相場界芳名録

85202

[一覧へ]     [トップへ戻る]

名前山なみ遙か更新日時2024/03/26(火) 09:49:41
どんな人?旧姓、岡振一郎。山紫水明の地、奈良に居住。
無職の年金生活者。サラリーマンはずいぶん前に、定年により退職。
trading資金は100万円から出発し、少しずつ増やしてきた。
投資手法週足および日足のMACDヒストグラム、ボリンジャーバンド、指数移動平均、RSIを複合的に見つつ、需給要因、政治経済的要因、地政学的要因等を総合的に勘案して、最終的には自分の裁量によって自由に取引する。ただし、過去のデータの分析は怠らないようにしている。
【私的 trading rule】
⓪ 自分のような凡人は、相場で生計を立てようとしてはならない。それができるのは、極めて少数の才能と運に恵まれた人に限られる。自分は、あくまでも余裕資金による趣味の範囲にとどめること。
@ 0.5%ルール、『1トレードで許容する損失額は、原則として、口座資金の0.5%までとする。』ただし、現物株を除く。
A うまくなったと自惚れの心が生じたときは、すでに崖を転がり落ちている。
B 人は、「上がるか下がるかの予想をして相場を張るな。」という。自分は、「予測も出来ないときに相場を張るな。」と戒めたい。
Cシンプルで美しい建玉構成になるよう心がける。
D損切りは早く、利食いも早く。「損切りは早く、利は大きく伸ばせ」は理想だが、自分の力量では非現実的。とはいえ、最近は、少しだけ進歩し、利が伸ばせるようになってきた。
E常に『臆病』であるべし。大胆になった瞬間に、谷底に転落する。『チキン投資家を目指すべし』
F一時的な高利益率に関心をもつべきではない。真に価値あることは、バフェット氏のように、長期に生き残ること。
好きな銘柄FX、金、日経225、S&P500、個別株(リートを含む)
フリースペースこれまでの年間確定損益(納税前の数値)
 (当初資金100万円、2010年までは商品先物取引のみ)
2001年  +  57万円 (年利+ 57.0%)(年当初資金100万円)
2002年  + 213万円 (〃 + 102.7%)(年当初資金207万円、50万円を資金に一時的追加)
2003年  + 172万円 (〃 + 54.8%)(年当初資金314万円)
2004年  + 719万円 (〃 + 203.2%)(年当初資金354万円)
2005年  + 807万円 (〃 + 80.5%)(年当初資金1003万円)
2006年  + 984万円 (〃 + 70.3%)(年当初資金1400万円)
2007年  + 237万円 (〃 + 15.8%)(年当初資金1500万円)
2008年  − 1258万円 (〃 − 74.0%)(年当初資金1700万円) 資金管理の未熟さから一気に墜落
2009年  −  12万円  (ほぼ休眠状態)
2010年  −  13万円  (同上)
2011年  − 638万円  (為替や株を加えて再起を図るも、原発事故で株大損失)
  (資金を追加投入、資金の出し入れがあるので、2011年以降は、年利計算は無意味となる)
2012年 + 835万円  (年末までに何とか再起できた。)
2013年 + 1826万円 (再起2年目は無事に乗り切れた。2008年からの4年間の損失を完全に取り戻せた。)
2014年 + 1291万円 (再起3年目。安全運転に心がけた。)
2015年 + 1054万円 (再起4年目も無事修了。)
2016年 +  770万円 (再起5年目。再起後では最も難しさを感じた年であった。)
2017年 +  861万円 (再起6年目。株式相場の上昇に助けられた年であった。)
2018年 − 1390万円 (再起7年目。再起後、最悪の年となった。原因は、ガソリン・灯油の鞘どりの失敗。)
2019年 +  493万円 (再々起1年目。年後半の株価の上昇に支えられた。)
2020年 +  877万円 (再々起2年目。コロナ禍の株価の急変動の後半の一部をとれた。)
2021年 +  900万円 (再々起3年目。日経平均株価の上昇に助けられた。)
2022年 + 1249万円 (再々起4年目。日経平均株価の下落の中、銘柄選択がうまくいった。)
2023年 +  1876万円 (再々起5年目。日経平均の上昇に助けられた。)
(2023年12月末までの確定損益の総計 +1億1910万円。これまでの納税額総計 2964万円。)

2024年の確定損益
1月〜6月 + 3,325千円 (3月26日現在)
7月〜12月 ± 0,000 千円
プロフィールを編集   日記を書く   パスワード変更
上記は、パスワードを入れて「実行」を押して下さい


山なみ遙か さんの日記

昔の10  100昔へ移動

(無題)  2024/03/26(火) 09:49:00
 昨日、銀行株をかなり利益確定した。
配当がつくまで、待っていてもよかったが、現金を確保しておきたかったから、やむを得ない。

(無題)  2024/03/23(土) 10:25:44
 大谷翔平さんの通訳の不祥事は、ショックが大きい。
私のようなものでも、精神的な影響を受ける。

(無題)  2024/03/20(水) 10:16:01
 昨日、日銀はゼロ金利政策から、ようやく脱却した。
植田日銀総裁
「異次元の緩和は役割を果たした」
「ETFなど異次元緩和の遺産のようなものは当面残り続ける」

株価は上昇した。

(無題)  2024/03/09(土) 10:53:44
 やはり、NY発で、調整がやって来た。
集計を更新しておく。

(無題)  2024/03/06(水) 10:04:54
 半導体株は、買い遅れてしまい、ほとんど持っていない。
持っているのは、この上昇相場とは全く無縁のローム株だけだ。
今年は、利益があまり出ないかも。
配当狙いで行き、大損をしないように、慎重に‼

(無題)  2024/03/04(月) 11:40:08
 日経平均株価が、とうとう4万円を超えてきた。
今年の後半には、4万円を超えるかも、という予想もあったが、
3月早々に、4万円を超えてくるとは、まったくの想定外だ。
半導体関連株も、急な崖を這い上がるようなチャートを見ると、とても今更買いで参入する気にもならない。

(無題)  2024/02/27(火) 09:55:28
 バフェット氏が24日の公開書簡で、『私が若いころとは比べ物にならないくらい市場はカジノ的な振る舞いを見せる』と憂えてみせた。
エヌビディア一極に依存した株価高騰に警戒を示す人は他にもいる。

昨日は、高値警戒感から、いくらか持ち株を売却し、現金を増やしておいた。
集計も更新しておく。

(無題)  2024/02/23(金) 21:25:03
 昨日、日経平均は4日ぶりに大幅反発。
836.52円高の39098.68円と史上初めて39000円台に乗せて取引を終えた。
1989年12月に記録した終値での史上最高値(38915.87円)を34年ぶりに突破した。
自分の生きているうちは、とうてい無理だと思っていたことが、いとも簡単に達成されてしまった。
今後どのような展開になっていくのか、しっかりと見ていきたい。

(無題)  2024/02/21(水) 10:14:14
 霞が関キャピタルで少し利益確定した。

(無題)  2024/02/14(水) 09:54:01
 昨日の日経平均株価は、1066円高の3万7963円と34年ぶりの高値で引けた。
4万円は、もう手の届くところへ来ている。
しかしながら、この株高は、トヨタ自動車や東京エレクトロンなどのごく一部の銘柄の影響が大きく、すそ野は広がっていない。
自分の持ち株も、ほとんど恩恵を受けていない。
むしろ、リートが冴えない動きなので、今はじっと耐えている感じだ。
自分の保持しているリートの分配金の利率は、約5%に達しようとしている。分配金が減る可能性はないので、明らかに売られ過ぎている。どこかで下げ止まると思うが、まだしばらくは耐えねばならないかも。

昔の10  100昔へ移動

一覧へ戻る