相場界芳名録

65106

[一覧へ]     [トップへ戻る]

名前中達更新日時2007/07/16(月) 12:22:07
ホームページそのうち(多分、先物に関係ないやつ)
どんな人?相場大好き。下手の横好き?。
生きている内に「兵法研究家」(10年位先かな)になろうと思ってます。
投資手法サヤ取り。株の塩漬け。思惑片張り。
好きな銘柄ガソリン、灯油、金
プロフィールを編集   日記を書く   パスワード変更
上記は、パスワードを入れて「実行」を押して下さい


中達 さんの日記

昔の10  100昔へ移動

詰め  2021/01/19(火) 23:54:20
  一連の詰めとして、大統領の弾劾決議を行おうとしている。ベロシ下院議長(民主党)、シュワルツェネッガー元州知事(共和党)がマスコミに向かって訴えている。みんなが言っている?。

 二人の共通点はカリフォルニア州、ハリウッドを有する。ハリウッドは中国が札束で介入している。ということは、大統領弾劾は中国の意見か?、

 そろいすぎた証拠は不自然さを生み出す。2時間ドラマの定番。


 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

頭の体操  2021/01/17(日) 15:29:01
  時々、幸福の科学の意見を覗いている。系列のリバティという雑誌を発行しているおり、最新号では、コロナウイルスは中国共産党の兵器として世界各国にばらまいたとしている。そして、米国大統領選挙に介入し、トランプ大統領を落選させたとしている。

 本当?。

 よく分かんないが、マスコミと正反対のことを言っているので、参考にすることにした。後半に載っている宗教的なことは除いて、コロナウィルス、米国大統領選に関して現実的な分析をしている。

 是非を自分なりに考えた。イギリスで変異種が蔓延しているが、同じタイミングで、中国は香港で民主化議員を拘束している。と、いうことは、アリってことか?。

 少し話が飛躍するが、ユダヤ陰謀論を追いかけると、人類家畜化計画や、ワンワールド計画が出てくる。読んだ当時は、「有り得ない」と思ったが、最近の混乱ぶりをみると、有り得る話と思えてきた。

 こうなると、コロナは2〜3年続くのだろうな。

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

謹賀新年  2021/01/04(月) 14:03:50
  明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

  さて、コロナ禍で、世界各国は財政出動を行い、財政悪化が問題になっている。各国の中央銀行は大量の債権を買い込み、資産規模を膨らませた。FRBなどは、800兆円にも及ぶ資産を積み上げている。

ここで、疑問が湧きます。

日本にいると、政府=中央銀行となるが、他国は違っている。民間の銀行が主な株主となっている。アメリカの中央銀行は大株主にモルガン(現JPモルガンチェース、ロスチャイルド系)、メロン、ロックフェラー(今はJPモルガンチェース)等となっている。疑問の中核とはここから。ロスチャイルド系がメインと考えられる。で、ロスチャイルドの資産規模はいくらだろうか?。俺の推定は、500兆円から1000兆円の間と考える。FRBの資産規模は800兆円とされている。ブラックロックの資産規模は同じく800兆円。ブラックロックの債権はAAAではなく、ジャンク債に近い評価だったと思う。巨大財閥が利益を得るのは、大恐慌のタイミングで安く株式を買い漁り、支配権を獲得するところにある。
今、世界中でコロナの感染拡大で、株が暴落しようとしている。昨年は暴落したが、トランプ大統領がFRBに債権を買い取らせて破綻を回避した。財閥が利益を上げるには、破綻を回避されると、困ってしまう。故にトランプ氏は大統領に座から引き摺り降ろされた。
大統領はバイデン氏に決まりそうだ。実力は未定。株価はFRBが大量の通貨を発行して、指数に関係している株をガンガン買い上げているだけ。買い持ちしている人達が売り抜けようとすると、誰もが買う人がいない。と、なると、ジェットコースターの下り坂だけが待ち受けている。
増田氏によると、この大混乱で中国がデジタルマネーで基軸通貨国になるとしている。仮に財閥が背後にいるとすれば、陰でコントロールすることを目論んでいることになる。コロナもコントロールしていると思われる。
バイデン大統領の元で経済的混乱が起きると有効な手が打てない。というか、トランプ大統領が全ての手段を講じたものと思われ、打てる手が無い。バイデン氏はサンダース氏の意見も聞かなければならない。サンダース氏は大企業の増税を主張しているので、尚更、暴落する可能性が高い。基軸通貨国になる中国共産党の幹部は自国を信用していないので、資産の大半はウォール街に預けている。

FRBの資産は紙くずになりそうな資産も大量に買い込んでいる。800兆円の何分の一かは処理できないのだろう。売ればタダ。周りを引摺りこんでいく。サブプライムローン80兆円がプライムローン1000兆円を道連れにしたように。

全てを重ね合わせると、今回の下落はFRBの力を失わせ、ロスチャイルドを無一文に近づける可能性があると考える。

この正月休みで資料を整理して至った結論である。
当たっているかどうかは分からない。。当たっていれば、世紀の見ものとなる。
日本は?。相対的に影響は少ないだろう。

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

内閣支持率  2020/09/27(日) 16:25:23
  世論調査によると、安倍総理が辞任して内閣支持率が急上昇したとある。

 支持率を出しているのは、報道各社。朝日新聞は内閣支持率を下げて、総理が辞任したら支持率を急上昇させている。

 自民党と朝日新聞は天敵みたいなものじゃないの?。古くは椿事件、福島原発の吉田報告書の誤報、従軍慰安婦の吉田証言等々で、スポンサーに圧力をかけ、朝日新聞を赤字に追い込んだ。

 ここで、内閣支持率が上がったとして選挙に踏み切るって、仕掛けた罠にハマるんじゃないの?。支持率を算出する母体は2000人くらいで算出しているんだろう。これで、戦略を立てるって大丈夫?。

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

世紀末の主人公  2020/09/13(日) 17:09:15
  大川隆法氏 の「ノストラダムス戦慄の啓示」を読み直してみた。

 世紀末と言っているが、現実の世界は20年位後ろにズレているのだろう。騒乱の中心を中国としている。なんか、そのままのような気がする。

 ということは、結末はその通りになるのだろう。

 日本はTVで眺めているだけ。

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

断然、小麦買い  2020/09/06(日) 13:06:24
  と、思いますが、いかがでしょう。

 中国の洪水で揚子江周辺の小麦収穫が難しくなったので、黒竜江省、吉林省(旧満州)の穀倉地帯で増産を目論んだ。胡春華副主席は食糧増産を強く訴えているが、初夏に指示を出したとしたら、東北三省で増産すると思われる。東北三省の小麦生産は全体の1割程度なので、1300万トン位がターゲットになっているのだろう。

 ここで、台風8、9、10号が朝鮮半島と東北三省を襲う。小麦は風に弱いから、なぎ倒されていく。8月は東北三省の小麦の収穫時期。ここで、台風の影響は如何程だろう。

 中国本国は食べ残し禁止令を発令している。時系列に考えてみる。6月にサバクトビバッタ、イナゴの大量発生、7月に揚子江で洪水が発生、8月に香港の選挙延期、食料増産発令、食べ残し禁止令、台風の直撃 となる。8月には戦狼外交で、オーストラリアに大麦、牛肉輸入禁止を行ったが、大丈夫なの?。

 小麦は先物取引が無いが、株式市場で1695小麦がある。来年6月の収穫時期までタイトになるだろうから上昇すると思っている。先物では無いので追証の心配も無い。
 小遣いが入ったら毎月買い建ててみよう。

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

小麦買い、トウモロコシ売りという鞘取り  2020/08/30(日) 21:12:33
  海外の口座で売買できたなら、「小麦買い、トウモロコシ売り」が面白い。

 理由は中国の備蓄による。トウモロコシは3憶トン、小麦は1憶トンと仮定する。近年の備蓄量は一年間の生産量と思われる。世界の生産量は、トウモロコシは8憶トン、小麦は7憶トン位。今年の中国の生産が消滅しても、今年は備蓄を取り崩せば、価格への影響は抑えることができる。だが、今年はインド、パキスタン、他で、サバクトビバッタの被害が発生している。故に、トウモロコシより小麦の価格が上昇し易い。

 と、まあ、勝手な推測を立てているが、どうだろう。

 ただし、大手ファンドが力業で別の動きをすると別の結果になる。

 個人的には、海外の取引ができないので、どうにもならない。ちょっと、悔しい。

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

小麦の需給  2020/08/23(日) 16:04:05
  サバクトビバッタの被害状況がわからない。アフリカからインドまで来たことは分っているが、被害状況がわからない。
 小麦の生産は中国1.3憶トン、インド0.9憶トン、ロシア0.7憶トン、アメリカ0.5憶トンが主たる生産国。世界全体で7憶トン。サバクトビバッタはインドまで襲って来て、食べ物を食べ尽くす。ということは、インドの0.9憶トンは可成りの確率で消滅したものと考える。中国は洪水と干ばつで被害を受けているだろう。
 仮に被害が発生しているとすれば、大手ファンドは小麦、トウモロコシを売り持ちしているのが、仇になるのではないだろうか?。NONG大豆と逆のことが起きる可能性がある。
 報道で被害状況が出てこないのは、被害が殆ど無いか、ファンドを維持している金融資本家の利害と相反するからなのか無視しているか、どちらかだろう。国際金融資本と中国は同じ穴のムジナと考えることができるので、中国の被害状況は表に出てこない。出てきたら、ある日突然世界が変わってしまう。

 サバクトビバッタ、中国水害で検索すると、悲惨な状況の映像をみることができる。マスコミは何も言わない。悲惨な映像はフェイクなのか?。


 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

中国の穀物事情は?  2020/08/09(日) 22:40:42
 中国共産党統計局は今年の穀物生産高は過去最高を記録したと発表している。

揚子江一体が洪水で、一帯が水浸しになって、農業生産が出来ないのに、大豊作だって。
揚子江一帯の穀物生産量は大凡5割。
他に穀倉地帯の東北地方(黒竜江省、吉林省)は全体の2割、ここは春先から旱魃に見舞われて、人工降雨の対策を行ったら、土砂降りとなり、道路が川になって、車が浮かんでいる映像が投稿されている。
備蓄があると思われるが、これも公表数字とかけ離れている。倉庫の中は、正規の穀物が売り飛ばされていて、実際はクズばかりで、発覚を恐れた役人が放火して、横流しをごまかして無かったことにしている。これは、中国のお家芸みたいなもので、ラストエンペラーという映画で、宝物殿の宝物が横流しされているとの報告を受けた皇帝が、宝物殿の棚卸を命じたら、宝物殿が焼失してしまった。また、キングダムというアニメでは、秦が趙を攻める時、穀物の俵に砂を詰めるシーンがある。兎に角、見かけ上の数字は当てにならない。

こうなると、6億トンの生産高と6億トンの備蓄は怪しいものとなる。増して、この状態で戦争などしたら、掛け声だけで終わってしまう。食糧が無いと、官渡の戦い(曹操と袁紹との間で行われた戦い)の様に圧倒的に有利な袁紹が破れてしまう。米中戦争は有得ない。特に穀物を大量に穀物を輸入しなければならないだろうし。

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

香港議会選挙を一年延期  2020/08/02(日) 22:27:41
  大胆な推測。

 7/31香港議会選挙を一年延期することを発表した

 背景は?

 まずは、中国の思惑から。中国は香港の金融市場を潰して、上海に力を入れるつもりだった。世界中の反対を押し切っていく予定が、自信が持てなくなった。

 理由は、案外、天災なのかも知れない。
 一つはサバクトビバッタ、イナゴの大増殖、二つは穀倉地帯の吉林省で干ばつ発生、三つめは大雨で揚子江近辺の大洪水で水没する都市が多数発生したこと、四つ目は大洪水で揚子江周辺の農業生産が壊滅的打撃を受けたことにあると考える。
 先々週から先週に掛けて中国はアメリカで穀物を100万トン単位で買い付けている。国内では、果樹園から穀物への転作を勧めていった。
大まかなに見て、世界の穀物生産は40億トン、内、中国は6億トン、アメリカは3億トン位。中国は食糧備蓄を進めて、例えばトウモロコシが2億トンの生産で2億トンの備蓄在庫を持っていた。一昨年は豊作で「どうしようか」という状況で、備蓄に回したのだろう。ところが、今年に入ってサバクトビバッタ、イナゴ、旱魃、洪水で生産量が大きく減少した。洪水被害の安徽省は中国全体の数%位の生産量があるが、大きく減少するのだろう。アメリカは中国の半分の生産量なので、多少、豊作で増産しても、中国のロスは救えない。政権中枢の胡春華副主席?は食糧増産を強く訴えているから、あながち、外れではあるまい。

 だから、金融で世界覇権を狙うことより、足元の食糧が問題になっている。
 揚子江の洪水は武漢を水没させた水はゆっくりと下流に向かってながれていく。日本の最上川が230kmを11時間かけて流れ、下流で氾濫した。揚子江は下流の上海に向けて1000kmを進んでいる。大河なので、最上川の何分かの一のスピードでゆっくり進んでいる。下流の上海に向けて、流域を水浸しにしながら進む。
 中国は、香港を潰した後、上海が被災すると、中国は金融を扱えるところが無くなる。なので、この場合、香港収奪を保留し、上海被災に備えて保険を掛けたと考えてみたい。

 あくまでも、個人的観測です。
 投資は自己責任でお願いします。

昔の10  100昔へ移動

一覧へ戻る