相場界芳名録

95777

[一覧へ]     [トップへ戻る]

名前ニートの大晩年更新日時2024/02/21(水) 17:06:09
どんな人?2024年2月になってようやく師匠の教えを守ろうと誓う。
入出金の記入に関しては、記入が複雑になるのでやめます。

宗旨替えというか、どうも、いわゆる「ネトウヨ」っぽいです。
小泉・竹中路線には大賛成の53才
WBCを2連覇した侍ジャパンに猛烈に感動しているwithマイレボリューション
なでしこジャパンの世界一にも感動している
ゴジラ松井の国民栄誉賞に感激している
2020年東京五輪開催おめでとう!
●「価値観」と「理性」をメタ的に分析哲学してみたい
座右の書:安部謹也『自分のなかに歴史をよむ』村木風海『火星にすむつもりです』
西暦2022年は、火星にすむつもりです記念の年
投資手法2015年最終軍資金  85万円
2016年軍資金目標 118万円 結果 144万7千円 現金投入30万円
2017年軍資金目標 154万円 結果 272万2千円 現金投入81万円
2018年軍資金目標 190万円 結果 マイナス 現金投入29万円 借金生活。
2019年軍資金目標 226万円  結果 55万円 現金投入8万円
2020年軍資金目標 262万円 結果 277万5千円 現金投入23万円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
51歳の年 2021年老後資金目標 394万円 結果 295万円 現金投入25万円
52歳の年 2022年老後資金目標 454万円 結果 279万円 現金投入20万円
53歳の年 2023年老後資金目標 514万円 結果424万円 現金投入-9万円
54歳の年 2024年老後資金目標 354万円
55歳の年 2025年老後資金目標 459万円
好きな銘柄◎「野に咲く花の様に」ダ・カーポ
●持てるカードで勝負する。
●人間万事塞翁が馬!
●禍福はあざなえる縄のごとし!
●基礎の飽くなき反復練習!
●情けは人の為ならず(情けは他人の為だけでなく、巡り巡って自分の為でもある)
●努力は人の為ならず(人によく見てもらう為の努力ではなく、努力とは自分の為にするものである)
●すてる神あればひろう神あり
●by myself(失礼しました。inではなくbyでした)
●be myself
●「純粋さとは、汚れをじっと見つめうる力である」シモーヌ・ヴェイユ
●人生は、リハーサルではなく常に本番です
●「人生は一大事ではない」リチャード・カールソン
●「人生とは暇つぶしの連続であるならば、楽しいことをやったほうが面白いじゃないか」by師匠
●「学びて思わざれば即ちくらし 思いて学ばざれば即ち危うし」論語
●「山路(みち)を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹差せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。」by夏目漱石『草枕』
●継続は力なり
●「楽しいからやる、というのが本当の姿ではないでしょうか。」by師匠
●「何故ではなく、いかに」by恩師(これはもしかしてアドラー心理学か?只今、勉強中です)
●「近道は、遠回り。急ぐほどに、足をとられる。」大分むぎ焼酎二階堂
●「人は情熱を失うとせっかちになる。次から次へ成果が欲しくなり、近道を探し始める」『三月のライオン』15巻
●他人の出方で自分の行動を決めるということは、自分を生きていないことになるby師匠
●人は非連続に成長する。努力は、中々成果が実感できなくとも、非連続的にある日突然実る。BY竹中平蔵
●人間の幸不幸は自身の主観による。BY私w
●他人と自分を比べたらダメ。比べるなら、昨日の自分と今日の自分、今日の自分と明日の自分を。by師匠
フリースペース大目的:原爆を歴史哲学する
戒め:思いつきと論証は違う
主観と客観を区別するのが西洋哲学。高校講座によると、西田幾多郎は、主観と客観の交わったところに真理があるのではないかと思っていたようだ。

忘備録

人間の五感により知覚できない実在を保証するものは理論である。
野家啓一『歴史を哲学する』によると、要約すれば、「素粒子という知覚できない実在を保証するのは、現代の物理学理論である。」←これと、知覚できない歴史的事実を扱う歴史学がどう関係しているのかは、しばしお待ちください。読み進めています。→どうやら、「知覚できない素粒子の実在を保証するのは物理理論」=「知覚できない歴史の実在を保証するのは歴史の物語り論(という理論)」のようです。「物語」と「物語り」では使い方で意味が違うようなのですが、とりあえず、「物語り」には、「始めと途中と終わり」があるようです。私の解釈によれば、物語りには一般的に「意味」がありますので、つまり、「歴史学理論により、知覚出来ないものの実在が保証される歴史には意味がある」と言えます。

●二つの飛躍
@論理の飛躍:論理展開に介在する主観の色合いが濃い場合、客観的評価にバラツキが出てくる元凶が論理の飛躍である。
A比較の飛躍:例え話を持ち出した段階で、相互に相似関係が成り立たないような、似て非なる比較による飛躍

重要語
パースペクティビズム:広辞苑によると、[哲]視点の取り方に応じて対象が変化して見えること、すなわち認識が視点に相対的であることをいう。ニーチェは、生は自己の視点から世界を解釈しているのであり、客観的真理は幻想にすぎないと主張した。

注)「相対化、相対的」とは何か?ですが、これは意味が広いのは明らかです。とりあえず、意味が自分では取れないときは、「絶対化や絶対的の逆の意味」としてみると、なーんだ、そんな簡単な意味か、と思うことがあります。
プロフィールを編集   日記を書く   パスワード変更
上記は、パスワードを入れて「実行」を押して下さい


ニートの大晩年 さんの日記

昔の10  100昔へ移動

イデコとNISAへの月額投入資金  2024/02/21(水) 17:16:16
 あれこれ考えました。もう新NISAの成長投資枠を超える投資はしないのではないか、つまり課税される裁量売買はもうしないので、イデコの所得控除は意味がなくなるのかと思いました。よって、あれこれ計算して、月額5万円の投資資金の振り分けを、イデコ2万円、NISA3万円にとりあえず決めました。イデコの内容についてはいつか書きます。NISAの方は、NTTと信越化学工業を毎月1.5万円ずつ買っていこうと思いました。最初はNTTだけでいいと思いましたが、ラピダスがどうなるかわかりませんし、どうしても信越化学工業を諦めきれないので、裁量売買の月額資金の半分を振り向けることにしました。但し、イデコの中のコモンズ30という国内株式投信の買い付けトップが信越化学工業だったと思いますので、それとダブることから、パフォーマンス上あまりよろしくない手かもしれませんが、やっぱりどうしても欲しいということで。

信用取引と本質について  2024/02/20(火) 14:29:44
 今回の失敗の本質は何か?を考えたときに、私は信用取引をやっていたから、ということを本質だと捉えています。私は以前、本質ですら単一的なものではないと書いたことがありますが、本来の本質の意味からすると、信用取引が悪いのではなく、使い方が悪かった、それが本質である、ということかもしれません。私の人生、長くあって欲しいものですが、もしそうなるとすれば、やっぱり投資と考え事で生きていきたいなと思っています。

生まれ変わり  2024/02/20(火) 14:23:29
 先ほど、信販のキャッシング枠をゼロにしてもらって、カードローンは解約しました。今まで気にしていた、バフェットさんの教え(師匠や昔のネットで知っていた億り人の教えと重なる)を参考に、信用取引は一切やめて、コツコツと頑張っていく所存です。名前を出しても良いと思うので出しますが、その億り人は、リスクテイカー(ペンネームは石川臨太郎)さんが、昔、信用取引をやろうかどうしようかずっと悩んでいて、何度も悩まれたと思うのですが、結局は信用取引の口座は開かずじまいだったのを思い出します。リスクテイカーさんは若くして亡くなられましたが、著作はあるので、買って読もうかなとか思っています。資金効率を考えて、証拠金取引をやっておられる方を否定するつもりは毛頭ありませんが、私には証拠金取引が合っていない、ド下手だということでの決断です。一時は、残った10万円で、マイクロ225?だったら買えるのではないかなと思ったりもしましたが、やはり自分の理性が訴えかけるのは、投機ではなく投資だなぁ、ということです。トレードの上手い人読者の方で、この文章を読まれた方がいい気がしないかもしれませんが、私はそういう理性(ギャンブル好きだから、ギャンブルで身を崩さないように投資を選ぶ)の持ち主だということです。読者の皆様とは、今後とも長い付き合いをしていきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

再出発  2024/02/18(日) 17:43:48
 とうとう軍資金がほとんど溶けてなくなりました。借金60万円を返済して残ったのが10万円ちょっとです。まあ、意外とサバサバしています。もう裁量売買には向いていないから、インデックス投信で行こうか、とも思いましたが、先日になって楽天証券にNISA口座が開設出来たので、そこで少しずつNTTを買って行こうかと思っています。競馬もGTだけやることにして、生活費もかなり切り詰めて、毎月2万円NTTを買って、3万円をイデコに投入する予定でいます。超成長株1号と名前を買えない方が良かったと思い、再びボロ株1号と呼びます。ボロ株1号は2枚だけ買って、様子を見て合計3枚にしようかなと計画しています。もうインデックス連動投信だけにしたほうが良いような予感もしますけど、大きい金額でもないし、信用取引はもう辞めるし、借金もできないようにするので、問題ないと判断しました。

現状 軍資金が12万円、イデコが264万円です。

金曜日の相場  2024/02/11(日) 11:57:26
 軍資金が196万8千円、イデコが255万4千円で合計452万円(昨年末から+28万円)でした。

超成長株1号についてですが、IRをよく吟味した結果、少しポジティブな気持ちになってきました。当初は「魔坂」が起きたと思い、ストップ安の二連荘くらいは覚悟したのですが、内容を好意的に読み取れば、週明け下げて始まってからのプラ転もありうるかも?!と思い始めました。とりあえず週明けの13日火曜日は何も外出する予定を入れずに、水曜日もなんとか場に張り付けるようにしておくつもりです。IRの内容は、一見ストップ安案件かと思われますが、今期大幅減益でも来期の見通しが良ければ、決算後にアク抜けしてプラ転するハイテクも結構見ましたので、まあ藁にもすがる気持ちで明るく生きて行こうと思います。よって、撤退戦ではなく、徹底抗戦で行こうと思っています。最悪、60万円の借金さえ返せれば良しとします。

超成長株1号、沈没しました。  2024/02/09(金) 17:54:45
 とりあえず終わりました。撤退戦をするか徹底抗戦をするか、今少し考えていますが、気持ちは、足が出なかっただけでも良しとして、撤退戦をして恐らく70万円くらいの現金が残って投資信託でもしようかなーとか思っています。今はそこそこショックですが、もしかしたら短期売買でもやってみようかなとか、諦めの悪いことを考えています。読者の皆様、書き込みはこれからも続けて行くつもりですので、何卒宜しくお願い致します。

一息ついた今日の相場  2024/02/06(火) 16:30:18
 軍資金が250万円、イデコが255万円で合計505万円(昨年末から+81万円)でした。

なんとかやりくりして、信越化学工業の信用買い1枚を5813円で約定させました。高いのは承知でとにかくポジションを取っていたい一心です。今後、超成長株1号が上がって行って信用枠が増えた場合、伊藤忠と三井物産を一枚ずつ買いたいと思います。もしくは、信越化学工業とSUMCOとロームを買うかもしれません。とりあえず、今日は一息つけました。

金曜日の相場  2024/02/04(日) 13:02:54
 軍資金が227万円、イデコが249万円で合計476万円(昨年末から+52万円)でした。

現在、超成長株1号が直近のボックス上限にあり、軍資金は直近の高値近辺にあります。よって信用枠がいくらかあったので、ローム、NTTの追加、SUMCOを買いました。これらはすべて、信越化学工業を下がった所で買わなかった腹いせに買ったものです。とりあえずはどれも含み益ですが、吹けば飛ぶようなものなので、どうしても、なんで信越化学工業を買わなかったのだろう、とクヨクヨとしています。あの時、自室のパソコンの前に座っていれば、4万円は含み益があったのに、と。信越化学工業の現物は1枚だけで、これは20万円弱の含み益ですが、これだけでも持っていて良かった、と思えない状況です。いわゆるあれです、葡萄酒がもう半分しか残っていない、というやつです。結局のところ、原因はいつも余裕のないポジションを取っていることに他ならない、ということです。間抜けな資金管理をしているくせに、文句だけはいっちょ前に言っていて、こんなことでは運というかタイミングは来たとしても、自分のものに出来ない典型例なのでしょうね。超成長株1号が成功することを夢見ていますが、このままだとタイミング所か幸運すら近寄ってくれないかもしれません。読者の皆様、どうか私のことを反面教師として頑張ってください。

今日の相場  2024/01/30(火) 01:07:23
 今朝の8時過ぎくらいに、信越化学工業が安くなりそうだから買いたいけど、3月の生活口座資金ショートのリスクを犯して、15万円は入金しないといけないな、とかトロトロしていました。結果的に、自室のパソコンで信越化学工業の板を見ていなかったので、素早い判断が出来ずに買いチャンスを逃してしまいました。そうなってくると、何か他に買いたーい、となってしまって、来月5日の月次を見てポジション解消を判断することと決めた上で、10万円入金してジンズメガネを1枚信用買いしました。銀行の生活口座の残高に関しては、とりあえず1ヶ月分余裕があれば大丈夫だろう、という根拠のない自信でやりくりしてしまっています。どうも、フルインベストでないと刺激が足りないようです・・・。

それとイデコに関してですが、外国リートに対するイメージが掴めないことや、楽天版オルカンが新しくラインナップに加わっているのを見ると、リートでなくオルカンで、と今風のものになびいてしまいました。しかし、そもそも分散するのがいいのかどうかと思ったりもしています。勉強は続きます。

ちなみにイデコと新NISA  2024/01/27(土) 12:24:41
 新NISAに関しては、まだ資金がありませんので、後から妄想を書きます。まずイデコに関してですが、まあ、まずはよくぞ250万円分まで大きくなってくれたなと嬉しい限りです。で、新NISAで買いたいものとの兼ね合いで、イデコの中身をより保守的にしたほうがいいかなと思い出しました。現状、掛け金の資金配分は、コモンズ30という国内株式50%と、先進国株式という外国株50%になっています。それを、それぞれ25%にして、新しく国内25%、外国25%に分割しようかなと思いました。

内訳としては、国内が225インデックス25%、コモンズ30が25%
       外国が先進国株式25%、先進国リート25%
を考えています。多分、今日中には配分変更すると思います。

最後に新NISAについてですが、捕らぬ狸の皮算用ではありますが、ピンと来たのがインドと農業です。それぞれファンドを探していたら、インドのインフラ物とインドの消費物それぞれあったのと、農業については、アグリカルチャー&フードというのがありました。それらはどれも成長株枠でしか買えないので、振り分けを3分割しようと思います。ぱっと見、儲かりそうなのですが、インドは既に高いようですし、農業や食料に関しては、今からでも50年以上先の話かな?とかふと思ったりしました。私が農業をチョイスした理由は、ウクライナ戦争が始まって、ロシアが肥料?農薬?大国らしく、それらをロシアに頼らなくてもいい企業の株を買いたい、と思ったことです。で、実際、カナダに世界最大の肥料メーカーっぽいのがあるみたいですが、流石にこれも株価が高くなっていて、そしてなにより買うお金がありません。超成長株1号が今後どうなるかわかりませんが、成功した暁には、それらを新NISAに入れ込みたいなと、皮算用しています。

昔の10  100昔へ移動

一覧へ戻る