相場界芳名録

66643

[一覧へ]     [トップへ戻る]

名前中達更新日時2007/07/16(月) 12:22:07
ホームページそのうち(多分、先物に関係ないやつ)
どんな人?相場大好き。下手の横好き?。
生きている内に「兵法研究家」(10年位先かな)になろうと思ってます。
投資手法サヤ取り。株の塩漬け。思惑片張り。
好きな銘柄ガソリン、灯油、金
プロフィールを編集   日記を書く   パスワード変更
上記は、パスワードを入れて「実行」を押して下さい


中達 さんの日記

昔の10  100昔へ移動

原発再稼働  2022/07/25(月) 19:49:28
  昨年の今頃は、再稼働の「さ」の字も無かった。今は年末まで9基を再稼働するとしている。岸田総理も大胆。

 もしかすると、金利も同じこと?。

 ある日突然金利引き上げされる。円安は金利引き上げを見込んだキャリートレードが主と読んだ。これが大逆転する。となると、あっという間に円高になる。1,998年の様に一晩で10円も円高になる。こうすると、キャリートレードを手がけていたファンドは破綻する。LTCMの様に一瞬で数兆円が紙くずになる。

 のか?

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

国連改革  2022/04/30(土) 10:37:28
  国連改革をユダヤ陰謀論としてみたらどうなるか?。

 ユダヤは共産主義を生み出した。ソビエト共産党幹部の半数はユダヤ人。(広瀬隆氏著「ロマノフ家の黄金」)。国連の常任理事国の内、ソビエト連邦と中華人民共和国はユダヤの流れを組む共産主義、社会主義。アメリカのバイデン大統領はコロナを封じ込めた中国は素晴らしいと褒めそやしていた。
 中国(中共)は中華民国にとって変わって常任理事国になった。この時点でユダヤ陰謀論は完成間近に見えた。常任理事国5カ国の内、2ヶ国を抑えた。ところが、ソビエト連邦は崩壊してロシア(ロシア正教)が復活した。
 そこで、何でもありの陰謀は、なりふり構わず爆走している。国連の常任理事国からロシアを追い出すため。中国はロシアにガスの長期契約を行い、ウクライナ侵攻を勧めた。国際社会はウクライナをくれてやる積りと囁いたのか?。だから、ロシアはハイブリッド戦を中途半端なものにした。アメリカは経済封鎖を行い、ウクライナに武器供与を行った。バイデン大統領は中国に心酔しているので、中国の囁きに乗った。そして、国連改革を持ち出し、ロシアを追い出そうとしている。

 と、考えるとどうなのだろう?。

 国連改革を行っても、日本とドイツの敵国条項は改正されない。

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

数字  2022/03/27(日) 08:48:27
  なんか、マスコミは数字を見ないようだ。

 ウクライナ難民は300万人以上。ウクライナの人口が4,000万人なので、一割近くが難民となった。日本に例えると、東京都が丸ごと難民になったようなもの。そして、難民になった人は生産活動から離れて、救済される側になり、各国に費用負担を強いる。他国は1割以上の難民が押し寄せている。日本に難民が1000万人来るようなものだ。これが中国人とするとゾッとする。
 ゼレンスキー大統領のツッパリは屁のツッパリよりタチが悪い。

 SWIFT排除は、戦前の横浜正金銀行の封殺と対比できる。エドワードミラー著「日本経済を殲滅せよ」を見るとよく分かる。ハルノートとブリンケン通告も対比できる。戦死者の数も1万人を下回るのに特大の報道を行っている。そして戦争犯罪と吠えている。東京空襲、広島、長崎の原爆投下の100〜1,000分の1なのに。

 頭の良い人がマスコミに就職しているのに、小学生並みの比較ができないのだろうか?。

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

ナイラ証言  2022/03/15(火) 19:40:06
  イラクのクエート侵攻はナイラ証言で決定的になった。でも、このナイラは駐米大使の娘で、プロバガンダの教科書とされている。

 壮大な騙し絵だって。

 ウクライナの悲惨な報道は眉唾ものだ。ゼレンスキー大統領が中立化を約束すれば、即時停戦が可能なのに。

 騙されないで!!

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

ハルノート  2022/02/20(日) 13:20:57
  先頃、アメリカのブリンケン長官がロシアに撤兵を要求している。

 これって、戦前、日本がアメリカから突きつけられたハルノートと同じこと?。当時は中国からの撤兵を求められたが、日本は国内、軍内の圧力で要求を拒否した。国内にも戦争に突き進みたい勢力がいた。この勢力を海外のスパイ工作とすると、スパイ工作はどんな風に懐柔されたのかな?。

 日本はハルノートから真珠湾攻撃まで一直線に進んだが、ロシアは強かに現状維持している。でも、うっかりすると、盧溝橋事件が発生するのかな?。

 戦前の日本の苦境が偲ばれる。戦前の日本に仕掛けた仕掛けが、ロシア、プーチン大統領に通用するのかな?。

 人間は成功体験から抜け出せない。

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

今回は緊急事態宣言なし?  2022/01/09(日) 11:27:13
  多分、無し。各都道府県が政府に要請しないかぎり無い。特に、東京都、大阪府が要請しなければ、緊急事態宣言は無い。

 なぜ?

 今、緊急事態宣言を出すと、北京オリンピックがなくなるから。

 折角、政治的ボイコットを回避したのに、無くなったら元も子もなくなる。一番最初に「ロックダウン」を言い始めたのは、小池都知事。ここで、緊急事態宣言を出さなければ、小池都知事は中国共産党の意見に左右されたことになる。

 どうなんだろう?。

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

ブラックロックの実力  2021/10/02(土) 20:23:32
  凄く興味がある。資産規模800兆円超え。日本国内では20兆円位。

 中国恒大産業にも投資している。これって、日本でスルガ銀行に投資したとの同じってこと?。

 参考までに、2018年の書き込み。
-----------------------------------------------------------------------
スルガ銀行  2018/11/18(日) 12:58:15
   シェアハウス融資が不良債権になりつつあり、今期は大赤字らしい。遂にスルガ銀行は商工ローン化し始めたというところか?。

 注目すべきは大株主。
 9/7の朝日新聞(ネット版)で大株主の移転に関しての記事があった。年初に大株主、ブラックロックの保有株式が5%超えていたが、夏頃には2%台に減少したいる。
 下司の勘繰り。
 スルガ銀行の発行済株式は2億株、5%として1000万株、当時の株価は2500円、時価総額250億円の資産価値があった。夏頃には500円台に下落している。ブラックロックが半分売却したとして幾らで売却したのだろう。チャートを見る限り、2500円で売却できたとは思わない。アベレージで1500円台で売却したとして、100億円くらいの損失と推測する。残りは2%(400万株)、株価500円、総額20億円と考えれる。

 大丈夫、大丈夫、ブラックロックは全資産600兆円以上あり、損失は微微たるもの。

 でも、現代の株式市場はGAFAが400兆円もの株価を構成し、ブラックロックを中心として買い上げている。ニューヨークダウや日経平均はこれらで押し上げられている。日本の年金機構等もブラックロックに委託運用しており、サウジのイスラム金融も100兆円ほどブラックロックに流れている。巨大ファンドが売却に回ったとき、誰が買うのだろう?。

 実は貴方が買うのですか?。それはそれは良かった。

----------------------------------------------------------------------

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

システムリスクか?  2021/09/26(日) 15:19:38
  中国恒大産業は負債残高33兆円と報道されている。危機に陥ったのは不動産価格が下落したからと考える。日経新聞によると不動産価格が最盛期の半分位との記事もあった。と、いうことは、不良債権となる負債は10兆円以上と考えることができる。ウォール街は金融各社に損失分を分散補填させて、危機を乗り越えようとしている。でも、中国の不動産が半額になったら、他社も同様に損失を抱えて、破綻が続出するんじゃない?。合計が100兆円となれば、世界中を巻き込んだパニックになると思うんだけど。日本のバブル崩壊時、不動産の含み損は100兆円だったと記憶している。リーマンショックでも80兆円のサブプライムローンが引き金になって、1000兆円ものプライムローンが紙屑に近くなった。
 中国は目一杯借り入れをして、世界第二位の経済大国になった。日本のように含み益がある状態では無い。
 例として適切かどうか分からないが売上3000億円位で1兆円の借り入れを行った飛島建設みたいなものか?。
 はたまた、山一證券が破綻した時、北海道拓殖銀行が債務保証して、泥沼に引き釣りこまれた。今回、債務保証した金融機関は同じ轍を踏むのか?。


 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

歩く身代金  2021/09/13(月) 20:31:25
  何のことでしょう?。誰のことでしょう?。

 答えはラストエンペラー溥儀のこと。生涯二度皇帝になった男。一度目は清王朝、二度目は復活をかけた満州国。

 最終的には、溥儀を手に入れた中国共産党が満州を手に入れた。戦争が終わってアメリカはトンビに油揚げを奪われたと地団駄を踏んだ。

 だから、歩く身代金。


 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

ノアの箱船伝説  2021/08/22(日) 11:01:36
  最近の水害の連続で、ノアの箱船伝説を再認識した。
 膨大な雨で全てを流し去る。伝説は本当だった?。

 やっぱり、龍神様にお祈りしよう。

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

昔の10  100昔へ移動

一覧へ戻る