如 水 さんの日記

新しい10 昔の10  100昔へ移動

タラタラ  2019/08/13(火) 21:37:48
 バイナリーは、相変わらずタラタラしている。
日向子ちゃんを見習って、来週から強気で攻めたい。

金太郎の建玉は、ビビッて動かせず。
豊島氏のコラムでは、そろそろ一旦表層雪崩が起きるのではと書いて
あったが、豊島氏は長期投資が基本なので、大雑把なコメントが多い。
目先の動きは、難しいなぁ。

家庭菜園
今月いっぱいくらいまで収穫できそうだが、今年もボチボチの出来だった。
トップスコーラさん、私の家も住宅街なので普通の鶏糞は使えないので
臭いが弱い発酵鶏糞を使ってます。

商品  2019/08/02(金) 15:36:26
 先日、二ヶ月振りくらいに商品で注文を出したが入らず。
ここ数カ月間、金太郎と白金を両建てしたまま。
7月も運勢が悪い月だったし、バイナリーに力を入れていたので、商品は
放置していた。
今月からは、処理に動きます。

バイナリーの方は、ようやくジリ貧状態は止めた。
後は、日々確実にプラスに持って行きたい。
ただ、商品相場より疲れる。オーバーナイトの恐怖感は無いが。


韓国(朝鮮)

韓国及び国民性は、地政学上の問題だと思う。(私見)
四方を囲まれているので、その時々によって八方美人に成らざる負えない。
ましてや、長年に渡り中国に支配されていたので、プライドを保つために
日本を見下すしかなかった。
その見下していた日本から、併合されたのだから自尊心がズタズタにされた。
ここに来て、親分の中国が超大国になり、自国も力を付けて来て、日本が弱っているので、ここぞとばかりに喧嘩を売って来るのだろう。

山縣有朋が併合を推し進めたのが、そもそもの誤りだった。
保護国のままにしとくべきだった。
当時の朝鮮は、世界最貧国の一つで人口の3〜4割は奴隷で識字率もかなり低かったらしい。
当時、開花派の政治家キム・オッキュンらが、朝鮮(李王朝)があまりにも
酷い状態だったので、日本に助けを求めに来ていたらしい。
(後に、ミンビ妃の刺客から暗殺される)
日本が統治し出したくらいからは、奴隷も開放され識字率も上がり、著しく発展した。
植民地ではなく、併合なので朝鮮からの搾取ではなく、当時は日本国内より朝鮮に資金を使っていたらしい。
日清戦争も日露戦争も、李王朝の政権争いの代理戦争だったらしいが、日本も
当時帝国主義で領土拡大を目指していたので朝鮮を利用していたのかも知れないし、朝鮮の方々の自尊心を傷つけたのは良くなかった。

アビル(阿比留)文字
以前、知り合いの方から聞いたのだが、昔アビル文字というのがあって、ハングルにそっくりだった。
阿比留一族は、対馬に住んでいる人たちで、昔同級生にも居たが阿比留一族は
元々モンゴルの豪族だったと言っていた。
アビル文字のルーツは、モンゴルのパスパ文字らしいので点と線は合う。
昔、倭寇は日本人、中国人、朝鮮人の混合だったので、言葉や文字を共通化する為に、アビル文字が使われていたと言う説がある。
アビル文字とハングル文字どっちが真似をしたのでしょう。

誤り  2019/07/17(水) 12:04:01
 前々回のアメリカ大統領選挙の件は、1年以上間違っていました。
バカでした。すみません。

<バイナリー>
未だに不調。
しばらく調子が良くても、気が付いたら結局ジリ貧で負けている。
為替のチャートは、別のパソコンで見えやすいようにしているのだが、
そのチャートの動きと相反して、デタラメな動きをする?
まあ、その会社も商売だから仕方ないが。

自分の結論としては、バイナリーは究極の自滅ゲームのような気がする。
ほとんどの時間帯は相場が見えず、その見えない相場で手を出して勝とうと
するのだから、張り付いているとジワジワと負けるのは当たり前だな。

しかし一ヶ月半くらい負け続けて、ようやくバイナリーでの自分の弱点と
相手の弱点が見えて来た。

バイナリー  2019/07/09(火) 21:35:14
 ようやく安定して勝率が良くなって来たので、気持よく書き込みしだしたら、またボロ負け状態になって来た。

主に、1分間のコースで勝負しているので、ちょっとした気持の変化や精神状態でガタガタになって来る。

しかし、小銭稼ぎにはバイナリーが一番効率が良いと思うので、そろそろなんとか勝率を上げて維持したい。(自分の場合)

トランプ氏  2019/06/24(月) 19:39:29
 今は、攻撃より再選に向けて国民の信任を得るため、経済と5Gの覇権問題を優先したのだろうか。

再選した場合、年明けくらいに攻撃するのだろうか。
それまでNYダウは、高値維持するのだろうか。
日経平均は、年内は消費税次第のような気がする。
金は、豊島氏のコラムでは実際に攻撃(戦争)が始まると、急落する可能性が
あるので注意と書かれていた。(それまで高騰していれば)

(そば打ち)
先週末、地元の公民館でそば打ち教室が行われたので、参加してみた。
初めて体験してみて、そばが繊細なのがわかった。
水の配分と、薄く伸ばしていくのが難しかった。

自分は、本来うどん派なのだが夏場のざる蕎麦だけは、好きだ。
高校の修学旅行で長野に行った時、無知だったので蕎麦ではなくうどんを注文してしまって不味かった思い出がある。

人間万事塞翁が馬  2019/06/21(金) 21:24:53
 金の動きが激しいなぁ。
5月中旬までの金太郎のポジションは、大幅な買い越しにしていたのだが、
5月下旬にノイズに引っ掛かり両建てとなり、その後、本業やバイナリーの
練習等で忙しく放置している。

5月にノイズに引っ掛かっていなかったら、少し上がったところで利食いし
売り越しにドテンして滅茶苦茶に振り回されていたかもしれない。

アメリカとイランの緊張が高まって来たので、金と原油の動きは要注意だ。
穀物相場も高騰してるし、波に乗ってる方が羨ましいなぁ。

(バイナリー)
今月に入って3週間、ようやく自分に合う賭け方が見えて来たような気がする。
以前やっていたバイナリーは、どうにか攻略してほぼ勝てるように成っていたのだが、今回は、賭け方の種類が多いので中々上手くいかなかった。

結論は、覚悟の法則だった。(自分の場合)

途中で逃げれる賭け方だと、嘗めて軽い気持ちで賭けたり、甘えが出て勝ったり負けたりの繰り返しで、疲れるばっかりで結局ジリ貧に成っていく。

途中で逃げれないコースだと、集中力が増して真剣になり、嘗めて軽い気持ちで手を出さなくなる。

バイナリー  2019/06/19(水) 21:36:40
 今週から、本気モードで挑戦したかったが、色々な賭け方があるので、自分に合う賭け方を見つけるまで今週いっぱいかかりそうだ。

一番最短は30秒で、最長は翌朝迄で勝った場合は賭け金の約倍になる。
1分以上のコースにエントリーした場合は、判定1分前迄は勝っていても負けていても逃げても良いシステムになっている。

1回(ワンクリック)の最高賭けれる金額は、20万円。
ハイとロー、両方とも時間内に何度でも賭けれるシステムになっている。
熱くなって、頭に血が上ったらもうお終いだ。
相場(ギャンブル)は、人間性を鍛えられるなぁ〜。

(家庭菜園)
先週から、胡瓜が収穫できるようになって来た。
先日、たまたまユーチューブで見たピリ辛甘酢漬けを作ってみた。
来週くらいから、トマトも収穫できそうだ。

ボロ負け  2019/06/17(月) 16:54:26
 商品は、5月の連休明けからボロ負け状態。
5月は、自分には運勢が悪い月回りと判っていたが、油断していた。
今後は、お金を全額出金するなど何らかの対策を講じる予定。

建玉は、5月後半からノイズに引っ掛かり両建放置状態。
6月に入ってからボチボチ動く予定だったが、ひょんな事から7年くらい前に
力を入れていたバイナリーと同じようなシステムの会社を見つけたので、今は
それに集中している。
なので、6月に入ってから商品は1枚も取引していない。
その内なんとかする予定。

7年振りくらいなので、感覚を呼び戻すまで先週までの2週間は低額で練習。
今週くらいから、本格的に挑戦。

今回のシステム(会社)は、以前取引していた会社よりさらにハイリスクハイリターンになっているが良い部分もある。
以前のシステムは、5万くらいの元手で月に50万〜100万くらいが限界で、資金力があっても上限は変わらない。
今回は、元手が少し(100万くらい)あれば数時間で数百万くらい勝つ事ができるようになっている。(負けた時は、同じ金額損するのだが)

5年くらい前からあるらしいのだが、もう数年早く気付きたかった。

二週間の結果  2019/04/26(金) 19:44:34
 今月は、途中から参戦したので大した結果は出せず。
マイナスで終らなかっただけでも、良しとしよう。

今週初めに、色気を出して小勝負に出たら、裏目に出てプラスだったのが一時15%くらいマイナスとなった。
その後、運よく持ち直す事が出来た。

明日からの10日間、何もできないのも面白くないので、金太郎を僅かばかり同値両建てで建ててみた。
連休明けに、上でも下でもいいからビックリするほど飛んでくれれば良いのだが。

先週  2019/04/22(月) 20:10:04
 先週末は、タケノコ掘りと、家庭菜園の土作りと、久々の山登りで疲れた。
体重を減らしたいので、なるべく体を動かすようにしていて、ジムでも激しい運動のレッスンを受けているが、努力不足なのか中々減らない。

先週の相場の方は、どうにかプラスで終れた。
出鼻を挫かれずに済んで良かった。

新しい10 昔の10  100昔へ移動

一覧へ戻る