝鮮とは交渉しない」と回答し、田原氏の提案が実現する可能性はなくなったという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00010007-houdoukvq-peo

アメリカの奴隷になるのか?安倍晋三は・・・・・・

米朝軍事衝突が起きたら…「朝鮮半島ほぼ壊滅」 元在韓米軍大尉が警告  2017/09/10(日) 13:55:12
 北朝鮮と米国との緊張が臨界点に達し、軍事衝突が起きたとき、何が起きるのか。在韓米軍で対北朝鮮軍事演習のシナリオ策定に携わったチェタン・ペダッダ退役陸軍大尉は米外交専門誌「フォーリン・ポリシー」(電子版)への寄稿で、「北朝鮮は間違いなく敗北するが、朝鮮半島の大半が壊滅する」と警告する。



これは北朝鮮が核兵器使用に踏み切らない場合のシナリオで、日本や米西海岸に核弾頭搭載の弾道ミサイルを撃ち込んだ場合、被害は桁違いに増大する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00000044-san-kr

幸福の科学の信者のかたまり、お前の大好きな産経新聞のニュースです。www

9月 9日 師は無数に存在する  2017/09/09(土) 17:48:09
 松下幸之助 一日一話
http://www.panasonic.com/jp/corporate/history/founders-quotes.html

手近に親切な指導者、先輩がいて、自分を導いてくれる、そういう人が会社にいる人は幸せだと思います。
しかし見方によれば、指導者のいないところにこそ、みずからの発展というものが考えられる、ということも言えるのではないかと思います。

蓄音機や白熱電灯などを発明開発したあの偉大なエジソンには指導者がいなかったそうです。
それでみずからあらゆる事物に関心を持ち、そこに指導者を見出しました。
汽車にのれば、石炭を焚く音や車輪の音に指導者を見出したわけです。
みずからを開拓する気持になれば、行く道は無限に開かれている、師は無数に存在していると思うのです。

9月 3日 お得意を広げるには  2017/09/03(日) 10:39:13
 松下幸之助 一日一話
http://www.panasonic.com/jp/corporate/history/founders-quotes.html

自分の店のお得意さんが、他の人に「自分はいつもあの店で買うのだが非常に親切だ。
サービスも行き届いているので感心している」と話されたとしたら、その人も「君がそう言うのなら間違いないだろう。私もその店に行ってみよう」ということになりましょう。
その結果、お店としては、みずから求めずして、お得意さんを一人増やす道が開けるということになるわけです。

そうしたことを考えてみますと、日ごろ商売をしていく上で、お得意さんを増やす努力を重ねることはもちろん大切ですが、
現在のお得意さんを大事に守っていくことも、それに劣らず大切なことではないかと思うのです。

9月 2日 経営のコツをつかむ  2017/09/02(土) 13:52:27
 松下幸之助 一日一話
http://www.panasonic.com/jp/corporate/history/founders-quotes.html


多くの会社の中には、非常にうまくいっているところもあれば、反対に行き詰まるようなところもある。
うまくいっているところは従業員がみな優秀で、行き詰まるところはその反対かといえば決してそうではない。
結局、そこに経営があるかないか、言いかえれば経営者が経営のコツをつかんでいるかどうかによって、そうした違いが生じてくるのだろう。
その証拠に、経営者一人が代わることで、倒産寸前の会社が隆々と発展した例はいくらでもある。

経営のない会社は、いわば頭のない人間のようなものである。
経営者が経営のコツをつかんでいる会社は力強く繁栄発展していくと思うのである。

8月27日 職責の自覚  2017/08/27(日) 18:48:42
 松下幸之助 一日一話
http://www.panasonic.com/jp/corporate/history/founders-quotes.html

お互いに欠点というものはたくさんあり、何もかも満点というわけにはいかない。
だから、自分の足りないところは他の人に補ってもらわなければならないが、
そのためには自分自身が自分の職責を強く自覚し、その職責に対して懸命に打ち込むという姿勢が大切である。

仕事に熱心であれば、おのずから職責の自覚が高まるし、職責の自覚があれば、人はまた常に熱心である。
そうした自覚、そうした熱意は多くの人の感応を呼び、協力も得られやすくなる。

そういうことから、みずからの職責を自覚し、
全身全霊を打ち込むという心がけだけは、
お互いにおろそかにしたくないと思うのである。

8月26日 矢面に立つ精神  2017/08/26(土) 16:57:03
 松下幸之助 一日一話
http://www.panasonic.com/jp/corporate/history/founders-quotes.html

人間が大事に際して、その難局の「矢面に立つ」ということは、人生としてはおそろしいことであり、大変に勇気のいることである。
スリルがあるとか、あるいはこれはおもしろいな、という人も、今日の青年の中にはいるかもしれないが、
ほんとうに腹を割ったところ、あまり愉快ではないと思う。
しかし、こういう場合に敢然として、その矢面に立つことも男子の本懐と喜んで事に当たることも大切である。

そしてそういう人こそ、大事において、うろたえず、ものを決断することのできる人であり、人多くして人なき社会において、
ほんとうの人物として立っていくことのできる人であるという思いがする。

8月21日 カンを養う  2017/08/21(月) 07:38:53
 松下幸之助 一日一話
http://www.panasonic.com/jp/corporate/history/founders-quotes.html

カンというと、一見非科学的なもののように思われる。しかしカンが働くことはきわめて大事だと思う。
指導者は直感的に価値判断のできるカンを養わなくてはいけない。

それでは、そうしたカンはどうしたら持つことができるのか。これはやはり経験を重ね、修練をつむ過程で養われていくものだと思う。
昔の剣術の名人は相手の動きをカンで察知し、切っ先三寸で身をかわしたというが、それは、それこそ血のにじむような修行を続けた結果であろう。
そのように指導者としても、経験をつむ中で厳しい自己鍛錬によって、真実を直感的に見抜く正しいカンというものを養っていかなくてはならない。

昔の10  100昔へ移動

一覧へ戻る