相場界芳名録

153

[一覧へ]     [トップへ戻る]

名前浅田 恵 2更新日時2019/08/28(水) 23:57:13
どんな人?60代の旅行が好きなオッサン。
投資手法東京ゴムのサヤ取り。
現在のところ、RSS3の異限月サヤ取りのみ。
好きな銘柄ゴールド、ダイヤモンド、オーガニックのトウモロコシ、オーガニックのコーヒー
フリースペース30歳代の頃は、大阪綿糸2040のサヤ取り。
50歳代は、主に東京大豆の異銘柄、異限月サヤ取りをしていたが、東京Non-GMO大豆が、自己玉で大きく動くようになってしまって、商品先物は一時撤退。

東京市場で、TSR20が上場したのを機に、商品先物に復活。
でも、TSR20はとても仕掛ける気にならないので、RSS3の異限月サヤ取りのみを2019年1月から始めた。
大豆サヤ取りの時の日記は、「浅田 恵」に書いてあるが、パスワード忘れてしまったので、ゴムのサヤ取りは、新規に「浅田 恵 2」に書いていきます。
プロフィールを編集   日記を書く   パスワード変更
上記は、パスワードを入れて「実行」を押して下さい


浅田 恵 2 さんの日記

  100昔へ移動

東京商品取引所  2019/09/03(火) 18:04:26
 に、最近時々、行っている。
特段の用事はなく、仕事を近くでやっているので、気晴らしにコーヒーを飲みに行ったりしている。
近々、日本取引所グループと統合するそうなので、移転するかどうか、気になる。
まあでも、一番気になるのは、出来高。
TSRの方は、全限月実質出来高が無いに等しく、RSSの方は、先の2限月が出来高あって、真ん中の2限月はかろうじてなんとか出来ていて、近いのは出来高少なくて仕掛けられない。
2番限売り - 4番限買い、などのような近い限月を大豆の時はよく仕掛けたが、今のRSSだと、せいぜい3番限がいいところ。

統合によって、出来高飛躍的に増えて欲しい。

玉の恰好  2019/08/30(金) 23:18:41
 がいい、玉の恰好をよくするのは重要と思っているが、同銘柄異限月のサヤ取りの場合は、どういうのが玉の恰好がいいのかの考察。

まず、玉の恰好がいいというのは、

1. 試し玉、本玉、乗せ、と建てた意図が明確にわかること
2. ピラミッド型あるいは扇型と建玉の平均値が、半分より有利な方にあること
3. 一連の動きが、少ない玉から、時間の経過とともに、基本的には段階的にぎくしゃくせず、スムーズに次第に玉の厚みを増していく
4. どういう動きになろうとも、対処しやすい


実際には、二種類、三種類、あるいはそれ以上の仕掛けを同時にしているから、パッと見、わかりにくいかもしれない。

また、自己満足的なところもあるので、やってみているなかで、この方が恰好がいいと、次第によりいい方に向上していければいいだろうね。

サヤ取り、もう数十年もやっているけど、同銘柄異限月サヤ取りを本格的にやったことはなかったので、もう少しやってみて、再度、考察してみよう。

まあでも、玉の恰好がいい時は、本当に気持ちいいものだ。

今日で  2019/08/28(水) 23:44:22
 先月までに建てた玉を今日までにすべて手仕舞い。
つなぎを入れてもう少し粘ってみてもいいかな、と思ったけど、利食い千人力、あっさり手仕舞い。
今月に建てたのは、期先に乗換えたもの。
ゴムの動きになんとか少しは慣れてきたかな。

同銘柄異限月サヤ取りだけをこれだけ長く(とは言ってもたったの半年ぐらい)続けたのは初めてだけど、それなりに楽しめている。

本当に  2019/08/26(月) 22:44:31
 久し振りに、この日記帳に書く。
東京ゴムRSS3、大きな逆ザヤから、順ザヤに転換し、2019年8月限は、154.8の安納会。
異銘柄の異限月サヤ取りを専門にずっとやってきていたので、同銘柄異限月は、得意ではないけれど、まあ、取れなくはないので、しばらくはこのRSS3の異限月サヤ取りをやっていこうと思う。

ここ半年は、動いてくれているので、やっていて楽しい。
ただ、ザラバ取引は、時間を取られるので、そこが少し問題かな。
板寄せ取引だと、寄り付き前に、寄り付きの成行きで注文しておけば、後は何もしなくてもよかったけれども、期中や期近は、寄付くのが遅くて値が飛ぶことがあるので、気配値見ながら、一定時間、張り付いてないといけない。
ちょっと面倒だね。

  100昔へ移動

一覧へ戻る